« true tears 第七話 | トップページ | みなみけ おかわり 第七話 »

2008/02/17

シゴフミ 第七話

 今回のシゴフミの宛先はミカワキラメキってえぇ!?生きてるのかよ!

 てっきり過去話だと思ってたけど…要するに撃たれたけど死ななかった訳ね。

 砂浜もしくは砂丘に突き立てられている無数の杖。そこにマトマも。充電?台詞だけ聞いてると温泉に入っているように聞こえるが。まあ、リフレッシュという点では同じか。

 シゴフミを届ける前に文歌の病室に寄るフミカ。そっくりだとカナカは驚くが…だから似てるか?
 フミちゃんは私の片割れだとフミカは語る。双子?それとも二重人格?
 最初、カナカの言葉が「フミコにそっくり」と聞こえて聞き直してみたけどフミカなのかフミコなのかイマイチ判断つけかねる微妙な発音だな、これ…

 天才と何とかは紙一重を地でいくキラメキ。感性だけで生きていて、常識とか道徳とか善悪とかまるで眼中にないどころか初めから持っていないらしい。
 美しくないから、と仕事場を見せない辺りにとんでもない秘密がありそうだが。

 夏香の姉の手首にいきなり文字を書き始めた辺りの描写から見るに、妻や娘や編集者の体を原稿用紙にしてたんじゃ無かろうな?

 文歌は体が弱かったようだし、それでなくとも何らかの負担を与え続けてたんじゃないかと。それとも、病弱な文歌は美しくないとかそっちの方か?

 キラメキ宛のシゴフミ。それは死後の世界は美しいと書かれたキラメキ著の本を信じて自殺したファンからのもの。おそらく、死後の世界とはどういうものか書かれていたんだろうな。そして、もしかするとキラメキへの批判の言葉も?

 それが受け入れられず燃やそうとするキラメキ。まあ、今までの言動からそれは予想の範疇だったけど。

 帽子をあげて顔を見せたフミカの顔を見た途端、満面の笑みで担当に娘だと紹介を始めるキラメキに、フミカは銃を突きつけるが、そこにやってきた要が体当たり。落とした銃はキラメキの足下に転がり、そして―

 何の躊躇もなく撃った!?

 何だ、この怒濤の急展開は?とりあえず要、余計なことをしやがって…

 撃つ気はなかったフミカ。ただ、変わらない父を見て、かつてあったことを思い出させたかった。そうでなければ自分が父を撃ったことが無意味になってしまうから。
 でも、キラメキの言動を見る限り、覚えていて尚、こうなんじゃないかと。そもそも反省するという思考自体がなさげだし。美しい自分のすることは全て正しい。そして、自分の意にそぐわない醜い物は全て消去とかそんな思考回路なんじゃないか?

 フミカの「娘も、娘達も…」と区別するような物言いはどういう意味が?姉と双子で娘が計3人なのか、それとも文歌と別人格のフミカ達ということなのか?

 撃たれたフミカはどうなってしまうのか?と言ったところで次回は過去話で事件の真相に。まだ中盤なのに早くね?

|

« true tears 第七話 | トップページ | みなみけ おかわり 第七話 »

終了・し シゴフミ」カテゴリの記事

コメント

>要するに撃たれたけど死ななかった訳ね。
まぁ、撃たれて死亡、とは書かれてはいませんでしたしね。
殺した、とかって言ってたのは要の同級生の彼女が勝手に言ってただけだし。

>フミちゃんは私の片割れだとフミカは語る
フミカは、文歌とは双子で、
フミカが撃った事件のショックまたは撃った理由により、
文歌が植物人間状態に……ってことかなという個人的予想。
……っていうか片割れってどういう意味だ?

>キラメキ
芸術家というやつは……っていうのをよく表してます。
ってか建物は大概ああいうのになってるのは偏見……じゃあないよね。
かなり独特な味のある人(なんだこの表現)には違いないですが。
お天気雨にはしゃぐ姿が実にイイ(笑)
ファンレターを燃やそうとしたのも、なんだか納得。
単純に自分が認めるもの以外はすべて受け入れないという事で、
っつか、字はともかくとして封筒は福音局管轄のものだから本人のせいではないのでは?
とか余計なことは思ったり。

>何だ、この怒濤の急展開は?とりあえず要、余計なことをしやがって…
第七話にしてこんな展開!?と、かなりびっくりしました。
たしかに要は相当に余計、っつか階段上るのにへとへとだったくせに……。

>まだ中盤なのに早くね?
ですよねぇ。真相究明の後に更なる展開を用意してるのか・・・?

