« 怪物王女 第二十五話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第二十七話 »

2007/09/29

ひぐらしのなく頃に解 第十二話

 大石からもたらされた鷹野の死亡推定時間が合わないと言う情報、そしてそこから導き出された一つの仮説。それは鷹野の死は偽装で、彼女こそが犯人だという物。

 その可能性を入江に尋ねてみた梨花だったが自分自身も”東京”から疑われている入江は冷静さを欠き、あり得ないと繰り返すばかり。傍らの小此木は警護を厳重にするとは言ってくれたがまるで安心できなかった。

 鷹野が犯人かも知れない。その今まで考えもしなかった可能性のせいで、羽入の言うとおり、誰が敵で誰が味方かまるで分からなくなってしまった。しかもそれを見極めるために慎重に行動しているような猶予はもはやない。

 翌日、梨花は風邪だと言って学校を休んだ。心配する沙都子を何とか言いくるめて登校させる。おそらく自分は今日明日中に殺される。その時に沙都子を巻き込みたく無かったから。

 たとえ死んでも、時を巻き戻せば体の方は巻き戻した時点の状態に戻すことが出来る。しかし、期待を裏切られ傷ついていく心の方はどんどんすり減っていくばかり。その先に待つのは精神の死。こればかりは羽入もどうすることも出来ない。だから羽入はことあるごとに期待するなと言う。期待して裏切られれば、絶望という毒が私の心を蝕んでしまうから。でも、今出来る限りのことをしなければきっと私は後悔する。この世界はみんなで勝ち取った理想の世界なんだから。そして、この世界の先を見てみたい。

 すでに諦めて次の世界のことを口にし始めた羽入と口論になりかけた矢先、小此木から電話が入った。それによると犯人は入江で今度は私を狙っているという。どちらを信じて良いか分からなかった。今、確実に味方だと断言できるのは…大石に電話すると警護の警官を派遣してくれた。これで山狗と警察の二重の警護。万が一山狗が敵でも警察が守ってくれる。

 でも、まだ不安だった。もっと頼りになる信じられる味方が欲しい。そして、それは向こうからやってきてくれた。もっとも信頼できる頼もしい味方・圭一達が。電話の内容を聞かれた以上、もう隠してはおけなかった。でも、打ち明けることは巻き込むと言うこと。躊躇する私を仲間達は叱ってくれた。

 私は自分の知っていることを仲間に話した。雛見沢症候群、オヤシロ様の戒律の意味、秘密結社”東京”、入江機関、山狗、自分が命を狙われていること、女王感染者である自分の死は雛見沢の死であること、鷹野の死が偽装である可能性…全てが突拍子が無さ過ぎて信じてもらえないことを覚悟していた。でも、仲間達はそれを何の疑いもなく信じてくれたばかりか、一人で悩んでいたときにはどうしても出せなかった今何をすべきか、その答えを示してくれさえした。

 この素晴らしい仲間達と一緒なら必ず運命を打ち破れる!こんな素敵な仲間達を今まで信じず、相談しなかった自分はなんて愚かだったんだろう!!

 羽入、かつて惨劇を起こしてしまった彼らとこの世界の彼らは違う。今更そんなことを蒸し返しても意味はないわ。水を差すのは止めて。

 それはともかく、私が命を狙われているって聞いて第一声が「あんた何しでかしたの!?」って…魅音、そんな貴女が大好きよ。

 岐阜に鷹野と思われている死体の死亡推定時間について調査に行っていた大石もこちらに向かっているという。大石が着いたら改めて今後のことを相談しよう…しかし、大石は姿を現すことはなかった…

 不審な工事車両を見咎めた大石は、その作業員に職務質問をしようとした刹那、狙撃され同行していた熊谷ともどもあっさりとこの世を去っていたのだ。

 自分が相手をしていたのはただの殺人犯でなく、人を殺すことを何とも思っていない連中なのだということを知らなかった故の悲劇。とはいえ、例え分かっていてもここまで徹底されちゃ結果は同じだったかも…

 入江は細菌兵器開発には消極的でむしろ、予防薬や治療薬の開発にこそその真価を発揮しているんだけどな。典型的ないい人過ぎて思いっきり損をしているという…
 濡れ衣を着せられて憤慨はするものの、小此木のことは信頼していたみたいで。鷹野のことも信頼しているからこそ疑いたくないよう。とことん裏の世界に向いてないよ(T-T)

以下、ネタバレ白字反転

 今回はかなり大幅に削除されてはいるものの、最重要と思われる内容を残し、テンポ良く分かり易く再構成されているためアニメ単体としては文句のつけようのない出来だったと思う。実際、原作通りに展開するとかなり冗長に感じられたかもしれないのでスタッフの皆様にGJ!と言いたい。

が、あえて…ここから先は原作厨の戯言なのでそれでも読みたい方だけ。

 梨花が防げなかった富竹の死に落胆しつつ、仲間達をこれ以上巻き込めば、死なずに済むかも知れない仲間達が自分のせいで殺されるかも知れないと恐れ、相談できずに悩む一日がほぼ丸ごとカット。
 ホントに悶々と悩んでるだけなのでアニメにしたら延々と梨花のモノローグになってしまうため、カットも仕方ないが、何故、梨花が仲間に相談しないのかがよく分かるシーンだったり。

