« RD 潜脳調査室 第九話 | トップページ | 図書館戦争 第九話 »

2008/06/06

紅 第十話

 九鳳院家に連れ戻された紫。彼女には最早、自分がこぼしたお茶を自分で拭く自由さえなかった。
 かつてはそれは使用人がやるのが当然だと思っていた。でも、真九郎が教えてくれた。自分がこぼしたんだから自分で拭くのが当たり前だと。そんな些細な約束さえ、今の紫は守ることが出来ない…

 蓮丈に早く紫を奥の院に入れるように急かす父。先代までのご威光がどうとか…九鳳院家の女が外の情報を得ることを極度に恐れてるようだけど。ただ、今までの伝統が崩れることを恐れているだけか?
 立春の頃までにとか、冬至を越すことすらとか、時節を表す会話自体は雅なんだけどな(--;

 紫を失い、すっかり無気力状態の真九郎。いつも通りに接する環と臨時収入があったから、何か買ってこいと気を遣う闇絵。失敗した仕事をいつまでも気にしてはいけない、次の仕事のために気分を切り替えろと告げる弥生、と周りの皆のおかげで表面上は立ち直ったかに見えた真九郎だったが…

 闇絵、一体何を占ったらそんな大金を…と思ったら。ところでかきって、そんな高級食材だったっけ?あぁ、弁当のかきフライとは違うのね(--;

 上機嫌な真九郎を見て、何か良いことがあったのか?と問う銀子。しかし、気持ちを切り替えたと聞いて失望。一方、夕乃は弱いから負けたんだと淡々と語る真九郎にかける言葉が見つからず。

 次の仕事のため五月雨荘を引き払うよう言われ、それに従おうとしていた真九郎。しかし、それに環が反発。この部屋に残る思い出ごと紫のことを綺麗さっぱり忘れてしまうつもりかと糾弾されて…

 紫救出を決意した真九郎。しかし、紅香は猛反対。戦ったのが五月雨荘だったから死なずに済んだ。九鳳院の敷地に入れば確実に殺される…だが真九郎の決意は変わらず。

 お別れを言うために五月雨荘に戻れば、紫を奪還されることはわかっていた。今の真九郎では、九鳳院の手の者に敵うわけがない。それでも許可したのは、ここなら殺されることはないから。ならば、この経験は真九郎の成長のための糧になる。そんな判断だった。

 蒼樹との約束は紫に外の世界を見せることと恋をさせること。両方とも既に果たされていると告げる紅香。紫は確かにあなたに恋をしていた、それを聞いて真九郎はますます決意を固くする。

 ついに折れた紅香。なんだかんだ言って自分も紫を見捨てられなかった弥生も加え、三人で九鳳院に殴り込み。

 崩月で修行して鍛え直してから殴り込み、という流れだと思ってたんだけどなぁ…一応、吹っ切ってはいるようだけど覚醒にはまだまだ弱いかなと。角を弱さの象徴にするのではなく、護るための力と認識できるかが鍵か?
 角のなしで勝てるのが理想だけど、そうも行かないよなぁ…

|

« RD 潜脳調査室 第九話 | トップページ | 図書館戦争 第九話 »

終了・く 紅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅 第十話:

» 紅 10話「慣れの恐怖」 [時空階段]
やはり紅は今期の中でズバ抜けておりますの〜 === ムラサキが消え腑抜けになるシンクロウw === {{{前回の流れからして精神的に参ってしまうのかと思われたが、シンクロウ本人は無関心で誤魔化そうとしているみたいで…}}} ヤミエさんやらタマキらの追及にも軽くいなして「仕事の失敗」と割り切っちゃったよw まあ、こうでもしないと自分を保てないんだろ..... [続きを読む]

受信: 2008/06/06 21:56

» 紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」 [ミナモノカガミ]
逃げない強さ。 [続きを読む]

受信: 2008/06/06 22:02

» 紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」 [よう来なさった!]
手のぬくもりよりも体のぬくもり、そう言った環さんと闇絵さんがダブルでのハグハグ。お互いの繋がりを忘れないようにとの、嬉しくもあり少し激しい大人2人の愛情表現。ここは面白いシーンなんだけど、それよりも2人の真九郎に対する深い思いに感動してしまいました。 ... [続きを読む]

