« 鉄のラインバレル 第一話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第二十七話 »

2008/10/04

かんなぎ 第一話

 原作は1巻だけ読んだ状態。何故か穢れを見ることが出来る上、触っても大丈夫な仁。もらってきたご神木で精霊像を彫ってみたら、それに宿っていた神様・ナギがそれを依り代として顕現。

 ちょっと寝ていたらその間に切り倒されたって…どんだけ鈍感なんだよ。信仰を失った神様なんてこんなものか。その上、魔法少女アニメに影響されて美少女土地神とか言い出すし。威厳も何もなく、どんどん俗っぽい方向に。

 鯛を要求するもお供えされたのは鯛焼きだったり…でもまんざらでもいない模様。

 やたら、ナギのチラリズムに反応する仁。思春期の男の子だから仕方がないとはいえ、それは元々、お前の彫った木彫りだぞ?

 ところで初期装備の服やら下着やらは一体どこから?神通力で出したりは出来ないっぽいし。お供え物の中に入ってたのか?よりにもよって羞恥心Tシャツとか…せめて漢字くらいは読んでください神様(T-T)

|

« 鉄のラインバレル 第一話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第二十七話 »

終了・か かんなぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/42685714

この記事へのトラックバック一覧です: かんなぎ 第一話:

» かんなぎ 第一幕 [沖磨純雲 -おきまもとん-]
第一幕「神籬の娘」サブタイの読みは「ひもろぎ」。読めねぇ…。仁が子供の時に出会った女性は… [続きを読む]

受信: 2008/10/05 00:56

» プロアクティブ 口コミ [プロアクティブ 口コミ ]
プロアクティブ 口コミ について [続きを読む]

受信: 2008/10/14 15:08

« 鉄のラインバレル 第一話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第二十七話 »