« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

RD 潜脳調査室 第四話

 停電でブレインダウンした人工島の株主の救出を依頼された波留。前回のダイバーはこれに失敗してブレインダウンしていたらしい。

 新しい技術が一般に広まるにはエロスは必要不可欠、というわけで電脳ハーレムに引きこもりのエロ爺。本人は幸せなんだろうし、こんな奴ほっとけばいいじゃん…ともいかないのが辛いところ(--;

 しかも、さらなる快楽を得るために女性型アバターを使って、性的快感をフィードバックした上に臨死体験トッピングとかそんなところばかりに労力を使ってるんじゃない!

 女性の快楽は男性の3倍で長く持続もするとは聞くけど、それに男の精神は耐えきれないとも聞いたような…その辺はリミッター?

 しかしまあ、実体の方はどんな惨状になっているのやら…想像したくないな(--;;;;;

 そんな奴の欲望の渦に巻き込まれ、波留は臨死体験をしつつ思考上書きの大ピンチ。波留がエロ爺に!?

 でも、みなもの呼びかけのおかげでそれを振り切り生還。そりゃ色ボケネカマよりもムチムチ女子高生の方がいいに決まってるよな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2008/04/29

我が家のお稲荷さま。 第四話

 食費が二人分増えた上、コウが食材もろとも食器や鍋を次々に駄目にするため家計を預かる昇は頭が痛いことこの上ない。ちなみにクーの尻尾は上質の枕としてお気に入りらしい。

 コウって本家のばあさんのお世話をしていた訳じゃないのか?山菜とか採ってそのまま食べていたとか?

 当主様がお風呂に入ったら、「お背中を流しましょう」が基本でしょう?何やっているのかね君は?そんなに戦力外通知を受けたいのかね?

 枝豆の妖怪は木気なので例によって水気は通じないのです。ま、襲ってくる奴らは総じてみずちの水を栄養にしようとしているんだから当然なわけなんだが(--;

 このままではホントに役立たずなコウは体内の龍を発動してパワーアップ。でも、結局水じゃ通用しないんじゃ?とも思ったが高圧水流なら物理ダメージになるのね。強引な力業だなぁ…

 てっきり、枝豆妖怪を庭に植えて、枝豆だけなら無限に食えて財政問題解決…って話だと思ってたのに、持てるだけ強奪しただけかよ。そして、それをコウが台無しにするのはお約束(--;
 でも、真名を押さえてるんだから、呼び出して提供させればいいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

04月29日のココロ日記(BlogPet)

いつか、果たす確認がほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

狂乱家族日記 第三話

 実の姉・姫宮千子の差し金で執拗ないじめにさらされ続ける優歌。どうやら姫宮で一番立場の弱かった優歌が乱崎家に引き取られたことで千子が一番下になってしまい、一族からの迫害を一身に受けるようになってしまったことへの腹いせらしい。

 かつて、優歌のように一族から迫害を受けていた千子。それを姫宮家に訪れていた銀夏が救ったことがあったらしい。しかし、自分は既に鬼になってしまった。もう、あの時のようにお兄ちゃんは私を救ってはくれない。鬼になった私にその資格はない。今その資格を持ち、そして実際、銀夏が守っているのは…その絶望と嫉妬、羨望、あらゆる暗い感情の全てを優歌にぶつける。確かにこいつはこいつで可愛そうな面はあるけど、だからといってそれをそのまま優歌にぶつけんでも。

 そんな千子の心情を誰よりも理解しているのが優歌だというのも皮肉だが。上から回ってきた不幸を下に盥回すことしかできない可愛そうな人だからこそ、優歌は耐え続けているわけで。

 で、その不幸の連鎖を断ち切る術が姫宮家壊滅って…いいのかそれで?
さすが、閻禍の子供たちと言うべきか…

 検査員に検査結果を誤認定させて、千子も狂乱家族入り。名前も千花と改名。改名させるのは過去の経歴とか全て抹消して世間一般とは一切の関わりをなくすと言うことか?戸籍も抹消?その割には学校には行ってるけど…閻禍の子供でなかった時のことを考えて義務教育は受けられるわけか?

 謎の魔王っぽい声は月香かよ。脳天気に水槽で浮いているだけかと思ったら、こんなに恐ろしい奴だったとは…

 ところで、家族愛は順調に育まれているようだけど、家族に手を出す奴は容赦しないって、今のところ、家族>>>(越えられない壁)>>>その他大勢だよね?これじゃ家族とその友人知人以外は皆殺しという選択肢があり得ないか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008/04/27

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第四話

 背後から銃を突きつけられ、絶体絶命だったルルーシュ。しかし、ルルーシュはロロのギアスを体感時間の停止だと看破した上、C.C.に引き合わせることを条件にこの場は見逃させることに成功。

 自分をあえて泳がしている理由がC.C.捕縛にあること、それが自分を殺すことよりも優先されていることを看破した上での奇策。しかし、あくまで時間稼ぎ。扇たちの処刑の時間は刻一刻と迫っていた。残されたわずかな時間で扇たちを救い出し、ギルフォードたちの包囲をかいくぐって脱出、その上、ロロを出し抜く手段を考えなければならない。

 一方、中華連邦総領事館では、領事が売国奴として処刑されていた。そしてそれは表向き、黒の騎士団との小競り合いでの死亡として処理されることに。絶大な権力を持ちおいそれと手を出せなかった腐敗した宦官を排除するには絶好の機会だったらしい。
 こうして中華連邦は対外的には中立を維持。

 処刑を待つばかりの扇たち。その中、絶対来てくれると信じている玉城はけなげだよなぁ…

 コーネリアは行方不明なのか。それでギルフォードは単独でここにいるのね。

 処刑直前、ギルフォードの前に姿を現したルルーシュ。決闘に選んだ武器は暴徒鎮圧用の盾。
「正義で倒せない悪がいるとき君はどうする?悪に手を染めてでも悪を倒すか、それとも己が正義を貫き悪に屈するを良しとするか?」
「我が正義は姫様の下に」とあくまでコーネリアへの忠誠を口にするギルフォードに対し、
「私ならば悪を為して巨悪を討つ」と返すルルーシュ。その瞬間、処刑場の土台がパージ。落ちた先は治外法権の中華連邦総領事館の敷地内兼合衆国日本の領土。ギルフォードをあざ笑うかのようにエウレカ・セブンばりに盾をボードに駆け抜けるルルーシュ。しかし、それにロロが追いすがる。

 ロロの孤独を看破していたルルーシュの自作自演の芝居とやたらに兄弟愛を強調する話術にロロは陥落。C.C.を目の前にしながらロロは何もできなくなってしまう。

 ロロを始末するだけならあの狙撃で達成できていた。それをあえて救うことでロロの心に隙を作り、その隙間をこじ開けてロロが望んでいるだろう言葉の絨毯爆撃。こりゃたまった物じゃないよな。強力な駒を排除するのではなく味方に引き込んでしまうとは…C.C.に引き合わせるという約束も果たしてるし。ついでにC.C.は餌にされたことに気づいてない。ルルーシュの本領発揮だな。

 ロロがナナリーのいる場所に居座っていることに怒り心頭、ボロ雑巾になるまで使い倒して捨ててやると目論むルルーシュ。ロロがその意図に気づいたときにはまた凄まじいことになりそうだけど、その頃にはとっくのとうにロロのギアスは攻略済みなんだろうな。

 学園前に現れたスザク。いったいどの面下げて…

| | コメント (0) | トラックバック (46)

仮面のメイドガイ 第四話

 藤原邸に侵入した連続下着窃盗団・紫のひも。コガラシの活躍で賊は捕らえた物のなえかの下着は既に持ち去られた後。手がかりは苺のパンツ。
 というわけで、学校中の女生徒のパンツを驚異のハンドスピードで剥ぎ取って直接確認…っておい!!

 なえかに挑戦状を叩きつけたリズ。財産継承権よりもなえかを屈服させる方を優先。そして、それに付き従う専属メイド忍者・シズク。
…あぁ、専属だったっけか。すっかり忘れてたわ。

 なえかVSリズは、お互い実力はあるくせに容赦なく卑怯な手を使いまくりとか…同レベルだな君ら(--;

 先週のレズ娘、乳ファンクラブに入ったのかよ…そして、乳にしか興味はない、とパンツをスルーするリーダーは立派…と言っていいんだろうか?