投稿: 空理空論 | 2008/03/15 23:38

>空理空論さん

>建物は大概ああいうのになってる
 某かずお邸とか(--;;;;

>かなり独特な味のある人
 TVで死ねば良いのにとか言ってた件の方がまだまともに見えるという…

>たしかに要は相当に余計
 体力の使い方を明らかに間違ってますね。

投稿: 藤ゆたか | 2008/03/16 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/40157547

この記事へのトラックバック一覧です: シゴフミ 第七話:

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [リリカルマジカルS]
「文ちゃん・・・僕の片割れ」 文歌=フミカではない? フミカは文歌の思念のひとつみたいなものかな。 風子とは違うようですねw [続きを読む]

受信: 2008/02/17 17:46

» ■シゴフミ 第7話「キラメキ」 [ゆかねカムパニー2]
 病院のベッドで静かに眠り続ける文ちゃん、それはそれで悪くは無いことなんじゃないかな、なんて私は思ったりするのでした。  決して、幸せでは無いと思うけれど、今の [続きを読む]

受信: 2008/02/17 17:53

» 「シゴフミ」7話 キラメキ [蒼碧白闇]
キラメキは生きてたのか。前に出てたインタビューって現在のだったのね。過去の映像かと勘違いしてた。 文歌が撃ったと言ってるから死んでる... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 18:04

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 感想 [AAA~悠久の風~]
ミカワキラメキの担当が決まったようです。というか要のことが好きだったんですねこの [続きを読む]

受信: 2008/02/17 18:14

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [超・戯れ言]
 キラメキ先生は作家としては超一流かもしれませんが人間としてはちょっとヤバイ臭いがプンプンします。 撃たれた当時とまったく姿が変わっ... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 18:41

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [パプリカさん家のアニメ亭]
シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 美川キラメキ、 自分はてっきり、フミカはキラメキを撃ち殺したものと思っていたのですが、確か、2話ぐらい前のアバンで登場していましたよね。あのときも、かなり独創的なキャラだな〜とか思ったのですが、今回は流...... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 18:52

» シゴフミ 第07話「キラメキ」−これはコペ転 [続・たてまつやんの戦闘記]
本編がコペルニクス的転回だ笑 相変わらず、本編が前回とのつながりが見えにくいですが、 頑張っていきます! [続きを読む]

受信: 2008/02/17 18:58

» (アニメ感想) シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
シゴフミ 一通目 葛西春乃は、文歌の父親で作家・美川キラメキの担当を任される。ところが担当初日に朝寝坊。なんとか直接キラメキ邸へ向かうことで遅刻をまぬがれはしたが、肝心の地図を忘れてしまい、妹の夏香に携帯まで送るようお願いをする。パソコンが苦手な夏香は、...... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 19:03

» シゴフミ 第07話 「キラメキ」 [アニメって本当に面白いですね。]
シゴフミ   お勧め度:ややお勧め   [ファンタジー]   チバテレビ : 01/05 25:35〜   テレビ神奈川 : 01/05 26:30〜   テレ玉 : 01/07 26:00〜   東京MXテレビ : 01/08 26:00〜   サンテレビ : 01/08 26:10〜   KBS京都 : 01/08 25:30〜   三重...... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 19:25

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [SeRa@らくblog]
文歌の父、作家キラメキ。 その担当に夏香の姉・春乃が抜擢されるが…。 一方、フミカの今度の配達先はキラメキ! 銃を向けた相手に会って大丈夫なのか?(^^; てっきりキラメキは殺されたと勘違いしてました。 本人... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 21:23

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [ムメイサの隠れ家]
切ったつもりだったけど見返してまた見始めました。今週は煌いたので感想を少しw 新キャラの編集部の人はこういった形で眼鏡達と繋がるのか... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 22:34

» シゴフミ  第7話 [にき☆ろぐ]
今回はフミカの謎についての話でしたしハジケてて面白かったですとりあえずキラメキ自重しろさて、以前文歌が父親を撃ったとは言われてましたが普通にキラメキって生きてたんですねこれはちょっと驚きました最初キラメキは死んでいるとおもっていたので時間軸の把握に手間...... [続きを読む]

受信: 2008/02/18 00:11

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [空色☆きゃんでぃ]
すごくキラめいてる゚・。*(´∀`*)。・゚+ [続きを読む]

受信: 2008/02/18 00:15

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [Dream of hetare the world 跡地]
変わり者。 [続きを読む]

受信: 2008/02/18 01:38

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [のらりんクロッキー]
フミカの過去の謎と美川キラメキへのシゴフミが軸の7話。いいところで終わっちゃいましたねえ。来週見るしかない展開に持っていくとは抜かりがない。 要だけでなく、葛西姉妹とフミカが大きく関わることになったのもポイントの一つかなと。 (ちなみに姉の春乃役は折ちゃんで... [続きを読む]

