« アナログ録画とデジタル録画の比較 | トップページ | 紅 第五話 »

2008/05/02

図書館戦争 第四話

 葬儀会場を爆破するとの脅しを受け、指令と共に拉致されてしまった郁。なんだ、こいつら良化委員会じゃなくてそれに傾倒するテロリストなのかよ。良化委員会自身が直接やるわけには行かないからと無関係の団体を裏で雇ってやらせている可能性もあるけど。

 郁を護衛に回したことを後悔する堂上。昔の自分そっくりで危なっかしくてみていられないからとか、自分が捨ててきた物をなんで律儀に全部拾ってくるんだとか…ま、過保護が徒になったわけで。自分が失敗を繰り返しながらもそれに学び乗り越えて成長してきたから、郁には同じ失敗をさせずに育てたいというのはわからないでもないが、やっぱり自分で失敗して経験しないと身に付かないこともあるわけで。

 レストランの予約キャンセルとかこの緊急事態に何を言ってるんだ!?と思ったら現在地のヒントだったのね。すまん、見くびりすぎていた。

 義足に発信器。しかも手順を踏んで外すことで作動とか、さすが指令、抜け目ない。

 銃の発砲許可は図書館の敷地内限定。だから対象のビルを図書館候補地として買収。それはギャグで言っているのか!?よくある手と言えば手なんだけど、それを言い出すのは普通、大金持ちのお嬢様か貴族の総司令官が相場だと思う(--;

 突入時にも閃光手榴弾の類はなしか。装備として認められていないのか?そして、あっさり捕まるテロリストたち。実は素人?まあ、ここは堂上たち、タスクフォースが有能と言うことにしておこう。

 手塚、玉砕…じゃないなこれ(--;
 堂上に、郁から学ぶべきところがある。と言われたからとりあえずみたいな。まあ、行動を観察しているだけで十分目的は達成できそう。結局、相手にした郁の独り相撲と。

|

« アナログ録画とデジタル録画の比較 | トップページ | 紅 第五話 »

終了・と 図書館戦争」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 第四話:

» 図書館戦争「図書司令官ヲ奪回セヨ」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
図書館危機有川 浩価格動き出しました。図書館シリーズ第3弾。今回は結構ドンパチやってます。ベタ甘な展開もありますが、それもまたよし!徽章のカミツレの話は、とても良かったです。郁父と堂上の件なんかも、面白かったです、乙女読みとしては…いつも外さずベタ甘展開が...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 16:18

» 図書館戦争 状況〇四(第4話)「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [パプリカさん家のアニメ亭]
「図書館戦争」公式サイト 相変わらずのアバンに、多過ぎる本編中の回想シーン。アバンは流石に次の段階へ進んでほしいですね。それと、本編冒頭の前回のなぞりなおし部分は、むしろ無い方が緊迫感が出たのでは。本編中の笠原、堂上回想シーンは、それぞれ二人のものという....... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 18:22

» 図書館戦争 状況〇四『図書隊司令ヲ奪回セヨ』 [アニメ-スキ日記]
小田原攻防戦が終息したのもつかの間、稲嶺基地司令と郁が、良化法賛同団体に拉致され [続きを読む]

受信: 2008/05/02 18:40

» 図書館戦争 第04話 「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [アニメって本当に面白いですね。]
図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45〜   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シリーズ構成 : 古怒田健志   キャラ原案 : 徒花スクモ   キャラデザ : 中村悟   アニメ制...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 20:15

» (アニメ感想) 図書館戦争 第4話 「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第四巻 小田原攻防戦が終息したのもつかの間、稲嶺基地司令と郁が、良化法賛同団体に拉致された。必死に行方を追う図書隊、そして堂上。郁の機転が功を奏したとき、タスクフォース隊長・玄田が放つ起死回生の一手が光る!... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 21:04

» 図書館戦争 #4 [日々の記録]
堂上教官の進言で、最前線の戦いから外された郁。しかし、稲嶺司令官の介護を勤めていた郁は、麦秋会と名乗る男たちに包囲されてしまいました。麦秋会のメンバーは、稲嶺司令官を拉致...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 21:44

» 図書館戦争 第4話「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
分かりやすいけど今回は前回のあらすじが長かった(><)小田原攻防戦が終息したのもつかの間、稲嶺基地司令と郁が、良化法賛同団体に拉致された。必死に行方を追う図書隊、そして堂上。郁の機転が功を奏したとき、タスクフォース隊長・玄田が放つ起死回生の一手が光る!...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 22:32

» Navigation91 図書司令官ヲ奪回セヨ 図書館戦争 [輝け心のプリズムNavi]
状況 0四 図書司令官ヲ奪回セヨ 堂上かけぇぇぇぇえええええええええ こんなに池面だったか?? [続きを読む]

受信: 2008/05/02 23:21

» 図書館戦争 状況〇四「図書指令官ヲ奪還セヨ」 [astroboy-nj's today NEXT]
今回は郁が窮地に陥ってしまう、状況〇四「図書司令官ヲ奪還セヨ」。 [続きを読む]