 コガラシVSシズクは、忍術を駆使してコガラシを攪乱し絶対勝利を確信して嬲っていたつもりのシズクだったが、メイドガイ・アイの透視力の前には居場所がバレバレであっさりパンツを剥かれて敗北。いろんな意味でプライドズタズタ…ご愁傷様(--;

 モスグリーンのメイドガイ・ヴォイスでカラスを操り撒かれたパンツを回収。でもターゲット設定が「なえかのパンツ」なので本人のつけてる物もそれに含まれているとか(--;

 半裸のリズに迫るコガラシ。もはや、コガラシが襲っているようにしか見えないし…ところでリズに胸の谷間があるわけが(笑)

 新作ラッシュのソフトを全て手に入れるため、姉の下着を売却した幸助。メイド物をメインにスク水、巫女、妹、ちゃんと姉も入ってる…けど見逃してくれるわけはないわな(--;

| | コメント (0) | トラックバック (18)

絶対可憐チルドレン 第四話

 レベル6サイコキノ特務エスパー・ナオミのスランプの原因を探るべく、彼女の日常生活を観察することにした皆本たち。しかし、おかしいところは何もなく、超能力も問題なく使えているよう。

 てなわけでナオミのサービスシーン満載。さすが深夜4時アニメ34時アニメ(^^;

 薫たちは3人肩車で変装して学校に潜入…せめて二人だろ。なんだよこの巨人は(--;
一番下が辛そうだけど多分超能力で軽減してるんだろう。

 ナオミを理想の女性に育て上げ、ゆくゆくは結婚を目論む谷崎主任。だめだ、こいつ。早く何とかしないと…
 でも、ナオミがバベル運営とは言えちゃんと学校に通えている辺りは、谷崎がナオミを大切にしてサポートした結果ではあるんだよな。これで下心がなければ主任としては優秀な部類なのに(--;

 ナオミのスランプの原因。それは心の奥に封じられていた谷崎のセクハラに対する嫌悪感。ここまで育ててくれた恩人に対し、そんな感情を抱くのは駄目なのだとまじめな彼女は思っていたようだが、それはそれこれはこれ。嫌なことははっきりと嫌だと言えるようになってスランプ克服。反動でちょっと過激になったけど。
 コードネームもキティ・キャットからワイルド・キャットに。

 ところで、はいてない…って、いつ脱がしたんだよ!それとも模擬戦の初めからか!?どちらにしろ恐るべし、薫のオヤジパワー(--;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008/04/26

地デジ

 総務省が地上波アナログに対して7月後半から嫌がらせを開始するらしい。「アナログ」と字幕を出しっ放しって、発想が地上げ屋が対象の地域に誹謗中傷のビラ張りまくるのと同レベルじゃないか(--#

 時期的に見て、オリンピックを気持ちよく見たかったら地デジを導入しろってことなんだろうな。そして、意図するところから見てかなり目立つ位置にデカデカとこれ見よがしに表示するんだろう。画面のど真ん中と言うことは流石にないだろうが得点表示板の上とか一番重要なところをピンポイントにとか。

 アニメでは既にこれだけの迫害を受けているというのに更に追い打ちをかけるというのか(T-T)
未だに地アナで見ているアニヲタは異常
ハヤテにこれだけやられて未だにアナログで見るアニヲタは真性のマゾ

以上、異常感想注意報さんより

 なんてな訳でダビング10対応(予定)の東芝REGZA 37Z3500を買ってやったのですよ。
間に合った、全部できた!私の殺りたい奴はこれで全部…褒めてよ聡史きゅん!!
…敗北したorz

before      after
080426_120019080426_195535




 21インチブラウン管から37インチワイド液晶に画面の大きさも綺麗さもバージョンアップ…したと思っていたんだがTVKがデジタルで入らないことが判明…もともと42ch入る地域なのにどうなってんじゃー!!まあ、ここは神奈川ではないわけだが(--;
 どこぞのマンションのせいで地域テレビの共同アンテナだったのがJ-COM東京に吸収されて今に至り、何が受信できるのかよくわからないし…

 とりあえず、録画はアナログは今まで通りRD-XS46、デジタルは推奨品として買ってきた外付けUSBHDD、IO-DATA HDCN-U500に。東芝選んだ時点でブルーレイなんて知ったことではない!HDDがいっぱいになったならHDDごと交換すればいいじゃない。という思考の元、むしろUSBHDDを接続できるからこの機種を選んだんだぜ?

しかし、500GでHDレート53時間って、1時間10G弱もあるのかよ?約8クール分か…

 TVKは結局アナログのままなので、恩恵を授かるのは、明日のチルドレンとコードギアスから。試し録画の電脳コイルはとりあえずスルーの方向で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第四話

 魔物の大群に追われていきなり大ピンチのジルたち。話を聞いている限り、壁役のジルの準備が整う前にメルトが魔法ぶち込んで、ジルが壁になるのが間に合わなかったよう。奇襲されることもあるんだから、どんな場合でも即座に壁になれなきゃいけないんだろうけど、未熟なジルにそれを求めるのは無茶という物。

 アーメイの活躍で何とか窮地を脱した後は、あまりもの素人ぶりにあきれ果てたアーメイによる初心者講座が開催されることに。アーメイがここまで表情を崩すんだから相当な物だよな(--;

 食料は現地調達。ダンジョンマスター?
 ローパーの触手のシチュー。ま、毒さえなければぷりぷりして美味しいのかもなぁ…ゼラチン質?それとも海綿体?コラーゲンたっぷりでお肌にいいとか?

 一方、ニーバは謎の女に接触。どうやら魔物みたいだけど…「いわゆるドルアーガ様」、「その先」との女の言葉の意味をニーバは理解しているよう。塔の最上階にいるドルアーガは本物ではない客寄せの張り子の虎で、この塔の真相はその先に眠っている?
 ジルに死んでほしくないから、それ以上にその真相を知ってほしくないから、ニーバはジルに国に帰れと言ったんだろうな。それは多分、真っ直ぐな性格のジルには到底受け入れられない物なんだろう。

 魔法で凶暴化したクサラック10匹の強襲を受けたジルたち。アーメイの見立てはまともに戦えば全滅。それならバラバラに逃げて一人でも多く命が助かれば御の字という物だったが、ジルはそれを拒否。この程度で全滅するようなら上の階ではやっていけないとのジルの言葉に覚悟を決めた皆は、死力を尽くしてこれを迎撃。辛くも生還する。
 ニーバですらジルたちは全滅したと思っていたところから見て、この勝利は奇跡的な物だったに違いない。それを乗り越えた経験はジルたちパーティを一回り大きく成長させたか?精根尽き果てて倒れているところを襲われなかったのはニーバたちのおかげとも言えるけど。
 なんて成長を見せておいて次回はギャグ回!?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

図書館戦争 第三話

 有害図書を検閲するためには人死にも厭わない、て辺りで既に狂ってるとしか思えないんだよなぁ。向こうに言わせりゃ、悪書を守るために命をかけて抵抗するおまえらの方が狂ってると言うんだろうけど。

 ヘリにロケットランチャーでもぶち込まれたら本ごと終わりじゃないかとも思うんだが、しないってことは使用火器に制限があるのかなぁ?それならそもそも実弾じゃなくて制圧用のゴム弾でも使ってればいいのに。

 負傷者満載のヘリが飛び立てないところで、てっきり人命をとるか本を取るかの二者択一を迫る物かと…たぶん本を取るんだろうなぁとか。

 負傷者救助中の者をスコープに捉えながら撃たなかったのはあのスナイパーのせめてもの良心だったんだろうか?
 追記:手塚が威嚇射撃で阻止してたのね。感想書いている時点で記憶から抜けていたらしい(--;

 とりあえず、告白の返事は帰ってきてからって時点で手塚に死亡フラグ確定と思っていたんだが、フラグが立ったのは郁の方だったり(--;

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2008/04/25

紅 第四話

 奪われた幼稚園の土地の権利書を取り戻すため、地上げ屋の事務所に乗り込んだ真九郎。銀子が集めた相手の不法行為の証拠を材料に有無を言わせぬ態度で交渉を進めていたが、後をつけてきた紫のおかげでヘタレであることを露呈。帰り際に襲われることに。

 紫の見ている前で暴力を振るいたくなかったのだろう真九郎だったが、もたもたしていたせいで紫が張り飛ばされてしまったのを見て逆上。その場にいた全員をフルボッコに。

 真九郎の右肘から生える骨の刃。え?これ、崩月流の技なの?ってことは夕乃もこれ使えるの?「角」を使ってしまうのは未熟な証拠と後で夕乃に言われて落ち込んでたけど…肘から皮膚を突き破って出てきているみたいだし引っ込んでも傷はそのままみたいだし、強力ではあるけどあくまでその場しのぎっぽいなぁ…
 崩月の人間は寄生虫バオーでも飼っているのか?それとも碧奇魂?…たとえが古くてわからんか。もっと新し目なのなかったかなぁ?(--;

 空港を爆破して生き残った子供を誘拐、海外に売り飛ばすとは、ずいぶんと豪快なテロリストだな…目的はそれじゃないかも知れないが。その中に真九郎と銀子もいて、それを救ったのが紅子たち。崩月家に引き取られることになった真九郎はそれ以来、紅子にあこがれて師事。現在に至ると。
 紅子の方も紅子の方で紫の母とかなり深い親交があったようでどうにか彼女の望みである、「紫を幸せにしてあげてほしい」をなんとしても叶えたいと思っているよう。
 紅子曰く、真九郎と紫は似ているそうだけど。

 そんなことはひとまずおいといて。紫、一人でシャンプーできるようになった記念日なのですよ。それと湯船の中であと20も言われて高速カウントする様が可愛すぎだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Windowsの画面に書き込みのできるソフト

 WacomからWindows PCに表示される画面上に簡単に手書きで書き込みのできるアプリケーション「てがきInk」が無償DLできるというので、DLして使ってみたですよ。
Wacom|てがきInk紹介・ダウンロード 
※ペンタブレットのドライバのインストールが必要です

プレゼンテーションとかに便利そう?

