« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/31

冬コミ三日目

 三日目は店番。いつもなら凍えているところだったけど、今年はなんか暖かい。買い出し行って返ってきた後はむしろ暑くて上着脱いでたし。

 元から持ってきた数が少なかったので順調に在庫ははけて、まったりのんびり平和な内に終了。その後は、打ち上げオフ会。

 サークル組は眠気覚ましにずっと何かを食べまくってたおかげで、軽くと言った感じだったけど、一般組はここぞとばかりに飲み食いしまくり。いや、そんなに注文しても乗り切らないから。そしてそんなハイペースに処理できないから…落ち着け、お前ら(--;
 つーか、食事の合間にデザート頼んでるんじゃない!

 ワタミで一人頭五千円越えるってどんだけだよ…

 そんなこんなで今年の分の体力も精神力も財力も尽き果てた…もう何もしたくない。つーか、眠い。足腰が痛い。腕も痛い…ゆっくり回復に努めるですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/29

冬コミ二日目

 今日の戦利品のひぐらし&うみねこ本を堪能中。

 富鷹は良いですな。

 縁寿がそろいもそろって肉体言語系で笑った。ベアトからヘタレ戦人を救い出せるのか?とかいいつつ監禁して独占とかな。

 さて、明日は今年最後の戦いだし、早めに寝るかな。

 アニメ感想は明後日辺りから再会予定。貯まった数が多いので簡易感想でいくかも。

 というわけでおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/27

地獄少女 三鼎 第十三話

 自分の中に地獄少女がいることを誰にも相談できないゆずき。しかし、いつも一緒にいてくれる秋恵の明るさに救われて、なんとか心の均衡を保ってくることが出来ていた。しかし…

…ゆずきの胸ポケットが消えたことについてはこの際、どうでもいい。

 タクシー運転手だった父が酔っぱらいに殴られて寝たきりに。しかし、その相手が権力者の息子で警察が事件の捜査すらせずもみ消したことで、その娘・梓の恨みはその犯人よりもむしろ、普段は正義面しているくせにこんな時には自分の保身に走る偽善者だと警察署長に。

 その署長が他ならぬ秋恵の父。しかも、梓は偽名を使って既に秋恵の家庭教師として潜入している上に籠絡済みとかいきなりのっぴきならない状況だし。

 秋恵に父のしたことを吹き込む梓。たっぷりと復讐してから地獄流しにしてやる、と考えているらしいが…いや、自分で復讐できるんなら地獄少女いらないだろ、とか言っても、ここのところずっと理不尽な理由で地獄流ししてきた実績のせいで説得力が足りない(T-T)

 すっかり父に不信感を抱いた秋恵は別宅?のマンションに家出。正義感が強く、多分警察官の父を誇りに思っていただけに、それが裏切られた反動も大きかったってところか。梓もそれを承知の上で吹き込んだんだろうし、全ては梓の思惑通りと。

 秋恵はどうしてここまで梓を信頼しきって懐いているのかと思ったら、マンションで二人きりでシャワーを浴びてくる…そう言うことなの(--;;;;

 男を呼び寄せて秋恵を陵辱させようとした梓の目論見は、ゆずきが阻止。更に藁人形を奪い取って秋恵の父が地獄流しにされることも阻止したが…

 元は罪人が贖罪のために六文銭とともに自分の髪の毛を流していた六文燈籠。今は忘れたいことを流す祭りに変わってしまったが、それでも鳥居の下には祭りの夜にわずかな時間、地獄へとつながる通路が開くらしい。あいってもしかしていつもこの川を使ってるの?

 ゆずきの流した「地獄少女」と書いた燈籠と入れ替わりに地獄から送られてきたあいへの贈り物。それはサクランボ…って二籠で地獄に流されたあいの肉体?もしかして、ゆずきに憑依してから今までのは肉体を取り戻すためのノルマか何かだったのか?だとしたら一刻も早くノルマ消化するためにえり好みしているような余裕はなく、ろくでもない依頼でもこなす必要があったのかも…

 鳥居の向こうに着物姿の自分を見たゆずきは走り寄ろうとするが、それをつぐみが阻止。どういうこと?ゆずきも実は地獄の関係者なの?どう見ても地獄からサクランボを流してきたのは着物ゆずきなんだが…
 その直後に消えていたつぐみももはやこの世の者じゃないのか?鳥居を越えたら帰れないと知ってるのは、はじめちゃんが実証済みとか?

 その後のカットは…秋恵との出会い?

 あいと分離したゆずき。「後はあなたが決める事よ」との最後の言葉にとまどいつつも、これで全てが元通り、と思っていたが、ゆずきの目の前で秋恵が地獄に流されてしまうことに。あいと分離して依頼を覗き見できなくなったが故に防げなかった悲劇…覗き見できていても結果は同じだったかも知れないけどこのタイミングは最悪すぎる。
 これが「あなたが決めること」じゃないよね。

 ところで、梓はいつターゲット変更を?多分ゆずきの手から藁人形が消えたときだろうけど…あの時にちょうど午前0時だったのか?そいや、あいの出迎えに山童がいなかったよな(--;

 これも恨みじゃないよな…いや、逆恨みか。わざわざゆずきの目の前で消すという悪趣味ぶりを…理不尽な依頼はもう受けないと思っていたのに(T-T)

 あいからの解放と引き替えのように心の支えだった秋恵を失ったゆずき。だが、彼女に平穏な日々は訪れないらしい。すれ違った子は誰?と思っていたら次回の依頼者?

 あいは肉体を取り戻して、永遠の黄昏の世界の実家へようやく里帰り。おばあちゃんは元気かな?そして水垢離も復活と。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2008/12/26

仕事おさめと冬コミ準備

というわけで、これからコピー本のラストスパート…というか修羅場。

12/28(日)L-05b「藤の庭園」です。

まだ本文終わってないし表紙もラフさえ描いてない。

エルハのシェーラ本予定。無事、発行できてるかは当日にならないと分からない(--;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/25

とらドラ! 第十三話

 父が来るのを半ば意地になって待ち続ける大河。しかし、父は一向に現れないばかりか連絡すらなく。

 竜児はクラスの女子に裁縫の腕前を披露し見る目を変えることに成功するも、自分の世界に入り込みすぎて結局引かれることに(--;

 学園祭に来ないばかりか一緒に暮らすのも無し。それをメールでしかも竜児に伝言を頼むという究極の最低ぶりを発揮する父。素でここまでの誠意のなさを発揮するというのも恐ろしい奴。このままフェードアウトして欲しい物だが、クライマックスで再登場か?

 この結末が訪れると確信していたみのりん。ミスターコンテストに乱入。もう竜児には任せておけないと考えてるのかと思ったが逆だったよう。大河は自分に叱られると思って家のことを話してくれないから、話してもらえる竜児が支えてやってくれと。

 後夜祭のダンスパーティーは祐作×大河、みのりん×竜児でなかなかいい雰囲気になってたような。とりあえず、今だけは厳しい現実を忘れて、と。

つーか、竜児とみのりん夫婦で娘が大河で良いんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (26)

12月25日のココロ日記(BlogPet)

公園に搬送やリークがたくさん生えているのを見つけました。もうそんな季節なんですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

今日の5の2 第十二話

 同じ値段で明らかに大きさの違う焼き芋を巡る攻防。女子だけなら狙いは一番大きい芋だが、男子がいては食いしん坊と思われたくないから3番目の奴を…牽制し合っている内に何も気にしないナツミが一番を、それに気を取られた隙にカズミが三番目をゲット。なんつーか、大変だな(--;

 その後はおならで…うかつに策を練るとおぼれ死ぬと。

 雪の積もり待ち。雪やこんこんの「こんこん」って何だ?狐に違いない。狐ががんばってるのに犬と猫は何だ。狐が可哀想…そんなピュアな想像をカズミが真実の刃で切り裂く。これがイマジンブレイカーか。

 クリスマスの福引き。気合い、テクニック、笑顔、無欲、無心を経て食欲という結論に。2等の賞品が特製クリスマスケーキで当てたのがメグミだからって酷いよ。

 最近のチョークは健康に配慮しているから安全低カロリーで美味しいというチカの謎理論にまんまと引っかかったリョータ。お前のクッキーよりマシだと言い放ってしまってチカから無視されてしまう羽目に。
 食べられるだけマシって、そうか、ユウキのクッキーか…コウジ(T-T)

 許して欲しかったらキスしてって…え~?
ファーストキスはチョークの味。まぁ、自業自得ではある。

 チカ×リョータはともかくユウキ×コウジまで成立?コウジの味覚がユウキによって破壊されるのが先か、コウジが慣れるのが先か、はたまたドクターストップが先か…がんばれコウジ(T-T)

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2008/12/21

とある魔術の禁書目録 第十二話

 自分の能力が難病の人たちを救う力になる。そう言われて研究に協力した美琴。しかし、その研究結果は軍事転用され、自分の軍事用クローンが生み出されたばかりか、今、そのクローン達が実験の名の下に大量虐殺されている。

 そんな状況を打破するために研究所をつぶして回っても、実験結果はすぐに別の研究所に引き継がれてしまう。もはや、美琴に残された選択肢は一つしかなかった。

 研究所ったって無限じゃないし、資金だって無限じゃない。それにコンピュータは受注生産だろうから、ここまま続けてればどうにかなったんじゃね?とか思わないでもないが…ま、そのうち対策は取られてしまうだろうけど。その理論だとツリーダイアグラムも作り直せばいいことになっちゃうし。

 ツリーダイアグラムが破壊されている以上、再計算は不能。ならその計算が間違っていると証明できれば研究は凍結される。でも、勝てないのは分かってるから、あっさり殺されてやればいいと美琴は考えているようだが…

 アクセラレーターが御坂妹と誤認して美琴本人を殺してしまわないような対策くらい施してあるんじゃ?適当に痛めつけられて終わりかと。アクセラレーターの性格だと分かっていながら間違ったとか言って殺すことも考えられるが。

 そもそも殺さなきゃ経験値が貯まらないシステムそのものが欠陥かと。戦闘内容はどうでも良いのか?シチュエーションは影響するようだけど。美琴の話だと戦闘内容も関係あるようなことを言ってるけどあくまで計算結果にしか影響しないような感じだし。

 美琴の経験値が御坂妹の200倍として、美琴がそれに相応しくない戦闘をした場合、美琴は自分と御坂妹の経験値が共に下がって計算不能になると思ってるようだけど、それは
アクセラレーターのL6必要経験値=美琴×128
美琴=御坂妹×200という計算から
アクセラレーターのL6必要経験値=御坂妹×200×128
を導き出している場合であって、美琴は関係なく
アクセラレーターのL6必要経験値=御坂妹×20000
と直接導き出されてたら対御坂妹の計算結果は変わらないんじゃ?

