« 絶対可憐チルドレン 第三十二話 | トップページ | 今日の5の2 第六話 »

2008/11/09

とある魔術の禁書目録 第六話

 魔法を使えないはずのインデックスが魔法を使っている。それこそが教会が火織とステイルを騙している証拠だという当麻。しかし、ステイルはそれでもインデックスの命を優先させて記憶消去を実行しようとするが…

 ステイルのインデックスを救うためにより確実な方を選ぶって選択の方がどう考えても真っ当だと思うんだが…今回はあきらめて万全の体制を整えて改めて破壊に挑む方が確実。今強行するのは一か八かの賭。失敗したらインデックスは死んでしまう。そんな分の悪い賭に挑むのが本当にインデックスのためなのかと。

…なんで当麻の言動だとこんなに反感を覚えるんだろう?他の作品だったら当麻の言い分の方が正当化されるのに。

 今のインデックスの記憶に何の未練もなく、記憶を消した後もインデックスとの関係は変わらない火織とステイルに対し、記憶が消えたらインデックスと何の接点もなくなってしまう当麻が記憶保持に固執するのもわからんでもないが、それとインデックスの命を天秤にかけるのは当麻の自分勝手な気がするしな。何もかもお為ごかしに聞こえてしまう。

 インデックスの魔術は破壊した物の、まだ発動中の魔術が生きていることを忘れていて当麻は昏倒。それはそれとして今回の火織はすっかり解説者だったな。ついでにえらく抽象的。触れると大変って…

 脳細胞が物理的に破壊されているため記憶が戻ることはない。そんな物を幻想殺しで治されたらそれこそちゃぶ台をひっくり返すところだったが…

 脳を破壊され、寝たきりになった当麻。ベッドの傍らには彼に寄り添い献身的な介護するインデックス。そんな最終回的展開かと思いきや。

 魔術が脳に届く前に右手で破壊したって、いつだよ!?と思って見返してみたら倒れたときに確かに右手が頭の下になってはいるが…それ以前にインデックスを抱えたまま突っ伏したはずなのに右腕が何でその位置に?

 インデックスを心配させないために芝居を打っていた当麻。脳細胞が破壊されているにも関わらず記憶喪失だけで済んだのはそういう用途の魔術だからこそか。日常生活に必要な記憶は残ってるみたいだし。図らずもインデックスの立場を実体験することに。
 記憶は脳だけではなく心にも残っている…今更お前がそれを言うな!とは思うが体験者じゃなきゃ語れないことではあるな。

 アレイスターに謁見するステイル。火織はいないということは彼だけが直属のエージェントなのか?科学と魔術はお互い不可侵。それぞれが技術を独占することでバランスを保っているとか。

 吸血鬼殺しを証明するには吸血鬼の存在を証明しなければならないジレンマ。幻想殺しも逆説的に幻想の存在を証明していると。

 ところで、スタッフロール、カエル医師って酷くね?

|

« 絶対可憐チルドレン 第三十二話 | トップページ | 今日の5の2 第六話 »

終了・と とある魔術の禁書目録」カテゴリの記事

コメント

一応理由付けとしては説明として
理由を説明しても絶対理解できないし信じないだろうなという理由が漫画では説明されているんですけどね
証拠を見せたほうが早いと

まあ主人公の性格としてむしろ自分との記憶を守るのではなく
目の前の理不尽な不幸はさっさ打倒したいという心情のほうが近いかもしれません
確かに軽率というか
でもこの機会を逃すと幻想殺し以外であれを破壊する術は存在しないんですけどね あの二人は消したらまた連れ帰る可能性がたかいですし
魔術側は科学側を敵視していますしプライドとして頼りたくないんですよね
一回消すとまたあの二人は教会の説明に丸め込まれる可能性もありますし
人は誰しもいままで自分がやってきたことが勘違いだと認めたくないものです

次の吸血殺し編でもいままで自分がやってきたことが勘違いだと知って発狂する人がいますし

投稿: くぁ | 2008/11/10 21:15

>くぁさん

>理解できないし信じないだろうな
 そういう風に、考えた末に無駄だと思ったから、という描写があれば問題ないんですが、それがないから考え無しに突っ走ってるように見えるんですよね。尺の都合でも削っちゃいけないところだと思います。

>あの二人は消したらまた連れ帰る可能性がたかい
 ステイルは今回の件で教会上層部に不信感を抱いたようにも見えましたけど、火織の方が立場が上みたいですし、火織が連れ帰ると言えば従わざるを得ないんですかね?

