« ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第七話 | トップページ | 仮面のメイドガイ 第七話 »

2008/05/17

図書館戦争 第六話

 予言書と言われる、まるで今のメディア良化法下の社会を描いたようなSF小説を譲り受けた帰り道。良化隊に発砲を受けた小牧と郁。緩衝地帯である市街地で発砲したことに対し、怒りを露わにする郁だったが…

 そもそも市街地で追跡を行うのが前提なら、銃を所持していること自体が装備の選択ミスじゃないのか?市街地の外に逃げられた場合のことを想定しているのかも知れないが。
 発砲してもどうせ誤魔化す有名無実な取り決めか…

 潜伏しているにもかかわらず携帯の明かりにあまりにも無頓着でダメだこいつ、と思ったら案の定…小牧も注意しろよ(--;
 そもそも、本部への連絡手段が携帯って時点でダメダメ。強襲で連絡機材は全て車内だとしてもなぁ…

 今、発砲した奴はぶっ飛ばしてやるから前に出ろ!
…たとえぶっ飛ばしたところでその後に包囲されて捕まると思う。今の最優先事項は逃げ延びることだよ?それじゃ本末転倒だよね?

 メディア良化法のない世界から見れば、自分たちのしていることは酷く滑稽なんだろう、と語る小牧。全く持ってその通りだよ。自覚あったのか。

 かつて絵本図書館を襲った良化隊。そこで良化隊員が子供に発砲。おまえらが一番子供の情操教育に悪いわ!!本末転倒も甚だしい。だからといって全員で殴り合いするのもどうかと思うが…手を出しちゃったら同レベルだろ(--;

 司法省の介入で危機を脱した郁たち。連絡したのは手塚っぽいけど、このあまりにも迅速な対応は…手塚って司法省の関係者なのか?

|

« ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第七話 | トップページ | 仮面のメイドガイ 第七話 »

終了・と 図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

今回の話はどうにもこうにもツッコミどころ満載(^^;;

>潜伏しているにもかかわらず携帯の明かりにあまりにも無頓着
のっけからこんな展開とは……ってか、どうも色んな意識が欠けてるように見えてならない。自分たちが任務を達成するために気を配ることくらいしっかりできんものか……。

>メディア良化法のない世界から見れば、自分たちのしていることは酷く滑稽なんだろう、と語る小牧。
一つの世界の形、という解釈はできなくもないですけど、滑稽なのは間違いないでしょうね。(可能性がゼロと言えなくもないのがあまり笑えませんが<爆)
ただ、命を張るほどの状態のくせに、どうも緊張感が足りないというか……。

ところで、柴崎が見てたのってSAW……。

投稿: 空理空論 | 2008/05/17 16:43

>空理空論さん

>今回の話はどうにもこうにもツッコミどころ満載(^^;;
 全く今回はその一言に尽きますね。

>どうも色んな意識が欠けてる
 素人目にもそのくらい常識だろ、と思うような部分でポカをするのはどうかと思いますね。
 座学が苦手とかそういうレベルじゃないし。サバイバル技術もないのかと。

>命を張るほどの状態のくせに、どうも緊張感が足りない
 サバゲーで給料もらえるんだから良いご身分だな、とそこかしこで言われてました。
 本よりも命よりもルール違反の糾弾がそんなに重要かよとか。

>ところで、柴崎が見てたのってSAW……。
 本は規制しても映画は規制しないようです…いや、規制しろって言うんじゃなくて規制対象によって基準が違うのは歪んでるなと。

投稿: 藤ゆたか | 2008/05/17 19:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 第六話:

» 図書館戦争 状況〇六『図書隊ハ発砲セズ』 [アニメ-スキ日記]
小牧と走っている女性 誰かわからなかった。郁だったんだね。 『予言書』を回収した [続きを読む]

受信: 2008/05/17 16:39

» 図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」 [SUGO FACTORY別館]
良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は [続きを読む]

受信: 2008/05/17 17:50

» 驚愕の新事実判明! [栗山千明さん応援blog「GO!GO!C.K」]
ぼたもちさん、またまたGJ#%D:231%##%D:231%#!! 本日ご紹介したアニメ「図書館戦争」でC.Kがキャラデザインモデルの登場人物がいること判明しました! もちろん彼女です!!! 柴崎 麻子(しばさき あさこ) 声: 沢城みゆき 武蔵野第一図書館・図書館業務部の図書館員。一等図書士。身長157cm。22歳。明晰な頭脳と端整な容姿を備えた郁のルームメイト。口は悪いが、素早い情報収集能力と超S級の如才無さで郁を助ける。 「情報網ってのは広げ方にコツがあるのよ」 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 18:03

» 図書館戦争 #6 [日々の記録]
郁が小牧教官と一緒に、禁書になった本を古本屋から図書館に搬送するお話でした。通称・予言書と呼ばれている本を、郁たちが古本屋さんから譲り受けることになりました。その本はSF...... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 18:19

» 図書館戦争 状況〇六『図書隊ハ発砲セズ』 [風庫~カゼクラ~]
『やたらと熱くて足の速い少女がいた・・・』 小牧にとって郁ってのはそ~ゆ~イメージなワケやね(笑)。 堂上もイイオトコですが小牧もこれまたイイオトコだわ。 [続きを読む]

受信: 2008/05/17 21:53

» 図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」 [ミルクレモンティー]
 まるで「メディア良化法」が制定された今の世界を描いたような本、  通称『予言書』を回収した郁と小牧だったが、良化隊に襲撃され  逃げるさ中、良化隊に発砲され負傷する小牧。  それを見て、撃った奴出てこいやぁ!とブチ切れる郁。 そんな郁に昔の堂上の姿を...... [続きを読む]

受信: 2008/05/17 23:28

» 図書館戦争 第6話 「図書隊は発砲セズ」 [独り言の日記]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  最悪の事態発生。  その夜、郁と小牧教官は“予言書”と呼ばれる貴重な書籍を譲り受けに、山梨の古書店に行ったのでした。      譲り受けた“予言書”市場にはもう存在していない、大変、貴重な本。  内容は本が刈られる世界をモチーフにしたSF小説。  主人公は良化隊のような組織で本を焼く仕事をしているという。 この事が60年も昔に書かれていた・・・・なので予言書と言われているらしい。  今回、山梨の古書店の店主が図書館に置いても... [続きを読む]

受信: 2008/05/18 10:30

» 図書館戦争 第06話 感想 [荒野の出来事]
 図書館戦争  状況〇六 図書隊ハ発砲セズ  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田彰  手塚 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/19 15:21

» 図書館戦争〜第6話・図書隊ハ発砲セズ [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、笠原と小牧は予言書を取りに行きます。これは近未来のSF小説ですが、焚書など現在の状況を予言している内容で良化隊に襲われます。良化隊は緩衝地帯の住宅地で威嚇射撃しますが、跳弾が小牧に当たって負傷すると笠原が猛抗議します。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008/05/20 00:50

» 「図書館戦争」第六話 〜彼奴みたいな無鉄砲故に役所が必要なり〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

受信: 2008/05/20 00:51

« ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第七話 | トップページ | 仮面のメイドガイ 第七話 »