 計算結果が変わるとしても殺される御坂妹の数が4万人とか10万人とかに増えるだけな気も…

 とりあえず、アクセラレーター本人やNo2のクローンを使わないのは「レールガンを」という条件付きだからというのは納得した。

 しかしまあ、相変わらず当麻は理想論しか言わないな。今回は美琴の方が、「良心の呵責に耐えかねて自分が死ぬことでその苦しみから逃避しようとしているだけ」なのを罪滅ぼしだと勘違いしているお為ごかしの勘違いぶり全開なので美琴を止めるべきであることについては同意するが。
 だから代替案も無しに、既に本人もそんなこと百も承知で考え抜いた末に出した苦渋の決断を安易に否定するなよと。

 あと、超能力をシュレディンガーの猫で説明されても余計分からないんだが…確率論で奇跡レベルの可能性を引き当てるのはむしろ魔術だろ。超能力を科学で証明するなら物理学的に証明しないとダメなんじゃ?
 確率が0に等しいものを常に1として引き出せて、実験を繰り返しても常に同じ結果が導き出せるなら化学的には証明できてるという解釈で良いのか?

| | コメント (3) | トラックバック (21)

絶対可憐チルドレン 第三十八話

 送りつけられてきた写真を見た途端、倒れた皆本。夢の中で大人になった薫との幸せな日々と彼女を殺してしまう場面を延々と繰り返し見せられているらしい。このままでは目覚める目覚めないより先に皆本の精神崩壊必至?

 念写した写真を媒介に相手の深層心理を操って夢を見せ続ける黒巻のドリームメイカー。本人がその場にいなくても写真を見せてしまえば発動し、効果が継続。とんでもなくやっかいな能力だよな。身を隠されてしまったらもはやどうしようもないし。

 ドリームメイカーは本来なら未来の可能性を探るための物。その状況を打破出来れば目覚めることが出来ると語る兵部。それが本当なら、皆本は何度繰り返しても薫を射殺してしまう未来を変えられないことになるが…

 とりあえず、ノーマルとエスパーの全面戦争勃発の時点でバッドエンド直行みたいだからそれ以前にどうにかするしかないらしいが…まずはタマネギを超能力で切るのを止めさせるべきか?
 薫だったら超能力だけでタマネギみじん切りくらい出来るだろうから、包丁を使っているだけでも譲歩しているような気もするけど。

 未来のハヤテとナギ、ギンタとドロシーは順調のようで。前者はノーマル、後者はエスパー側か?

 未来を変えるためにパンドラに来いと言う兵部。薫の返答は?
しかし、前回と言い今回と言い、なんか引き方が微妙じゃね?随分中途半端なとこで切ってるような…

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008/12/20

かんなぎ 第十二話

 神薙神社の御祭神のことを調べる仁。しかし、管理者の家に行ってみれば年寄りの長話と無限に出てくるお菓子責めにあい、ろくな話は聞けず。古文書も火事で焼けてしまって正確なことは管理者でもわからない、というより管理しているだけで自分たちが何を祀っているのかについてあまり興味がない様子。

 ナギのことを一番分かっているはずのざんげちゃんもはぐらかすとかそれ以前にそもそも自分たちがどんな存在なのか証明する気も認めてもらう気もないらしい。ただ、自分が神であることを自覚できていればいいとか。更にナギのことは他の何かが姉の皮をかぶっているだけかも知れないとか言い放つし。

 調べれば調べるほど返って分からなくなっていくナギの正体に疲れ果てて帰宅した仁。彼を待ち受けていたのは今まで騙していた。すまんという書き置き一枚。

 その日以来、ナギの姿はどこにもなく。みんなはナギのことを覚えているから消滅したわけではないだろうけど…心配してかけてきたつぐみ電話くらい取れよ。

 いつものギャグ展開だったなら押し入れの中にでもいるんだろうけど…いるとしたら順当なところで神社跡地か?今は開発で立ち入り禁止?

 で、このシリアス展開で次回タイトルが「仁、デレる」って何事?確かにナギ相手にはずっとつんつんだったけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (25)

鉄のラインバレル 第十二話

 ジャックスミスのドジのせいでバイオハザード?

 社長になんかもっともらしい理由をつけられてどこぞの島でバカンスをすることになったジュダご一行。道明寺と理沙子までいるし。ラインバレルで水着搬送って(--;

 って、山下ぁあぁぁぁっぁぁぁぁ~っ!?
 なよっぽい男だとイズナとキャラがかぶってたしな。

 島の反対側には加藤機関が…って。こっちもバカンスかい!?

 逃げ出したのは触手ですかそうですか。

 社長の真の目的は墓参り。その墓標には理想を追い求めて散っていった同士たちの名が刻まれていた。そこに加藤も現れて、先日の戦いで死亡した王政陸の名を刻む。

 理想実現のためにあらゆる犠牲を厭わない加藤と、仲間を犠牲に理想を追求していく非常さに耐えきれなくなった社長。直接的な離反の原因は加藤が社長の恋人を捨てゴマにしたことか?
 加藤は社長の腕を買ってるみたいだし、もしかすると社長を救うために彼女を犠牲にしたとか?

 今まで散っていった同士を無駄死にとしないためにももう止まることは出来ないという加藤と、もう仲間の死は見たくない。自分が死んでも志は受け継がれるという社長。それぞれ決して譲れない己の根幹からの行動だけに決して相容れることはなく。
 でも、方法が違うだけで目的は一緒?

 シリアスパートが終わって馬鹿話の続き。触手の正体は巨大イカ。何故か女性ばかり捕まえている上、絵美の水着だけひんむくという更に謎の行動を。そして、それを退治に現れたのは元凶のジャックスミス。一目惚れした理沙子に良いところを見せたかったようだが、随分なマッチポンプだな(--;;;

 イズナとユリアンヌの戦いは…そんな感じに演出しているだけかと思ったらホントにそうだったの?

 いままでずっと自分の背中に隠れている存在だった浩一。それが成長してしまったら自分の手から離れていってしまう。そんな焦燥感に駆られる理沙子。その上、イカに捕まっていたときの浩一のおそらく絵美に言ったであろう俺の女発言で心は暴走。図らずも押し倒す格好になった浩一にキスをしてしまうが…

 なんか、次回予告ではその話題で持ちきりですよ?リーク元は一人しかいないと思うが…

 それと浩一の俺の女発言は恋愛感情ではなく絵美が裸であることに興奮した男の欲望レベルの発言かと(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (14)

地獄少女 三鼎 第十二話

 むかつくことがある度に隠してあるアイドルのポスターの体に沿って似顔絵シールを貼っていき、胸のところまで達したらそいつを地獄に流してやろうと考えている乃村。

 ポスターの下腹部にシールを貼ろうとして鼻血を出すとか、かなりのヘタレぶりを発揮。四藁達はこんなゲーム感覚での依頼なんか受けたくないと心底嫌そう。

 地獄流し候補その1。バイト先に現れて金を投げつけてくるクラスメイト。でも、一応金は払ってるし。
 その2。駐輪場の場所を取り合っているおばさん。これはどっちもどっちかと。
 その3。あこがれの心ちゃんとのイチャイチャを見せつけまくる彼氏。まぁ、気持ちはわからんでもないが落ち着け。

 日々、そいつらの地獄流し風景を漫画に描いてストレス発散とか。健全とは言えないがちゃんとストレス発散できてるんだからまだマシかと。つーか、楽しそうだなお前。

 そしてついにおばさんのシールが胸のところに到達…しかけたがそこで躊躇。以降、次が最後の一枚だから今日のところは勘弁してやると言い続けている内に胸の手前で全員が横一線に…ホントにヘタレだこいつ(--;

 そんな折、一緒にバイトしている望をモデルにして描いた冥土少女をヒロインとしたホラホラーロリータが漫画賞に入選。内容はおそらく地獄少女のパクリ。冥土送りの相手は地獄流し候補の三人というか、多分ストレス発散で描いた絵を流用。主人公は俺様カッコイイ…なんか駄作としか思えないが、きっと思いっきり感情がこもってたんだろうなぁ。もしかして乃村の分身というか本人そのものの主人公のダメ思考っぷりが受けたとか?
 望の胸はそんなに大きくなかったと思うが…そこはスルーすべきか。

 見直してみたらあらすじと評価をちゃんと読めるな。あいとゆずきがこんなんだったら…それはそれで。ところでこれ、絵が6になってるけど何段階評価なんだ?基本5段階で抜きん出ていたら特別加点ありってこと?

