« Windowsの画面に書き込みのできるソフト | トップページ | 図書館戦争 第三話 »

2008/04/25

紅 第四話

 奪われた幼稚園の土地の権利書を取り戻すため、地上げ屋の事務所に乗り込んだ真九郎。銀子が集めた相手の不法行為の証拠を材料に有無を言わせぬ態度で交渉を進めていたが、後をつけてきた紫のおかげでヘタレであることを露呈。帰り際に襲われることに。

 紫の見ている前で暴力を振るいたくなかったのだろう真九郎だったが、もたもたしていたせいで紫が張り飛ばされてしまったのを見て逆上。その場にいた全員をフルボッコに。

 真九郎の右肘から生える骨の刃。え?これ、崩月流の技なの?ってことは夕乃もこれ使えるの?「角」を使ってしまうのは未熟な証拠と後で夕乃に言われて落ち込んでたけど…肘から皮膚を突き破って出てきているみたいだし引っ込んでも傷はそのままみたいだし、強力ではあるけどあくまでその場しのぎっぽいなぁ…
 崩月の人間は寄生虫バオーでも飼っているのか?それとも碧奇魂?…たとえが古くてわからんか。もっと新し目なのなかったかなぁ?(--;

 空港を爆破して生き残った子供を誘拐、海外に売り飛ばすとは、ずいぶんと豪快なテロリストだな…目的はそれじゃないかも知れないが。その中に真九郎と銀子もいて、それを救ったのが紅子たち。崩月家に引き取られることになった真九郎はそれ以来、紅子にあこがれて師事。現在に至ると。
 紅子の方も紅子の方で紫の母とかなり深い親交があったようでどうにか彼女の望みである、「紫を幸せにしてあげてほしい」をなんとしても叶えたいと思っているよう。
 紅子曰く、真九郎と紫は似ているそうだけど。

 そんなことはひとまずおいといて。紫、一人でシャンプーできるようになった記念日なのですよ。それと湯船の中であと20も言われて高速カウントする様が可愛すぎだよ!

|

« Windowsの画面に書き込みのできるソフト | トップページ | 図書館戦争 第三話 »

終了・く 紅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅 第四話:

» ■紅 第4話「才物」 [ゆかねカムパニー2]
 真九郎は、夜のお仕事へとお出かけするよ。  何だかんだで、真九郎は結構ちゃんとお仕事してると思うのですよね。  暴力沙汰になったときの方が、むしろ真価を発揮し [続きを読む]

受信: 2008/04/25 23:55

» 紅 第4話 [まだまだハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「才物」   幼稚園の土地買収が絡む一件で、相手の事務所を訪れた真九郎。   後を付けて来た紫が騒ぎに巻き込まれたことで、真九郎は怒りを爆発させる。 [続きを読む]

受信: 2008/04/30 20:24

» 紅 #4 [日々の記録]
銀子の依頼で、ヤクザの事務所へ揉め事処理に向かった真九郎でしたが、交渉の場に紫がついてきてしまいました。銀子から頼まれた幼稚園の揉め事を解決するために、ヤクザの事務所へ乗...... [続きを読む]

受信: 2008/05/01 17:37

« Windowsの画面に書き込みのできるソフト | トップページ | 図書館戦争 第三話 »