 梨花の死の予感および、羽入の死の宣告削除。そしてそれに続く、自分が居なくなっても大丈夫なように部屋の整理をしながら、梨花が沙都子がいない世界なんて考えられないのと同じように、沙都子にとっても梨花がいない世界なんて考えられないのだと気付くシーンと自分が死んだ後もこの世界は続いていくこと。そしてその世界で仲間達は自分の死を嘆き、相談してくれなかったことを悔やむのだろうと思い至るシーン削除。梨花と沙都子の絆の深さがよく分かるシーンだけどこれも梨花のモノローグになっちゃうから削除は仕方ないか。

 どうも、羽入の正体を秘密にしていることで彼女の内面の掘り下げが不足しているような。ウザイ、ネガティブ、水さすくらいなら黙ってろ、と言われるのも仕方ないけど、彼女には彼女なりの理由があるわけで。

 ところで原作未読の方はここまで見て羽入の正体を何だと思ってるんだろう?幽霊?宇宙人?それとも看破してる?あとで巡回してリサーチしてみよう…

|

« 怪物王女 第二十五話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第二十七話 »

終了・ひ ひぐらしのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

おはようございます〜いつもTBお世話になってます。
上手くTBがとばないようなのでコメント失礼します。

>第一声が「あんた何しでかしたの!?」って
あの発言は噴きました。そりゃないよ魅音、、(´∀`;)

>入江
あれほどいい奴が退場とは残念です。
圭一達と一緒に戦ってほしかった。
次回が待ち遠しいです。ではでは。

投稿: tonami | 2007/09/29 07:43

>tonamiさん
 いつもお世話になっております。
お手数おかけして申し訳ございません。

>そりゃないよ魅音、、(´∀`;)
 実は梨花の腹黒狸さ加減を良く理解しているが故の台詞だったりして?(^^;;;

>圭一達と一緒に戦ってほしかった。
 祭囃し編での活躍を期待しましょう

投稿: 藤ゆたか | 2007/09/29 10:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしのなく頃に解 第十二話:

» ひぐらしのなく頃に解 #12 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 [月の静寂、星の歌]
 重い音を軋ませて輪が回り始めている。  次第に加速してゆく。   破滅の足音は、私のすぐ後ろにまで迫っている。  なのにまだ、運命に抗うには、私はあまりに非力だった。  今更何ができるのか。  何をすればいいのか。  少しもわからないけれど――。 ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 01:33

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 [アニメって本当に面白いですね。]
ひぐらしのなく頃に解   予測評価:3.5〜   []   東海テレビ : 07/05 27:50   KBS京都 : 07/06 26:30   テレビ埼玉 : 07/09 25:30〜   チバテレビ : 07/09 26:10〜   サンテレビ : 07/09 26:10〜   AT-X : 07/11 09:30〜   テレビ神奈川 : 0...... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 02:19

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [垂れっ流しジャーマン]
Nice Miyo. 紆余曲折ありましたが、無事に放送されましたね!(#´Д`) まあ、放送されたんですから、余計な事は言いません。 イヤッホォォォォォォォォォォォォォ!!! じゃあ、いってみましょうか! 今週... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 03:53

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七「雛見沢症候群」 [パプリカさん家のアニメ亭]
オヤシロさまドットコム─「ひぐらしのなく頃に」「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト 今回、早々から大石が確信は無いにしろ鷹野を疑りました。これは、前期を通して始めてのことで、相当な新展開に期待も膨らむものでした。また、やはり今回初の梨花が正式に雛見沢症候群....... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 05:56

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 [パズライズ日記]
皆殺し編其の七の今回は、梨花が圭一達に雛見沢症候群のことを打ち明ける話でした。 結局、何時ぞやの胡散臭さ漂う34号文章は大体正しかったということなんですかね。 一方で大石はますます頼りになる存在だったものの最後に死亡、あっけないものですね・・・。 今週....... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 07:56

» 「ひぐらしのなく頃に解」第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 感想 [時じくの香の木の実を嗜みながら]
何時までも続く残暑の所為か、相変わらず体調が今ひとつですけど、今日も何とか頑張って、「ひぐらしのなく解」第12話の感想を。ちょっと諸事に手を取られてますので、今回も簡潔に纏め……たかったのですけど、結局長文に(苦笑)。【注:私は原作プレイ済なので、ネタはれは極力白抜きで対処します。】 ※※本文、完成しました※※... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 13:45

» ひぐらしのなく頃に・解 第12話  『皆殺し編 其の七 雛見沢症候群』 [荒野の出来事]
 知らない間に放送解禁されてたんですね!!  では簡単に感想を済ませたいと思います!  −あらすじ−  知らされた事実!しかしその事実が真実とは限らない・・・  二人の死は結局変わらなかったが、どうやら三... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 14:38

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 [SERA@らくblog]
みんながいてくれることの方が心強いのですよ――。 運命を諦めないと誓った梨花。 梨花を信じてくれる圭一たちに全てを打ち明ける。 雛見沢症候群の真相、梨花が命を狙われるわけを…。 運命を決する時が刻一刻迫って... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 14:51

