« ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その6 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第六話 »

2008/11/09

絶対可憐チルドレン 第三十二話

 冒頭が前回と全く同じだったから、てっきり放送事故かと(^^;

 賢木と紫穂の話。同じサイコメトラーとして賢木は紫穂を気にかけているよう。自分とは違い紫穂には皆本も薫ると葵もいる。環境としては理想的ではある。しかし、それは世間の悪意から守られている反面、その外の人間に自分から歩み寄ることを学べない危険性も。

 その最たる物がパンドラなんだろうけど。そうならないためにはノーマルとのうまいつきあい方も学ぶ必要があると。

 自分を嫌う教授でも命は命。それを救うことで賢木は紫穂に大切な物を学ばせることが出来たのか?

 普通の人々とも関係があるこの教授。原作と比べて話自体ずいぶん簡略化されているような。ま、こいつがいかにエスパー嫌いで権力に固執しているかの話で今後とも関わってこないだろうから削っても何の問題もないだろうけど、そんな奴をどうして救うの?という紫穂の疑問がちょっと弱くなったかも。

 自分が子供の頃に皆本に出会えていたら。それは賢木の叶わぬ願い。でも、レベル6じゃチルドレンには入れないよね。とかいうのは野暮か。

|

« ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その6 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第六話 »

終了・ぜ 絶対可憐チルドレン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対可憐チルドレン 第三十二話:

» ゼッチル第32話 珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [気ままに絶チル!]
絶対可憐チルドレン第32話「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 今帰ってきましたので今週はリアルタイムで更新していきますね。 リアルタイムといってもキリのいいところで区切ってアップしていきます。 いつものようにこった事はできませんが徐々にこの記事に付け足して いきますのでよろしくお願いします。 皆本と葵が京都にいるその頃・・・。賢木は、薫と紫穂の面倒を見ている朧を狙って、皆本のマンションを訪れていた。しかし当ては外れ、2人を賢木に預けて職務に戻ってしまう朧。ふてく... [続きを読む]

受信: 2008/11/10 01:13

» 『絶対可憐チルドレン』 第32話 「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 [★一喜一遊★]
なんでGRANRODEOのチケットが取れなくて落ち込んでいるこの瞬間にきーやん中心の話なのか…{/body_deject/} 「先生」だった…そういえば。 さりげなく紫穂も薫もちゃんと「先生」って呼んでるんですね〜{/face_ase2/} ゲーム開始{/roket/} BGMが「Break+Your+Destiny」カラオケバージョンだ{/up/}{/up/}{/up/} BGMに気付くのが早過ぎて弟にドン引きされた(笑) だってこの曲耳が腐るほど聞いてるもん{/3hearts/}... [続きを読む]

受信: 2008/11/10 21:08

» 絶対可憐チルドレン 32nd sense.「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユーキャン」 [電撃JAP]
博士「グラハム・エーカーの世界の料理ショーwww」 助手「そりゃグラハム・カーだwww」 [続きを読む]

受信: 2008/11/11 19:23

« ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- その6 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第六話 »