« true tears 第十二話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十二話 »

2008/03/23

シゴフミ 第十二話

 キラメキを告訴した文歌。半月に及ぶ事情聴取を終え、要の学校に通うことに。しかし、告訴の件がマスコミに漏れていて文歌は好奇の目に曝される。

 いつでもどこでも鳴り響く携帯カメラのシャッター音、無責任な報道を垂れ流すテレビ、お世話になっている葛西家に連日押し寄せる取材陣、あること無いこと書き込まれるBBS…気の休まる暇もなく文歌は追いつめられていく。

 携帯カメラってこういうときにとことんタチが悪いよな…と書くのは語弊があるな。悪いのはカメラでなく人間だ。カメラには何の罪もない。むしろ自分のモラルの低さをカメラに責任転嫁するのは言語道断。まるで注意しない学校側にも問題はあるとは思うが…
 自分たちですっぱ抜いて置いて、裁判所の情報管理が甘いとか言い出すのはどうよ?盗人猛々しいとはこのことか?

 何かと文歌の世話をする要に、要が好きになったのはミカの方、文歌がそのミカを撃ったのだと詰め寄る夏香。夏香には関係ないと返されて、勢い余って告白。玉砕フラグ一直線じゃないか(T-T)
 それを聞いていた文歌はこれ以上迷惑はかけられないと、海外にいる母・綺麗を頼ることを決意するが、その母に面と向かって育児放棄されて愕然。そのショックで周りから聞こえるシャッター音が全て自分を写している、全ての会話が自分を嘲っているとノイローゼ状態になり失踪。

 自分はまだ女でいたい。文歌を産んだのは「女の幸せ」という物を知っておきたかったから。でも出産はもうごめんだとか、これ以上ない親失格ぶりを発揮する綺麗。養育費を払えばいいってもんじゃねぇ!キラメキの溺愛ぶりと足して2で割ればまともになるんだろうか?
 キラメキがおかしくなるのも分かる気がするな。キラメキも被害者で元凶はこいつじゃないのか?

 行く当てもなく、結局、大嫌いだったはずのキラメキのアトリエに帰ってきてしまった文歌。ミカに頼ることなく一人でやっていけると証明するためにがんばってきたけどやっぱりダメだった、とこめかみに銃を当てる。しかし、その文歌の前に消えたはずのミカが。

 僕はフミちゃんの弱さと甘えだからと語るミカ。近づいてくるミカを拒絶し、文歌はミカを殴ろうとするが、先に殴ったのはミカの方。その後もミカは文歌を殴り続け、フミちゃんじゃ僕には勝てないと告げる。
 あの時、ミカは文歌に引き金を引かせていた。フミちゃんが自分で撃たなければダメだったのだと告げ、今度こそ自分を撃たせようとするミカだったが、文歌は銃をミカに投げて寄越し、そんなに消えたいなら私を撃て。そうすれば二人とも消えると叫ぶ。

 動揺するミカに文歌は更に追撃を。ホントは消えたくなんかない癖に!学校に行きたかったのも、友達が欲しかったのも、みんなミカの方!何でいつも私がしたいと思ったことを先にやっちゃうの?何で待っていてくれないの?私のしたいことを全部取らないでよ!

 フミちゃんのために、と思ってしたことが全ていらぬお節介、はた迷惑だったと告げられて激昂したミカは文歌と額を付け合わせて言い合いを始める。
 この辺、元は同一人物なんだよなと実感するなぁ…鏡に向かって叫び続けているような物か?

 お互い、腹の底に溜めていた物を全て吐き出し、相手にぶつけた後は互いに手を取り合って泣き合う二人。変わらなくちゃと思っていた。でも変われなかった。変わる必要なんて無かった。私たちがフミちゃんとミカでいるためには変わってはいけない。ミカを私の中に入れてあげない。変わってなんかやるもんか。それが文歌の出した結論。

 そして、文歌は人間として、フミカはシゴフミ配達人として再び歩き始める。

 これもフミカがシゴフミ配達人を続けられるように尽力してくれたチアキとパートナーはフミカだけと信じて待ち続けたカナカのおかげだな。キラメキの新刊発行を綴られた言葉達に罪はない、と強行した春乃もGJ!EDで流されるシゴフミを受け取った人々のその後も良かった。

・総評
 目を逸らされがちな社会の歪み、暗部に真っ向から問題提起する作品…と思わせておいて、いかに死ぬか、何を遺せるかを経由して、配達人であるフミカ自身の問題の解決で幕を閉じた辺りを考えると、メインはフミカでシゴフミはそのための手段だったのかな?

 問題提起の方で考えると度重なる自主規制で水を差された感が否めない。臭い物には蓋、事なかれ主義の害悪を自ら示してしまった辺りは皮肉だよな。
 問題提起だけして置いて投げっぱなしの印象が残るのはそのせいで途中で路線変更でもあったのかと勘ぐりたくもなる。

 シゴフミはあり得なかった未来の可能性。だが、それに縛られすぎるのも良くない。死者の想いを胸に刻みつつも、あくまで自分の人生を歩めばいい。自分の人生は自分の物。それから逃げ出したりせず懸命に生き抜いた末に自分の人生は悪くなかったと悔いのない最後を迎えられれば理想だよな。
 シゴフミを出す権利を得たときに、未練を悔いるのではなく、遺された者にありがとうと言える、そんな人生を。

 スタッフの皆様、お疲れさまでした。

|

« true tears 第十二話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十二話 »

終了・し シゴフミ」カテゴリの記事

コメント

>キラメキがおかしくなるのも分かる気がするな。キラメキも被害者で元凶はこいつじゃないのか?
うーん、これはどうともとれないかも(個人的には、キラメキは結婚前からあんなだったというのに一票(^^;
とはいえ、この綺麗のダメっぷりには相当呆れました。あーでも最近何かと耳にする、産んでおいて育てられなくてニュースになってるDQN親、とあんま変わらないですよね。育てる気が無いんなら産んでんじゃねーって叫びたい。
で、そういうダメ母が見えた反面、育児をそれなりに(あくまでも、それなりに(^^;)こなしてきたキラメキをちょっと見直したりしました。最終回はほとんど出番なかったけど。

>この辺、元は同一人物なんだよなと実感するなぁ…鏡に向かって叫び続けているような物か?
なまじ本当に自分の半身が目の前にいるから、リアル感はハンパないでしょうね(笑)
兄弟げんかとも違う、双子の喧嘩とも違う、かといって同一人物でもなく……
あれくらいはっきりと描いてくれたのはかなり気持ちよかったです。

>キラメキの新刊発行を綴られた言葉達に罪はない、と強行した春乃もGJ!
ここは本当にGJ!です。人間、だいたい作者の人間性を問うたりとかしてますけど、
作品は別物、べつものなんですよね。作者そのものじゃないし。
綴られた言葉達に罪はない……本当にそのとおりです。

>シゴフミを出す権利を得たときに、未練を悔いるのではなく、遺された者にありがとうと言える、そんな人生を。
第一回(いや、第二回だっけか)がまさにそんな感じだったような。
ああ、もう全体的にいろんなところで繋がっているようで、本当にあれやこれやと考えたくなります。
これはほんと、面白い作品に出会えました。
(つーか勢いで原作(一巻だけですけど)を買ってしまいました)

投稿: 空理空論 | 2008/03/25 00:15

>空理空論さん

>キラメキは結婚前からあんなだった
 言動が逝っちゃてるのは元からでしょうけど、文歌を殺しかけたのは綺麗への憎悪ですし

>育てる気が無いんなら産んでんじゃねー
 完全にファッション感覚というところが最悪ですよね(--#

>育児をそれなりに(あくまでも、それなりに(^^;)こなしてきたキラメキ
 綺麗のことがなかったら度を超した親バカですんだのかも知れないですけどね。

>あれくらいはっきりと描いてくれたのは
 あれでお互い独立した一個の人格になれたのかも知れませんね。

>作者そのものじゃないし。
 天才となんちゃらは紙一重ですし(笑)

>第二回だっけか
 バカじゃないの!?とか言われてましたが、本人が納得して幸せならそれでいいかと。

>勢いで原作(一巻だけですけど)を買ってしまいました
 メディアミックス展開だそうですけど気になりますね。私も買ってこようかなぁ…

投稿: 藤ゆたか | 2008/03/28 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/40610953

この記事へのトラックバック一覧です: シゴフミ 第十二話:

» シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終回) [パプリカさん家のアニメ亭]
シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 子猫ちゃんに対して、キレイの子豚ちゃんの返しに、不覚にも笑ってしまった今回。 どうやら、前回文歌はフミカを自力では撃てなかったようですね。 前回も書いた通り、フミカは自分の存在が文歌にとって、あっては....... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 19:49