それはそれとして、こんな風に落書きできるのは楽しいなと。保存もできるし。
Tegaki_link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

RD 潜脳調査室 第三話

 旧友・久島に呼ばれ、ダイバー適性試験を受けた波留。しかし、何度やっても失敗ばかり。久島はおまえにはダイバーとして必要なものが欠けていると波留に告げるが…

 メタルダイブでのフィードバックは直感的に理解できるように海流とか潜水病とか海へのダイブでの現象に置き換えられて伝わるらしい。実際には何が起きているのかよくわからないが(--;

 波留の力になろうとダイビングの勉強を始めたみなも。しかし、概論の時点でリタイア。でも、「安心・安全」というキーワードを見て、ダイビングの知識はなくても力になれることはあるのだと悟る。

 安心して安全にダイブできるように誠心誠意サポート。もう、波留にとってみなもはなくてはならない存在っぽい。メタル内での若返りにも関係してる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

我が家のお稲荷さま。 第三話

 クーを家に残して登校した昇は、クーが冷蔵庫を開けっ放しにしてないか、蛇口を開けっ放しにしてないかなどなどやたらめったら心配していた。しかし、退屈そうながらもおとなしくテレビを見ているクーよりも、むしろお役に立とうと張り切るコウの方が遙かにやばかったり…

 お皿は全滅。水は出しっ放し、冷蔵庫は開けっ放し、食材は原型を留めず床に散乱し、台所は壊滅状態。守り女のお役目以外、何一つまともにできないらしい。今回に至っては相性問題でその唯一のお役目すら果たせなかったが(--;;;;
 この後始末はとりあえず次回に持ち越しらしい。

 帰宅した透と共に昇の学校を訪れたクー。女性モードで大人気。それに対し、どうやら昇のことが好きらしい美咲が昇とクーの関係をいろいろ妄想して悶える様を楽しむのが後半のメイン?モグラ園児三兄弟なんてただの通過イベントだし。

 昇たちの秘密を知ってそれを共有することで大接近かと思われたが、クーの術で記憶を封印されてフラグ立てに失敗(T-T)
ご愁傷様…

| | コメント (0) | トラックバック (14)

04月22日のココロ日記(BlogPet)

ふみ~☆式典たべたいですぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂乱家族日記 第二話

 結婚披露宴をやろうと言い出した凶華。しかし、凰火はそんなことよりも一刻も早く子供たちのことを理解したいと資料とにらめっこ。しかし、凶華はすでに子供たちのプロフィールを把握し、今までの家庭事情と問題点に言及したばかりか、子供たちが目の前にいるのにそれに目を向けず、紙の上の文字ばかり追っていては、子供たちのことを理解できるわけがないと痛烈な批判を。正論すぎて何も言い返せないよ(--;;;

 ところでなごやか家族計画の概要をそんなあっさり当事者たちの前で言い放っていいのか?

 優歌が転入早々いじめを受けていることを知った雹霞と帝架。しかし、自分たちが手を出したら子供など簡単に死んでしまうため、どうすることもできず。それを聞いて凶華が行った策は優歌をヒロインにした三文芝居で…こんなんでいいのか?まあ、子供相手ならむしろこのくらいのレベルで…いいのかなぁ…

 しかし、優歌のいじめには黒幕がいたようで、まだ解決にはほど遠いよう。こいつ、優歌の姉なのか?家族でつぶし合いをしているって、どこの王族だよ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (7)

絶対可憐チルドレン 第三話

 突然、マンションの自室をエスパー用に補強工事され、チルドレンとの同居を言い渡された皆本。それだけでも不満なのに昔のアルバムを掘り出されトラウマに触れられたことで激怒。チルドレンを追い出してしまう。

 というわけでほとぼりを冷まそうと時間つぶしに町に出た三人は一般人(ノーマル)のエスパーへの扱いを再認識することに。

 一般人の都合で学校に来るなって言っておいて、町をぶらついていたら学校はどうした?なんて言われたらそりゃ頭にくるわな。店に入ろうとすればエスパー警報機で門前払いで、完全に犯罪者か犯罪予備軍扱い。ようやくでてきたエスパーレベル対応表にしたって、要するに地震と同等。災害扱いなわけで。
 あ、なんかヴァッシュ・ザ・スタンピート思い出した(--;

 偶然エスパーの銀行強盗と鉢合わせに。まあ、こういうやつも確かにいるんだが、これは要するに使った凶器がたまたまサイキックだったと言うだけで、エスパーでなくてもこいつは別の強力な凶器を手に入れたら結局、それで銀行強盗をやったと思う。
 悪いのは強盗本人であって銃や包丁じゃないよ。

 天才だったが故に学校から追い出され、同年代の友達と引き離されてしまった皆本。学力だって常人を遙かに凌駕していればそれは超能力といえるわけで。自分は悪くないのに大多数の都合で隔離されてしまう悲しみを共有していると知り、皆本とチルドレンの絆は少し深まったよう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008/04/20

仮面のメイドガイ 第三話

 なえかの下駄箱の中に入っていたラブレター。しかし、なえかは以前、あこがれのセンパイを手作りのお弁当の猛毒エビフライで殺しかけたトラウマから恋愛恐怖症になっていた。

 それに対し、発情促進剤を投与し、改善を図るコガラシ。コガラシ=人外、幸助=弟というわけで消去法でフブキがなえかに襲われる羽目に…結果、コガラシは釘バットで血の海に沈み、なえかと幸助は縛られてるし、どんな強盗殺人現場だよ!?

 なえかのトラウマ克服のためにエビフライ作りの指導をするフブキ。その甲斐あって味でエビフライトわかる人間の食べ物作成に成功…ってのも凄まじい言いようだよな(--;

 ところで、なえかの好みって毒殺しかけたセンパイとか上杉謙信とか体育会系の屈強な男だったはずだが…夢の中のアレは対象外じゃないの?

 待ち合わせ場所にやってきたのは後輩の女の子。その逝っちゃってる目に身の危険を感じて立ち去ろうとしたなえかだったが、コガラシのよけいなご奉仕で退路を断たれたあげく、ラブホそのものの地下スィートルームに閉じこめられて散々な目に…

「ご主人の趣味には寛容」って、女同士じゃ「直系の血筋を絶やさないため」という大義名分が果たされてないだろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (15)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第三話

 ゼロを殺すため領事館に現れたロロ。しかし、演説していたゼロは替え玉のC.C.で、ルルーシュはすでに学園にいた。

 学園内の現状を把握につとめるルルーシュは、生徒会のメンバーも記憶を改ざんされていることを確信し怒りを新たに。そして、ナナリーのポジションが丸ごとロロに入れ替わっていることで、ロロを危険視すると同時にうかつに動けばナナリーの身が危ないことも再確認。

 一方、ロロは演説のゼロがルルーシュであるのか偽物であるのか確信が持てず困惑。どうやらヴィレッタと共にルルーシュを監視していたみたいだけど目的はあくまでルルーシュを囮にしたC.C.の捕縛。できればルルーシュが記憶を取り戻すことなくこのまま仲のよい兄弟を演じていきたいと思っているように見えるけど…でも、ゼロは憎悪の対象らしい。なんか複雑だな。

 ロロのギアスは一定範囲内にいる人間の精神活動の一時停止?時間を止めている訳ではないよう。時計か何かがあれば気づくことができるか?
 回数は無制限?ヴィレッタの言動から少なくとも複数回有効なのは確実。

 こんなのどうやって破るんだよ?目を合わせる必要もなく範囲内に入ったらアウトっぽいし。範囲外からスナイプとか?

 ゼロをおびき出すために扇たちの処刑が予告され、ルルーシュは監視から逃れるために、ヴィレッタへのプレゼントを名目にシャーリーとショッピング。更にミレイたちの尾行をまくためとシャーリーを納得させて抜け出すことに成功。
 しかし、ロロにギアスをかけようとして逆に停止のギアスを喰らい銃を突きつけられることに。そして同時刻、領事館でも中華連邦の裏切りが。
 独立早々、いきなり全滅の大ピンチ。この窮地をどう脱するの?

 やっぱりギアスのON/OFFはできないままだったルルーシュ。一時的にはC.C.特製コンタクトで抑えられるけど、これも一時しのぎらしい。それ以上に使い勝手がかなり悪くなっているのが致命的。コンタクトを外すというワンアクションがなければロロに先手を許すこともなかった気が…

| | コメント (0) | トラックバック (68)

2008/04/19

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第三話

 かつて、死闘の末にドルアーガを倒し、カイを救い出した頃の夢を見るギルガメス王。ドルアーガが消滅寸前に放った呪詛の呻き。カイの「ドルアーガはまだ…」「いつかあなたをつなぎとめる」との言葉。そして、胸に深々とナイフを突き立てられながらも平然と起きあがり、式典に元気な姿を見せる…ドルアーガの呪いで死ねなくなっているのか?

 どうやら暗殺の首謀者は宰相・マーブらしい。内部から手引きされてちゃ、そりゃ警備なんて役にたたんわな。王の不死?を知ってたみたいだけど、それを一応確かめてみたといったところ?

