« ドージンワーク 第十話 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十三話 »

2007/09/07

怪物王女 第二十二話

 今回の刺客は人狼3匹。名乗りも上げずに襲いかかってきた3匹に対し、戦士の誇りも礼節もないとリザは憤慨。その内の1匹に屋敷の外に殴り飛ばされたリザはそのままその1匹と一騎打ち。残り2匹は姫、フランドル、ヒロに襲いかかる。

 一瞬ヒロに視線を向けてから、私とフランドルの防御陣は鉄壁だと宣言する姫。宣言にヒロを含めるかどうか逡巡したようだけど、ヒロが姫の信頼を得つつあると見るべきか、まだまだ力不足だと見るべきか…

 半不死身なことを利用して防御無用の全力攻撃…といえば聞こえは良いけど、やってることはただの無謀な突撃という策も何もないバカだった人狼達。挙げ句の果てに打たれすぎで体力勝負に負けてるし。十二話のミイラ男軍団の方がまだ善戦していたよ?これならヒロの方がまだマシじゃないのか?

 俺は何百回殺されてもその間に一回お前を殺せれば良いんだ…ってそれで勝ち誇ってるつもりなのか?要するに自分は何百回に一回しか勝てないって宣言しているも同然だよね?

 絶命した3匹を地下室に閉じこめた姫。3匹は当然蘇生するが、その途端、姫に銀の弾丸を撃ち込まれて絶命。また蘇生しては撃たれて絶命を繰り返す羽目に。その拷問は3匹の命の炎の効力が切れるまで延々と続けられた…半不死身故に何度も殺され、半不死身故に死ぬことが出来たわけで。それは不幸なのか幸運なのか;

 てっきり一回撃ち込めば銀の弾丸の効力で蘇生即死なのだと思ってたら、毎回撃ち込むなんて随分と手間のかかることを。何百発用意してんだよ?という話はおいておくとしても何でこんなエグいことを?そんなに気に障ることがあったのか?何かを聞き出したって風でもなかったような。
 School Daysの誠にも是非採用して欲しい処刑法だとは思うけど(笑)

 令裡に血の戦士は王族にとって所詮使い捨ての駒なのだと言われて耳をふさぐヒロ。姫にとって自分の存在とは何なのか?それが最終回に向けてのテーマになるのかな。

|

« ドージンワーク 第十話 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十三話 »

終了・か 怪物王女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪物王女 第二十二話:

» 怪物王女【第22話】「殺戮王女」 [フカヒレ家]
姫は夢を見た。永遠の命を与えた戦士の・・・ その身を呈して姫の逃亡を助けた昔の夢 姫の命を狙った刺客がやってくる 何度殺しても生き返る人狼族の3人は永遠の命をもらいやってきたのだった そんな使い捨てにされる命を見て日朗は不安に陥る 日朗が苦悩していた今回 姫が..... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 03:44

» 怪物王女・第22話 [たこの感想文]
「殺戮王女」 自らを守るために死んでいった戦士たち。その夢を見た姫は、感傷に浸る [続きを読む]

受信: 2007/09/08 06:40

» 怪物王女 第22話 [Brilliant Corners]
「殺戮王女」 姫の冷酷な部分がクローズアップされたいいお話でしたね〜 王族の不死 [続きを読む]

受信: 2007/09/08 07:24

» 怪物王女 第22話「殺戮王女」 [SERA@らくblog]
王族の戦士――不死身と引き換えに王族と運命をともにする存在。 かつて姫にも戦士団がいた…。 しかし主を逃すため戦士たちは命を捨てた――。 亡き戦士たちの夢を見た姫の前に、王族の戦士と化した不死身の人狼の刺客が迫る。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/08 16:45

« ドージンワーク 第十話 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十三話 »