« true tears 第十話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十話 »

2008/03/09

シゴフミ 第十話

 スズメの死を理解できない女の子。あれ?綺麗って文歌が生まれてすぐ出ていったんじゃないの?それに外出したこと無かったんじゃ?とか思ってたら、何のことはない、ただの別人だった(--;

 医者に末期ガンを宣告され、自分が余命幾ばくもないことを知り、会社を辞めて無為な時間を過ごしていた毅彦。ガンのことは周りには報せていないため、彼に向けられる目は冷たい。

 離婚の原因が双方の浮気。その上、夫の方の浮気相手は義弟って、なんだその泥沼は!?その上、昼間っから忍者居酒屋に繰り出す奥様方…話の本筋に関係ないところに今回は随分遊びを仕込むな…前回の後遺症か?

 親戚と言ってもまるで信じず、冤罪と分かった後でも謝らないばかりか紛らわしいことをするなとか言い出す警察は最悪だよな。幼い子連れなのにケンカした件に関しては毅彦に弁解の余地はないが。

 生きる意味を見失っていた毅彦。あのまま入水自殺どころか文伽の言葉を曲解して道連れにすらしそうな雰囲気だったが、文伽の持っていたお気に入りのゲームが自分の作ったゲームだったことで自分が今まで生きて来たことが無意味ではなかったのだと気付いた刹那、突っこんできたトラックから文伽を守るために文伽を突き飛ばしてそのまま…

 車道にいた二人にも非はあるが、クラクションならす暇があったらブレーキかけろよ。最後までブレーキ音がしなかったぞ?ひき逃げか?

 毅彦の葬式で遺体を見ても寝てると思っていた文伽。しかし、その頬を突いてみて何かを感じ取ったらしい。そして、毅彦からのシゴフミの絵を受け取って、フミカとの問答を経てようやく文伽は死とはどんな物なのかを理解し、涙する。

 最後に文伽の命を救い、彼女に死とは何かを身を以て教えた毅彦。それは無気力なまま病死することに比べれば遙かに素晴らしい死に様。遺体の顔も満足げに見えた。いかに死ぬかは確かに重要な要素かも知れない。そして、自分が死んでも何かを残せるならそれは素晴らしいこと。
 一人一人の思いを 僕らはどこまで残せるだろうか…逆さまの蝶

 あぁ、何も残せる物がないなぁ…むしろ遺したくない物ばかりだ(--;;;;

 そして、ついに文歌が目を覚ます。でも、いきなり刑事の尋問とか受けてるみたいだし、諸手をあげて喜べる状況にはほど遠い気が。それに目を覚ました以上、またキラメキと暮らすことになるの?それはもとの黙阿弥のになってしまいそうだし…前途多難だなぁ。

|

« true tears 第十話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十話 »

終了・し シゴフミ」カテゴリの記事

コメント

>話の本筋に関係ないところに今回は随分遊びを仕込むな…
サイデッカとかBALODIUSとか忍者が注文を取りに来る店とかビックリカメラとか、
細かいこういうとこのセンスが好きです(笑)
それにしてもこの浮気話って……やっぱり、旦那の浮気相手が義弟、という事なのか(汗)

>親戚と言ってもまるで信じず、冤罪と分かった後でも謝らないばかりか紛らわしいことをするなとか言い出す警察は最悪だよな。
捕まる奴がすべて悪い、といわんばかりの態度ですよね。
こんな取調べされたら、よほど信念強くないと折れた人続出のような。
疑わしきは罰せず、って言葉はどこへいった?

>自分が今まで生きて来たことが無意味ではなかったのだと気付いた
人に喜んでもらいために絵を描いている、という事に気付いたのは大きいですよね。
単純なことですけど、でも、創作家にとっては大事な要素のはず。
と考えると、やっぱりユーザーの直の感想は大切なんですけどね……。
(キラメキは別として<汗)

>車道にいた二人にも非はあるが、クラクションならす暇があったらブレーキかけろよ。最後までブレーキ音がしなかったぞ?ひき逃げか?
毎回こういう描写で思うのは、クラクション鳴らすだけで全然スピード緩めないってこと。
電車じゃないんだから(電車でもブレーキはかけますけど)わが道を行くなんて気持ちで運転してほしくないものです。

>あぁ、何も残せる物がないなぁ…むしろ遺したくない物ばかりだ(--;;;;
シゴフミを死後送るとなると、PCの中身を消去してくれとかでしょうか(爆)
形になるものでなくとも、人の心に自分を遺す、というのはなかなか意識しては難しそうです。
かくいう私も、何が遺せるやら(遺されるやら、という思いが強いのですが(^^;;;;)