» ひぐらしのなく頃に解 第12話感想 [AAA~悠久の風~]
ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 感想いきます。 [続きを読む]

受信: 2007/09/29 15:08

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 [ネギズ]
祝!ひぐらし放送。 確認した所、サンテレビとテレ玉で放送したとのことです。 ニコニコで見てきました。 さて12話目は衝撃の展開です。 [続きを読む]

受信: 2007/09/29 15:23

» ひぐらしのなく頃に解  第12話  皆殺し編  其の七 「雛見沢症候群」 [独り言の日記]
 前回明らかにされた鷹野の目的。終末作戦の開始。  徐々に明らかにされていく真実。  今回明らかにされた事実。  ◎梨花が狙われている本当の理由。  「雛見沢症候群」これはだれにも架かる病気。  ・病気を発祥する原因とは?  ?雛見沢から離れること。  ?心に強いストレスを抱えていて、妄想や疑心暗鬼に囚われやすいこと。  ・村にいればなぜ安心か?  これは梨花自身が病気を抑えているから。  梨花から離れると、その村の人は雛見沢症候群に発祥してしまう。  ... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 20:24

» ひぐらしのなく頃に解 第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [ボーダーライン]
放送された!ヽ(´▽`)ノ 一応1箇所だけ修正シーンを見つけました。 OPの「あなたは奈落の花じゃない そんな場所で」というフレーズの部分、レナのアップからの切り替わりで元々は『血まみれの手斧』が出てきましたが、12話ではゴミ処理場に絵が変更されてました。まあ....... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 21:58

» ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
ひぐらしのなく頃に キャラクターCD Vol.3TVサントラ発売日:2007-07-25価格かなり両極端なキャラソンですが、どちらも味わいは深いですキャラソンシリーズ第3弾。古手梨花と北条沙都子という妹役のキャラがテーマです。構成は古手梨花のキャラソン「無限回廊」と北条沙都子....... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 23:03

» ひぐらしのなく頃に解 12話 [自己満足]
皆殺し編 其の七「雛見沢症候群」 一時はどうなるかと思いましたが無事放送が続いたひぐらしのなく頃に解。一安心ですね。うちはtvkなのでただでさえ放送が最遅なもので。 ちなみに管理人は今現在、ひぐらしのなく頃ににもっともはまっております。...... [続きを読む]

受信: 2007/09/30 04:18

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [ゼロから]
鷹野三四の矛盾点に気がついた大石蔵人。しかし、富竹と鷹野を殺害したのが、入江が黒幕だというガセネタを掴まされてしまいました。 [続きを読む]

受信: 2007/09/30 10:51

» 『ひぐらしのなく頃に解』第12話 [うかばれないもの]
富竹と鷹野が殺された。しかし、大石は鷹野の死体に不審を抱き、偽装殺人ではないかと推測する。鷹野が犯人なのかも知れない、その推察に梨花は戸惑う。一体、誰を信じたらいいと言うのか。その後梨花は、警察の保護を求めるべく大石に電話をかけるが、その内容を部活メンバー達に聞かれてしまった。彼女のことを心配する圭一達の姿を見て、梨花はようやくこの雛見沢の秘密について話すことを決意するのだが…… ようやく雛見沢の秘密が語られるときがやってきました。村を離れれば発祥するという病気の存在、それを研究し利用しようと... [続きを読む]

受信: 2007/09/30 13:54

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 [日頃CALAMITY]
第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 男子学生が鉈で同級生を切りつけたって言うニュースが・・・ マジでひぐらしが終わっちまう・・・ ▼fc2ランキング [続きを読む]

受信: 2007/09/30 17:05

» ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 雛見沢症候群 [Hy-a*line]
今回は文字通り雛見沢症候群についての謎が明かされています・・・! 鷹野が怪しいのではと告白する大石。度肝を抜かれる梨花ちゃん。私も当初は度肝を抜かれたものです笑 てか大石さんどの世界でもいつも誰かを呼び出すとき車の中だなー^^笑 真相を突き止めるには時間が足りない・・・。誰が敵で誰が味方か分からない・・・。それでも。 「わたしは諦めないわ・・・諦めない。絶対に。」 梨花ちゃんの決意。傍観者で、諦めきっていた昔の梨花ちゃんの面影は全くないですね! 昭和58年の夏は越したい。... [続きを読む]

受信: 2007/09/30 19:35

» ひぐらしのなく頃に解 第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [空色☆きゃんでぃ]
梨花ちゃま、女王様だった! [続きを読む]

受信: 2007/09/30 20:54

» ひぐらしのなく頃に解 第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [空色☆きゃんでぃ]
梨花ちゃま、女王様だった! [続きを読む]

受信: 2007/09/30 21:17

» ひぐらしのなく頃に解 第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 [空色☆きゃんでぃ]
梨花ちゃま、女王様だった! [続きを読む]

受信: 2007/09/30 21:19

« 怪物王女 第二十五話 | トップページ | ハヤテのごとく! 第二十七話 »