« CLANNAD -クラナド- 第九話 | トップページ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第九話 »

2007/12/01

灼眼のシャナII 第九話

 ユーリイを置いてアナベルグ討滅に赴いたマージョリー。アナベルグ程度は敵ではない。問題はその護衛・シュドナイ。しかし、その気配はあいまいで所在が掴めなかった。しかし、それこそがアナベルグの特性・全てをぼやかす蒸気。今、その対象は「気配」。

 すんでのところでシュドナイの不意打ちをかわし、屠殺の即興詩をぶち込んだマージョリー。しかし、シュドナイの変化した甲羅がシュドナイ自身とアナベルグを守る。

 封絶を張らずに破壊して欲しかったと告げるアナベルグの言葉でその目的を察したマージョリーに、アナベルグは語る。無から有を生み出す人間の力は素晴らしい。特に損失から立ち上がり、復興し、以前を越える発展をしていく様は。世界の有り様すら変える文明の力。大恐慌から立ち上がり復興を遂げたニューヨーク。エンパイア・ステート・ビルはその象徴とも言えた。それを破壊すれば、人間達は、次にどんな素晴らしい力を見せてくれるのか?
 それこそが「文明の加速」。そして、それを我が手で行えることこそ、アナベルグの愉悦だった。

 それをちんけな放火魔の言い分と吐き捨てるマージョリーにアナベルグは告げる。復讐と憎悪しかない人間の抜け殻には理解できないと。マージョリーにとっては無意味だと思われた会話。だが、それこそが罠だった。アナベルグの方に注意を向けておいての気配のぼかされたシュドナイによる不意打ち。ユーリイの使い魔に警告される寸前までマージョリーはそれに気づけず、結果、深手を負ってしまうことに。

 使い魔・隷群を纏っての突撃。自身に出来る最大の攻撃でシュドナイを打撃を与え、マージュリーの窮地を救ったユーリイ。役割分担を告げられたユーリイは見事、アナベルグ討滅に成功する。しかし、ユーリイは「役割分担」の意味を本当には理解していなかった。消耗しきったままマージョリー救援に向かう。「奪う者から守る」という自分の有り様のままに。

 背後からの奇襲。今度のそれは既にシュドナイに気付かれていた。命がけで挟撃すればシュドナイを討滅出来るかも知れなかった。しかし、それはおそらく相討ち。だからマージョリーは動かなかった。こんなところで死ぬわけにはいかない。銀を討滅する―自らの復讐を遂げるその日まで。
 だから、シュドナイがユーリイを引き裂きその背後から炎弾を放ったときにも、迷わず迎え撃った。自分が生き残るために。

 既に戦う意義を失っていたシュドナイはその隙に撤退。残った結果はアナベルグ討滅とユーリイの戦死。ただそれだけ。

 復讐を遂げるためには他の全てを犠牲にしても、どんなことをしてでも生き延びる。マージョリーを始め、フレイムヘイズの根底にあるそれをユーリイは持っていなかった。そればかりか他人を守るために命をかける。そんな思いはフレイムヘイズにとって害毒でしかない。だからユーリイは当然の結果として戦死した。

 佐藤が憧れ、踏み込もうとしているのはそう言う世界。非情なきれい事では済まない世界。マージョリーがこの話を語った意味を佐藤はかみしめる。

 一方、悠二は封絶に成功していた。しかし、シャナとアラストールは絶句する。その炎の色は銀―

 途中途中に現在を挟むのは興ざめだと思っていたけど、なるほど、こうつなげるのか。なんか無理矢理本編に戻したような。まあ意図するところは納得したからいいけど。

 シュドナイがユーリイの奇襲に気付かなかったのはアナベルグの蒸気が敵味方を問わず気配をぼかしてしまうから。だからアナベルグ討滅後はあっさり看破されている、とか分かりづらいよね。