 街に落ちてきた巨大スライムに立ち向かうジル。角材でなく剣であってもどっちにしろ物理攻撃は効かない気がするが…あぁ、核があるのね。戦い方から見てジルは知らなかったと思うけど(--;

 スライムに飲み込まれていたクーパを助けたことでメルトに引き合わされたジル達。でも、その直後、衛兵に捕縛される羽目に。王暗殺未遂の件かと思ったら、王が用があるのはカーヤで。最上階に登る意志とそこにある真実を知っていることを確認すると王は剣をカーヤに託す。
 どちらにしろ今生の別れになると言う王。最上階の秘密が解かれれば、王の不死も消えて死ぬと言うことか?
 カーヤを「イシュハラ」と呼んでいたけど、名字?それともイシターの巫女の呼称か何か?二人に血縁関係はあるんだろうか?そもそもギルとカイは結ばれたのか?それとも呪いのせいで結ばれなかった?カイは今どこに?死んだのか?それとも塔の最上階にいたりするのだろうか?
 ニーバの言う通り、塔の最上階を目指すには王家の秘密が重大な意味を持っているようで。

 アヌの夏になると、街に上の階からモンスターが降ってくるようになるらしい。それを確認すると冒険者達は我先に塔内へ戦いに出発…街の防衛はどうするんだろう?王立軍がやってくれるのか?一旦放棄して避難した方が良いような気もするが、これだけ大きいとそれも難しいか。でも、1匹2匹ならともかくなんか雨霰だし…大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008/04/18

紅 第三話

 環に連れられて学校にやってきた紫。環がいい男を求めて消えてしまったため、一人で学校探険。給仕と球児を取り違えた歪んだ会話好きだな、こういうの。野球部の彼は分かった上で言ってるのか、とんちんかんなことをと思いつつ話を合わせているのか。

 当の真九郎は夕乃と銀子の恋の鞘当てに巻き込まれつつ本人自覚無しとか…ここに紫まで投入されたら最早泥沼(--;;;

 前回の仕事で壊した机を弁償、って話になってたけどそれ、ピンハネされているだけじゃ(--;

 夕乃の家はどうやら九鳳院家とは懇意のようだな。

 電車でおばあさんから席を奪う外道に突っかかる紫。でも、真九郎は事なかれ主義でそんな外道に平謝り。何のために武道を学んだのかと激昂する紫に、力は無闇に振るう物じゃないと答えるが…ヘタレの印象はぬぐいきれないなぁ。
 紫に危険が及ぶからって訳でもないらしいし、仕事では割り切っても、自分自身のためには力を使いたくないということか?大人になれば分かるって、そんな言い訳分かりたくはないよな…

 そんな真九郎の愛想笑いを紫は虐げられ続けていた母の顔と重ね、そんな顔をしたまま死ぬのは嫌だと抱きつく紫。幼くして思いトラウマを(T-T)

 深夜、仕事に出かけた真九郎を紫が追跡。幼女の尾行に気付かない辺り、まだまだ半人前だよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

図書館戦争 第二話

 タスクフォースの訓練に合流した郁。射撃がイマイチなのはしょうがないとして、司書の仕事がイマイチなのは嫌みを言われても反論できないわな…

 いちいち突っかかってくる男。手塚。散々ぱら敵対視しといて、協力して任務を全うして郁を認めたと思ったら、いきなり付き合ってくれって…なんて極端な奴だ。というより真面目すぎるのか(--;

 野戦訓練でテントに侵入してきたクマを正拳突きで撃退!と思いきや、新入隊生歓迎ドッキリでクマ殺しの称号を拝命する羽目に(笑)
 堂上がクマ殺し1号かよ(--;;;

 本を守るためとは言え、ガチで銃撃戦する世界観はまだ慣れ無いなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008/04/17

オヤシロちゃんねる1~3

Higucomi_s17 Higucomi_s18_2 Higucomi_s19

「オヤシロちゃんねる~♪」
「うるさいっ!この安眠妨害!!」
「あぅ、いきなり全否定なのですか!?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

RD 潜脳調査室 第二話

 波留爺さんカッコイイよ、波留爺さん。メタリアル・ネットワークの中では全盛期の姿に若返ってノリノリ。メタルの海は~俺~の海~♪でも、変電所そのものが壊滅していてはどうにもならなかったり。

 それを現実世界のみなもがフォロー。今では使われていない風力発電施設を稼働させて見事、電力供給を復帰させる。二人の初めての共同作業は、数多くの介護施設の老人達を救うことに。

 全てを終えての満足げな表情がいいなぁ。

 みなもは電波系?風の声を聞いているみたいだけど。地球の声を聞く巫女みたいな物なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008/04/15

我が家のお稲荷さま。 第二話

「ねぇ、妖怪飼っていい?」と言う問いかけも問いかけだがそれを即答で了承する父親も度量広すぎだ!捨て犬でも拾ってきたかのような軽いやりとりだなぁ…ところでペット扱いに異論はないのか、空幻?

 テレビに驚くのは通過儀礼。壊さなかっただけマシという物か。後でビデオ壊してたけど。
薄型液晶じゃ尚更中に人は入れないわな。

 コウは一体、どんな食生活を…この娘も人間じゃないのか?封印されていたはずの空幻がコウの性格に言及してたし…会ったことあるの?それともほこらの中から一方的に見てたのか?

 不景気でお賽銭だけじゃやっていけないからとコンビニを営む土地神・エビス。随分と頭が柔らかいというか要領がいいというか。
 自分の領域である神社境内に誘い込んで襲ってくるとか抜け目ないところを見せるかと思えば、戦いの余波で本殿が燃えたり参道に大穴が空いたりとうっかりさんな面も…

 なんて思ってたら、全て計算の内!?自分の神社を自分じゃ破壊できないから空幻に暴れてもらって破壊。これで古くなっていた社を新しく立て替えてもらえる。費用は氏子の皆様持ち。しかも、工事業者がコンビニを利用するので、自分は一銭も使わずに商売繁盛うっはうは。自分の目的のためには手段を選ばないタイプか…再生できるとは言え狛犬を捨て石にして見殺してるし。敵にも味方にもしたくない、関わり合いになりたくない輩だな(--;

 でも、美夜子の魂がいまだにこの町を彷徨っていると聞かされてはそう言うわけにも行かず…手のひらで踊らされるのを承知で動くしかないのか…

 ところで、昼がオムライスで夜がチャーハンって偏ってないか?この手の料理しかできないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

04月15日のココロ日記(BlogPet)

悪いゆたかさんって意外にかっこいいですね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第二話

 あの日、お互いが放った弾丸。ルルーシュの放った物は外れ、スザクの物はルルーシュの銃を弾いていた。カレンは逃亡、捕縛されたルルーシュはスザクの手で皇帝の下へ引っ立てられ、皇帝のギアスで記憶の封印と改ざんを施される。
 そしてスザクは自らの理想のためにルルーシュを手みやげに皇帝にナイト・オブ・ラウンズに加わることを認めさせた。

 ルルーシュ、あの重要な場面で外しちゃったのね。とことん身体能力の無さに泣かされるなぁ…
 皇帝のギアスの効果は記憶操作?マオと同じく両目にギアスは回数無制限の証か?でも、ギアスのON/OFFは出来るよう。条件が同じ目を合わせることでは、例え片目をふさがれて無くてもルルーシュが打ち負けることは必至か。

 しかし、その後の処置が偉くずさんなような…

 ゼロの正体とギアスを知るものとして、王子達も知らない場所に連れて行かれるスザク。皇帝曰く、寝殿風のこの建物は、神に対抗するための武器・「アカーシャの剣」。
アカーシャ(Akasha,アカシャ)はサンスクリットで「空」「宇宙」「エーテル」を意味する。
インド哲学の用語としては「虚空」(きょくう・こくう)と訳される。『ウパニシャッド』においてはアートマンとされたが、ヤージュニャヴァルキヤは「風」・「空」・「ガンダルヴァ」・「太陽」・「月」・「星」・「神」・「インドラ」・「プラジャーパティ」・「ブラフマン」を包摂するもの、すなわち存在の一切を統括する法則とした。Wikipedia

 皇帝の言う「神」とは、C.C.やV.V.の一族のことか、それともその更に上に立つ存在のことか?