受信: 2008/05/02 23:35

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇四『図書司令官ヲ奪回セヨ』 [空夢ノート]
『図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻』角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)発売日:2008-08-06amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)予約は上記アマゾンで26%引きだそうな!! しかも...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 23:43

» 図書館戦争 #4 「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [オイラの妄想感想日記]
テロリストに拐われても全然慌てた素振りも無い郁ちゃんスゲェ。 司令が落ち着き払ってるのは、沢山の修羅場を潜り抜けてるだろうから分かるけどさ。 度胸が良いのか単に危機感が全く無いのか(笑) ... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 00:12

» 図書館戦争 状況〇四『図書司令官ヲ奪回セヨ』 [風庫~カゼクラ~]
前回の小田原攻防戦はナカナカ見応えがあった図書館戦争。 その攻防戦が収束した直後に起きた拉致事件の解決篇といった今回。 大作戦!というよりは何気にラブ要素が高めでしたかねぇ。 ... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 01:18

» 図書館戦争 第4話 [ニコパクブログ1号館]
第4話『図書司令官ヲ奪回セヨ』 郁がさらわれてしまいました。 果たして、無事でいられるのでしょうか? そして、稲嶺基地司令を守ることが出来るのでしょうか? いつも、失敗ばかりの郁ですが、どうやらこういう本番には強いようですね。 電話であんなこと言い出したとき..... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 02:00

» 図書館戦争 第4話「図書館司令ヲ奪回セヨ」 [恋華(れんか)]
図書館戦争 第4話「図書館司令ヲ奪回セヨ」 [続きを読む]

受信: 2008/05/03 12:48

» 図書館戦争 状況〇四「図書司令官ヲ奪回セヨ」 [ミルクレモンティー]
 タスクフォースが小田原攻防戦に気を取られてる隙に、稲嶺指令  と郁は良化法賛同団体に拉致されてしまう。  郁は稲嶺の介助を理由に自分から付いてったんだけど。  郁たちを人質に小田原の資料館から持ち帰った書物の処分を要求  してくる良化法賛同団体だった....... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 20:41

» 図書館戦争第4話「図書館指令ヲ奪還セヨ」 [アニメのストーリーと感想]
 小田原にある財閥グループの会長野辺山亡くなった。所有していた「情報歴史資料館」の 中には、メディア良化委員会特務機関による、検閲の歴史を記した書籍が多数存在。今まで 個人が所有していた資料館だったので、特務機関は手を出して来なかった。しかしその資料を 関... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 23:15

» 図書館戦争 状況〇四『図書司令官ヲ奪回セヨ』 [鍵付き日記帳]
前回最後に稲嶺司令とその介護役である郁が、告別式の後に侵入者によって襲撃されました。良化委員会に賛同する人たちだったかな?ハゲの人とかがちょっとカンフーでもやりだしそうな感じだったwハゲ達の目的は、前回図書隊が持ってった資料の焼却処分らしい。稲嶺司令の身柄を渡さなければ、告別式会場を爆破すると脅してきたため司令は襲撃者についていくことを決意。そこで郁も「自分は介護役だから!」と一緒に人質に。今回郁の仕事は司令の警護。その仕事をしっかりやることで、堂上に信頼してもらおうと頑張ってましたね〜。司令に... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 23:26

» 私の図書館□□! [許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello.]
状況04「図書司令官ヲ奪回セヨ」 図書館内の武装で蔵書が破損スルーなんて無礼にも程があるわ!!! [続きを読む]

受信: 2008/05/04 08:32

» 「図書館戦争」第四話 〜汝らに日和る程我らの歴史は幸福では無し〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

受信: 2008/05/05 00:03

» 図書館戦争 4 [MEGASSA!!]
= 第4話 「図書隊司令ヲ奪回セヨ」 = {{{OPの前の説明と各キャラの紹介はもういらないような気がするんだけど。 さすがにもう覚えてきたので。 冒頭も前回の使い回しが多かったし。 でも思い出しながらしっかりストーリーについていけるのでいいか(笑) 今回はいよいよ郁の本領発揮です。 司令が人質にとられ、世話係として一緒に郁も同行。 敵は「ばくしゅうかい」、未来の右翼みたいなものかな? このような緊急時でも落ち着きを失わない郁、司令とのナイスコンビネー..... [続きを読む]

受信: 2008/05/06 01:17

» 警察や政府の官僚もこんな職権乱用を平気でやってるかも!? 図書館戦争第4話『図書司令官ヲ奪還セヨ』 [シュージローのマイルーム2号店]
 小田原攻防戦での運搬攻防戦をなんとか放棄用コンテナを利用して制した図書隊の面々。  ところが、別働隊として『稲嶺基地司令護衛』で動... [続きを読む]

受信: 2008/05/30 03:25

« アナログ録画とデジタル録画の比較 | トップページ | 紅 第五話 »