« 紅 第六話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第六話 »

2008/05/09

図書館戦争 第五話

 両親の職場来訪に戦々恐々の郁。戦闘職であることは隠してただの図書館司書として振る舞おうと努力するも、肝心のそちらの技能の方はイマイチで同僚と比べてあまりにもふがいのない姿に両親の不安を増長させる始末。

 堂上や柴崎に意地の悪いことを言われて脹れてるけど、この二人、言葉とは裏腹にかなり丁寧なフォローをしてるよ?愛されてるなぁ…

 どうやら本当は郁がどういう仕事をしているのか知っていたらしい父。しかし、堂上と話をしてみてこの上司がいれば大丈夫だと確信したらしい。なんだかんだで良いお父さん。

 そして、母の方はどうして郁が図書館員になったのか、その発端の王子様の話を聞いてすっかり納得。それはそれでどうかとも思うが…

 で、結局本当のことは話せずじまい。それが語られるのはいったいいつになるのやら(--;

|

« 紅 第六話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第六話 »

終了・と 図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 第五話:

» 図書館戦争 第05話 感想 [荒野の出来事]
 図書館戦争  状況〇五 両親攪乱作戦  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田彰  手塚 光:... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 00:05

» 図書館戦争 #05 [沖磨純雲 -おきまもとん-]
#05『両親攪乱作戦』親に内緒で図書隊に飛び込んだアホな少女。ついにその親が娘の仕事っぷりを見にやってきた。本当は危険な仕事をしているのを知られたら [続きを読む]

受信: 2008/05/10 00:19

» 図書館戦争 状況〇五「両親攪乱作戦」 [ミルクレモンティー]
両親・・・ヌルですが( ´Д`)なにか?  冒頭なんだか電脳コ●ルっぽいなぁとか思ったり(笑)  ついに職場見学にやってきた郁の両親。自分の本当の仕事を親に  隠してる郁は「バレたら強制送還」かもしれないと思い、堂上たち  に口裏を合わせて欲しいと泣きつくの...... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 00:31

» 図書館戦争・第5話 [新・たこの感想文]
「両親撹乱作戦」 郁の職場を見学に訪れた両親。郁が戦闘職であることがわかると、強制送還の可能性も。何とか、隠そうとするのだが…。 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 00:47

» 図書館戦争 状況〇五 (第5話)「両親攪乱作戦」 [パプリカさん家のアニメ亭]
「図書館戦争」公式サイト 今期始まった作品がそれぞれ次々とその世界観を明確に描いてきている中、本作においては未だ描こうとしないのは何故なのだろうか?状況的には一区切りついた今回。次回以降がその見せ場と期待はしてはいるものの、トータル的には相当不安が残るの....... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 01:49

» 親と甘えと ~ 図書館戦争 第5話 [スナドリの巣]
とうとう原作読みました。が、小説は小説、アニメはアニメです。図書館戦争 状況〇五「両親攪乱作戦」です。 まあ、何というか、この娘にしてこの親か、という回でしたね。特に身長まで似ている母親。子離れしてい... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 03:29

» 図書館戦争 状況〇五『両親攪乱作戦』 [アニメ-スキ日記]
親に内緒で戦いに飛び込んだアホな少女の物語 郁の仕事ぶりを見ようと、両親が図書館 [続きを読む]

受信: 2008/05/10 05:30

» 図書館戦争 第05話 「両親攪乱作戦」 感想−郁かわいいよ郁 [続・たてまつやんの戦闘記]
図書館戦争 第05話 「両親攪乱作戦」のキャプチャ(画像)付き、感想です。 郁は自分の仕事を未だに両親に告げていなかった。 その両親が... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 06:46

» 図書館戦争「両親攪乱作戦」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻井上麻里奈発売日:2008-08-06価格本を守りたい。あの人のように。有川浩の小説『図書館戦争』シリーズのアニメ化作品。本の検閲という読書の自由を奪われた近未来が舞台。それに対抗する組織・関東図書の隊員に助けられた少女はその隊員...... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 14:49

» 図書館戦争 第5話 「両親攪乱作戦」 [リリカルマジカルS]
「関東図書隊初の女子特殊防衛部員に抜擢された笠原郁22歳。だが、保守的な両親が職場を視察に来るという緊急事態が発生。両親に配属先が発覚... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 15:51

» 図書館戦争 #5 [日々の記録]
郁の両親が、郁の職場見学にやって来るお話でした。前回の稲嶺司令官拉致事件は、雑誌で大きく取り上げられました。その記事の中に、郁の姿が写った写真もありました。そんな中、郁は...... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 16:51

» 図書館戦争 第05話 「両親攪乱作戦」 [アニメって本当に面白いですね。]
図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45〜   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シリーズ構成 : 古怒田健志   キャラ原案 : 徒花スクモ   キャラデザ : 中村悟   アニメ制...... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 18:29

» 図書館戦争 [まるとんとんの部屋]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻(2008/08/06)井上麻里奈、前野智昭 他商品詳細を見る 第5話 『両親攪乱作戦』   あなたを愛して気づ... [続きを読む]

受信: 2008/05/10 20:29

» アニメ 図書館戦争 状況〇五 「両親攪乱作戦」 [Mare Foecunditatis]
図書館戦争 状況〇五 「両親攪乱作戦」 堂上の過去に似ている郁に対する思いがわかってとてもよかった前回。今回は郁の父親と堂上との... [続きを読む]

受信: 2008/05/11 20:44

» 「図書館戦争」第伍話 〜汝が上官で良ひ。故に彼奴の事を頼む〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

受信: 2008/05/11 22:58

» 図書館戦争〜第5話・両親攪乱作戦 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、笠原の両親が職場にやって来ます。笠原は自分の仕事について説明していないので何とか隠そうとしており、堂上や柴崎たちにも協力をあおぎます。(以下に続きます) [続きを読む]

受信: 2008/05/12 16:48

» 図書館戦争 5 [MEGASSA!!]
= 第5話 「両親攪乱作戦」 = {{{今回はギャグ回でしたね。でもちゃんと真面目なオチがあるのはさすが。 郁の両親がやってくる、というだけなのに大騒ぎ。 冒頭ではまるで敵国に攻撃されているかのような演出で笑った。 親に黙って現在の仕事しているのが恐れる理由ですが、 まぁ命掛ける仕事だからそれを黙っていたのは気が引けるのでしょうね。 柴崎に「親が来た」と言われた後の郁の叫びがやけにエロく感じました(笑) 親と言っても、メインは父親の方でしたね。 うーむ、こ..... [続きを読む]

受信: 2008/05/12 22:40

» 今度の相手は、郁の両親!?絶縁覚悟の戦いが始まった!!!図書館戦争... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログしたに...... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 20:14

« 紅 第六話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第六話 »