>ついに文歌が目を覚ます。でも、いきなり刑事の尋問とか受けてるみたいだし、諸手をあげて喜べる状況にはほど遠い気が。
文歌についてちゃんと決着をつけてゆくんですね、ってか当たり前か……。
まぁ、今の状態になる前に父親を撃ったりしてるわけだしそう簡単にはことは運ばないんでしょうね。
……って、出版社がもみ消したんじゃなかったっけ?いや、消しきれてなかったのか、別件か……。

とそんなところで、シゴフミマラソンの終了になりました。最終話までがやはり楽しみです。

投稿: 空理空論 | 2008/03/16 02:01

>空理空論さん

>それにしてもこの浮気話って
 どう聞いてもそれ以外には解釈できないんですが(--;;;

>こんな取調べされたら
 完全に初めから犯人扱いですよね。しかも、今回は調べればすぐ分かることにもかかわらず…冤罪が無くならないわけだ。
 認めるまで出さないというのは監禁だと思うのですが…

>ユーザーの直の感想は大切
 そうでないと自意識過剰義務に絶望する羽目に(--;

>キラメキは別として
 奴は完全に自分のためですからね…

>わが道を行くなんて気持ちで運転してほしくない
 機関車が警笛を鳴らすのは自分が傷つくからじゃない!相手がはじき飛ばされるからだ!!…そうか、富竹は間違っていたのか。

 それはともかく、まずブレーキを踏めよと。

>PCの中身を消去してくれとか
 それは最重要事項です!!

>文歌についてちゃんと決着をつけてゆくんですね
 どうやらそのようで。逆に二期は想定していないということ?

>出版社がもみ消したんじゃなかったっけ?
 もみ消したのは虐待の方でしょうね。銃撃の方は担当刑事が付いてますし。もしくは銃撃事件自体を報道しなかったということなのかも?

>シゴフミマラソンの終了になりました。
 お疲れさまです。11話も怒濤の展開でした。

投稿: 藤ゆたか | 2008/03/16 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/40438223

この記事へのトラックバック一覧です: シゴフミ 第十話:

» シゴフミ・第10話 [新・たこの感想文]
「デアイ」 仕事を辞め、描きたい絵を探している、という青年・タケヒコ。そんな彼に、少女は語りかける…。 うん…今回は、かなり淡々と... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 17:08

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [べっ子さんの日頃]
脚本:大河内一楼 絵コンテ:二瓶勇一 演出:矢吹 勉 作画監督:高野和史・野村芙沙子 フミカを中心とする話も、おおかた8割ほど終わったシゴフミですが、 今回の話は、また「救えない話」にでもなるんじゃないかと心配していたのですが・・・ そんな10話の感想です。...... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 17:20

» 『シゴフミ』第10話 [うかばれないもの]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 小さい頃から絵を描くことが好きだった。アニメやゲームに夢中になり、気が付けばそれが将来の夢になっていた。念願のゲーム会社に就職した後は、ただひたすら友人と共にゲーム作りに奔走し、他のことなどなりふり構わずに生きてきた。だが、それが、こんな形で終わりを迎えることになろうとは。体の異変。静かに進む浸食。医者から告げられた残酷な告知。……ガンだった。余命は後幾ばくもない。途端に手がけていた仕事に価値が見いだせなくなり、会社を辞めた。恋愛など経験することなく生きてきたために... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 17:24

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想 [AAA~悠久の風~]
死んでるものは元には戻せない…。ゲームじゃないのだから。まるで現代のゆとりを見て [続きを読む]

受信: 2008/03/09 17:29

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [のらりんクロッキー]
文歌目覚める!! 最後の最後で文歌がみんな持ってっちゃいました。思わず身を乗り出してしまった… 本編は「はあ?」というのと「ハラハラ」が交錯してました。 ヲタには心が痛む話でした… なんか一人で全部抱え込んじゃって、ポジティブの方向に進めなくて居場所がなくな... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 17:40

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想−忍者居酒屋 [続・たてまつやんの戦闘記]
森の仲間達とか忍者喫茶とか言ってるから ギャク回かと思ってたら・・・。 シゴフミの中で一番感動した回でした。 大人の世界って... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 19:44

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [超・戯れ言]
 今回はあやうく無職男性が親戚の幼女を道ずれに死ぬ話になりかけましたね でも自分の作ったゲームを幼女が遊んでるのを見て悪い考えを捨て... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 20:04