 自分の忠誠心がギアスに因る物なのかも知れないと疑うカレン。ルルーシュにその心は君自身の物だと告げられ、結局、忠誠を誓っているのはゼロ、ゼロでないときのルルーシュには罵詈雑言をぶつけることで折り合いをつけることに。

 脱出作戦の準備中に現れたイレギュラー・ランスロットの量産型。物理的な超スピードなどではなく、瞬間移動で騎士団を蹂躙し、ルルーシュに迫る。卜部の自己犠牲の一撃も一瞬の足止めにしかならず。しかし、その一瞬のおかげで仕掛けは発動し、ルルーシュは辛くも脱出成功。卜部、君の勇姿は忘れない(T-T)

 わざと脱出経路を残すことで、そこを一網打尽にするつもりだったカラレス。しかし、ルルーシュにそれを逆手に取られ、倒壊したタワーの下敷きに。策士策に溺れるどころの騒ぎじゃないよな。ルルーシュはこの一手でタワー上部のブリタニア軍戦力の壊滅、提督抹殺および、それによる指揮系統混乱の誘発、脱出ルートの確保および中華連邦領事館へのルート確保と一瞬で成し遂げてしまったわけで、それに比べてカラレスの物は策と呼ぶにはあまりにも稚拙だなぁ、と。

 治外法権の中華連邦領事館内の一室を領土に再び合衆国日本独立を宣言するゼロ。居場所は分かってもブリタニアは領事館内に踏み込むことが出来ない。でも、これって籠城と余りかわらないような…あくまで一時的な物なんだろうけど状況としては好ましくないよな。

 量産型ランスロットのパイロットだったロロ。自分が何者なのか確かめるためにゼロを殺すと語るその瞳にはギアスの紋章が。本人自身、自分が何者か分かっていないとは…ルルーシュと同じく皇帝に記憶消去改ざんされた?でも、ギアス能力は封印されてなかったみたいだし…二人を一緒に行動させていた辺りに皇帝の思惑を垣間見ることが出来るのか?今のところの印象だと劣化板スザクなんだよなぁ…この印象を覆してほしいところ。
 あの瞬間移動がギアス能力なのか?あんなのが量産型のスペックだったら洒落にならないし…

| | コメント (0) | トラックバック (56)

狂乱家族日記 第一話

 かつて世界を滅亡寸前まで追い込んだ閻禍。それが討ち滅ぼされる寸前に宣言した通り、それから1000年後、DNA鑑定により「閻禍の子供」と目される者達が発見された。
 それらを一堂に集め、お互い監視させ、本物の「閻禍の子供」を見極めること及び、家族として生活させることで家族愛が芽生え、家族を殺したくない=世界を滅ぼしたくないと思うかも知れない、とのわずかな期待を込めて今、「なごやか家族計画」が発動する。

 全員を抹殺しようと言う話にならないだけ平和的かと思うが、家族愛が目覚めなきゃ本物の「閻禍の子供」は抹殺なんだよね?

 その作戦の父親役に抜擢された凰火。開始早々なんだけど、「閻禍の子供」ってこいつなんじゃね?とか、身も蓋もないことを言ってみる(笑)

 一話ずつ家族が揃っていくのかと思いきや、一話にして勢揃い?どっちにしろ、しばらくは一人ずつ順番にエピソード消化なんだろうけど。

 閻禍の細胞から作られた生体兵器・雹霞。現時点でこいつが一番危険そう。子供に銃を向ける親がどこにいる、という意見は正論だが、凶華に言われても説得力ねぇ…
 最初、女の子だと思ってたから、息子と言われて怒っている物かと(--;

 こんな状況じゃ、ライオン?の帝架が喋っていたところで誰も驚かねぇ…

 ピンククラゲの月香は謎過ぎる…氷嚢代わりにもなるのか?

 コメディテイストで進んできたと思ったら、優歌の背には大きな傷跡が無数に。虐待されてたの?なんか、いきなり話がダークな方向に(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (9)

仮面のメイドガイ 第二話

 数学で酷い点数を取ってしまったなえか。追試でも赤点なら補習決定で剣道部の大会出場に支障が出ることは必至。というわけで部長に試験に集中するために当面、部活禁止を言い渡される。
 更にそれに対する反論で墓穴を掘りまくり、とうとう30点以下だったら男子剣道部兼藤原なえか乳ファンクラブに売り渡される羽目に。なえかの言動を聞く限り完全に自業自得なので同情の余地はないが(--;

 藤原なえかFCじゃなくて乳FCって辺りが潔いというかなんというか(^^;

 数学の成績と乳の大きさは反比例する、という説を証明しまくるなえか。それについてはフブキも同様で役立たず。

 学校の試験でカンニングは違法でもドーピングはお咎め無し、というわけで、コガラシ特性栄養ドリンク。しかし、強靱な脳には強靱な肉体が必要なので牛乳30本分の高カロリー。当然却下。

 コガラシがMITで教鞭を執っていたなどという理不尽すぎる設定も、なえか本人が覚える気云々以前に体自体が数字に反応して自動シャットダウンするのではどうしようもなく。

 プリンタに脳内映像を出力できる機能って凄まじく欲しいんだが…どうやれば出来るの?耳にUSBケーブルを差してもドライバ認識してくれないよ?どこでドライバを手に入れればいいの?

 コガラシ脳からUSBケーブルでなえか脳に直接ダウンロードもなえかの脳の容量が少なすぎてパンク。万策尽きて、結局、さらしで胸を締め付けて小さくするという最終手段を決行するも、布はおろか装甲板ですら吹き飛ぶって、どんだけの張力を持ってるんだよ、その胸は!?
 そのおかげで教室が爆砕されて試験は中止…でも、判定は不戦敗のようで(^^;

 オチが原作と違うのはコガラシの学校爆破が規制されでもしたんだろうか?でも、こっちの方がギャグとしての弾け具合は上かも。

 ちなみに原作だと、布サラシ巻く→コガラシの学校爆破→その直後にサラシ破裂→鋼鉄サラシで追試を受けて61点を叩きだし理論を証明
 とかこっちはこっちで理不尽さ大爆発だったり(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (22)

絶対可憐チルドレン 第二話

 Aパートはバベル施設の紹介。プレコグ設備にどうも非人道的な印象を受けるのはDTBの星読み様の印象があるからかなぁ?交代できるんだからあれよりは遙かにマシだけど。
 いや、結局は交換部品扱いという見方もできるか。

 予知した事故を防ぐために起こした行動自体が事故の原因。皮肉でも何でもなくむしろ当然なんじゃないかと。精度と確率が高ければ尚更、阻止しようとする行動も結果に内包されちゃうわけだし…100%になったら、阻止に行こうが行かなかろうが絶対に防げないってことに。逆を言えば100%でない限りひっくり返すことは出来ると。
 なんか、ベルンカステル卿とラムダデルタ卿のゲーム盤のようだ…

 サイキックが暴走した薫。力の向きはどうなってるの、これ?ぱっと見重力増加に見えるけど、それなら皆本が覆い被さって薫の負荷が軽減するわけがないし。薫の前方、任意の空間から薫に向けて力が発生している?

 とりあえず、検査と点検は欠かさず済ませてから運用しましょう、と。「運用」って言葉自体がエスパーに対する意識を反映しているけど。暗黒面にちゃんと触れてくれるようで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008/04/12

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第二話

 巡回中の正規軍のおかげで難を逃れたジル達。しかし、失態続きのジルはクビを言い渡されることに。

 なんであんな奴を連れてきたのかと問われ、弟だと答えるニーバ。その真偽はさておき、理想を抱いて夢見がちなジルに厳しい現実を教えるためにあえて、といったところか?

 この塔のおかげで生活をしているという武器屋の主人の言う通り、ほとんどの者は打倒ドルアーガなんて夢物語よりも、生活していくため、もしくはお宝で一攫千金を目論んで塔に登っている。ぶっちゃけむしろドルアーガが倒されて塔がなくなっちゃったら商売あがったりなわけね。

 それ以前に、誰も最上階に登ったことがないからドルアーガなんてホントにいるのか分からない、と。確かにそうだよなぁ…

 ジル、意外と強い?というかやたら頑丈だな。これで何で塔の中では一撃で気絶してるんだよ?単純にこのごろつき共よりモンスターの方が強かっただけか?
 ただ単に鈍いだけでHPはそれほどじゃないのかも知れない(--;

 マイペースなカーヤと無口な女戦士アーメイに拾われたジルはなし崩し的にパーティー結成。しかし、会話が全く成立せず。前途多難だなぁ…

 ニーバが王暗殺の話をしているのを盗み聞いたジル。なんでそこでニーバが暗殺しようとしているなんて勘違いをするのやら…そんなに信用してないのか?

 暗殺団を追ったジルだったが、時既に遅く、王の胸にはナイフが。そして、そこを衛兵に発見されて大ピンチ。しかしまぁ、随分とザルな警備だな。わざとか?

 ニーバ達も全然間に合ってないし。それとも暗殺帰りを一網打尽にするつもりだったのか?そうなると、殺されたのは影武者か、もしくは人形とかなのかも。

 とりあえず、こいつら全員に必要なのは意志の疎通だと思う…

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2008/04/11

紅 第二話

 紫は紅香に誘拐されたことになってるの?なんか複雑な状況に…

 真九郎の母は事故(いやこの惨状だとテロか?)で死んでるのか。目の前に母の死体が落ちてきたらトラウマになるよなぁ…

 子供ってこういう着替え方するよね…今回何回着替えシーンを見ただろう?

 この国際色溢れまくるDVDCMは何事だよ?と思ったら、Bパートは銭湯。
キッチンのシンクはバスタブじゃないよ!?

 周りの者は皆使用人扱いの紫。でも、ちゃんと教えれば素直に従うし、愛の鉄拳の意味も理解できるし、いい娘だなぁ。

 真九郎、強いなぁ。容赦ねぇ…でも、かなり危ういバランスの上にある強さだな、と思っていたら、右腕に何か寄生させているの?

| | コメント (2) | トラックバック (15)

図書館戦争 第一話

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。
念願の"図書隊員"として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。

公式サイトより抜粋

 殺人事件というと漫画やアニメが不当な弾圧を受ける昨今。それが行くところまで行っちゃうとこうなるわけか?