 命を賭して誰かを守る。それは人間だったら美しいこと。しかし、フレイムヘイズには不要どころか致命的欠陥。そんな人間的感情を残してしまったのがユーリイの悲劇か。
 多くの人々を守るために「戦い続ける」ためには生き残らないといけない。しかし、ユーリイは全体のために個を犠牲にするという選択が出来なかった。その矛盾の狭間にユーリイは消えていった。

 しかしまあ、今までのアニメオリジナルのグダグダっぷりのおかげで原作話が恐ろしくクオリティが高く感じられるなぁ、と。番外編だけど。

|

« CLANNAD -クラナド- 第九話 | トップページ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第九話 »

終了・し 灼眼のシャナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/17242337

この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナII 第九話:

» 灼眼のシャナ? 第9話 「哀しみのマイルストーン [SeRa@らくblog]
迷わなっかたわよ。わたしは迷わなかったわ――。 20世紀NY。摩天楼で始まったマージョリーとアナベルクの戦い。 シュドナイの介入で危機に陥ったマージョリーを救いにユーリイは助けに飛び込む。 まだ未熟な見習フレイムヘ... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 17:38

» 灼眼のシャナ2・第9話 [たこの感想文]
「哀しみのマイルストーン」 アナベルグと対峙するマージョリー。気配を曖昧にするこ [続きを読む]

受信: 2007/12/01 17:39

» 灼眼のシャナをみました。 [鳥飛兎走]
シャナの赤い髪の理由が少しわかったような気がするぞ!?あれだね、合体するのね。アラストールと合体するとあぁなるってことか!?だって、マージョリーさんがそうなってたんだもーん。あれ;;でもユーリィはどうなってたんだろ;;そのまんまだったような・・ま、いっ...... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 17:58

» 灼眼のシャナⅡ第9話「哀しみのマイルストーン」 [自堕落学生日記]
マージョリーの過去、果たしてユーリィとゆうフレイムヘイズが同関っていたのだろうか [続きを読む]

受信: 2007/12/01 18:41

» 灼眼のシャナ? 第9話 「悲しみのマイルストーン」 [何というヲタブログ]
灼眼のシャナ?第9話レビューです。 [続きを読む]

受信: 2007/12/01 19:22

» 灼眼のシャナII 第9話 [パズライズ日記]
マージョリーを助けようとして、ユーリイが犠牲となった話。 マージョリーが語る過去の話は、なかなかに辛い結末でした。 一方で悠二はいよいよ封絶まで張れるようになりましたが、その封絶の色が何かあるみたいですねぇ。 悠二はさらに一歩前進して自在法の練習、どん....... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 19:24

» 灼眼のシャナII 第09話 「哀しみのマイルストーン」 [King Of ヘタレ日記]
■灼眼のシャナII■ マージョリーヒドス、しかしそれが仕様  >> 「灼眼のシャナII 第09話」 の続きを読む マージョリーの過去話 後編 まぁ話の方は予想通りな展開で、マージ... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 19:49

» 灼眼のシャナII #9「悲しみのマイルストーン」感想 [サブカルなんて言わせない!]
マージョリーと蒸気で気配を消す男の対決 勝負を決するかと思ったその時背後から一撃をもらったマージョリー こいつは痛いなー血でマルコシアスもべっとりだwww ナイフ少年がなんかやる気をだすようになった 先週は使えない臭が漂っていたのに倒しちゃったよww って思ったら調子のって死んじゃったよ(;゜д゜) 悠二&シャナペアは完全に空気 銀色の封絶を覚えた悠二 さてさてどんな展開になるのか。... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 21:56

» 灼眼のシャナ? 第9話 感想 [荒野の出来事]
 灼眼のシャナ?  第9話 『哀しみのマイルストーン』  シャナ「大丈夫!悠二ならできる!」  最近あなたそればっかですねww  うーむ・・・。  マージョリーが『つ... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 23:15

» (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第9話 「悲しみのマイルストーン」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 先の大戦の残り香が漂うニューヨーク、エンパイアーステートビルにマージョリーはいた。対するは“穿徹の洞”(せんてつのほら)アナベルグ。だが、彼女が纏う青く燃えるトーガから次々に放たれた炎弾は、一向にアナベルグに当たる様...... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 23:42