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 [リリカルマジカルS]
「こいつにコンティニューだ」 ゲーセン→絡まれるという流れから、この言葉しか思い浮かびませんでしたw 今回のキャラは30代ニート無職の... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 20:28

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [パプリカさん家のアニメ亭]
シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 まず、本編の大まかな内容としては、「死」というものの再確認、もしくは、生きることの証明といったところでしょうか。 かなり、自分にとっては痛い 冒頭からフミカと同名の少女(小学校1年生程度)が登場。でも....... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 20:30

» シゴフミ  第10話 [にき☆ろぐ]
さて、今回も普通に良い話でちょっと驚きましたでも色々な意味が込められた話だったなぁとまぁ本筋にはあんまり関係はありませんでしたけど母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がら...... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 20:50

» シゴフミ 第10話『デアイ』 [ゲーム&アニメ感想館]
シゴフミ [続きを読む]

受信: 2008/03/09 21:30

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 [今日もやられやく]
おじちゃんお仕事は?   「自宅の・・・警備なんだ」 幼女からこの一言・・・まさに会心の一撃 [続きを読む]

受信: 2008/03/09 22:19

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [空色☆きゃんでぃ]
すごい一体感の映画館! [続きを読む]

受信: 2008/03/09 22:38

» シゴフミ 第10話「デアイ」感想感想 [物書きチャリダー日記]
ぶっとんでいたり、サービス回かと思いきや中々良い話だったり、もう10話になるのに良い意味でよくわからないね、このアニメ。フミカの謎とかもまだあるし。そのあたり今回は進展があるのかな・・?2008年03月25日発売シゴフミ 一通目早速感想。不治の病。コンティニュ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 00:20

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 [Dream of hetare the world 跡地]
死んだものは帰ってこない。 [続きを読む]

受信: 2008/03/10 00:52

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [のらりんクロッキー]
文歌目覚める!! 最後の最後で文歌がみんな持ってっちゃいました。思わず身を乗り出してしまった… 本編は「はあ?」というのと「ハラハラ」が交錯してました。 ヲタには心が痛む話でした… なんか一人で全部抱え込んじゃって、ポジティブの方向に進めなくて居場所がなくな... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 10:10

» シゴフミ 第10話「デアイ」 [MAGI☆の日記]
シゴフミの第10話を見ました。第10話 デアイ死んだ鳥の死体を触っている文伽に注意する母。「元に戻せる?」「ゲームじゃないのよ」勤めていたゲーム会社を突然辞めて以来、自宅で絵を描きながら日々を過ごしていた青年・日比谷毅彦のもとへ、いとこの文伽が母親に連れら...... [続きを読む]

受信: 2008/03/11 10:12

» シゴフミ第10話「デアイ」 [自堕落学生日記]
命って重いです [続きを読む]

受信: 2008/03/12 11:40

» シゴフミ 第10話 「デアイ」 [独り言の日記]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡”  偶然にフミカと同じ名前を持つ少女と出会いそして、そんな彼女へシゴフミを届けるお話です。  その少女はまだ死というものを理解していなかった。それが最後になってどんどんと理解していく・・・  そして、最後意外な展開へと発展する。いよいよ物語は最終局面へ・・・  日比谷毅彦という32歳。彼は日中、仕事もせず、家の中で絵を描き続けるというだらだらとした生活を送っていた。  以前、ゲーム会社に勤... [続きを読む]

受信: 2008/03/12 21:08

» シゴフミ #10 「デアイ」 [月の静寂、星の歌]
 絵が好きだった。  ゲームが好きで、ゲーム会社で絵を描く仕事に就いた。  ……でも、それも先日辞めてしまった。  僕は、世界に何を残せるのだろうか――? ★次回予告と全体考察へのショートカット ☆バンダイチャンネル ☆[B-ch]シゴフミ|アニメ....... [続きを読む]

受信: 2008/03/13 07:59

» シゴフミ 第10話 [パズライズ日記]
今回は、毅彦が末期癌を言い渡され会社を辞めたお話でした。 フミカと同じ名前の文伽という女の子が登場、まだ死ぬというものをよく分かっていないようで。 とりあえずあの警察はどうにかした方が宜しいかと(苦笑)。 毅彦は突然ゲーム会社を辞めて、ボーっと絵を描こ....... [続きを読む]

受信: 2008/03/14 19:32

« true tears 第十話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十話 »