 2019-31=1988年に何があったというとチビ黒サンボの絶版処分か?
…とか思ったわけだが、よく考えると正化元年は1989年だし、ただ元号が平成にならずに正化になったパラレルワールドか(--;

 教官の理不尽なしごきに不満タラタラの郁と郁の才能を認めているからこそがんがんしごく教官・堂上。この辺りの人間関係はお約束だな。

 しかし、これじゃ結局一般市民は本を読めないんじゃ?と思っていたら、図書館内で普通に閲覧は出来るのね。逆に本屋に並んでいる本をその場で有害図書として検閲回収とか、しかも、わざわざ小さい女の子が手に取った本を取り上げてって…無茶苦茶だろ、それ。止めるならもっと前の段階でやんなきゃ一般市民には迷惑極まりないよ?それともただの示威行為なのか?重ね重ね迷惑な…

 図書館の本のグラビアを切り取ろうとしたのを見咎められて逆上してナイフで襲いかかってくるとか…お前みたいな奴がいるから善良な読者が迷惑被るんだ!
 ところで、このシーンをクラナドのことみに差し替えたMADとかないだろうか?(笑)
ことみが襲いかかってくるようなシーンはないからダメか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2008/04/10

RD 潜脳調査室 第一話

 クオリティ高いなぁ…そして女の子がむちむちはち切れんばかりですよ。別に太ってる訳じゃなく健康的によく身が詰まっているというか。やせ細っているよりはむしろこんくらいがいいんじゃね?

 病院だか介護施設で電源が完全に落ちたらそりゃやばいわな。予備電源ないのか?と一瞬思ったけど、予備も含めて全滅したのか。電気製品全部お釈迦?電脳は大丈夫なの?
…大丈夫じゃないから苦しんでいるのか?

 話の方は前説が終わって、ようやく幕開けと言った辺り?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008/04/09

秘密~トップシークレット~ 第一話

 警察庁科学警察研究所にある法医・第九研究室、通称"第九"は、"MRI捜査"という画期的な捜査をしていた。それは、死亡した犯罪被害者の脳に残された "記憶"から生前の記憶映像を再現し、難事件解決の糸口にしようというもの。そのためには、被害者の脳を死亡から48時間以内に摘出し、電気刺激を与えて 機能を稼動させる必要があった。
秘密~トップシークレット~ 公式サイトより

 オタクの遺言のトップとして「俺が死んだらこの段ボール(もしくはHDD、DVD等)の中身は見ずに捨ててくれ!」と言うのが挙げられるが、これはその比じゃねぇ!!
 俺が死んだら、即刻、脳を破壊してくれ!!(懇願)

 もしくは呆けきって脳内真っ白になるまで長生きするしかないのか(T-T)

…いや、事件性のない死を迎えれば、死後にこんな陵辱されずに済むのか。真っ当な死を迎えられるように気をつけよう(--;

 最後に「妻が家族を裏切ってないことが証明された」とか綺麗に締めようとしてたけどそんなの結果論じゃないか。そりゃ、脳破壊用に拳銃持ち歩くわ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/08

我が家のお稲荷さま。 第一話

 五行相克とかそう言う設定は結構好き。FFとかで属性考えて戦うの楽しいよね。あれは4元素だけど。

 狐は狐火の印象で火かと思ってたけど、調べてみたら基本は土。でも白狐、お稲荷様だと金だとか…

 雷が木気だと知ったのは、うしおととらで流がとらの雷を金剋木で防いだ時だったか。

 金生水で水の術が金で強化されるのは分かるんだが、強化されても水は水じゃないのか、と最初は思ったけど、ダメージの主体は水生木で強化された雷だからいいのか…

 とりあえず、網棚の上のコウが可愛かったと言うことで。逆に目立つってば(--;

| | コメント (0) | トラックバック (12)

04月08日のココロ日記(BlogPet)

最近、太郎に惨い狼のお店ができたらしいですよ

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/07

2008冬期(1-3月期)終了アニメ調査

アニメ調査室(仮)」さんで始まった2008冬期(1-3月期)終了アニメ調査に参加。

【評価基準】

S:とても良い(第3回より追加)

A:良い
B:まあ良い
C:普通
D:やや悪い
E:悪い

F:見切り(視聴はしたが中止、または見逃しが多い)
x:視聴なし(初期値として入力済み)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)


2008春調査(2008/1-3月期、終了アニメ、46+6作品)

01,もっけ,F
02,のらみみ,x
03,AYAKASHI,x
04,しおんの王,F
05,狼と香辛料,A
06,破天荒遊戯,F
07,墓場鬼太郎,F
08,true tears,A
09,BLUE DRAGON,x
10,レンタルマギカ,F
11,アイシールド21,x
12,灼眼のシャナII,C
13,ハヤテのごとく!,C
14,Yes!プリキュア5,x
15,デルトラクエスト,x
16,バンブーブレード,B
17,ロビーとケロビー,x
18,賭博堕天録カイジ,B
19,メイプルストーリー,x
20,素敵探偵ラビリンス,x
21,魔人探偵脳噛ネウロ,F
22,君が主で執事が俺で,F
23,機動戦士ガンダム00,x
24,CLANNAD -クラナド-,B
25,キミキス pure rouge,E
26,神霊狩/GHOST HOUND,x
27,ロザリオとバンパイア,C
28,俗・さよなら絶望先生,A
29,ARIA The ORIGINATION,S
30,獣神演武 -HERO TALES-,F
31,さぁイコー!たまごっち,x
32,爆丸バトルブローラーズ,x
33,BUS GAMER(ビズゲーマー),x
34,エレキング The Animation,x
35,流星のロックマン トライブ,x
36,ファイテンション・スクール,x
37,H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-,E
38,逮捕しちゃうぞ フルスロットル,x
39,ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-,F
40,GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-,F
41,遊戯王 デュエルモンスターズ GX,x
42,おねがいマイメロディ すっきり♪,x
43,ハローキティ りんごの森とパラレルタウン,x
44,古代王者 恐竜キング Dキッズアドベンチャー,x
45,ウエルベールの物語 -Sisters of Wellber-第二部,F
46,ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ,x

(以下、注意)
47,みなみけ-おかわり-(1-3月、アスリード版),D
48,みなみけ+みなみけ-おかわり-(通期26話),B
49,彩雲国物語(2期、NHKBS),x
50,やっとかめ探偵団(打ち切り),x
51,もえがく★5(打ち切り),x

(どちらか、1つのみに記入し、もう一方は、xと回答して下さい)
52,結界師(全52話),x
53,結界師(打ち切り39話),F
54,シゴフミ(全12話),A
55,シゴフミ(全11話、第6話中止),x

(再調査、3作品)
04-14,彩雲国物語(1期、地上波),x
04-35,シルクロード少年 ユート(地上波),x
04-37,オーバン・スターレーサーズ(NHKBS),x




{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

05,狼と香辛料,A
 一糸まとわぬホロを堪能->ホロに翻弄されるロレンスのヘタレ具合を堪能->ロレンスとホロの掛け合いを堪能->嫉妬するホロを堪能->調子に乗って大失敗したロレンスと落ち込むホロにハラハラ->ロレンスとホロの夫婦漫才を堪能、とたっぷり楽しまさせてもらいました。

08,true tears,A
 中盤、ドロドロの泥沼展開でどうなることかと思ったけど、最終的には大団円。よくぞあの修羅場からここまで持ってきた物だと感心。ヒロインだけでなく、失恋したヒロインにも納得できる救いがあって前を向いて進んでいけるのは素晴らしい。

12,灼眼のシャナII,C
 第一期もそうだったけど前半で話数を無駄に消費して、結果、最終決戦が詰め込みすぎに。最後まで見て、ようやく史菜の存在が無駄ではなかったことは分かるんだけど…
 フィレス登場以降だけならAをあげても良かったけど、相殺するとこの評価に。

13,ハヤテのごとく!,C
 深夜34時アニメの名を欲しいままにした作品。第3クールに執事バトルとか始めた辺りのグダグダぶりはどうしようかと思った物だが…全部ひっくるめると平均+αくらい。

16,バンブーブレード,B
 タマちゃんを筆頭に室江高剣道部員の成長物語。でも、顧問は全く成長してないと言う…剣道部を最初から最後まで支え続けたのは他でもないキリノだよな。

18,賭博堕天録カイジ,B
 負ければ破滅の大勝負の緊迫感を存分に楽しめた。

24,CLANNAD -クラナド-,B
 朋也と渚の話としては完結。でも、幻想世界のことなど、残された謎は持ち越しなのですっきりしない部分が残る。一旦小休止という感が強いので評価は保留かなぁ

25,キミキス pure rouge,E
 光一と摩央姉がくっついたこと自体には文句はないが、結美は捨てられて失意のどん底のまま一人寂しく消えてゆくだけなの?せめて転校先で頑張っているエピローグでもあれば…
 恋愛はきれい事だけではないとは言え、他人の不幸の上に築いた幸せなんて砂上の楼閣だと思うよ?