>人は誰しもいままで自分がやってきたことが勘違いだと認めたくない
 ま、世の中そんなものですね。間違いを間違いと認める勇気はなかなか持てない物です。それが重要なことならなおさら…

投稿: 藤ゆたか | 2008/11/10 22:54

上条君が入院中に、インデックスを怒らせてしまい、
「サクッ!」で散々な目に遭いましたね。
やっぱり、才人君のムチペンペンみたいですね。
インデックスと入れ違いで医師が来た時
惨状を見かけて呆れたそうですね・・・。

投稿: 鳴海みぐJr. | 2008/12/14 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録 第六話:

» とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 感想 [Shooting Stars☆]
やっと終わりましたか。 なんかもうやっと終わったか…という感想でほとんど脳が埋まっている状態です。 そんなわけで次回からはどんな... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 15:15

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [心のおもむくままに]
6話「幻想殺し イマジンブレイカー」話としては面白いと思うんですよ…展開も、まさ [続きを読む]

受信: 2008/11/09 15:24

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し -イマジンブレイカー-」 [日記・・・かも]
当麻、ついにインデックスを救うって話でした。 [続きを読む]

受信: 2008/11/09 15:33

» とある魔術の禁書目録 第06話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [日常と紙一重のせかい]
その幻想をぶち殺す! 公式よりあらすじ。 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 15:38

» とある魔術の禁書目録第6話幻想殺し・イマジンブレイカー [翔太FACTORY+Face.Chat.Union]
「ローラが仕組んだ首輪の魔術がインデックスのヨハネのペンを発動させ聖ジョージの聖域"竜王の殺息=ドラゴン・ブレス"が当麻を襲う…」「とある魔術の禁書目録第6話幻想殺し・イマジンブレイカー」「誰もが笑って迎えられる結末を目指して当麻が聖ジョージの聖域"竜王の...... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 15:53

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し」 感想。 [もす。]
完結編……と思いきや! [続きを読む]

受信: 2008/11/09 16:37

» とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 [リリカルマジカルS]
「てめぇらずっと待ってたんだろ!?インデックスの記憶を消さなくてもすむ、インデックスの敵にまわらなくてもすむ・・・そんな誰もが笑っ... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 16:52

» とある魔術の禁書目録第6話『幻想殺し(イマジンブレイカー)』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
『・・・神様。この物語(せかい)が、あんたの作った奇蹟(システム)の通りに動いてるってんなら・・・まずは!その「幻想」を、ぶち殺す!!』 上条さんの想いは、インデックスに届くのか? そして、誰もが望むハッピーエンドは訪れるのか? 予想外の結末に驚かされるお話です。 『まさか・・・。』 『何であの子が、魔術を・・・。』 『決まってんだろうが!インデックスは魔術を使えないなんて、教会が嘘ついてやがっただけだろうが!・・・ああそうだよ、インデックスは一年ごとに記憶を消さないと助からないってのも大嘘だ... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 16:57

» とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 [空色きゃんでぃ]
セント☆ジョージ!? て・・・誰? あ、このバチバチしてるのが聖ジョージの聖域なんですね? えっと・・・それは何ですか・・・? 「... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 17:15

» とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 [空色☆きゃんでぃ]
とある魔術の禁書目録 第6話の感想はコチラ→http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-166.html 楽天ブログ様にTBが飛ばないので、こちらからお返しさせていただきます; ごめんなさい [続きを読む]

