« キミキス 第十七話 | トップページ | 2007秋期(10-12月期)終了アニメ調査結果発表 »

2008/02/06

逆境無頼カイジ 第十八話

 奴隷側三戦目。連敗の中、10ミリの大勝負に出たカイジ。勝てば500万。利根川を「絶対に負けられない勝負」という同じ土俵に立たせ、プレッシャーを与えると共に、大勝負に出る以上、何かあると思わせる作戦だった。そして過去二戦、二枚目に奴隷を出したのもこの三戦目にも二枚目に奴隷を出すと思わせる布石。この一戦にカイジは全てを賭ける。

 しかし、利根川はその全てを読み、二枚目に皇帝を通す。この瞬間、カイジの見いだした希望の光は儚くも消え去ってしまう。後に残ったのは残り6ミリで6戦という過酷な現実。全敗すれば確実に鼓膜を失ってしまう。

 恐怖で気が狂わんばかりのカイジに利根川は語る。このEカードの真髄は心理戦ではなく人間観察だと。そして、カイジが勝負カードである皇帝や奴隷を出す時、出した後の癖を細かく解説。それを信じたくなくて、皇帝側四戦目。いきなり皇帝を出したカイジだったが、それを奴隷で迎え撃たれては信じるほか無く、互戦目では、出しあぐねている内に最後まで皇帝を残してしまい、自動的に敗退。

 残るは皇帝側一回と奴隷側三回。勝ちやすい皇帝で勝っておかなければ、もう鼓膜を失ったも同然。果たしてカイジは勝機を見いだせるのか?

 完全に利根川の思惑通りに進行しちゃってるなぁ。利根川の言うことにいちいち反応してたら泥沼にはまるばかり。そしてこのままでは一戦一戦、鼓膜が破られるのを待つばかり。心折られて呆けている場合じゃなく、今こそ考えなきゃ行けないとき…なんだが

|

« キミキス 第十七話 | トップページ | 2007秋期(10-12月期)終了アニメ調査結果発表 »

逆境無頼カイジ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆境無頼カイジ 第十八話:

« キミキス 第十七話 | トップページ | 2007秋期(10-12月期)終了アニメ調査結果発表 »