27,ロザリオとバンパイア,C
 パンモロお色気アニメとしての使命はきちんと果たしたと思う。散々書き散らしたけどネタアニメに真面目にツッコミを入れること自体ナンセンスなわけで。ネタとして楽しませていただきました。

28,俗・さよなら絶望先生,A
 今期はアニメをネタにした原作話を更にアニメにするという逆輸入が加わって、カオス度が大幅アップ。声優シャッフルとか最早何がなんだか…それを許容する脚本演出の懐の広さは驚嘆に値する…いや、むしろ全力で投げっぱなしだったか?

29,ARIA The ORIGINATION,S
 今までのシリーズの集大成。キャラ、シナリオ、音楽、癒し、その全てに於いて非の打ち所のない完結編。ところでアリシアさんは海と結婚して、全てのウンディーネの母になったんだよね?そう言うことにしても良いよね?旦那さん、影も形もなかったし…生まれてきてごめんなさい(笑)

37,H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-,E
 閉鎖的な村で村八分にされた少女をいかに救うか?そんな、ひぐらしのなく頃に皆殺し編のような話と誤認したのかそもそもの不幸。そんな深いテーマはなく、ただのギャグアニメと割り切っていれば、根が深そうな問題が警察の介入くらいであっさり解決してしまうことを不条理に感じることも無かったんだろうな…
 実は琢磨はエピローグの時点でも盲目のままで、琢磨の見たはやみの死は彼の脳内の出来事。はやみはそもそも死んでいなかった。精霊会議とは琢磨が脳内設定の整合性をつけるための万能ツール…という見解もあるらしいけど(--;

47,みなみけ-おかわり-(1-3月、アスリード版),D
 おかわりの最大の不幸は、直前までの童夢版がかなりの高評価を受けていたこと。そして、それに対抗しようと持ちだしてきた物がことごとく裏目に出たこと…でも、潔い敗戦処理で、最悪の結果だけは免れたんじゃないかと。

54,シゴフミ(全12話),A
 目を逸らされがちな社会の歪み、暗部に真っ向から問題提起する作品…と思わせておいて、いかに死ぬか、何を遺せるかを経由して、配達人であるフミカ自身の問題の解決で幕を閉じた作品。
 前者を中心に考えると投げっ放し感は否めないが、文歌とフミカの物語としては完結しているので大まけにまけてA評価。
 他でもない問題提起しようとしていた社会情勢そのものに弾圧され、自主規制という形で屈してしまった件については皮肉というか残念というか…

| | コメント (4) | トラックバック (2)

絶対可憐チルドレン 第一話

 原作既読。皆本との馴れ初め話からやるのか。つい最近、原作でやった話とは違うのね。まぁ、あれをやったら前主任への殺意が増すだけでなく、児童虐待で放送できないかも知れないが。「奴らは人間じゃなく猛獣」という台詞だけで十分か。

 初っぱなから、偉く濃い奴を配置してきたなぁ…インパクトがあって良いけど大丈夫なのか?

 薫のあの声での親父言動を聞いてると頭にこなたの顔が浮かんでくるよ!?

 アイキャッチがハヤテに続けてしりとりなのはちょっとなぁ…

 一応、主要キャラは一部を除いて顔見せ。でも、いきなりあいつがいるのはあの話もする気がないのか?

 ところでエスパーレベル対応表は出てこないの?次回?
あのまんま流用しましたっぷりがお役所仕事っぽくてシュールで好きなんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2008/04/06

仮面のメイドガイ 第一話

 原作既読。それだけに期待していたアニメ化。そしてその素晴らしい出来に満足だ(T-T)

 コガラシはやっていることはデリカシー無いけど言ってることは至極正論。これ、やってるのがフブキの方だったら何の問題もないどころか、だらしのないなえかの方が悪いって話になるはずなんだよな、とか(--;

 獣にデリカシーを求めるのがむしろ間違いだし、その辺の調教と手綱取りが猛獣使い役のフブキの仕事だと思うんだが、持て余し気味。そっちの方が実は問題なんじゃないのかと思わなくもない。

 成長期に過剰なダイエットなんて百害あって一利無し。体重増加は太ってるのではなく成長している分なんだし。コガラシはちゃんとカロリー計算はしてると思うよ?ただ、その基準がコガラシが健康的だと思う基準なだけで…
 幸助の場合は本人たっての希望であの体型を維持しているらしい。

 血まみれもここまで赤一色なら規制対象外?

 メイドガイ殺しの笛で脳神経をズタズタにされた挙げ句、中華鍋一杯の油で点火。それでも生きているコガラシの強靱さに驚くべきか、それとも、それを見て流石ですとなえかを褒めるフブキに戦慄するべきなのか…

 とりあえず、今回一番の被害者は、潰されてしまったテレビ局勤務の方々か。次点で暗殺者容疑で排除された大会の方々?

| | コメント (2) | トラックバック (14)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第一話

  ゼロ率いる黒の騎士団による日本人の一斉蜂起事件「ブラックリベリオン」から1年。ゼロは死亡。黒の騎士団は崩壊。危険視されたイレブンは矯正(強制?)教育エリアに格下げされ、奴隷のごとき日々を送っているらしい。

 ヴィレッタがアッシュフォード学園の体育教師?シャーリーともども、ルルーシュに対して普通に接してる?ロロがルルーシュの弟?
 もしかして、このルルーシュはそっくりさんか何かなのか?でも、ミレイは副会長と呼んでいるしなぁ…と思いつつ視聴。

 ギアス能力共々記憶を封印改ざんされていたらしいルルーシュがC.C.のキスによって、記憶とギアス能力を取り戻すところまでが今回の内容だったけど、ルルーシュの記憶に封印を施したのは誰?ギアスのON/OFFも出来るようになってるし…C.C.が出来るんだったら初めからやってるだろうし、V.V.か?それともロロ?

 ロロは状況把握しているように見えなかったけど、本当なのか演技なのか判断付かないが、カレンにタックルかましてルルーシュを逃がしたところから見て少なくともC.C.側じゃないよな。ルルーシュの監視役?周囲にもルルーシュの弟と認識させていることから、ナナリーと入れ替わる形で記憶改ざんを施してるっぽいし。

 ナナリーはV.V.に囚われたままなのか?

 結局、25話の状況からどう展開したんだ?カレンもスザクもルルーシュ=ゼロと認識しているみたいだけど、スザクが無事でルルーシュが逃げられるとも思えないし、スザクが撃たれたならルルーシュとカレンは無事脱出できるとしてもカレンの忠誠心は崩壊していたような…
 ルルーシュは単身ナナリーを救いにV.V.のもとに向かって返り討ち喰らって記憶封印。カレンは1年の間に考え抜いた末に忠誠心を取り戻したとか?もしくは都合の悪い記憶を封印されている?

 第一話から何から何まで謎だらけだなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (68)

2008/04/05

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第一話

 上下左右下上右左左右下上右左上 IIコン左B+Iコン下A

というわけで、初っぱなから一話丸々妄想話乙w

 厨設定丸出しの超設定、分かり易すぎる死亡フラグ、真紅なんだかブラックなんだかダークなんだかはっきりしろ、三人衆なのにオマケで4人、触手プレイ、仲間の死は必殺技ゲージ、使い捨てで放置、宿屋の親父…好きだなこういうノリ。瀬戸の花嫁っぽい?

 OPは現実っぽいけどこれはネトゲの世界なのか?ゲームの中だけで進行なのか、ゲームの外も絡んでくるのか…

 裏一話は二元放送で見てみたいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2008/04/04

成恵の世界 少年エース2008/05

 最近、明るくなってみんなとうち解けてきた成恵。下駄箱にラブレターまで入っているのを見て和人は気が気ではない様子。でも、成恵はそんな和人の様子が嬉しくて。

 かたや、和人は独占欲…なのかな?でも、もはや二人の絆はこんな程度じゃびくともしないよ。もっと自信を持っていいと思う。

 成恵の私は地球人宣言。和人のための方便であったとしても、成恵自身の口からこの言葉が出るのは大きな意味があるよな。

 ところで、冒頭のあれは、今までも時折かいま見せられている謎の風景も含めて今後どう絡んでくるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅 第一話

 紅って主人公の名字なのね。

 紫が真九郎と二人きりになった途端、彼を使用人扱いしてツンツンし出したからちょっと印象が違うなと思っていたら、その後の展開に見事にやられた。必死に強がっていただけだったのね。可愛いなぁ、もう。

 でも、それ以外の部分についてはまだ評価しかねるところ。一応、視聴続行。
 感想を「紫が可愛い」だけで押し切るのもなんなので、早く他の魅力を見つけられるかどうか次第かな。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008/04/03

成恵の世界 10巻

 機族ちゃんズと香奈花、バチスカーフ、そして地球派遣艦隊の活躍で無事地球への帰還を果たした成恵と和人。しかし、和人を危険にさらしてしまったことで、成恵は再び自分の殻に閉じこもってしまう。そんな成恵に和人は…
 そしてそんなことにはお構いなしに暗躍するストレルカ達。その目的は?

