« 俗・さよなら絶望先生 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第四十話 »

2008/01/06

うみねこのなく頃に Ep2考察 礼拝堂

ネタバレにつき改行


うみねこのなく頃にepisode 1真相解明読本

戦人により既に密室でないことは看破されている物の、あくまでそれは
1.真里亞は封筒を常に視界内に入れていた訳ではない
2.真里亞の籠は常に誰にも触れない状態に置かれている訳ではなかった
3.礼拝堂の鍵は一度も使われなかったわけではない
と言う状況から、誰かが真里亞の籠の中の封筒から鍵を取り出して使用し再び封筒に戻して封蝋をした可能性を否定できなくなり、人間にも犯行が可能だとベアトに認めさせたに過ぎず、その通りに行われたかどうかは不明。また、その他の謎は完全に放置されている。

・6人の殺害方法
・どうやってハロウィンの飾り付けをしたか
・積まれていた3つの金塊
・扉に書かれた魔法陣
など。

 そもそも、6人をここで殺害するには礼拝堂の鍵を開けなければならない。しかし、それ以前に楼座を含む7人はこの礼拝堂でベアトリーチェが顧問錬金術師だと認めている描写があるが、この時点で既に礼拝堂の鍵は真里亞の持つ封筒の中のはず。よって、その時に彼らは礼拝堂の鍵無しで礼拝堂内に入っている事になる。
 礼拝堂の鍵は既に開いていた?ベアトリーチェは礼拝堂の扉を開けてから真里亞に鍵を渡したのか?

 源次や紗音は昨夜、兄弟達が礼拝堂にいたことを知らず、施錠されていると思っているはず。キーボックスに鍵がなかった時点で開けられないと思いこんでいて、開いているかどうかを確認しなかった可能性がある。いや、鍵がなかった時点でそれで開けたと思って開いてるか試す方が普通か?

 後ほど、譲治が内側からこの扉を開けようとして酷く苦戦した描写がある。立て付けが悪くなっていて開けづらくなっているらしい。施錠されていなくても施錠されていると誤解する可能性がある。

 昨夜、この中に入ったにも関わらず、楼座はそのことに言及しないばかりか、自分が礼拝堂に近づくことすらありえないと弁明しているようにとれる言動までしている。そもそもなんで楼座だけが屋敷で寝ていたのか。他の6人は屋敷に戻った形跡すらないらしい。

 楼座には礼拝堂にいたことを知られたくない何らかの訳がある?共犯?もしくは我知らず利用された?

 ハロウィンの飾り付け自体は顧問錬金術師と認められたベアトがやろうと言えば皆、黄金欲しさに逆らえず準備を手伝うかも?

 10Kgの金塊。それを1つならともかく3つもベアト一人で持ち込むのは困難だと思われるが…初めから積み上げた状態で礼拝堂に案内した?山羊男であるかどうかは置いておくとして従者が居て運ばせた?
 EP1では18人か19人かで悩んでいたのにそれ以上の人数を想定するのはあまり好ましくない?

 椅子に着いた6人の腹を同時にかっさばく仕掛けがあった?たとえば黄金の重みを利用して発動するとか…凄惨な殺害現場と手紙に気を取られて、戦人たちは机や椅子に仕掛けが施されてたかどうかまでは確認していないはず。

 魔法陣自体を描く時間は十分にあった。しかし、それはマリア宛かそれとも真里亞宛か。鍵が真里亞の手にあったことから考えて真里亞宛だと思われる。

今現在考えられるのはこんなとこか。

|

« 俗・さよなら絶望先生 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第四十話 »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/17593273

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に Ep2考察 礼拝堂:

« 俗・さよなら絶望先生 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第四十話 »