 それ以降、次回作を描きつつ望をデートに誘ってみたりとすっかりポジティブになった乃村。これで望が断って地獄送りなんて展開になったら目も当てられなかったが、望もまんざらではない様子で一安心。まだアミーゴスには手をつけないか。

 一人前の魔女アナってどこに向かって暴走してるんだよ冥土少女(--;

 もうこれで依頼はないと胸をなで下ろす反面、肩すかしを食らって拍子抜けな四藁達。いまいちすっきりしないまま解散。

 しかし、偶然通りかかった橋でそこから飛び降りようとしていた心ちゃんを思いとどまらせ、彼氏に四つまたをかけられていたことを聞いた乃村は彼氏を地獄送りにする決意を。お前そんな理由で…しかも正義の味方か仕事人気取りの勘違いっぷり。

 さすがのあいも今回ばかりはあきれ果てたのか、乃村は地獄通信にアクセスできず。そりゃそうだよな、と思ったらあれ?何で書き込んでもないのにあいがいるの?

 依頼者になり損ねてまさかのターゲットに。アクセスできなかったのは恨みが他人事で見当違いだったからじゃなく、ターゲットとして糸を引かれてしまったからか。
 依頼者は心。しかも、その理由が口封じって…命を救い、親身に相談に乗って励ました結果がこの仕打ち。恩を仇で返すどころの騒ぎじゃないぞ!?
 今回も理不尽極まりないな。恨みですらないし…

 今回の地獄コントは紙人形劇。何、この手のこみ具合?紙人形も使い回しじゃなく全部描いてるみたいだし。電球搭載で目の光るあいに吹いたわ!
追記:DVDの映像特典のゲキメーションもこんな感じだった。いきなりあいが瀕死になってるし(あいが悪いんだが)…頭のねじが飛びすぎ(あいの)

 まさかの依頼者候補の自力更正で今回は地獄流し回避かと思ったのもつかの間、どんでん返しでやっぱりこれが地獄少女、と思ったら更に一捻り。乃村が彼氏を地獄に流す展開だったら馬鹿話で終わったのに…どうあっても理不尽な結末に持っていくのね。

 ところで、みんなが焼きそばを食べてても頑なにアイスを食べ続けるゆずきは…それは何かの伏線なのか?それともエスパーワタナベの趣味なの?

 眼鏡を外すと美少女という古典的なお約束を発揮した望。実は彼女が結果的に今回一番の被害者だったのかも知れない(--;

 次回、既にラブリーヒルズから地獄に一番近い場所の称号を奪ったらしい賽河原市。そこでの灯籠流しにより地獄の門が少しだけ開くらしい。その時、地獄からあいに届けられた物とは?ついに地獄少年ジル復活か?

 ジルと言えば乃村がドルアーガのジルに見えて仕方がなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

黒執事 第十二話

 屋敷が炎上したあの日、行方不明になってしまったシエル。帰ってきたことを喜んだのもつかの間、彼はそれ以来笑顔を忘れてしまった。大好きな彼の笑顔を見たくてがんばってみる物のその思いは空回り。ただ自分が騒いでいるばかりでシエルが浮かべるのは困り顔ばかり。どうしたらシエルに心からの笑顔を取り戻させることが出来るのだろう?虚ろな意識の中、エリザベスは思い悩む。

 今度はレディ・エリザベスを失いますか?とのセバスチャンの問いかけに怒りを覚えるシエル。自分だけを連れて屋敷から脱出したことについに平手打ち。シエルがどれだけエリザベスのことを大切に思っているかの証明でもあるが、セバスチャンはシエルが女王の命令を優先するのと同じく自分はシエルの命を守るのを優先させると反論。

 せっかくここまで守り通したシエルの魂を横取りされてはかなわない。セバスチャンのその言葉は、つまるところ、人形師の主人はセバスチャンと同種の存在だということか?
 そして、セバスチャンに安全策をとらせる程の相手?

 エリザベスを発見するも、時既に遅く彼女は既に人形に?と思ったら人形師を倒したら元に戻った。マダムレッドの件で、あっさりエリザベスも死にそうで不安だっただけに一安心。冒頭の独白も死亡フラグだったしな…とりあえず回避成功。

 プルートゥにしか解けない扉の封印、そして、プルートゥが懐く主人。その依り代の人形が向かった先にはアンジェラが。彼女が全ての黒幕なのか?少なくとも関係者っぽい。

 シエルは死ぬことを定められた不浄で不要な存在。それはセバスチャンとの契約のことなのか、それともファントムファイヴ家の血脈のことなのか?

 経緯はともかくエリザベスがシエルに贈った指輪。それを主人に投げ返したときにはそれはどうか?と思っていたが、セバスチャンの計らいでプティングの中に。
 切り分けられたプティングから指輪が出てきたら幸せになれる。そんな伝承を聞いてエリザベスはシエルがこれで幸せになれるんだと大喜び。これではシエルも受け取る以外の選択肢はなく。

 シエルの幸せだけを願うエリザベスの健気さはいいけど、エリザベスにとってはそれがむしろ強迫観念になってる気も。もしかして今の自分はシエルに必要とされていないと思ってないか?
 シエルの方はかけがえのない存在だと思っているようだけど、それが表に出てこないからな。不安にもなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第十二話

 芳野にも手際の良さを褒められるくらい仕事にも慣れてきた朋也。そんな矢先、親方から知り合いの会社で現場監督候補として働いてみないかと持ちかけられて。

 自分はクビなのかと焦る朋也。栄転なのだと説明されてもようやく職場に慣れてきたところに新たな職場へ行くのは不安が募るばかり。そんな朋也に芳野はあくまで他人の視点で客観的に自分の栄光と挫折を語る。

 芳野、一応はプロデビューしてたのね。がむしゃらにがんばっていた頃は良かったが、自分がファンに与えている影響についてちょっと深刻に考えすぎてプレッシャーにつぶされることに。あまりにも繊細すぎたのかも知れない。
 ちょっとおバカで図太くお調子者じゃなきゃ芸能界でうまくやっていけないのかも。

 職場を移ることに前向きになった朋也。しかし、そこに父がやばいことに手を染めて逮捕されたとの報せが。今の職場には残れることになった物の栄転は白紙に。

 父親と向き合うことから逃げ続けたツケなのか?とはいえ、もう少し早く和解していればってレベルでもないみたいだしなぁ。面会に向かった朋也の糾弾にも一言も返さず微笑みを浮かべているだけじゃ、何を考えてるんだかわかりゃしない。
 ショックで何も分からなくなってるとかじゃないよね?

 犯罪者の息子のレッテルを貼られ、行き場のない憤りに自暴自棄になる朋也。そんな状態でプロポーズはどうかと思うが…でも、渚はそれを了承。一人ではどうにもならないことでも二人で支え合えばどうにかなる。渚はちゃんと考えた末での返答みたいだけど、それでもこのままなし崩し的にというのはやばい気がするんだが。

 朋也の受難はまだまだ続きそうだし、渚が死んだりしないか不安でしょうがないんだけど…大丈夫だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008/12/19

とらドラ! 第十二話

 大河の父親との親子関係修繕が順調なようで一安心の竜児。しかし、それを聞いたみのりんが一刻も早く大河の目を覚ましてやらなければ、と言い出して。

 大河の父に敵意むき出しのみのりんに親友なら大河の幸せを考えてやれと竜児は諭すがみのりんは退くことなく逆に竜児の目を節穴呼ばわり。

 みのりんも家庭の事情を抱えていて、大河だけ家庭の問題が解決する事への嫉妬から暗黒面に堕ちた可能性もあるかとも思ったが、仲裁に入った大河の様子から、みのりんがそう言う反応をするだろうことも大河には分かっていた風だし、大河自身、あえて父親が自分を騙そうとしている可能性から目を背けているような感じ?

 しかし、あのみのりんがここまで悪し様に言うからには、よっぽど極悪なことをしでかしたんだな、あの親父(--;

 みのりんと仲違いしてしまい、落ち込む竜児。竜二にしてみれば大河親子を仲直りさせることで父親への思慕を昇華させたい風だから、大河の父の裏切りがそのまま自分の父の裏切りに直結するようで認めたくないと言う心理が働いてるんだろうけど…だからこそ目も曇ると。

 亜美は否定も肯定もせず。ただ、私の背中を追ってこいと。

 やっちんもこの分野に関してだけは見立てに間違いがなさそうだし。

 そして、実際、大河の父は学園祭に姿を現さなかったわけで。ま、それっぽい言い訳はするんだろうけどな。

 しかし、担任の赤い糸を巡るバトルって…面白いじゃないか!
本人はたまった物じゃないだろうけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2008/12/18

12月18日のココロ日記(BlogPet)

電車で隣にすわったおばあちゃんがステキだった。あんな大人になりたい。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/17

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その21

 3周目に突入。ユダンヲシマシタとか言いつつしっかりダークセイバー3回攻撃かよ。エーリスは闇属性30%カットだけど、他の連中もそれで即死までは追い込まれないからなぁ…
 アンブロジアをゲット。たかがHP100、されど100。エーリスに。

 1.5F。なんかちょうど上から降りてきた感じのアルトリア兵団と鉢合わせ。まさか、クリストフに解雇されたんじゃ?とか思っていたら、2Fのクリストフの護衛がクレルモンフェラン兵に…絶望した!ゲームの中にまでリストラの嵐が吹き荒れていて絶望した!!
 2Fの槍闘士がガッツを落とすのは皮肉なのか?

 2.5~4Fは特筆するところはなし。つーか、ゴールドラッシュフェイタルブロウって今更もらっても…そもそも1個しかいらないし。1周目で取れなかった人への救済?

