« オヤシロボール2 | トップページ | 図書館戦争 第十一話 »

2008/06/20

紅 第十二話

 紫を救うため、奥の院を目指す真九郎。でも、その前に食堂に忍び込んで腹ごしらえ。腹が減っては戦は出来ぬとは言うけど、言動にイマイチ危機感が足りないような…

 真九郎VS蓮丈のヘタレ同士の舌戦第1ラウンドは紅香の乱入で引き分け。車で家の中を走れるって凄いなぁ。

 弥生VSリン、真九郎VS竜士のリベンジ戦は随分あっさりと決着。紅香の動きは熟知していて、それと同じ戦い方をする真九郎、弥生ならば、所詮紅香の劣化コピーと一蹴出来たけど、見たことのない崩月流の動きには対応できなかった…というより予想外の動きをされて戸惑っている隙をつかれて一気に畳み込まれたと言ったところか?
追記:前回、真九郎の苦し紛れの一撃が入ったのが伏線だったぽいけど、竜士はともかくリンはプロだろうにそんな不覚をとってクビにならないのか?

 紫の望むままをさせたいという真九郎の言葉を受けて、紫が決意したのは、奥の院からは出るが、九鳳院家からは出ない。逃げるのではなく九鳳院家の悪しき伝統に真っ向から立ち向かい、変えてみせること。そして恋をして自分の選んだ愛する人と結ばれること。

 この場で一番幼い紫が一番しっかりとした信念を持っているとか…いや、他の連中がそろいもそろってヘタレなだけか。

 大立ち回りを期待していたから、リベンジ戦があっさりと勝負がついてしまって拍子抜け…でも、今回のメインは話の締めとして紫にこの決意を語らせることだったんだろうから、時間配分上仕方ないか。

 場は収まりつつあるのに空気を読まない竜士の神風アタックで紅香が負傷。それに取り乱した真九郎が竜士を角でフルボッコに。蓮丈にそれを見咎められた真九郎は言うに事欠いて、ボクは人を殺さないとか…たった今一人斬殺しただろお前、とツッコミを入れてみれば、竜士は結構元気そう?角は突きに特化していて、斬るための刃はついてないっぽい。要するに峰打ち?

 紫が竜士を選ぶことはまずあり得ないし、竜士は生き恥を晒すよりここで死んでいた方が幸せだったんじゃ(--;

 五月雨荘に帰っていった真九郎と別れ、九鳳院家に留まった紫の伝統との戦いは続く…って、あれ?主人公は紫だったっけ?

・総評
 五月雨荘での紫の言動が可愛くて可愛くてなんかもうそれだけで満足。闇絵や環のキャラも良かったし。
 対して、真九郎自身や紅香サイドの話はちょっと触れられた程度。1クールと言うことであえてそちらには踏み込まず、紫の成長物語一本に絞ったのは話のまとまりとしては良かったと思う。なんとなくチャップリンのライムライトを思い出した。紫がスポットライトを浴びて踊る舞台袖で静かに息を引き取る真九郎とか(笑)

 スタッフのみなさま、お疲れさまでした。

|

« オヤシロボール2 | トップページ | 図書館戦争 第十一話 »

終了・く 紅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅 第十二話:

» ■紅 第12話「われ存在り」 [ゆかねカムパニー2]
 紫の存在価値、そして存在理由について、みんなそれぞれに結論が出ました。  納得していない方々も居ますけど、それは九鳳院の当主である蓮丈が、しっかり押さえてくれ [続きを読む]

受信: 2008/06/20 23:33

» 【最終話】紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 [よう来なさった!]
今期開始アニメ、では文句なしにトップを独走していたこのアニメも最終話。終わってみれば・・・・・・良いアニメでした。良いアニメでしたが、今回の最終話はもっとはるかに素晴らしい内容を期待していたわけで、肝心の締めが、精密さに欠ける突っ込みどころの多いアバウ....... [続きを読む]

受信: 2008/06/20 23:54

» 紅・第12話 [新・たこの感想文]
「われ存在り」 紫を連れ出すため、一人で奥の院へと向かう真九郎。彼を追う紅香と弥生。そして、真九郎の前に、蓮丈が現れる… 「こんな... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 00:07

