« 狼と香辛料 第十二話 | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十二話 »

2008/03/21

ロザリオとバンパイア 第十二話

 公安委員会の次なる手。それはつくね人間疑惑。萌香達は当然否定するが、周囲の者や、今まで戦った相手からは当然のごとく、つくねが人間だと裏付ける証言しか出てこないわけで。

 萌香が水攻めにあっているのを見せられたつくねは、自分が人間だと認めてしまい処刑されることに。萌香はつくねを助けようと新聞部の皆に提案するが、人間なんてただの餌だったり、いじめられたり酷い目にあわされたりだったりと助ける理由がないと拒否され、萌香自身もロザリオが外せなければ戦力不足と八方塞がり。

 まぁ、もともとここにいてはいけないつくねが排斥されるのは当然ではあるのだが、つくねをこの学園に招き入れた輩が存在するわけで、そいつにとってもこれは非常事態だと思うんだが…まさか、その辺スルーしないよね?
 いや、自分の立場が危ういからつくねは見捨てて次を探すというのもアリか?

|

« 狼と香辛料 第十二話 | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十二話 »

終了・ろ ロザリオとバンパイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロザリオとバンパイア 第十二話:

« 狼と香辛料 第十二話 | トップページ | CLANNAD -クラナド- 第二十二話 »