オデコなきみにチビなぼく
戦士志願
ベタべた
母来る
・戦闘機、故郷に帰る[前編/後編]
・未来小説[前編/後編]
 遺跡から発掘されたラノベ。それははじめが将来書くことになるだろう小説・バイナリー・ユニバース。地球と銀連やアバロンとの時間軸の間に数万年の誤差があるのはこれで確定?
 地球への星門が空間だけでなく時間をも飛び越えてると言うことか?香奈花はバチスカーフに救助された後、星門を通ってきたんだっけ?

 はじめに送り付けられたその本は、はじめの目から見ればただの白紙だった。しかし、その草稿を彼女が書き上げたのと同時にそれは本来の姿に。
 ベルガから見れば、それは確定済みの過去だけど、はじめから見れば未確定な未来の可能性。それが草稿を書き上げることで量子的に存在を確定されたということか。

 しかし、はじめはベルガに銃を向けられても尚、その本を開くことはなかった。ベルガの精神操作能力を受け付けず、その周囲には彼女を守るように「蛇」が。バイナリー・ユニバースの内容には機族の発生に関すると思われる記述もあるし、はじめはこの世界にとって重要な位置にいるのか?それとも預言じみたインスピレーションとSF考察の結果?
 今まで宇宙関連の外側にいたはじめ。これからは徐々に関わっていくことになるのか?それとも今回が特別?後者かなぁ…

・朝倉鈴のメトロポリたん技術館
 ロボットと星船の資料集。制御体ってこういう設定なのね。そうじゃなかったら機族と戦えないしな。

・オマケ劇場 ぴーとさんの謎
 新田君と四季ちゃんのいとこ設定が公式に。ピートさんと四季ちゃんの一心同体の秘密がマユゲって、ひどいや、成恵(T-T)

・通信/転送艦シラセのスターシップどっきり○秘報告
 相変わらず、シラセは守秘義務とかプライバシーとかその辺の意識が欠如してると思います(--;
 罰襟巻の幼名がソフィであることが判明した上にお宝画像が!?って、報告書作成者が麗なのかよ…ハルナは過去に一体何が…

・がんばれ!男のコ!10
 漢の熱い絆は素晴らしい(T-T)
 おもちゃなら、って成恵も少しは丸くなったのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

逆境無頼カイジ 第二十六話

 引こうと思えば一回目で引くことも出来た。そう豪語する会長。もはや、カイジに出来るのは神に祈ることだけ。しかし、そんな祈りも虚しく会長は当たりくじを引いてしまう。

 潔く負けを認め、2千万と指四本を失ったカイジ。代わりに得た物は会長の名「兵藤」と彼の引いた当たりくじ。しかし―

 箱の中から丸められた当たりくじが発見されたことでカイジは全てを理解する。会長はカイジのイカサマを看破した上でそれを握りつぶしていた。そして、カイジに渡された当たりくじには折り目が。会長は運などではなく万全を尽くして勝利していたのだと。

 だが、カイジに勝ち目がなかったわけではない。会長には隙があった。一回で引けたのに引かなかった。仕込んだ当たりくじがなかったときにパニックを起こさず冷静になっていれば、この折り目に気づけたかも知れない。勝つことは出来たのだ。それに辿り着けなかった自分の甘さこそをカイジは悔いる。

 カイジと会長が再びまみえる日は来るのか?そしてその時こそカイジは会長を打ち破ることが出来るのか?会長打倒を誓うカイジにこれから先、何が待ち受けているのか?カイジの戦いは続く。

・総評
 原作既読でどちらが勝つかは予め知ってはいたから勝つか負けるかというハラハラ感は味わえなかったけど、それでも尚、緊迫感は存分に楽しめた。
 仲間は決して裏切らず、仲間のためにこそその真価を発揮するカイジ。しかし、私利私欲が入ってしまうと途端に詰めが甘くなる。そう言う自分の特性をカイジ自身は多分理解してないよな。それに気付けば引き際も心得られるだろうに。
 続編決定と言うことで、期待しています。スタッフの皆様、お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ARIA The ORIGINATION 第十三話

 ARIAもとうとう最終回。ついにこの時が(T-T)

 灯里のプリマ昇格と同時に寿引退することにしたアリシア。今後はゴンドラ協会の常務理事としてウンディーネ全体のために働いていくことになるらしい。

 自分がなかなかプリマになれなかったせいで、今までアリシアをここに引き留めてしまったのだと思っていた灯里。でも、実際はアリシアの方が灯里と離れたくなくて、既にプリマの実力を持っていたにも関わらず今まで引き延ばしてしまっていたのだとか。
 さすがにアリスと藍華がプリマになって一人取り残されて寂しい想いをさせてしまう段に至っては、これ以上我が儘で引き延ばし続けるわけにも行かなかったと。

 お互い、一緒にいたい気持ちは同じ。でも、いつまでも立ち止まっているわけには行かない。前を向いて自分の道を進んでいかなければならない。それは灯里とアリシアに限らず、藍華やアリスも同じで。今までは平行した道を助け合いつつ並んで歩いていたけど、ここからはお互い違う道を自分の力で歩いていかなければいけないのだ。
 でも、だからといって今生の別れというわけでもなく、道の先は時には交差し、時にはまたしばらく平行になることがあるかも知れない。たまには寄り道したって良いわけだし。困っていたら助けに行けばいい、困ったら助けを求めても良い。全ては自分が決めること。

 アリシアの引退セレモニー。水の三大妖精最後の共演。そして、アリシアのオールは灯里に引き継がれる。

 後日談。
 郵便屋さんを初めとする知り合いや、その紹介で順調に予約を取る灯里。
 協会の仕事の合間にグランマと一緒に度々訪ねてきてくれるアリシア。
 支店長の仕事をこなしつつ、二人で合うときは泣き虫セレナーデな藍華。
 天才として注目を集め忙しい日々を送りつつも、遊びに行くときは三人一緒という自分ルールがブームのアリス。
 オペラ歌手としてもデビューしたアテナ。その姿に感動の涙を流すアリス…はでっかい内緒です!
 現役No.1プリマとして君臨する晃。藍華としては早く自分たちの時代にしたい、と言いつつ嬉しそう。
 一人前のノームになったアル君…って、背が伸びすぎだろ!その隣には藍華が。
 毎朝卵を届けてくれるウッディーといつの間にかそこにいるストーカー?アカツキは…灯里争奪戦なんだろうか?

 そして、アリシアに似た雰囲気の美人に成長した灯里についに弟子が。それはアイちゃん!?こっちはまるでかつての灯里のようで…こうして、アリアカンパニーの伝統は受け継がれていくんだな。

・総評
 完結編ということで、今までの癒し空間を維持しつつも、もうすぐ手の届くところまで来たプリマ昇格。しかし、決してそこが終点ではなく、まだまだ先があるのだと言うこと。むしろプリマ昇格後、どんなプリマウンディーネになるのかが大切なのだと示しつつ、プリマになれずに消えていく者がいること、プリマだけが到達点ではなく、トラゲットなどの道を選ぶことも出来ること、プリマにはプリマの苦悩があること、と憧れが現実になるからこその光と影も描いた今シリーズ。
 そして、それを知り、乗り越えてのプリマ昇格。水の三代妖精の愛弟子として受け継いだ物を自分達なりに開花させた灯里達が水の三大妖精と呼ばれる日もそう遠い日のことではないかも知れない。

 素晴らしい作品を本当にありがとうございました。ARIAの魅力をこれ以上ないほどに描ききったスタッフの皆様に心からの拍手を送りたいと思います。お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (24)

2008/04/01

BAMBOO BLADE 第二十六話

 時は流れて。公開となったブレードブレイバーの映画を一緒に観に行ったタマちゃんと凛。自分の声がアテレコになっていて、タマちゃん大ショック。まぁ、あれをまんま使えないわなぁ(--;
 でも、そのストーリーに二人して感動してお目目キラキラ。

 タマちゃん達は進級し2年生に。そして見学に来た新入生に先輩と言われて舞い上がって剣道とは関係ない大道芸を披露して呆れられる始末…でも、いざ、練習となったらまるで別人の様な気合いで一目置かせることに成功。

 ダン君が部長なのかよ!?勇次はそう決まった当初は落ち込んでいそうだよな。ところで、剣の腕はまだ抜かれてないのか?それとも…

 吉河先生、妊娠3ヶ月って手が早いよ!あれから半年とは言え…産休なので代わりの顧問はブレイバー…って、ちっとも行動パターンが成長してないじゃないかコジロー(--;

 最悪おばさんが引っ越したので復職できたとか。不良(元)3年生の弟と妹を新入部員に加え、新生室江高剣道部再始動!

・総評
 幼い頃から剣道とブレイバー一筋で同年代では敵なしだったタマちゃん。しかし、キリノに仲間と一緒に精進する楽しさを教えられ、凛に敗北と挫折を与えられ、迷い立ち直ることで本当の強さと胸を張って剣道が大好きだと宣言できる心を手に入れることができた。
 そんなタマちゃんを中心にまだまだ強くなっていく、さりとて楽しさも忘れない室江高剣道部。彼らの進む先には果たして何が待っているのか?
 というわけで、最後の最期で思わせぶりな新キャラ投入でコンティニューする気満々ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (21)

04月01日のココロ日記(BlogPet)

ゆたかさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »