« School Days 第三話 | トップページ | ドージンワーク 第三話 »

2007/07/19

キスダム 第十六話

 娘を救いたい一心で娘をバケモノにしてしまった父と実の父にバケモノにされてしまった娘。とかまあ、そんな感じ。樹は裏返るまでもなく、既に半分ハーディアンのようなものだったと。

 ハイパーウルトラ…なんだって?ともかくハーディアンを無力化するアフラーシステムとかいうのをベルゼブの来ない海底の研究所・竜宮城で作っていたらしい。でも、無力化するだけで殺すまでは至らない。ついでに樹には通じないなんとも中途半端な代物だし。
…シュウには通じそうだよな(笑)

 シュウはもうわかりやすいったら。そして例によって裏目に出るわけで。

「人類の希望」が一話すら保たず。この辺の容赦なさは相変わらずだなぁ…

|

« School Days 第三話 | トップページ | ドージンワーク 第三話 »

終了・き キスダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キスダム 第十六話:

» レビュー・評価:キスダム ENGAGEplanet/第16話 胎動 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 0 件 廃墟の街での巨大ハーディアンとの戦闘。敵の圧倒的な力に防戦一方のシュウたち。しかし、戦闘の最中、ハーディアンはいきなり苦しみだし、地中へと逃げ出す。突然の状況が理解できないシュウ達。そこに、巨大なスピーカーを搭載した車両が現れた。シュウ達を救ったのは、世界崩壊から生き延びた科学者達が作りだした、対ハーディアン音波装置、“... [続きを読む]

受信: 2007/07/19 11:35

» キスダム -ENGAGE planet- 第16話「胎慟(ノロシ)」 [恋華(れんか)]
キスダム -ENGAGE planet- 第16話「胎慟(ノロシ)」 [続きを読む]

受信: 2007/07/19 16:36

» キスダム -ENGAGE planet- 第16話「胎慟-ノロシ-」 [コツコツ一直線]
 今回からは樹の話。やっと出番が回ってきました。でもやっていることは他の仲間の時と変わっていないような・・・。 [続きを読む]

受信: 2007/07/19 21:13

» キスダム -ENGAGE planet- 第16話 & ドージンワーク 第3刷 [ミルクレモンティー]
               第16話「胎慟 ノロシ」  樹の過去がちょろっと出てきた、樹メイン回。樹もまた  狼騎同様バケモノ扱いされちまいすぜー。    一方のシュウたちは ― アフラーシステム ―  という対ハーディアン音波装置を作りだした人...... [続きを読む]

受信: 2007/07/20 21:50

» キスダム 第16話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「胎慟(ノロシ)」   レジスタンスグループの中で活動していた樹は、超人的な力を見せたためにグループを離脱する。   そんな彼女を利用しようと、玲が接触を試みるが... ... [続きを読む]

受信: 2007/07/22 15:39

« School Days 第三話 | トップページ | ドージンワーク 第三話 »