« 灼眼のシャナII 第九話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に解 第二十一話 »

2007/12/01

BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第九話

 一昔、いや二昔ほど前の少女漫画そのもの画風で語られるミッチーの脚本のあらすじ。マリと萩乃の関係とも微妙にリンクしているのは何かの伏線?

 学園祭の買い出しにかこつけて実質デートなマリと萩乃。少しでも長く二人の過ごしたくて、歩いて帰ろうと提案したマリだったが、これが大きな間違いに。

 歩いて三時間の道のりは軍人の萩乃は何ともなくとも、一般人のマリには辛かった。豆を潰した上に雨に降られて仕方なく近くの空き貸店舗に避難。

 マリの能力は接触テレパスだった。その能力でマリはあの日の真実を知る。

 ブルーの機関部暴走余波で神隠島の人々は精神に異常を来たし殺しあいを始め、機関部爆発による津波で全滅。そんな中、萩乃は海に沈んでいくマリを助けた。

 全てを知られ、糾弾されることを覚悟した萩乃。しかし、マリから告げられたのは感謝の言葉で。マリに抱きつかれたまま、繰り返される感謝の言葉を聞くこともなく、萩乃の視線はただ、宙を見つめていた。

 女性だけの星。今のままでも生殖は可能だが、いずれ絶滅することは避けられない。だからこの星に来た。そこまでは分かる。で、結局恋愛対象が女性じゃ意味がないんじゃ?
 ただ単に遺伝子の多様性が欲しいだけで男性が欲しい訳じゃないのか?

 ツバエルによる独自のモニタリングという建前の盗聴。夢の中まで見られるってどんな…モニタリング機器とマリの能力がシンクロした結果か(--;

 オノミルを見殺しにしてマリを救った萩乃に対し、再び憎悪を抱くアザナエル。そんなこと言っても…萩乃がブリッジに戻っていたら暴走が防げたわけでもあるまいに。まあ、そんな理屈は通用しないか。ブルーに遊びに来たマリを襲撃とか?

 ところで、津波の前に既に海中に居たらしいマリとか、それを助けに行った萩乃とかはどういう事なんだろう?あのタイミングだと島民の半数はまだ生きているはずから「唯一の生存者」じゃないんだよね?

|

« 灼眼のシャナII 第九話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に解 第二十一話 »

終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第九話:

» 『BLUE DROP』 第9話 花嫁さん×花嫁さん♪ [リリィ伯爵のチェキラ☆]
「ちょっと奥さん、ついに来ましたわよ!」      ☆結婚式演出☆ 「ところで、この大根おいくら?」 [続きを読む]

受信: 2007/12/01 20:21

» BLUE DROP〜天使達の戯曲〜 #9「Lagenaria siceraria」 [ラピスラズリに願いを]
♪憧れより〜憧れ以上の〜(ry これがSFアニメだと言っても誰も信じてはくれないなw ではブルードロップ感想です。 BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.1(2007/12/26)矢島晶子.沢城みゆき.後藤邑... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 20:40

» BLUE DROP #9 [日々の記録 on fc2]
萩乃とマリが一緒にラブラブデートなお買い物に出かけるお話でした。ようやくミッチーの脚本も先が見えてきて、お芝居の準備のために大道具や小道具作りが始められることになりました...... [続きを読む]

受信: 2007/12/01 21:24

» BLUEDROP〜天使達の戯曲〜第09話「Lagenariasiceraria」 [物書きチャリダー日記]
次回予告のおかげで今回の展開だけはばっちり予習(笑)・・でもないですよね。何がどうなるのか・・・?BLUEDROP〜天使達の戯曲〜Vol.1(DVD)◆20%OFF!早速感想。みっちーの脚本、あらすじが出来た!・・・あの独特な絵が気になって全然シナリオが頭に入らないぞ。ってか...... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 08:55

» BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第9話 「Lagenaria siceraria」 [SeRa@らくblog]
ミッチーの脚本は進み。 マリは萩乃と資材を買うために隣町へでかける。 その帰り、雨宿りしたマリは、萩乃に助けられた記憶を見る…。 ミッチーの書く話は、萩乃とマリがモデルなんだけど。 マリたちは気付かないもん... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 09:17

» BLUE DROP ~天使達の戯曲~  第09話  「Lagenaria siceraria」 [神奈川辺境交通(かなへん)]
土曜朝、医者に診察してもらったら、『普通感冒』つまり風邪とのこと。 抗生物質いっぱい処方してもらったけど、効かないのよねえ。 取敢えず静養します。よって―――、 暫く更新スピードが滞ります。... [続きを読む]

受信: 2007/12/02 23:51

« 灼眼のシャナII 第九話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に解 第二十一話 »