 4.5F。コボルト出会い編って…え?シリーズ化?萌えよドラゴンってどこに萌えれば良いんだよ!?セーフティブーツは本編ではお世話になったが、セラフィックゲートに今後、雪原とかあるの?

 5F。もうハムスターは普通に倒せるな…ハムスターを追ってる内にエーリスに殺されるが。エーリスから恐剣ヘルギゲット。倒しきれなくても呪い付与で戦力を削れるのはかなり便利。逆にやられたら凄く嫌だが。

 今回のコントはヘタレと聖女女王様。ローザの回復魔法が充実してるのは全力でツッコミを入れた後のフォローのためなのか?
 重傷を負わせてもキュアプラムス。毒を盛ってはオーディナリーシェイプ。刺しどころが悪くて死んでしまってもエヴォ-クフェザーですか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その20

 2周目を9.5Fまでフレイ、アーリィ、エーリス、ローザの一軍PTで2度、あホーン家カルテットとレナス、ミレイユ、ミシェル、リーゼロッテのPTで一度ずつ巡回。とりあえず、一軍PT分のミサイルプロテクションは手に入れたので、イセリアクイーンに挑戦。

 聖衣ブリタニアガーブの聖属性90%カットのおかげで硬直さえしなければイグニートジャベリンを3回食らおうがかすり傷のフレイ、ローザに対して、聖属性3割り増しのダメージを食らうエーリスはほぼ即死…落差が激しすぎ。

 エーリスはイセリアクイーン戦に出しちゃダメなんだろうか…フレイが挑発でタゲ取ればどうにかなるが。専用防具が手に入れば補強はされるんだろうが、防御に関してブリタニアガーブ装備できる魔術師の半分とは行かないまでも大幅に劣るってのはどうなんだろう?防具が手に入れば報われるのか?とりあえずそれまでは我慢?

 イセリアクイーンを倒して鏡鎧リフレックスをゲット。これでアーリィの防御も強化されたわけだが、これでますますエーリスの打たれ弱さが目立つよなぁ…
 レナスと交代しようかとも思ったけど、フレイには劣るけどエーリスの移動力と攻撃の広さはMAやAF発動に重宝なのでひとまず保留。マイトブロウとも結構相性がいいし。

 現在つけてるスキルは
 フレイ:ファーストエイド15ガッツ15ミサイルプロテクション10プロテクトマジック15
 エーリス:ファーストエイド15マイトブロウ20ミサイルプロテクション10マジックコントロール15
 アーリィ:ファーストエイド15スピリットコントロール15ミサイルプロテクション10マジックコントロール15
 ローザ:ファーストエイド15マインドバースト10ミサイルプロテクション10マジックコントロール15

 マジックコントロールとミサイルプロテクションのおかげで遠距離からの波状攻撃も随分耐えられるようになったはず。魔法は弱点属性と追加効果が相変わらずやっかいではあるが…

 そいや、バルマーよりラインヒルデの方が攻撃力上なのね。最初は散弾と一撃の違いかと思ってたけど、基本ATKが単純に2割増しだし。さすが戦鬼と恐れられていただけのことはあるな。つーか、夫妻より明らかに兄妹の方が殲滅力に関して劣ってるんだが(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/15

今日の5の2 第十一話

 教室にはまだ暖房が入らず、寒がる女子一同は暖房の入っている保健室に入り浸り。そして保健室と言うことでユウキが突発的に身体測定(主に胸)を開始。

 逃げ回る皆だったが、いったん計られてしまえば、もう怖い物無しなのでユウキに合流して次の獲物に。ゾンビ鬼か?

 そんな最中、風邪をひいたリョータが保健室を訪れるが、変態呼ばわりされて追い出される羽目に…これはいくら何でも理不尽だよなぁ。次の日、リョータはちゃんと学校に来られたのか?

 学校のプールにカモが飛来。他の皆が呼んでもまるで無視なのにカズミが小林と呼びかけると寄ってきて、おとなしく頭を撫でられてる。この時点で随分人に馴れてるとは思っていたが…

 小林が群れからはぐれたのだと思い、群れに戻すために試行錯誤するがことごとく失敗。ならここで面倒を見てやろうと言うことになるが、小林はそれを拒否するように飛び去っていく。野生の鳥は野生が一番…と思いきや、カモは隣のアイガモ無農薬農園へ。
 なんか、いろんな物が台無しだ(--;;;

 髪型を変えてきたカズミを褒めまくる女子一同。しかし、以前、自分がオシャレをしてきたときにはこんなにもて囃してくれなかった、とユウキはご立腹。
 次の日、5の2女子髪型オシャレ激動期が勃発。それはすぐに方向性を失っていき、一週間後にはただ奇抜なだけの訳の分からないものに。チカのはセラムンとドレミ…でいいのか?

 しかし、カズミが髪を結んでいたのがただ首のあせもの治療中だったからろの理由が判明したことで急速に沈静化。ブームに乗り遅れたコウジが哀れ(T-T)

 水たまりの氷に大はしゃぎの男子を理解できないチカ。いろいろ被害も被ってますます理解不能に。でも、帰り道にまだ割れてない氷を見つけて…なんか思いの外深かったらしい(--;

 靴はおろかニーハイまでぐしょぐしょに。でも、偶然通りかかったリョータにおぶられて帰宅できたのは不幸中の幸いと言うべきか結果オーライと言うべきか。リョータにとっては災難だったがな。

 食べても安全なチョークはあるらしいけど…美味しくはないと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2008/12/14

絶対可憐チルドレン 第三十七話

 ブラックファントム編に突入。目の前の敵も操られている被害者なだけに見ていて気分が悪くなるんだよなぁ…それだけに最後の解放のカタルシスも一層だけど。

 大統領暗殺阻止のサポートに回されたチルドレン。会場に入れず豪華料理も食べられないとふて腐れるが、チルドレンの安全と暗殺という社会の暗部を見せたくない皆本達は三人をなだめすかす事に終始。

 しかし、兵部は更に徹底していた。他で事件を起こしチルドレンをそちらにおびき寄せ、その隙に暗殺者・バレットを試みる。ブラックファントムの催眠術は強力。解くことが出来なければ殺すしかない。そんな場面をチルドレンに見せたくない兵部だったが…

 兵部にとって喜ぶべきか悲しむべきか、全てのエスパーを守る女王としての片鱗を見せ始めた薫は、本能的に不幸なエスパーを感知。バレットと兵部の戦いの場に。

 トリプルブーストによって得た新たな力でブラックファントムの催眠術を破壊したチルドレン。だが、それを見た兵部は皆本こそが薫をクイーン・オブ・カタストロフへと成長させているのだと指摘。って。あれ?ここで終わり?なんとなく尻切れトンボのような。

 これでも、原作よりかなりマイルドな表現になってるんだよな…大統領とSPは問答無用で殺されてたような気がするし、ブラックファントム敗北時のアレはアニメ版では無し?それとも次回に回ってる?

 そいや、ランジェリーショップの店員ってシロだよね?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

とある魔術の禁書目録 第十一話

 アクセラレーターに為すすべもなく殺された御坂妹。その死体を見つけた当麻は警察に通報するが、そこにあったはずの死体は消えていて。

 訳が分からず走り出した当麻も前に現れたのは大量の御坂妹。美琴のクローンである彼女らは実験のために作られ殺されその記憶を共有しているらしい。しかし、実験関係者でない当麻にはそれ以上の情報は語られず。

 ナンバーが1万を超えていて、記憶を共有しているってことは、御坂妹達は記憶上とはいえ、1万回以上の死を経験していると言うことか?

 アクセラレーターをレベル6に成長させる為ったって無敵バリアー状態で一方的に虐殺しているだけで経験値貯まるの?塵も積もればって奴か?むしろ、アクセラレーターに抗い続け殺され続け試行錯誤し続けその記憶を継承し続ける御坂妹の方がよっぽど成長できそうな気もするが…もしかしてアクセラレーターを殺しちゃいけないと言うリミッター付き?

 アクセラレーターのクローンと戦わせた方がよっぽど早く成長できそうだが、それだとどっちが勝つか分からないからダメとか?

 今回、当麻に瞬間移動が効かなかったことから、全身に対しての能力は右手で触れなくとも自動キャンセルすることが判明。右手だけ残してテレポートされても困るが。

 じゃ、アクセラレーターを殺す事なんて簡単じゃないか。ベクトル変更出来ると油断しているアクセラレーターに当麻がさくっと包丁でも刺せば終了。能力発動条件が皮膚に触れることならベクトル変更出来ないと気づいた時には既に手遅れだし。

 殺さずにどうにかしたいのなら…それは難しいなぁ。頭でも殴ってまた記憶喪失にでもするか?

 ところで、電流のベクトル変更してもそこに電圧差が存在する以上、電流は流れるわけだからそれが+方向だろうが-方向だろうが同じ事なんじゃ?

