« 2008年ホワイトディ | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十一話 »

2008/03/14

ロザリオとバンパイア 第十一話

 突如現れた新聞部のライバル、超新聞部。同じような部活は無駄だと、人気のない方は潰されるという話に。

 読者獲得のためのお色気勧誘合戦…端から女性読者は眼中に無しなのかよ。

 超新聞部の裏に公安委員会がいることを告げ、初めから諦めムードの銀。どうやら、去年酷い目に遭わされたよう。部員が彼一人しかいなかったことにも関係あるのか?

 女郎蜘蛛って足、10本だっけ?手の方は触覚とか大あご扱いなのか?

 どうやら。ラスボスは公安委員会の委員長らしい。バンパイアに匹敵する大妖怪って何だろう?

 つくねは、公安委員会の腐敗と汚職を記事にすることで対抗する気らしいけど。ペンは剣よりも強しで、暴力抜きの勝利を飾れるか?

|

« 2008年ホワイトディ | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十一話 »

終了・ろ ロザリオとバンパイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロザリオとバンパイア 第十一話:

« 2008年ホワイトディ | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十一話 »