受信: 2008/02/18 12:13

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [bkw floor]
何というキラメキ…。 [続きを読む]

受信: 2008/02/18 23:14

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [Hiroy's Blog]
狂人 [続きを読む]

受信: 2008/02/18 23:34

» シゴフミ 第07話「キラメキ」 [べっ子さんの日頃]
脚本:大河内一楼 絵コンテ:佐藤竜雄 演出:長井龍雪 作画監督:岡本真由美 先週の6話でストーリも、あと半分になりました。 そんな今回の7話感想です。 [続きを読む]

受信: 2008/02/19 00:36

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [まんざらでもない]
「自分以外の人間に、心があるなんて考えたことないんだ。だからいなくなる、お母さんも、娘も・・・娘たちも」 衝撃の展開ですシゴフミ第七... [続きを読む]

受信: 2008/02/20 00:32

» アニメ「シゴフミ」第7話。 [ぎんいろM]
※TB通りませんので、ミラー(ぎんいろM)より送らせてもらっています。 TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。 第7話「キラメキ」 ※本家記事はこちらから。 就職して3年目なのに、未だにコピーにお茶汲み。いわゆる雑用係――な葛西春乃は、ある日、文歌の父親である作家――美川キラメキの担当を任される事になった。彼女はキラメキの大ファンであり、その事に対して喜びを隠せなかった。 一方で文歌の事を知るために夏香の家を訪れた要は、寝坊して今まさに家を出ようとしていたところの... [続きを読む]

受信: 2008/02/20 00:51

» シゴフミ 第7話「キラメキ」 [MAGI☆の日記]
シゴフミの第7話を見ました。第7話 キラメキ相変わらずキラキラで変人すぎるキラメキの担当に抜擢された入社して三年目の春乃は夏香の姉だった。フミカのことを調べていた要は夏香にフミカが父を撃った理由を聞くために電話する。『もしもし、要くん』フミカの今度のシゴ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/20 12:06

» シゴフミ 第7話 「キラメキ」 [独り言の日記]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ   美しいモノが好きで、美しさに至上の価値があると思っている文歌の父である作家・美川キラメキ。実の娘に撃たれた謎が多かった人物であったが、今回は彼にシゴフミが届けられるお話です。そしてその配達人は今眠っている文歌の恐らく関係があるフミカであった・・・・  話は順調に進むのだが、最後衝撃的な結末が・・・果たしてどうなる?  美川キラメキの本を読んで中学生の女性が1人、ビルから飛び降りた・・・・  とある出版社の編集部働く葛西春乃は入社してから... [続きを読む]

受信: 2008/02/20 17:40

» シゴフミ #07 「キラメキ」 [月の静寂、星の歌]
 『美しく残酷な詩人』 、美川キラメキ。  葛西春乃は、新作がなかなか出ない彼の、新しい担当編集となった。  一方、美川文歌が今どうなっているか知った野島要は、  文歌の友達だった夏香に改めて接触する。  そして、フミカに今回託されたシゴフミの宛先は…...... [続きを読む]

受信: 2008/02/20 23:02

» シゴフミ 第7話 [ニコパクブログ1号館]
第7話『キラメキ』 今回は、フミカが撃ったキラメキの話。 キラメキって、まだ生きていたんですね。 てっきり、撃たれて死んだものだと思ってました。 それにしても、キラメキって変な人ですね。 果てしなく子供っぽいというか、なんというか・・・ こいつの相手をすると..... [続きを読む]

受信: 2008/02/21 02:34

» シゴフミ 第七話「キラメキ」 続きが気になる終わり方 [裏オタク]
シゴフミ 第七話「キラメキ」 撃った娘、撃たれた父、そしてコペルニクス的転回    [続きを読む]

受信: 2008/02/21 05:22

» シゴフミ第7話「キラメキ」 [自堕落学生日記]
いよいよフミカの謎に迫るとき 少女の狂気の元凶とは? [続きを読む]

受信: 2008/02/21 20:20

» シゴフミ 第7話 [パズライズ日記]
今回は、フミカとキラメキが再会するお話でした。 何に驚いたって、美川キラメキが生きていたことにまず驚きました(笑)。 よく考えれば撃たれたというだけで死んだとは誰一人として言ってませんでしたが、一体どのあたりを撃たれたんでしょうかね。 いきなりどこぞの....... [続きを読む]

受信: 2008/02/22 00:17

« true tears 第七話 | トップページ | みなみけ おかわり 第七話 »