 それはそれとしてベクトル変化の上位能力ってなんだ?ただ単に対象が拡大するだけ?自転とか公転のベクトルとか?

| | コメント (5) | トラックバック (19)

地獄少女 三鼎 第十一話

 自分の書いた小説「摩天楼の影」を模倣したと言われる連続殺人事件に困惑している市役所勤務の新人小説家・六郎。事件前から売り上げはそこそこ。映画化の話も進行中。噂のせいで知名度は上がり、今年の売り上げベスト10に入れるかも知れないと担当に言われても素直に喜ぶことは出来ず。

 その噂を聞きつけ、六郎に取材を申し込んできたフリーライター・須美。その取材中に連続殺人事件の犯人が逮捕されたとの報せが。その犯人が摩天楼の影に影響を受けたと語り、更に取材中の不用意な発言を誇張されねつ造されたインタビュー記事が雑誌に載ったことで六郎の世界は暗転することに。

「自分は書きたい物を書いているだけ。こういう形でしか表現できない物もある」前後の文脈を無視してそこだけ抜き出せば確かに開き直りの暴言にしか聞こえない。木を見て森を見ずで、一部分だけ抜き出して揚げ足を取った上で悪意のある曲解を施して発言者の意図と全く真逆な結論を導き出すって凶悪だよな。

 ここまでの短絡展開だと六郎が同じく編集長に勝手に記事を改変された被害者である須美を流すという救いのない話になってたんだろうが、今回はそう単純ではなかった。犯人に妹を殺された被害者遺族・由比が登場。犯人に面会して、自分は小説の影響を受けた被害者なんだ面をされたことで、小説の作者にも会ってみて、その上で誰を流すかを決めるという彼女と六郎の修羅場に須美が制止を。

 話し合いの末、誰を恨んで良いのか分からなくなった由比。誰が悪いかと言えば問答無用で犯人だが、犯人を流したところで妹は帰ってこないし、由比自身も地獄行き。そんなこと妹さんも望んでいないとの説得で一旦は地獄流しは断念されたかに思えたが、映画化は中止、次回作の依頼が来る可能性も潰えた六郎、ねつ造編集長に雑誌を叩きつけたことで業界から抹殺必至の須美、妹がいなければもう生きている意味がないと言う由比、三人の絶望はその相乗効果で三人がそれぞれ地獄流しをするという結論を導くことに。

 由比は犯人、須美は編集長。しかし、六郎は流す相手が思いつかず、結局、以前はもてはやしてたのに事件後手のひら返しで冷笑を浴びせてくる同僚を流すことに。そんな消去法で流されるのは当人にとってはたまった物じゃないわな。「こんなことをして何になる?」ってまさしくその通りで。ところであいはターゲットと一緒に落ちるのが好きなの?これで何回目だ?

 三人同時に糸を引き、お互いの地獄紋を見た三人には妙な連帯感が。しかし、その直後に六郎が犯人の母に地獄に流されてしまうことに。地獄行き確定の相手もターゲットに指定できるんだな。いや、前にもあったっけ?
 四藁総動員とはラブリーヒルズ以来の繁忙期だったな。お疲れさま。

 小説のせいにすれば罪が軽くなると言っていたという犯人。犯人の言い訳を真に受けて作者である六郎を逆恨みした母親。この親にしてこの子ありというか、自分のしつけの不備を棚上げしたこの母親も凶悪だよな。

 ところできくり、予告で何を泣いているのかと思えば、ふりがなふっとけって…でも泣くってことはそこまで読みたかったということでもあるわけで。いや、ふりがなは編集のせいであって六郎のせいじゃないよ?六郎の地獄での最初の作業はきくりのために小説にふりがなを振ることか?

 蝋燭4本同時って凄いインパクトだよな。誰が誰を流すかの予想が何度も覆って行く展開。今期に不足がちな地獄行きのことをちゃんと理解して尚という覚悟、と今のところ、今期の中で一番面白い(鬱なことに変わりはないが)話だった…と思っていたのもつかの間、次回はまたバカな依頼者登場のようで…なんか80年代アイドルみたいなのもいるけど、これ現代の話なのか?現代の話じゃなかったらゆずきが絡んでこれないから現代の話なんだろうけど…どこかの田舎なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

かんなぎ 第十一話

 ロリッ子キューティーに夢中のナギ。散々酷使された末に捨てられたこんにゃくステッキが哀れ過ぎる(T-T)

 ざんげちゃんどころか大鉄を慕う輩からのいたずら電話に悩まされ、学校に来れば四角関係の中心人物として周りから勝手な噂話や陰口を囁かれ、ナギのお祓いに巻き込まれて窓から転落して負傷した仁。精神的にも肉体的にもまいっていたところに紫乃と貴子のモテ期=女難、何かに憑かれているんじゃないか?との分析を聞いてすっかり真に受けてしまいナギにケガレを祓っている目的を詰問するが…

 分からないと繰り返すナギに対し、自分に隠し事をして誤魔化しているのだと仁は判断してブチギレ。でも、ナギはホントに自分がどうしてケガレを祓っているのか分かっていないよう。ただ、使命感だけがあって、後は直感で行動しているとか。

 この土地の者は全て愛しい我が子。それを見守っているだけで自分は幸せ。そして我が子らに害をなすケガレは祓わなければならない。だが、ケガレとは何なのか?と考えようとするとそこで思考はぷっつり途絶える…記憶が封印されてる?

 一方、仁は白亜の父にナギが神を名乗っていることを告げ、相談を持ちかけるが、白亜の父の導き出した答えは、あの子達は目的遂行のために神を名乗っているか、もしくは自分が神だと思いこんでいるかのどちらかだという物。

 ご神木で作った彫り物から顕現した以上、人外で在ることは確定だけど本当に神であるかどうかは分からない。とりあえず、ナギの正体を知る一歩として神社の由来について郷土史を調べる仁だったが、書いてあったのは祀られている神は不明という、いきなり袋小路の一言。そして賃貸カードから、それをナギも借りて見ていたこと知るが…

 話はナギの正体と存在証明の確立へ?

 それはそれとして、豊饒神とか大地母神ってのは多産でなんぼだと思うんだ。子の多さが実りの象徴であり神としてのステータス。それがないとしたら、その土地は砂漠になって滅びてるぞ。
 日本は豊饒だったから神々が雨後の竹の子のごとく生まれ出て共存してこられた。かたや砂漠の国では共存できるほどのキャパがなく、奪い合い、搾取し、滅ぼし、生き残った唯一神のみが全てを独り占めにするわけで。
 砂漠でもエジプトは多神教だけどな。あれはナイルの恵みとかの関係か?

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008/12/13

鉄のラインバレル 第十一話

 クリスマスバカップルにお星様をプレゼント。残念ですが今年のクリスマスは中止になりましたwww
って、ちょっ…あなたが神か?
 カップルは好きにして良いけどお店の従業員は許してあげて。

 道明寺、いきなり名乗ってるし。スパイとかふりとか裏表無しで天然でこうなのか…

 春原(違)強すぎ。機能の大半を衛星兵器の制御に回して、超高速とはいえ行動がセミオートになっているからパターンが分かれば狙い撃ち…と思いきや、それすらもトラップとして利用するとは。でも、浩一の主人公補正の前に敗北。惜しい奴を亡くした。神は死んだ(T-T)

 死亡フラグが立っていた山下はヘタレだったおかげで慎重に行動しフラグ回避。少しは自信がついたか?

 ところで、衛星兵器の破片が世界中に降り注いでいるようだけど燃え尽きずに落ちたらそれはそれで大惨事だよな。バカップル狙い撃ちなら問題ないが。

 衛星兵器は破壊されたけど加藤は目的達成してるっぽいよ?こっちは囮で本命は別に進行してたのか?

 クリスマスパーティーのはずが何故か百物語に?話が終わるたびにケーキのろうそくを消すの?

 浩一はジュダのパーティーで絵美にプレゼントを渡した後、ダッシュで矢島家に。やたらめったら胸の揺れる理沙子は…作画気合いが入りすぎだろ!?そして、そのテンションのまま次回へ…

| | コメント (0) | トラックバック (22)

黒執事 第十一話

 シエルに喜ぶ顔が一刻も早く見たくて、プレゼントを渡して早々開封を要求するエリザベス。しかし、シエルの指に壊れたはずの指輪があるのに気づいて箱を奪い返して撤退。

 シエルが開封してたらしてたでエリザベスの望む反応とは違っただろうし、そっちの方がエリザベスにとってはショックが大きかったかも?
 エリザベスが健気なだけに余計切ないな。

 フィニが言葉を濁していたのは何故なんだろう?と思っていたが、シエルの誕生日はシエルが全てを失った日でもあるのか。

 両親を殺されて屋敷は炎上、シエルは捕まって焼き印を施された上に…殺されてる?死の間際にセバスチャンと契約して命を取り留めたのか?

 エリザベスは道化に誘われるままドールショップに。「ダイヤに選ばれなかった」でも「悲しみに染まった瞳が魅力的」なので合格?

 エリザベスの失踪を聞いたシエルはすぐに捜索を開始しようとするが、そこに女王からの少女失踪事件捜査命令が。エリザベスより女王の命令優先するのか、とちょっと落胆したがシエルはセバスチャンに失踪事件調査を命じ、その間にエリザベス捜索を。ちゃんとエリザベスのことを大切に思っているのだと一安心。

 セバスチャンの代わりにお供はプルートゥ。一応服は着てるけど首輪と鎖で四足歩行…その上、セバスチャンの言うことしか聞かなくて役立たずかと思われたが…

 グレル再登場。プルートゥの野生に惹かれてきた?いい男なら正体が悪魔だろうが魔犬だろうが嫌みな上司だろうがOKなのか(--;

 実はちゃんと匂いを追跡していたプルートゥ。グレルの本当の目的もドールショップの主人の魂のようだしセバスチャンを生け贄に共同戦線。セバスチャンがおとなしく言うことを聞くとも思えんが…契約発動で無理矢理?

 捕まえた少女を魔術か何かで人形にしている訳じゃないのね。モデル?でも、等身大の方は人形に改造された本人なのか?気に入った部品だけ本人の物を使用してる?
 気に入った部品を寄せ集めて…とか言わないだけまだマシか?