受信: 2008/06/06 22:46

» 紅 第10話 「慣れの恐怖」 [天国と地獄と雑文ver2.00]
真九郎の家にいたことで「自分で片付ける」行為に慣れてしまった紫。 一方紫がいなくなったが放課後何をしていいかわからなく、高校生ら... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 01:48

» 紅 Kure-nai 第10話 『慣れの恐怖』 感想 [腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト]
紅 Kure-nai 第10話の感想とイラストですよ 弥生vsチェンシン。最近は、こういうステキ笑顔がたりない。しかし近親相姦ネタかぁ ... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 03:43

» 紅 第十話「慣れの恐怖」 感想。 [もす。]
久しぶりに感想書く気がするが…… ※ネタバレ注意 [続きを読む]

受信: 2008/06/07 03:51

» 紅 KURENAI 第10話 「慣れの恐怖」 観賞^^ [まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜]
前へ進むための覚悟は出来た!(`・ω・´) いよいよ大詰め、役者も舞台も出揃った第10話! [続きを読む]

受信: 2008/06/07 08:30

» (アニメ感想) 紅 kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
紅 1 紫を九鳳院家に連れて行かれてしまったことに、ショックを隠せない真九郎。みかねる環や闇絵。そんな真九郎に弥生は、過去に自分が仕事で犯してしまった失敗を語り、紫のことはすぐに忘れたほうがいい、とアドバイスをする。それを聞いても吹っ切ることができず、ど....... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 15:41

» 紅kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」 [風庫~カゼクラ~]
血が繋がっているから“家族”になれる訳ではなく、 血が繋がってなくても“家族”になれる場合もある。 そんなコトを感じた紅 第10話。 [続きを読む]

受信: 2008/06/07 17:48

» 紅 -kurenai- 第10話 「慣れの恐怖」 [SeRa@らくblog]
紫は九鳳院に奪われ… 自分の無力さを思い知った真九郎。 紅香は、気持ちを切り替えさせるために引越しをを命じる。 紫とすごした思い出の部屋から…。 [続きを読む]

受信: 2008/06/07 22:01

» (感想) アニメ 『紅』 第10話 「慣れの恐怖」 [★一喜一遊★]
車で九鳳院に帰ってくる紫。 元気が明らかにないです…まあ、そうですよね〜{/face_acha/} 家に入るときに敷居を踏みそうになった紫に、竜士が 「紫、敷居を踏むな。父の頭を踏みたいか。悪くない冗談だ」 なんというか…笑えないこと言いますね〜彼は。 そして、九鳳院の屋敷で、こぼしたお茶を紫が拭こうとしたら、拭いてはいけないと怒られる。 真九郎は「自分でこぼしたら自分で拭け」と教えてくれたのに…。 真九郎のいいつけをキチンと守ってる紫が切ないです{/hiyo_cry2/} 五月雨荘では、真九郎... [続きを読む]

受信: 2008/06/08 18:35

» ロリコンの敵は人類の敵「紅(くれない)」 [Anime in my life 1号店]
一人ぼっちの女の子を見捨てて、どの国でどの社会で正義を語れると言うのだ。親族の親等が近かろうが財力権力武力知力が高かろうが、それで... [続きを読む]

受信: 2008/06/08 21:04

» 紅 kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」 [空色☆きゃんでぃ]
「いってきます」 [続きを読む]

受信: 2008/06/10 07:07

» 紅 第10話 [まだまだハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「慣れの恐怖」   悔しがりながらも、次の仕事に切り替えようとする真九郎と弥生。   しかし割り切った態度の真九郎に納得できず、環たちは彼を責め立てる。 [続きを読む]

受信: 2008/06/11 19:50

» 紅 第10話 [にき☆ろぐ]
さて今回は紫がいなくなってしまったことでの真九朗の喪失感と立ち上がりをじっくり描いたタメの回という感じでしたねいつも身近にいて自然になり過ぎていなくなってから初めて失くしたものの大きさに気付くといった感じです何か会話をするにも見るにも思い出すのは紫との...... [続きを読む]

受信: 2008/06/11 21:10

» 紅 #10 [日々の記録]
九鳳院に紫を奪われて、抜け殻のようになってしまった真九郎。紅香は真九郎に新しい仕事を与えようとしますが、真九郎は紫と再び会うために戦う決意をするのでした。真九郎も紫も、ち...... [続きを読む]

受信: 2008/06/12 17:00

« RD 潜脳調査室 第九話 | トップページ | 図書館戦争 第九話 »