« みなみけ 第十話 | トップページ | BAMBOO BLADE 第十一話 »

2007/12/11

プリズム・アーク 第十話

 プリーシアとの仲をからかわれて、キスなんかしていない、と口走ってしまったハヤウェイ。プリーシアはキス「なんか」という物言いを聞き咎め、いつもの事ながらツンツンモードに。

 傷もようやく癒えてきたところに、多方面から追撃を喰らい、一向に全快しないハヤウェイは…まあ、自業自得か(--;
 妹のパンツ凝視してちゃあなぁ…

 お風呂でPPPのことを大演説するプリーシア親衛隊。あまりに堂々としすぎて、見ているこっちが恥ずかしくなるわ!!

 今年のPPPは演劇で主役の二人…配役が決まった時点で決定じゃ肝心の演劇本番が無意味にならないか?
 選考方法がブレストアーマーをつけてポーズをとるって、演劇に全然関係ねぇだろ!

 公爵はプリーシアの性格を熟知してるよなぁ。でも、劇の内容自体があまりにもどうしようもないのでプリーシアにやる気を出させるには及ばず。

 劇の最後はキスだと言われてやる気を出したプリーシア。結局はそこなのね。

|

« みなみけ 第十話 | トップページ | BAMBOO BLADE 第十一話 »

終了・ぷ プリズム・アーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリズム・アーク 第十話:

» プリズム・アーク 第10話「騎士たちの剣魂」 [SeRa@らくblog]
騎士試験を前に開かれる学園祭「プリズム・ナイト・パーティー」(PNP)。 PNPで一番輝いている男女(PPP)の称号ゲットに盛りあがる生徒たち。 騎士は絶望組のオルツィとか気合入りまくり(笑) そしてスタッフは風呂... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 16:35

« みなみけ 第十話 | トップページ | BAMBOO BLADE 第十一話 »