» ■シゴフミ 第12話「シゴフミ」 [ゆかねカムパニー2]
 明日奈が屋上からロケットを打ち上げたのが、もう凄く遠い昔のような気がするよ。  EDを見ていて、そんなことを思った私なのでした。  あと、文伽のきょとんとした [続きを読む]

受信: 2008/03/23 19:51

» 『シゴフミ』第12話 [うかばれないもの]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 絶望した! 一人で己の過去との決別を計ろうとする少女に対して、あまりにも冷たすぎる世間全体に絶望した! ……まぁ、世の中そんなに甘くないのも事実なわけでして。 特に、中学に入学するまで赤の他人というモノを知らずに育ち、その後も3年間を病院のベットで眠り続けた文歌にとっては、現実なんて悪夢のようなものなのかも知れません。フミカもそれを彼女に分かって欲しかったんでしょうかね。文歌の心の拠り所として生み出された「ミカ」という人格は本来存在しないのだから、いつまで... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 20:35

» シゴフミ 第12話(最終話)「シゴフミ」 [べっ子さんの日頃]
脚本:大河内一楼 コンテ:佐藤竜雄 演出:桜美かつし 作画監督:川上哲也、岩瀧智、吉田尚人、清水明日香 シゴフミ最終話の感想です。 [続きを読む]

受信: 2008/03/23 20:49

» シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終話) [のらりんクロッキー]
うーん、なんか中途半端な感じ… ハッピーエンドってことでよいのかな? ラストでこれまで登場したキャラのその後が描かれてたのが一番よかったかな。 美紅が笑顔でよかった。この子が一番心配だったので。 要と夏香が一緒でも文歌はあの学校に行ってはいかんでしょう…... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 21:03

» (アニメ感想) シゴフミ 第12話 「シゴフミ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
シゴフミ 一通目 シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡。それは全てを無くした人間が、最後に残した想い。理不尽な憎しみも、えぐるような悲しみも、全ては純粋な人の心。そして・・・それは世界でもっとも純粋で、美しい想い。目覚めた文歌は一人で歩き出し、配達...... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 00:52

» シゴフミ  第12話 最終回 感想 [荒野の出来事]
 シゴフミ   第12話 『シゴフミ』  文伽(ミカ):植田佳奈  カナカ:松岡由貴  野島要:寺島拓篤  野島辰巳:野島昭生  チア... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 03:31

» シゴフミ 第12話(最終回) 「シゴフミ」 感想−悪くない最終回だった! [続・たてまつやんの戦闘記]
第12話(最終回)のキャプ付き感想です。 ニコ動のコメントは否定的なものばかりでしたが、 個人的にはなかなかいい最終回だったと。 ... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 08:32

» シゴフミ 第12話 「シゴフミ」(最終話) [Shooting Stars☆]
【あらすじ】 シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡。 それは全てを無くした人間が、最後に残した想い。 理不尽な憎しみも、え... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 13:29

» シゴフミ 最終話『シゴフミ』 [ゲーム&アニメ感想館]
シゴフミ [続きを読む]

受信: 2008/03/24 14:09

» シゴフミ 第12話「シゴフミ」 [MAGI☆の日記]
シゴフミの第12話を見ました。第12話 シゴフミ「私は父に虐待を受けていました」「いつ頃か覚えていますか?」「初めてあのアトリエに連れて行かれたのは四歳くらい」「その後もずっと?」「はい」「あの日も?」「はい。あの日もいつものように父が私を呼んで、芸術の時...... [続きを読む]

受信: 2008/03/26 11:10

» シゴフミ第12話「シゴフミ」 [自堕落学生日記]
いよいよ最終回です、文歌の決意やいかに [続きを読む]

受信: 2008/03/26 21:29

» シゴフミ #12(終) 「シゴフミ」 [月の静寂、星の歌]
 その時、何があったのか――。  彼女たち以外は誰も知らない。  わかるのはただ、  姿を消した者と残った者がいることだけ……。  残った者は、かつてとは正反対に戦いの道を選んだ。  だが、その道は想像を遙かに越える険しさだった――。 ★総括と....... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 01:06

» シゴフミ 第12話(最終回) [パズライズ日記]
最終回は、文歌が自ら変わろうとしたお話でした。 フミカは完全に消えたと思ってしまいましたよ。 実はまだ存在してくれていて嬉しかったです。 文歌がキラメキを告発したのは自分の力で一人で生きていこうという決意の表れみたいなものだったんですね。 自分の父親を....... [続きを読む]

受信: 2008/03/28 02:01

« true tears 第十二話 | トップページ | みなみけ おかわり 第十二話 »