» 灼眼のシャナ? 第9話 悲しみのマイルストーン [礎 -ishizue-]
マージョリー・ドー あいつを殺すまで、私は死ねない!!ここは命を賭けるところじゃない!! なるほどね。佐藤たちを突き放す理由がようやく分かった。 この話を見てしま... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 23:54

» 灼眼のシャナ?  第9話  「哀しみのマイルストーン」 [独り言の日記]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “誰かを助けたい。力になりたい。それが僕にとっての・・・・  フレイムヘイズとしてここにある理由だと思うんだ・・・・・  そして、今度こそ助ける”  マージョリーさんが佐藤らに語る過去の出来事。  マージョリーさんはNYで出会った“魅勢の牽き手”ユーリイ・フヴォイカと共に徒を迎え撃とうとしていた。  しかし、ユーリイはフレイムヘイズが本来持っていないものを持っていた。  「誰かを助けたい」・・・・ユーリイが果たしたい使命は人助け。しかし、フ... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 00:09

» 灼眼のシャナII 第9話 [ニコパクブログ1号館]
第9話『悲しみのマイルストーン』 今回もマージョリーの話の続き。 アナベルグは弱いから、直ぐ倒せるかと思ったんですが・・・やっぱり弱い奴ほど厄介ですね。 気配を薄くするだなんて。 で、やっぱりシュドナイの登場か。 なんていうか、ワンパターンですね。 マージョ..... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 01:43

» 灼眼のシャナⅡ 第9話「哀しみのマイルストーン」 [二千万パワーズ]
先週から死亡フラグは立ってましたがやっぱりユーリィは死んでしまいました。 結局マージョリーはユーリィの死と引き換えに生きながらえたことになりますが・・・・ 「迷わなかったわよ、私は迷わなかったわ…」のセリフにあるように復讐のためには死ねないとはいえマージ..... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 02:57

» 灼眼のシャナII 第9話「哀しみのマイルストーン」 [Hiroy's Blog]
非情な結末 [続きを読む]

受信: 2007/12/02 07:05

» 灼眼のシャナ? 第9話 「哀しみのマイルストーン」 [ネギズ]
まだ未熟なフレイムヘイズ、ユーリイ。 マージョリーを助ける為ユーリィは果敢に突っ込む。 復讐のためには死ねないこと・・・どんな行動をとるのか。 [続きを読む]

受信: 2007/12/02 12:32

» 灼眼のシャナ 第9話 「悲しみのマイルストーン」 [●○PEKO LIFE●○]
蝶人パピヨン再臨ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノw [続きを読む]

受信: 2007/12/02 16:06

» 灼眼のシャナ? 第9話「哀しみのマイルストーン」 [明善的な見方]
第2期って何クール? というわけで、今回はマージョリーの過去編の後編。 [続きを読む]

受信: 2007/12/02 21:04

» 灼眼のシャナⅡ第9話「哀しみのマイルストーン」 [アニメのストーリーと感想]
 エンパイアステートビルに現れた紅世の徒穿徹の洞”(せんてつのほら)アナベルグの 気配を感じマージョリーは、一緒にいた魑勢の牽き手”(ちせいのひきて)ユーリィを置いて1人で戦いに挑み封絶を張り、アナベルグの前に対峙した。「これはこれは進歩の舞台にようこそ... [続きを読む]

受信: 2007/12/03 03:08

» 灼眼のシャナII 第9話 [ラブアニメ。]
「哀しみのマイルストーン」 なんか面白くなってきたかも。 前回に引き続き、マージョリーの過去話と悠二の自在法の鍛錬が同時進行だったわけですが、まさか最後の最後で繋がるとは……!! そこまで予想してなかった... [続きを読む]

受信: 2007/12/03 17:46

« CLANNAD -クラナド- 第九話 | トップページ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第九話 »