« 紅 第七話 | トップページ | 図書館戦争 第六話 »

2008/05/17

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第七話

 魔物に三日三晩不眠不休で追われ続け、更に眠りキノコの胞子をくらって限界に達したジルたち。あわや全滅の危機を救ったのはニーバの矢。
 近道に成功して先行していたはずのニーバたちだったが最悪のドラゴン・片羽の出現で足止めを喰らわされていたらしい。

 ウルク軍の第一陣は片羽のブレスで一瞬で全滅。続く部隊も足止めすら出来ずウルク軍の劣勢は明らか。ついに指揮官・ケルブ率いる精鋭部隊が出陣する事態に。

 竜殺し・ニーバに期待するジルだったが、ニーバは、片羽は倒せない、とウルク軍による片羽討伐を傍観するつもり。そんなニーバを非難するジル。しかし、ニーバには竜殺しの称号と引き替えにパーティ全滅、という苦い記憶があった。

 ぶっちゃけ、ドラゴン程度に歯が立たないんじゃドルアーガは倒せない気がするが、こいつは別格なのか?ドルアーガ相手なら最悪相打ち上等だけどこんなところで、という覚悟の差?とはいえ、ブレスで焼き払われたら普通の人間はひとたまりもないわな。ブレス無効のアミュレットでもあれば別だが。
 まあ、ボスより強い雑魚というのは近年のゲームには珍しくもないか…

 かつて片羽にパーティを全滅させられ、一人生還したニーバ。あれ?じゃあ、「竜殺し」てないような?片羽以外にもう一体いてそいつを倒したのか?弱点も知ってたし、竜殺し自体は事実か。
 一人だけ生還したところにも引っかかる。もしかしてニーバもそのときに死んでいて、あの謎の女かその仲間の魔物に蘇生させられたとか?もうニーバは人間じゃないのかも。

 ところで、謎の女さん。そろそろ名前を出して欲しいんだが…公式サイトで名前は知ってるけど、ネタバレっぽいのでうかつに書けないよ。謎にしておきたいという意図ならそもそも公式サイトに名前が乗っていることの方がネタバレだし(--;

 ウトゥ、思いっきりカレーっぽい物を流し込まれていたけどあれで食べられたのか?熱いと言いつつしっかり隠し味まで当ててるし…あの中身どうなっているのやら。

 ウルク軍に協力して片羽を倒そう、と登頂者に呼びかけるジル。しかし、皆はまるで無関心。そりゃただの一攫千金狙いの者はこんなところで命を落としても一文にもならないし危険は出来る限り避けたいと考えるのも当然だよな。

 一向に協力者を集められないジルにそれを見かねた皆が協力。カーヤの色仕掛け(本人は無自覚?)、アーメイの力業、そしてクーパの口八丁でついに臨時討伐隊結成に成功。クーパの詐欺っぽい口上はメルトをなだめすかし続けた成果か…これで10歳とは(--;
 ドラゴンに捨てるとこなし、って鯨か?

 片羽と真っ向からやり合うケルブ。指揮官としては無能っぽいけど実力は確からしい。ブレスさえ魔法で防御できればほぼ互角?

 登頂者の群れに背後から奇襲を受けて、さしもの片羽も転倒。倒すつもりじゃなく、鱗だの羽だのを剥ぎ取るつもりの武装強盗団の前にはドラゴンもタジタジか(--;

 ニーバにドラゴンの弱点を教えてもらい、ケルブと協力して片羽を討ち果たしたジルに集まる登頂者からの賞賛。それを眺めるニーバの前に再び謎の女が。
 彼はこれからどんどん強くなっていく。今のうちに手を打たないと手に負えなくなる。その語りかけの意味はニーバがドルアーガ側である証明か?

 ルーパー音頭の時の描写を見るに、ニーバって父には冷遇されていたようにも見えるし、もしかして妾腹なのか?ジルには慕われているけどニーバ自身はジルにコンプレックスを持ってるみたいだし。父に認めてもらおうと懸命に努力しても父には振り向いてもらえず、その代わりにジルにはますます尊敬される。そんな構図なのかも。

 次回は…塔の中にかつての塔がそのまま入ってるの!?

|

« 紅 第七話 | トップページ | 図書館戦争 第六話 »

終了・ど ドルアーガの塔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第七話:

» ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」 [ミナモノカガミ]
竜退治。 [続きを読む]

受信: 2008/05/17 15:19

» ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜 第07話 「片羽と踊れ」 感想−ジルかっこよい [続・たてまつやんの戦闘記]
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜 第07話 「片羽と踊れ」の感想です。 ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 16:29

» (アニメ感想) ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話 「片羽と踊れ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀なくされていた。偵察隊の全滅という最悪の結果がウルク軍を奮起させ、来るドラゴンとの一大決戦に向けて、塔内はかつてないほど殺気立つ。そんな....... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 17:06

» ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話 「片羽と踊れ」 [空色☆きゃんでぃ]
ニーバは龍殺しだったんですねー! [続きを読む]

受信: 2008/05/17 18:58

» ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話 [パズライズ日記]
今回は皆で行く手を阻むドラゴンに立ち向かっていくという話。 ジルが言っても皆聞かないのに他のメンバーが言うと聞いてくれるんですね(笑)。 もっとも聴き方が全然違うというかセコイというか巧いというか、特にクーパの意外な才能が素敵でした。 ジル達はニーバ達....... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 21:54

» ドルアーガの塔〜第7話・片羽と踊れ [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ドルアーガの塔ですが、巨大な片羽のドラゴンが行く手を遮っています。ジルパーティーは、眠り花にやられそうでしたがニーバたちが助けてくれます。 ドラゴン一匹に親衛隊がかかり切りですが、ジルは協力して一緒に倒そうと思います。しかし、ニーバはこれを見捨てます。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 22:24

» アニメ「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」 第7話 片羽と踊れ [渡り鳥ロディ]
ジル、沢山の仲間を得る。 あのサキュバスまじでぶっとばしてぇなぁ。 「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」第7話のあらすじと感想です。 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 22:54

» ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「片羽と踊れ」 by Seesaaショッピングドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~..¥ いきなり大物に挑もうという、無謀な話。 [続きを読む]

受信: 2008/05/18 19:53

» ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜第7話「片羽と踊れ」 [自堕落学生日記]
みんなでドラゴン退治・・・ハッ、モンスターハンター(んなわけない) ジルのカリスマ?炸裂 [続きを読む]

受信: 2008/05/19 03:07

» ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- 第07話「片羽と踊れ」 [エンドレス・ナイトロード]
ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- 第07話「片羽と踊れ」 [続きを読む]

受信: 2008/05/19 10:33

» ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」 [無限回廊幻想記譚]
先を進む登頂者たちだが、その行く手に現れたドラゴンにより、焼き払われてしまう。 睡魔と戦いながらもモンスターから逃げるジルたちだが、眠り種の影響でついに力尽きてしまう。だが、間一髪の所をニーバパーティに救われる。 クーパ、ナ... [続きを読む]

受信: 2008/05/19 13:33

» ドルアーガの塔#7「片羽と踊れ」 [Sweetパラダイス]
ジルが言っても皆、聞かないのねクーパの意外な才能が素敵でした支えてくれるニーバはいい奴ですね〜。行く手を阻むドラゴン!!回り道や抜け道はなさそう。ニーバは竜殺しと呼ばれていた。勇気だけはあるジル。どうせ相手にされないだろうと思ってたのに意外!!あの剣が...... [続きを読む]

受信: 2008/05/21 18:44

» ドルアーガの塔第7話「片羽と踊れ」 [アニメのストーリーと感想]
 最上階へ向けて登り続ける登頂者達の前に、新たなる難敵が立ちはだかった。それは、ウルク軍の 偵察部隊が遭遇した片羽のドラゴン。「走れ!」恐怖を感じ逃げる兵士達。しかしあっという間に灼熱の炎により、皆殺しにされた。一方黒いモンスターモコモコの大群に追われるジ... [続きを読む]

受信: 2008/05/22 14:32

» (感想) アニメ 『ドルアーガの塔』 第7話 「片羽と踊れ」 [★一喜一遊★]
ジルたちは眠い中モコモコに追いかけられ、3日間走りっぱなし{/m_0216/} 花畑に到達すると、踏んだ花から怪しげな粉が発生し、みんな意識が朦朧{/m_0143/} ニーバ一行に助けてもらう{/m_0160/} クーパはお礼にニーバ一行にお料理を振舞ったり{/m_0050/} なまこが隠し味で、メルトは結構ショック受けてましたね〜{/m_0146/} 片羽のドラゴンが暴れていることをニーバー一行から聞き、ジルは今こそ『竜殺しのニーバ』の本領発揮だ{/m_0151/} と期待するのだが、ニーバは仲... [続きを読む]

受信: 2008/05/22 23:59

» ■ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」 [ゆかねカムパニー2]
 ジルは、パーティーの枠を越えて、ドラゴンを倒そうっていう共通の目的に向かって突き進んで行くよ。  それは、かなり無茶かなって思うけれど…。  考えた作戦、実現 [続きを読む]

受信: 2008/05/24 18:22

» 協力者集めは自重しながらも、ニーバとジルの決闘フラグが出てし... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログしたに...... [続きを読む]

受信: 2008/06/03 15:45

« 紅 第七話 | トップページ | 図書館戦争 第六話 »