 なんとなくローゼンメイデンっぽい。グレルが魂を狙ってんだから主人は生きてるんだろうし、人形が主人の死に気づかずにずっと従ってるってパターンはないだろうけど。死んでても魂がその場に留まっていれば回収という名目にはなるか。

 プルートゥとグレルを囮に屋敷の奥に踏み込んだシエル。そこにはシエルに刻まれた刻印と同じ紋章が。そして、少女失踪事件の黒幕がここの主人なら、当然、そこにはセバスチャンが。蹂躙開始?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2008/12/12

侵入検知警告に関する返答

が来たので貼ってみる

//引用ここから//

 @nifty(アット・ニフティ)にお問い合わせいただき、ありがとうござい
ます。@niftyカスタマーサービスデスクXXです。

【お問い合わせ内容】
 ココログ閲覧時の、セキュリティソフトからの警告メッセージについて

【回答】
 大変恐れ入りますが、ココログ閲覧時に警告メッセージが表示された原因に
 つきましては、ソフト側の仕組みに関する内容となるため、弊社ではお調べ
 できかねます。何卒、ご了承ください。

 なお、ココログ自体がお客様のパソコンを攻撃することはございませんので、
 この点ご安心いただければと存じます。

 このたびの内容についてご確認事項などがございましたら、本メールのご
返信にてご連絡くださいますようお願いいたします。

 お問い合わせありがとうございました。

               @nifty カスタマーサービスデスク XX
//引用ここまで//

だそうですよ?
ま、出なくなったからいいや。

この間にお越しいただいた皆様、不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第十一話

 すっかり通い妻状態の渚に支えられて仕事に打ち込む朋也。でも、渚は渚で大変そうなんだが…ま、秋生と早苗さんがいるから無理しすぎることはないか。

 朋也、お前、肩の怪我を隠して仕事をしようなんてなめてるのか?自分に何かあって困るのは自業自得だが、会社にも迷惑がかかるんだぞ?
 大失態した挙げ句隠してたことがばれてクビ?そうなる前にうち明けた方がいいぞ。
…とか思ってたら芳野にばれてるし。

 秋生と早苗さんの夫婦漫才は近所では好評なのか(^^;

 書類整理のうまさを褒められ、仕事の方にもようやく慣れてきた矢先、たまたま一人で作業をすることに。ここでひと騒動あるのはお約束ではあったが、芳野のフォローと朋也自身の熱意で職場の皆に認められることに。災い転じて福をなすか。
 でも、その代わり渚と創立者祭に行けなかったわけだが…

 予告も順調…と思いきや何やら不穏な気配が?風子?それとも渚?杞憂ならいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2008/12/11

とらドラ! 第十一話

 父親からの電話を無視してたら生活費口座を0にされたと怒る大河。気持ちはわからんでもないが、こうでもしないと話すら出来ないとまで考えるほど追いつめた責任は大河にあるし、親の金だし、養育放棄したわけじゃないし…怒るのは筋違いかと。

 しかも、それでも尚、竜児を代理によこすとは…

 若い女と再婚して自分が邪魔になって追い出したんだと大河は思っている。実際そうだったのかも知れないが、今では反省して、女とは別れて大河と一緒に暮らすつもりらしい父親。それはそれで今度は再婚相手の方に無責任という気もするが…金は持ってるけどだらしない奴なのかな?金で何でも解決するタイプ…にしてはそう言う傲慢さも感じられないし。

 娘より女に走った父親にはそれなりの非はあるにしても、現時点では父親が悪いのか大河が悪いのか再婚相手が悪いのか判断が付かない。
でも、再婚相手が悪い辺りに持っていかないと収拾がつかない気がするわけだが。

 文化祭はメイド喫茶、お化け屋敷が却下され、くじ引きでプロレスショーに決定…で、なんで亜美はそんなにノリノリなのかと思ったら自分が主役で大河が悪役だからか。
 で、みのりんは何故に丹下のおっちゃんですか?プロレスならミスターXじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (22)

12月11日のココロ日記(BlogPet)

賢のどこかに、いくらがたくさん住んでいるってホントですか?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侵入検知警告

なんか、12/11の0時頃にこのブログにアクセスしたらノートンが警告を表示したんだが…

リスク名 HTTP Acrobat PDF Suspicious File Download
危険度 高レベル
攻撃側コンピュータ help.cocolog-nifty.com
攻撃者URL yfuji.moe-nifty/.shared-cocolog/js/multibox/_common/js/mootools.js
送信元アドレス help.cocolog-nifty.com(202.248.89.71)

もし、なにかDLしよとしたりDLを始めたりしたら即刻中止してください。

とりあえず、NIFTYサポートにメールしとこう。

追記:
mootools.js自体は特に問題のないAJAXのライブラリみたいだけど…

追記2:
勝手に直ったようだけどNIFTYからは何の音沙汰も無し。どうやらココログ全体がそうだったようだけど障害情報にも載ってないし、黙殺する気なのか?(--#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/09

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その19

 引き続きセラフィックゲート2周目、7F。魔術師のイグニートジャベリンの硬直がお話にならないったら。フレイもエーリスも槍騎士になら反撃できるのに硬直してそのまま(T-T)
 ついでにエーリスは聖属性弱点なんだよな…いくら堅くなったって状態異常耐性の落ちるガードモーションなんてつけてらんねぇ。パワーバングルよりパラライチェック、マジックバングルよりサイレンスチェックですよ…
 なにより、こんなやっかいなのに何でこいつらこんなに経験値低いんだよ!?

 何とか手に入れたマイトブロウはエーリスに。ところで、アーリィ。なんで自分が使えもしない大剣を落としていきますか…いや、使えないから捨てたのか?名剣ヴェインスレイをゲット。

 7-8F踊り場。小休止?相変わらず魔術師はウザイが。
 アーリィ撃ち上げ、イグニートジャベリンかアーリィの撃ち落とし、気絶したところでアーリィの攻撃で紫炎石、輝炎石稼ぎ、アーリィができる限り攻撃した後に、今度はフレイで撃ち上げ、落ちてきたところをエーリスで迎撃。マイトブロウ効果で気絶するので紫炎石、輝炎石稼ぎつつお掃除。これが今のところ最強パターンかな。

 8F。アリューゼは相変わらず魔術師を侍らせているのか。ようやくプリベントソーサリーをかけてボコるという戦術があることに気づいた(遅)
 これで反撃で硬直せずに済む(T-T)q

 8-9F踊り場。ウルが瞬弓ブルーゲイルをくれた。毎回神技かましてくるのは辛かったが…あと、ミサイルプロテクション、あんなところフレイじゃなかったら取りに行くのも戻ってくるのも大変すぎだろ?でも、2、3個欲しいところ。

 9F。お局様。はともかく、硬直せずに済んで安心してたら雑魚魔術師が大魔法使ってきたよ!?お局様大暴れ。ダッシュでも逃げ切れない以上、狙われたら最後…

 9-10F踊り場。一休み、と思ったら呪いって…しかもローザが。ま、聖水使えば良いんだけど。ホワイトドラゴンが堅いです。そして凍結(T-T)

 10F。今回のイセリアクイーンは魔法3回攻撃…これ以上増えないよね?グランドクルスで囲って神技と奥義4連発でぶち込んだのに耐えきられた(T-T)
 アイテム集めも兼ねて修行し直してきます…

 あ、でも2周目も2度目なら結構楽かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/08

今日の5の2 第十話

 最近寒くなってきて手の冷たさを嘆く女子一同。走って登校したおかげで一人温かいナツミが湯たんぽ代わりにされる羽目に。ナツミにとってはとんだ災難。
 そんな光景を一笑に付したせいで今度はリョータがターゲットにされるが…これはこれである意味幸せな状態だよなぁ。

 王子様の怪我はお姫様のキスで治るらしい。でも、お姫様の鉄拳でも効果があったりして…単に涙で目に入ったまつげが流れただけなんだが、ユウキはこれも愛情表現だから効果があったんだと譲らない。ま、鰯の頭も信心からとは言うし…

 学芸会?短足の呪いを解いてもらうためにお姫様のキスを求めてお城へ向かう王子様…何かが微妙におかしいような?
 ストーリーテラーな妖精カズミに言われるまま、やたら俊敏なナツミ狼、大ボケな湖の女神メグミ、魔法使いユウキと棋士コウジを経てチカ姫のお城にたどり着いたリョータ王子だったが、キス目前で照れ隠しの台詞を言いすぎたために、機嫌を損ねた姫に折檻を受けることに。ちなみにツバサは猫。
 どつき漫才は愛の証らしい…というカズミの即興物語。それを聞いてやっぱり愛だと納得するユウキ。
 どうでもいいが、短足の呪いをかけたのは魔法使いのユウキでいいのか?

 何故か木の下で泣きじゃくっているナツミ。最後の一葉を聞いて共感してしまったらしい。折しもその銀杏の木には残る葉が一枚。ナツミにそれを気づかせないように必死にその場から離れさせようとする皆だったが…ちょっといい話?
 そういや、ナツミが女の子っぽい多感なところを見せるというのは珍しいな。季節のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2008/12/07

絶対可憐チルドレン 第三十六話

 最近、ナオミの様子がおかしいと騒いでいる谷崎。皆本もチルドレンもいつものことと相手にしていなかったが、今回は谷崎のせいではなく…

 婚約者はいないけど変態足長おじさんにストーカーされているナオミ。とうとう男に幻滅しきって女に走ったか…とも思われたがダブルフェイスに言わせれば、男も女も関係なく人間は汚い。だったら男の方がマシ、とか。深いなぁ。

 順調にユリイベントをこなすナオミと女教師。ここまであからさまだと誤解だとオチは見え見えではあるけどこれはこれで。

 どんな絵を描こうとしても手が勝手に白馬の王子様を描いてしまうと言う女教師。その犯人は…ホントに白馬の王子様!?