» 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 [ミナモノカガミ]
真に強きもの。 [続きを読む]

受信: 2008/06/21 00:34

» 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」 [俺のものはきみのもの、きみのものは君のもの]
紫「紫は紫の生き方を探します。お母様と同じように恋をします!!」 ついに最終回ですか。紫を救いだす為、再度奥ノ院へ向かう真九郎様御一行。その結末は!! 紅香「高い車なのに!!」 紅香さんツッコむとこ間違ってますよ。それにしてもリン半端ねー強....... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 00:43

» 紅 -KURENAI- 第12話 「われ存在り」 [待ってられないアニメがある。]
第12話 「われ存在り」(終) [続きを読む]

受信: 2008/06/21 10:57

» 紅 Kure-nai 第12話 『われ存在り』 感想 [腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト]
紅 Kure-nai 第12話 12話 感想 イラスト 紅-kure-ani-。半年前から期待していて良かったです!個人的に久しぶりに秀作でした。 ... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 18:06

» 紅 第12話 [にき☆ろぐ]
さて、いよいよこのアニメも最終回前回ボロボロにやられてしまった真九朗たちしかしそれでも紫を取り戻しに一人突っ走る真九朗それを車で追いかける紅香ということで前半はカーチェイスこの作品でこんな場面がみられるとはちょっと意外でしたしっかし色々壊しまくってるし...... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 21:55

» (アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
紅 1 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷へ....... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 00:58

» 紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」 [SeRa@らくblog]
ふたたび奥の院に戻った真九郎は蓮丈と対峙。 紫を自由にしてやれと言い放つ。 真九郎の意思に、紫が選んだ決断は――。 今期の中でも高評価の紅も最終回。 最後まで紫と真九郎の絆を描くドラマがよかったです^^... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 01:28

» 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 (最終回) [赤い彗星3号館]
再び九鳳院の奥の院に戻った真九郎。それを追いかける紅香と弥生。真九郎が奥の院にたどり着いたときに蓮丈が現れ、どこまで行っても交わることの無い主張の応酬となる。その時に現れた紅香はちょっと想像外の登場の仕方をする。そして紫の元へと向かう。... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 04:19

» 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」 [サボテンロボット]
★★★★★★★★☆☆(8) 「じゃあまたな。真九郎。」 紫が選んだのは好きな人に守られるのではなく その人の隣で一緒に歩いていく事。... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 09:53

» 紅 -KURENAI- 12 [MEGASSA!!]
= 第12話 「われ存在り」 = {{{1クールは短いですねぇ。紅ももう終わりですよ。 世界観のスケールの大きさと放送期間が合いませんね、2クールくらいかけて作らないと すべてを網羅しきらない感じです。 ラストは予想通り、紫の奪還成功。 再び外の世界に出るのではなく、奥の院のみを出るという結末でした。 リンだったかな、最強ですが声が植田さんなんでどうしても可愛くなってしまいますね(笑) それと、走行中の車に蹴りを入れて窓ガラスを割りますが、 実際は..... [続きを読む]

受信: 2008/06/23 23:39

» 紅 -kurenai- 第12話(最終回)『われ存在り』 [アニメ-スキ日記]
紅 -kurenai- 最終回です。 予想外の結末でした。 五月雨荘でハッピーエ [続きを読む]

受信: 2008/06/24 13:01

» 紅 第12話(終) [まだまだハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「われ存在り」   再び奥の院へと踏み込んだ真九郎の前に現れる蓮丈。   さらに牙を剥いた竜士が立ちはだかる。   真九郎はいかにして彼らに対抗するのか!? [続きを読む]

受信: 2008/06/25 20:21

» 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」 [空色☆きゃんでぃ]
弥生さん。。。死にかけてるかと思ったら。。。 [続きを読む]

受信: 2008/06/25 22:37

» 紅 #12 [日々の記録]
真九郎と紫の物語も、とうとう最終回です。たった1人で、再び九鳳院へと乗り込んだ真九郎。それを知った紅香は、車で九鳳院の敷地に乗り込みました。もの凄い窮地にあるはずなのです...... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 17:06

« オヤシロボール2 | トップページ | 図書館戦争 第十一話 »