« 2008年冬新アニメその他 | トップページ | みなみけ おかわり 第一話 »

2008/01/06

うみねこのなく頃に Ep2考察 朱志香の部屋/使用人室

 ネタバレにつき、しばし改行。


マジキュー4コマうみねこのなく頃に(2)

○朱志香の部屋

 戦人が否定できたのは嘉音犯人説のみ。ただし、楼座は一応引いた物の納得はしてない。描写からベアトリーチェは勇敢に戦った嘉音の死を冒涜したいようなので、「嘉音が犯人ではない」ことは疑わないことにする。

・赤文字で語られた前提条件
・隠し扉の類は一切ない
・出入りはこの扉からだけだ
・扉と窓以外に出入りする方法はない
・施錠時には如何なる方法をもってしても出入りは出来ぬ
・扉は鍵を使用せずに外から施錠する方法は存在しない
・扉の施錠は、朱志香の鍵が一本と使用人たちが一本ずつ持つマスターキーのみ
・部屋の外から鍵を使わずに施錠するようなカラクリも通用せぬぞ
・窓は内側から施錠されている
・窓については外からは如何なる方法でも施錠する方法は存在しない
・嘉音はこの部屋で殺された
・朱志香の死体発見時、朱志香の部屋にいたのは、戦人、譲治、真里亞、楼座、源次、郷田、紗音、熊沢、南條のみだった 死体の朱志香ももちろん含む
・よって、朱志香の部屋の件、そしてこの使用人室の件の両方について、そなたが認識していた以外の人間は存在しない 誰も隠れていない

 「死体の」を赤字で語っていないのは、朱志香が死んだフリをしていたかも知れないと、身内を疑いたくない戦人を嬲っているだけなので現時点では朱志香が生きている可能性は考えないで置く。一応、戦人と南條は朱志香の死を確認している。

 最初の時点では「窓の施錠を外からは出来ない」という情報がなかったのでそれを疑っていたけど、ベアトはわざとそれを言わなかったようで、後ほど、使用人室にて、戦人の「犯人は部屋に隠れていた」説共々否定されてしまった。

「扉が施錠されていた」ことは確定されてないが、そうすると開かないと主張し、マスターキーで開錠した郷田を疑うことになるが…
 この密室はマスターキーを持つ使用人達を疑えば、密室でも何でも無くなるが戦人は使用人を疑うことを否定。というわけで八方塞がり。

 魔法戦闘については、完全に作り話ではなく、何らかの事実が含まれていると仮定すると
・嘉音は朱志香は守るために犯人と戦った
・朱志香は嘉音をかばって煉獄の七杭”色欲のアスモデウス”に背中を貫かれて絶命した
・嘉音は煉獄の七杭“憤怒のサタン”に胸を貫かれて死亡したあと、犯人に死体を持ち去られた
辺りは信じてもいいのかな?とはいえ、戦人が確認できるのは朱志香が背中を貫かれて死んでいたことのみ。嘉音については死体を消されているため確認不能。

○使用人室

 戦人は絶対の自信を持っていた「犯人も外に出られず密室内に隠れていた」説を完膚無きまでにカウンターで否定された上に追い打ちをかけられ戦意喪失。

・赤文字で語られた前提条件
・使用人室の鍵は使用人室の奥のキーボックスに収められているぞ
・使用人室の鍵は数本あるがその全てがキーボックスに収められている
・出入りは唯一の扉と唯一の窓から以外は不可能
・そしてそれらはいずれも施錠されていた
・扉も窓も、施錠時には如何なる出入りも許さない
・扉の開錠は使用人室の鍵とマスターキー以外は不可能
・この部屋には、お前たち以外は存在しない。
・お前達の定義とは、戦人、譲治、真里亞、楼座、源治、郷田、紗音のことを指す。
・よって、朱志香の部屋の件、そしてこの使用人室の件の両方について、そなたが認識していた以外の人間は存在しない 誰も隠れていない
・扉は鍵を使用せずに外から施錠する方法は存在しない
・窓については外からは如何なる方法でも施錠する方法は存在しない
・マスターキーは5本しかない

 死んだはずの嘉音が使用人達を襲ったことになっているが、戦人はそれを聞いた訳ではない。赤字で語られていた以上、嘉音は朱志香の部屋で死んだはずだが?
 混乱する郷田、もしくは他の二人に戦人が問いつめていればベアトを打ち破る足がかりになっていたはずだが、使用人達の不利になる情報を戦人が楼座の前では問えないと見越した上で、あえて隙を作って遊んでいた?

 偽嘉音が楼座が犯人だと使用人達に吹聴したのは使用人達が不利を承知で見たままを報告することを妨害しようとした?確実な方法といえず。これも遊びか?

 おそらく偽嘉音は、ここで一気に5人を殺し儀式を完成させるのも辞さなかったと思われるが紗音の機転で南條と熊沢を殺すに留まる。
 本当は効果が無かろうと、弱点とされる蜘蛛の糸を押しつけられてはルールに従い退散せざるを得ない。

 使用人室に施錠し、戻ってくると南條と熊沢の死体は消えていた。嘉音の死体消失トリックの流用?儀式の進行だけなら死体を消す必要はないはず。楼座の疑心暗鬼を更に増大させて遊んでいる?それとも第4の晩「眉間をえぐりて殺せ」を実行する時間がなかった?それともこの二人は初めから第7、8の晩に充てる理由があるのか?

 朱志香の部屋と同じく、マスターキーを持つ使用人達を疑えば、密室でも何でも無くなる点、そして死体消失。同じトリックが使われている?
 死体を消失させることで密室を作り上げている?…と思ったが、書いてから死体があったら何もおかしなところが無くなってしまうから意味がないことに気付いた(--;

 使用人室についてはまず鍵を開けなきゃいけないのか…

 ところで、使用人室の窓の外はどこ?中庭だったら、「窓から死体を捨てた」で終わっちゃうんだけど…いや、どこだろうと窓から捨てた死体は回収可能か。結局、密室は解けてないし。
 台風で誰も屋敷を外からは見てないし、死体を窓から捨てても目撃される心配はないのか。部屋同士の位置関係にもよるだろうけど。
 いや、窓を開けたら窓近辺が濡れていなきゃダメなのか?そんな描写ないけど、濡れてないとも書いてないし…むぅ。

 現時点ではこれ以上思いつけないので今回はここまで。
…これ考察じゃなくてブレインストーミングか?

|

« 2008年冬新アニメその他 | トップページ | みなみけ おかわり 第一話 »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/17601157

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に Ep2考察 朱志香の部屋/使用人室:

« 2008年冬新アニメその他 | トップページ | みなみけ おかわり 第一話 »