 人に自動書記で絵を描かせられるって凄まじく高度な能力なんじゃ?能力の無駄遣いも甚だしいな。絵を描かせられるなら文字も書けるんだろうからラブレターでも書かせればいいんじゃないか?

 お前、普段から乗馬して生活してんのかよ!?それにしては乗馬技術が足りないようだけど…もはやどっから突っ込んで良いんだか(--;

 どうやらナオミにはその気はなかったけど女教師にはその気があったようで。でも、それを隠したまま二人はただの生徒と教師に戻る…それで綺麗に締めたつもりか!?

 ま、賢木×皆本は順調に進行中のようだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とある魔術の禁書目録 第十話

 二千円札が使えるジュース自販機なんて見たことないんだが…これでおつりが全部硬貨で出てきたらそれはそれで泣ける。

 美琴、いくら自販機が壊れてるからって、蹴って出すのは窃盗だから!電撃食らわすのは器物破損と窃盗通り越して強盗だから!!

 しかしまぁ、カレースープだのイチゴおでんだのろくな物が入ってない自販機だな。当麻は一体何を買おうとしたんだ?

 無表情で言葉の後にいちいち自分の感情を付け加える御坂妹。感情を声や表情に表せないから、誤解なきよう補足してるのか?とも思ったが猫に犬と命名してた時には笑ってたし…いや、笑顔が不気味だからか?

 ロボットなのかなぁ?電撃能力は使えるみたいだけど。美琴がレベル1から5にランクアップしたことにも関係してる?それとも逆に美琴の能力を再現する実験?あとは影武者とか?

 猫に餌上げようとしてたし、言葉だけでなくちゃんと感情はあるよう。やっぱり人間でいいのか?猫が保健所送りで可哀想って言われてもなぁ…既に当麻の家には家出娘と押し掛け巫女とスフィンクスがいるのに面倒見切れるのか?つーか、この場合、御坂妹が飼うのがスジだろ?体表面に電流が流れてたって、抱いたり手から餌をあげられないだけだと思うが。

 飛行船は人工衛星搭載のコンピュータで制御されてるとか言ってたけど、それってインデックスが撃ち落としたんじゃ?だとしたら何で動いてるの?コンピュータ制御と偽って、実際はアレイスター辺りが支配してるの?

 やたら、筋ジストロフィーの治療研究中止のニュースを流してたけど何かの伏線?そういや、どこぞの作品で全身麻痺だけど超能力で体内電流を操って普通の人間以上の動きをする奴とかいたなぁ…作品名思い出せないけど。

 アバンで御坂妹が狙撃に失敗した男。どうやら最強のレベル5らしいけど、なんで御坂妹が彼を暗殺しようとしたのか、彼が何故、いったんは追いつめたはずの彼女を逃がし、にもかかわらずまた再び捕まえて痛めつけているのか全くの謎。御坂妹の方も逃亡中だったとしたら周囲を警戒しているそぶりもないのは不自然だし。何か見つかるわけがないという根拠があったのにもかかわらず見つかってしまったこと自体に驚愕している風ではあったかも?

…とか思ってたんだけど予告見る限り、御坂妹は能力者の能力開発のための実験台?殺されることを前提にした美琴のクローン体とか?狙撃した御坂妹は既に殺されていて、今の御坂妹はその後継?そもそも美琴自身、L5の能力を身につけたから生かされてるだけで本当は御坂妹と同じ存在なんじゃとか思わないでもない。

| | コメント (1) | トラックバック (17)

地獄少女 三鼎 第十話

 勤労新聞配達少年・和也。家はお金持ちなのになんでバイトをしているのかと問うゆずきにトレーニングになるからだと和也は答えるが…

 もう、和也が地獄通信にアクセスしたことをゆずきは知ってるのね。

 和也にばかり構って、母には目もくれない父。夫に女としてみて欲しい母。そして母の心の隙間につけ込んで毎日のように着物を売りつけてくる営業員。
 不倫している訳じゃなさそうだけど母の女の顔は見たいものじゃないよな

 新調した着物を父に披露する母。でも、父はまるで無関心で夕飯の準備が出来てないことを咎めるのみ。これで浪費を激しく咎められたりすればまた違うんだろうけど、父はそのまま外食へ。コミュニケーションがまるでとれてないし…

 和也はバイト給金を夜中にひっそり母の財布へ。母はそれを夫が入れてくれたと思って喜んでる。母の喜ぶ顔を見たい一心なのかも知れないけど、それ逆効果だから(--;;;

 藁人形は手にしたものの地獄への恐怖心から糸を引けない和也。そもそも送信をクリックしたのも金魚がはねたのに驚いた拍子みたいだし、今回は説得の余地はあるようにみえる。そろそろゆずきが動き始めるのかと期待していたんだが…

 マラソン大会の途中、あの営業マンが携帯で同僚に母をバカなカモ扱いして自慢している現場に遭遇した和也はついに糸を引いてしまう。そのころ、ゆずきはマラソン途中で疲れ切って休憩中。結局どうしようもなく。

 今回の地獄コントは正統派。そもそも骨女はこれが本職だし。あの金魚はピラニアなのか?

 自分は営業をしただけ、買ったのはあの奥さんの意志。まぁ、確かに。でも、流行遅れの古くなった着物を最新のデザインだと偽って市場の倍の値段で売ったことと、奥さんが正常な精神状態ではないことを知りつつそれを利用して暴利をむさぼったことについては言い訳は出来ないよな。
 あいにまで着物を売りつけようとしたことに関してはその営業根性だけは認めるが。

 そして、この営業員がいなくなったところで、父と母の関係に変化がなければ結局新たな営業員が現れるだけなんだよな…和也は図書室で地獄絵図を見てここが自分が行くところだと達観しちゃってるけど、何の解決にもなってないどころかむしろ悪化してないか?

 根本的解決をするには父と母の関係を変えるしかない。そしてそれには和也が地獄に堕ちる必要なんかない。ちゃんと父母と向き合って話し合えば少なくとも現状を変えることは出来たはずなのに。

 今回、和也が地獄を恐れていただけに尚更後味が悪いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2008/12/06

かんなぎ 第十話

 あの、まさかカメラはカラオケボックスの扉固定のまま延々とボイスドラマでコントする気じゃないよね?

 ナギ初めてのカラオケ。つぐみとざんげちゃんの仁がどっちの隣に座るか勝負はざんげちゃんの勝ち。

 じゃんけんで負けてTOPはつぐみ。1曲全部歌うのかよ!?音程がずれてるのはデフォか(--;

 2番手大鉄。天は三物を与えてやがった!しかも、初めてだと!?仁はまたもや対抗心を。大鉄に今度こそ勝てるのか?

 部屋を間違えた仁が遭遇したのはらきすた勢!?確かにドアがそれっぽかったが。

 秋葉は貴子に煽られて、15年前のOVAの挿入歌というマニアックな選択を…試合放棄か。

 ナギはハロー大豆の歌!?まあ、これはこれで…と思ってたら台詞まで完璧って…CMソングをCD借りてきて覚えたとか。

 貴子は振り付きでノリノリアイドルソング。しかも無駄にうまいので突っ込むわけにも行かず全員絶句。普段の反動…なるほど?

 アイドルとして対抗心を燃やすざんげちゃん。しかし、歌ってみれば下手な部類。でも可愛い…ある意味正当派アイドルと言えるかも知れない。
 ところでこれ、原曲は「デリケートに好きして」だろ?

 何故かまるっきり歌わなかった紫乃。貴子曰く歌うと目が開くらしいが…彼女は果たしてセイレーンなのかハーピーなのかはたまたゴーゴンなのか。どちらにしろ歌わせない方が良さそうだな(--;

 ED。しりげ屋の歌ってなんだよ!?って、ナギのよく行くスーパーか(--;;;
ところで、今回の歌キャラソンにする気じゃないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

鉄のラインバレル 第十話

 今は亡き矢島の家で毎年恒例の幼なじみ同士のクリスマスパーティーをやると理沙子に告げられた浩一。きっとそうすれば矢島も嬉しいだろうし、矢島の両親も了承。なら、出来るだけ盛り上げてやろうと考えるが…

 ジュダの方でもクリスマスの準備中。ミニスカサンタコスにやたら強調した胸…ここはそう言う店なのか?と疑いたくなるが…接待も兼ねてるらしい。納得…していいのか?

 シズナはいったいどうしたいんだ。強気でガンガン行きたいのか乙女として扱って欲しいのか…それはそれとしてイズナがミニスカサンタコスでなくてスーツだったことに絶望した!!

 そんな中、加藤機関に占拠された米軍の衛星兵器破壊の指令が。ちょっと宇宙まで行って破壊してきてくれる?って、そんな近所にお使い頼むレベルで(--;;;

 山下は、森次がミッションに参加しない事に余計な心配をしてまた厳しい言葉を告げられることに。ミッションに参加しない人間の心配をしている暇があったらミッションを成功させ自分が生還できる可能性をあげる方法を考えろ、と言いたいのかと。
 しかし、浩一、山下に親切すぎるよなぁ…浩一×山下フラグ順調に進行中?