受信: 2008/11/09 17:17

» とある魔術の禁書目録第06話「幻想殺し(イマジンブレーカー)」感想 [物書きチャリダー日記]
かなり直感的に動く割には口数が多いというか、いちいち説明が多いというかなんというか・・・。そんな主人公が悪くもないなぁと思えれば素直に楽しむことができそう。ちなみに自分はまぁそこまで気にはならないから大丈夫・・だろう。とある魔術の禁書目録(1)で、今回...... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 17:32

» とある魔術の禁書目録第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー) [Boundaryline]
上条がかっこよすぎた回。惚れる><インデックスが光の柱を放つ。何故魔術を使えないインデックスが魔術を使えるのか。それは教会が嘘をついているだけだった。ステイル「Fortis931」服の中から無数のカードが壁に張り付く。そしてステイルは上条の背中を押す。ステイル...... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 19:13

» とある魔術の禁書目録 第06話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [紅蓮の煌き]
とある魔術の禁書目録 第6話キャプ感想です。 結末と代償―――――― [続きを読む]

受信: 2008/11/09 23:36

» とある魔術の禁書目録 第6話 [ニコパクブログ7号館]
第6話『幻想殺し(イマジンブレイカー)』とある魔術の禁書目録 第1巻 (初回限定版)とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)当麻はインデックスを助けることが出来るのでしょうか?... [続きを読む]

受信: 2008/11/10 02:31

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [恋華(れんか)]
とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [続きを読む]

受信: 2008/11/10 16:55

» アニメ「とある魔術の禁書目録」第6話。 [渡り鳥ロディのミラーブログ]
第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。 TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。 本家記事はこちらから 心に、じゃないですか? 「とある魔術の禁書目録」第6話のあらすじと感想です。 当麻、いいこと言いやがるじゃないですか。 (あらすじ) ヨハネのペンによる特定魔術「聖ジョージの聖域」を発動したインデックス。 当麻はステイル達に教会が嘘をついていたことや、頭が教会の魔術に圧迫されていたことを話す。 苦... [続きを読む]

受信: 2008/11/10 20:50

» とある魔術の禁書目録 第06話 感想 [荒野の出来事]
 とある魔術の禁書目録    #06 『幻想殺し(イマジンブレイカー)』 感想  体が熱い!!  そして当麻男前過ぎる・・・orz  −キ... [続きを読む]

受信: 2008/11/10 20:57

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」【感想】 [失われた何か]
インデックス怖すぎでした。 [続きを読む]

受信: 2008/11/10 21:22

» とある魔術の禁書目録 6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」レビュー。 [(*´0`*)おはよーブログ]
ちっとぐらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!! [続きを読む]

受信: 2008/11/10 22:21

» とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 [よう来なさった!]
回を増すごとに苦痛になってきたこのアニメ、それも全く魅力の無い主人公が原因なわけですが、どれだけかというと、スクールデイズの誠並の不快感を感じ魅力はそれ以下・・・・・・主人公としては認められないレベルですな。 「あなた、最低です!」 このセリフって....... [続きを読む]

受信: 2008/11/12 00:20

» とある魔術の禁書目録 #6 [日々の記録]
インデックスの記憶を1年おきに消去する必要はない。それに気がついた当麻は、右手の力を使ってインデックスを呪縛から解き放とうとするのでした。今回は、前半はとにかく燃え展開で...... [続きを読む]

受信: 2008/11/13 18:38

» とある魔術の禁書目録 第6話 [パズライズ日記]
今回は、当麻がインデックスにかけられた魔術を打ち破るお話でした。 とにかく右手の力恐るべしですが、インデックスにかかっている魔術による防壁の凄いこと凄いこと。 最後は記憶破壊までもたらしてましたが、それで済んだだけマシなんでしょうねぇ。 ステイルと火織....... [続きを読む]

受信: 2008/11/14 22:54

« 絶対可憐チルドレン 第三十二話 | トップページ | 今日の5の2 第六話 »