 ジュダのファクターは、ほとんどが戦うためではなく、ファクターにならなければ助からないような病気やその他の延命、救命措置のために結果的になってしまった者らしい。
 戦闘に不慣れっぽいのはそれでか。でも、そのためには基本的に一人につき一体マキナが必要なわけで…それが社長の加藤からの離反理由か?
 ジュダの今のメンバーを救うために彼らをファクターにしてマキナごと逃げたとか?

| | コメント (0) | トラックバック (16)

黒執事 第十話

 氷上マーケットに訪れたシエル。目的は買い物よりも市場視察?並んでいる物は粗悪品ばかり。でも、客足は上々。なら、来年も開催されるならファントムハイヴの質のいい品を並べれば収益が見込めると考えているよう。

 そんな中、盗難されたブルーダイヤを探す警察に出くわしてその捜査に同行。ホープダイヤの欠片と呼ばれるそれは持ち主に災いをもたらし、その所在を転々としているらしい。
 シエルの指輪もその一つ?効果覿面だな。

 何故か、雪像コンテストの賞品になっていたブルーダイヤ。セバスチャンにかかれば優勝して手に入れることなど造作もなかったが、窃盗団の乱入と自爆で湖の底に。

 一方、エリザベスはシエルへの誕生日プレゼントにと、シエルとの思い出の箱船のオブジェと同じ物だと思って購入したものが偽物と分かってご立腹。放り投げて壊してしまうがその中からブルーダイヤが。湖に沈んだのは偽物でこっちが本物っぽい。
 そして、どうやらそれも偶然ではなくエリザベスの手に渡るよう仕組まれていたらしい。いったい何の目的で?

 次回は赤い奴が再登場?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2008/12/05

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第十話

 終わった世界。冬はもうすぐそこ。空飛ぶ乗り物の完成を急ぐ二人だったが…もしかして少女の活動時間が徐々に短くなってきてるのか?果たして、その完成は間に合うのか?

 秋生の厚意で古河パンで手伝いをすることになった朋也。古河パンのかき入れ時は朝。通勤通学客がメインのよう。昼はそもそも近所の住人は不在っぽい。ベットタウンなのか?

 ゼリーパンってパンの中にゼリーじゃなくてゼリーの中にパンなのかよ!?

 渚の学園生活は順調とは行ってないよう。演劇部も新入部員はなく再び廃部(休部?)に。それを聞いてももう朋也にはどうすることも出来ない。もどかしいな…

 どうすることも出来ないことでくよくよ悩んでいても仕方がないとばかりに自分自身のことを見据えて前に進む朋也。安いアパートを見つけて居候から脱却、一人暮らしを始めると共に芳野の伝で彼の勤める電気工事会社に就職。結構順風満帆?こういうときこそ好事魔多しって奴で降ってわいたような災難が降りかかるのかと思いきや…

 初日から芳野についていきなり現場へ。まあ、技師職人は見て覚えろの世界か。吉野のスパルタと素人には過酷な作業ですっかりグロッキー。でも、落としたスパナが下の人に当たって今日初めてだから許してくださいじゃ済まないからなぁ…

 初っぱなから社会人の過酷さを体験した朋也。1年前だったらここで投げ出していたかも知れないが、今は守るべき人がいるからそう言うわけにも行かない。
 でも、そのために渚といられる時間が減るというジレンマ。ま、最初は覚えることも多いし高所作業での緊張とストレスで動けなくなるほど疲弊するのも仕方がない。慣れれば体力も付くだろうし余裕も出てくるよ。それまでの我慢我慢。

 予告を見て心配なのは渚との時間を取るか仕事を取るかなんて最悪な二者択一状態に追い込まれることだが…

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2008/12/04

とらドラ! 第十話

 謎の髪の毛と濡れた服の正体をつかめず、一睡も出来なかった竜児と大河。とりあえず、祐作も仲間に引き込んでみのりんを怖がらせてそれを助けて好感度アップ作戦は続行。

 朝食をみのりんと一緒に作る竜児。会話も弾み、結構いい雰囲気。自然体で接していればただそれだけでいいんじゃないか?下手に構えるとかえって逆効果のような。しかし、その様子を見た亜美は…

 竜児は月、みのりんは太陽。近づいても焼き尽くされるだけ。恋愛はあこがれだけではダメ。対等でなければ成り立たないと語る亜美。結局そう言う流れになるのか(--;

 大河と祐作の方はそれがかなり顕著だけど、竜児の方はまだ対等な立場に行こうと思えばどうにかなりそうな気もするんだが。

 実はホラー好きだったみのりん。まんじゅう怖いメソッドで、ホラーが苦手と公言していれば、向こうから怖がらせて楽しませてくれるからとか。竜児と大河はそれに見事に引っかかった挙げ句、怖がらせ方が甘い、と逆にはめられていたらしい。

 大河、親友なのに知らなかったのかよ…親友だからこそ嫌がることをしなかったというのはあるんだろうけど。

 今回の旅行で竜児とみのりんの距離はずいぶん縮まった感じだが、大河はどうも心中複雑なようで…

 てっきりオチにインコちゃんが来るものと思ってたんだけど…無事生きてるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (27)

12月04日のココロ日記(BlogPet)

きょうはレについてかんがえてみました!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その18

 引き続きセラフィックゲート2周目。ダディ&ヴァルキリーとの戦闘。

 ダディがこっちに来てくれなかったのでこっちからお出かけ。ちゃんと頭を使ってたのか…囲んでボコったら魔剣グラムを落としていった。エインフェリアが闇属性武器なんて使ってんじゃない…と一瞬思ったが、戦争の相手はヴァン神族なんだから闇属性が有効なのか。ゴメン、ダディ。

 しかし、その後、魔術師と弓兵の波状攻撃にさらされフレイとエーリスが硬直状態に。硬直ってオーディナリーシェイプかエリクサーのみで回復だっけ?そもそも予防できるのはマイティチェックのみ?それどこで拾えるの?
 エリクサーは高いので使いたくないし、オーディナリーシェイプで回復できるのは一人だけ…そもそも回復したところでHPも回復させないと次の攻撃に耐えきれないので手前にいるエーリスを回復、薬師の霊薬で治療してダッシュで離脱。当然のごとく次ターンでフレイがやられたのでユニオンプラムで復活。

 ヴァルキリーから逃げ回りながら周りの連中を始末していたけど、倒し損ねて反撃と次ターンの追撃でローザ一人に…しかも、残りAP10とか。何もできねぇ(T-T)
 幸い、ちょっと離れていたので逆方向に必死に逃走。次ターンでユニオンプラム*3の後、妖精の霊薬で何とか回復。どうにかこうにかヴァルキリーを倒して聖衣ブリタニアガーブをゲット。あ、フレイが装備できるじゃないか♪

 6-7F踊り場。1ターン目でいきなりコンファインドムーブ、コンファインドムーブ、ライトニングボルトで硬直二人、麻痺一人ってどうしろと。しかも、ローザはお宝を取りに行っていたため難は逃れたものの、次ターンにオーディナリーシェイプが届かず、囲まれた三人はあっさり死亡(T-T)

 そこからはユニオンプラム*3、攻撃で1体倒してはエネミーターンで三人殺され、次ターンでユニオンプラム*3、攻撃で1体倒してはエネミーターンで三人殺され…のガチンコ消耗戦に。
 今考えたら、こんな意地にならずにやり直せば良かったんだな(--;

 10Fまでたどり着けるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その17

 セラフィックゲート2周目。なんやかんやで1周目を6周くらいしてたわけだが…

 ダッシュも人数分集まったし、ハムスターも撃破できたのでそろそろ次に進もうかと。いつの間にか、一軍メンバーよりあホーン家カルテットの方がレベルが高くなっていたとか(--;

 ティルテのツンデレ漫才はウィルフレドが制止。面白みのない奴め。

 1Fからマジギレ・シマシタの魔法2回攻撃の洗礼を受けつつ進軍。雑魚もかなり強化されてるけど囲って個別撃破する分には、一周目で鍛えた甲斐があって特に苦労することもなく。

 2Fで手に入れたドラゴンスレイヤーは次の踊り場のドラゴンに使えって事だろうけど今のメンバーに重戦士いなくてな(--;

 ハムスターが2匹に増えてたけどステータス自体は変わってないようで、また背後から襲ってボコボコに。Lv30越えればエーリスでもカモンレミングスに耐えられるのね。
 そして、蛇杖でMAGが1000を越えていようとも魔法ではダメージを与えられないか…あぁ、さっき拾ったビーストスレイヤーならもっと楽に大ダメージを与えられたのか?

 6Fでのコントは中年同盟。30越えたら40はアッという間…うわあぁぁぁあぁあぁぁ(即死)
そして、くぎゅ双子がとどめを(T-T)

 こっそり混じってるパパがお茶目…ってダディにランクアップしてるだと!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

今日の5の2 第九話

 台風接近中。台風は男のロマン。台風が楽しいのは小中学生までだよな…でも、その分今のうちに楽しむのも良いかと。

 コウジは風邪で休み。ユウキは何やらファッションに目覚めたよう。女子のみんなにほめてもらえて男子にも褒めてもらおうとリョータとツバサのところに行くが、コウジ不在では気づいてもらえず。ま、長袖になったのに気づいただけマシかと。

 遊んでいる最中に眠気に襲われて足をくじいたカズミ。眠気をうつした大本だとリョータが家まで送って行くことに。チカは付き添い。しかし、おぶられたまま眠っていたカズミが聞いていて不安になる寝言を言い出して…お前、わざとやってるんだろ?

 家庭科の授業。美味しいご飯とみそ汁を作れ。ユウキを戦力外通知したリョータだったが、大根のかつらむきの腕前を始め、その包丁さばきに態度を一変。しかし…

 ご飯を炊くのにココアと蜂蜜とバニラエッセンス、みそ汁の出汁は袋一杯の煮干しって…包丁だけお手伝いしてた訳ね(--;
 いや、でもみそ汁はともかくご飯にそれが入ってないことは分かるだろ?とか思ってたらみそ汁にもあらゆる調味料を…お前はガン×ソードのヴァンか!?もとい、かんなぎのナギか!!?しかも、家族全員!!!???

 コウジ、お前は漢だったよ。安らかに眠れ…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »