« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

らき☆すた 第十七話

 18歳になって堂々とエロゲが出来ると喜ぶこなた。でも、その容姿じゃ信じてくれないと思う…結局そうじろうが買ってくることになりそう(^^;

 みゆきに胸を吸い取られていたらしい岩崎さん。かえして~、かえして~(笑)
じゃあ、こなたは何に身長その他を吸い取られたんだ?

 こなたのシークレットバースデイパーティをしようとしたそうじろう、ゆい姉さん、ゆーちゃん。一生懸命準備したのに、こなたからバイト先で祝ってくれるので遅くなると電話が。
 本人に秘密のパーティって、本人が予定を入れちゃったり、誤解したりと大抵うまく行かないよね(--;

 こなたの進路希望は…これは進路絶望じゃないのか?(--;;;

 ラノベすら読まない若者の活字離れは深刻です。アニメで補完って言ったってアニメじゃただのダイジェストな事が多いよ?

 柊姉妹物語。何、このホームドラマ?

 らっきー☆ちゃんねるを兄沢が占拠。熱すぎる兄沢に辟易するあきら様と尊敬する白石…なんだかなぁ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (22)

ひぐらしのなく頃に解 目明し編(2)

 悟史を守るために自ら「詩音」の存在を公にし、そのケジメを取らされた詩音。しかし、その想いも虚しく、悟史は失踪してしまう。
 魅音の不用意な一言で鬼となりかけた詩音。だが魅音の思いを知り、魅音を信じると決めた時にその鬼は消えたはずだった。
 しかし、昭和58年。その鬼は綿流しの祭りと共に、ほんの些細なきっかけで目を覚ましてしまう。
 詩音はオヤシロ様の祟りの真相を暴き、悟史の仇を討つことが出来るのか?

以下、ネタバレで。

 爪はぎ器。根本から引っこ抜いているように見えるけど、あれじゃ指の方が折れないか?

 圭一の固有結界は見開きでやって欲しかったけど話の本筋と関係ないから仕方ないか。そもそも詩音と魅音以外の出番ほとんど無いし。

 二人きりの時の魅音と詩音の仲の良さは見ていてとても微笑ましくて好きなんだけど、それが詩音暴走後は血と惨劇の中で砕け散ってしまうのがあまりにも痛ましい。
 魅音は詩音のために良かれと思っていることをしているだけなのにそれが全て裏目になってしまうのはやるせない。

…今気付いたけど、魅音って「ばっちゃのようにしよう」として失敗しているんじゃ?
お魎だったら周りが憂慮してくれるけど、魅音が同じようにしても誰も憂慮してくれないとか…いや、そもそも魅音自身が周りに対して黙って憂慮しすぎなのか?

 詩音に付いて回る一歩多い足音。詩音がそれを悟史だと思っていた頃は、詩音だけではなく足音の方も幸せだったのかも知れない。暴走後の詩音を足音はどんな思いで見詰め続けていたのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/07/30

瀬戸の花嫁 第十七話

 明乃の前に現れた変人軍団。それは明乃を「悩まし番長」として仲間に引き込みに来た埼玉番長軍団だった。しかし、明乃に返り討ちにあってあっさり壊滅…アバンで話が終わっちゃったよ?

 と思っていたら、次の日から番長軍団は総長を守るためと称して明乃に付き従い始める。それを見咎めた巡が学園の風紀を守るために立ち上がったから話がややこしいことに。

 総長に祭り上げられたもののその気もないので巡の追求にも淡々と答える明乃だったが、巡にとってはそれがのらりくらりとかわされているように感じるらしく、ますますヒートアップ。それに風紀とか関係なくただ単に明乃のスタイルの良さに対する嫉妬をぶつけたいだけの女子と明乃を守るつもりの番長連合+サルが火に油を注ぎ、事態はますます収拾がつかなくなっていく。

 そんな中、燦の一言で我を取り戻した巡は蓮に相談に行くことに。どうやら、巡も自分の思いこんだら周りが見えなくなる性格は自覚していてどうにかしたいとは思っているらしい。しかし、蓮に反省していればそれで良いと諭されて自分を取り戻す。

 巡、いつの間に猫を操れるように…って、操れてないし(^^;

 明乃は猫自体は大丈夫らしいけど、この大群は流石に捌ききれないか。

 最後は蓮の一喝で幕。さすが、本物の極道を束ねていることはある。極道云々以前の問題な気もするけど(^^;;;

| | コメント (4) | トラックバック (27)

2007/07/29

ひぐらしのなく頃に 猫殺し編

 第1期DVD全巻購入特典の猫殺し編が届いたのですよ。にぱー☆  川⌒ヮ⌒|

 部活で足りないコインの代わりのコスプレで耳かきを賭ける圭一。それに対する妄想を梨花に指摘されて、必死に弁解する魅音が可愛い。

 みんなしてコインではなくコスプレを賭け始めたため、結局全員が罰ゲーム。魅音の牛ビキニはいろんな意味でやばいんじゃないのか?

 谷河内に向かった圭一達。そろそろ暗くなるので帰ろう、というところで、魅音が山向こうに採石場があると言い出すが、行くのは反対…なら初めから言うなよ(^^;

 かつて採石場で遊んだ魅音の回想。仲間が男の子ばかり…同年代の男子はこの時全滅したとか?とか思ったけど死んだのは一人のみ。他は興宮の学校に通っているのか、それとも既に村にはいないのか。女子がいないのはこんなところまで缶蹴りに来るのは魅音くらいなものなんだろうな。

 採石場にまつわる「穴」の怪談。最初は当事者として怯えている風でもあった魅音だが、圭一に理論的に説明されて、今度は真偽を確かめようと言い出す始末。今から行ったらもう真っ暗じゃないのか?

 梨花に忌み地に入ってはいけないと諭され、帰ることにした魅音たち。理解しているか不安になったのか梨花は圭一に念押しし、行かないと約束を取り付けて一安心。なんとか惨劇の回避は成功したよう。

 以下、ネタバレ白字反転。皆殺し編終了準拠。

 谷河内の採石場。それは紛れもなく滅菌作戦の資材貯蔵場所。親子が死んだのは山狗による口封じか。
 もちろん、皆殺し編前の梨花がそのことを知っているわけはないから、採石場探険に行って殺された世界もあるのかも。記憶継承の事を考えると梨花だけ生還?

 親子の死が山狗による物という確信があって、きっとあそこには見られては都合の悪い物があるのだろうと推測しているだけかも知れないけど。

 まあ、触らぬ神に祟りなし過ぎると盥回し編になっちゃうけどな(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぐらしのなく頃に解 第三話

 刻一刻と迫る自分の死。そして、未だに冷たい村人の沙都子への視線。梨花の心は深く暗く沈み込むばかり。

 一方、沙都子は様子のおかしい梨花を心配するが、何度聞いても梨花は作り笑いでごまかすばかりで…初めは村人の自分に対する態度に心を痛めているのだと思っていた沙都子だったが、ある夜、梨花が何者かと話していることに気付く。

 話を聞かれて、覚悟を決めて自分に迫る死を沙都子に告白したかに見えた梨花だったが、一夜明けてみると梨花は全てを夢だったのだと無かったことにしようとしていた…

 梨花と沙都子であからさまに違う村人の態度。梨花の目の前ですらあれと言うことは梨花がいないときにはどれだけ酷いことをしているんだか。

 自分の死に沙都子が巻き込まれるのを恐れる余り、沙都子に打ち明けることが出来ない梨花。かといって迫る死への恐怖を表に出さずにいられるほどの精神的余裕ももはやなく、いたずらに沙都子を心配させるばかり。だからといって打ち明けるには最早遅すぎる。そんなジレンマで梨花の心はもうボロボロ。

 今回の梨花は全力で後ろ向き。謎の声の言っている後悔は、教室でせっかくみんなが救いの手を差し伸べてくれたのにそれを拒否してしまったことだと思われるのに対し、梨花の後悔は、そもそも沙都子に自分の死を告げてしまったことだし。

 祟殺し編での鉄平帰宅後の沙都子と梨花の立場を逆にした構図。いくら沙都子が救いの手を差し伸べようとしても、梨花が悩んでいること自体を否定してしまったら救いようがないわけで。

 沙都子が壊れてしまうことを知りつつも、沙都子の悟史への思いを知るが故に見守ることしか出来なかった悲しみを知っているのに、自分が悩んでいることを知りつつ何も出来ずに、ある日梨花の死を知った沙都子が抱くであろう悲しみを想像出来ない…この辺が梨花のダメなところ。

 もう、自分の死は避けられないのだと諦めきっている梨花の心を立ち直らせることは出来るのか?そして、それは沙都子?それとも圭一?

 圭一の固有結界による亀田籠絡とK誕生のエピソードの馬鹿馬鹿しさがかえって梨花の絶望を引き立たせているがやるせないな…


以下、ネタバレ白字反転で

 梨花の前ですら沙都子に冷たい村人。梨花の心証を考えれば梨花の前でくらい普通に接していてもとは思うが、これがルールZの恐ろしいところ。他の村人の目があっては沙都子に優しく出来ないわけで。それどころか、沙都子と二人きりでももしかしたら、他の村人がどこかで盗み見ているんじゃないかとか、沙都子が優しくしてもらったなんて誰かに言いはしないかと戦々恐々。結果、冷たくするか無視するか…こうやって書いてみるといかに根が深いかよく分かるな。梨花に問いつめられても歯切れの悪い魅音を責めるのは酷という物か。

 羽入、声だけ登場。そして、その気配に気付いているらしい沙都子。声は聞こえていたのかどうか…現場を押さえてもとぼけられるだけなら盗み聞きして逐一部活メンバーに相談するのはどうだろう?
 まあ、結局ダメではあるんだろうけど。

 6/13で手遅れって、諦め早すぎ。そもそもそれ以前にどれだけ無駄にしていたんだか。これだけ諦めきっているって事は、この世界について早々、余程絶望的な事件の予兆を見てしまったとか?それとも、奇跡の圭一を持ってしても運命を打ち破れなかったことに対しての絶望を引きずっているとか?
 せっかく手にいれたルールXを打ち破る万能の鍵を使わずじまいじゃ奇跡の圭一も浮かばれまい(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ハヤテのごとく! 第十八話

 今回は臨海学校。でも、飛行機恐怖症のヒナギクは不参加…絶望した!!
あ、作品間違えた(^^;;;

 ヒナギクの高所恐怖症設定を尊守して、水着回にあえてヒナギクを外すとは思い切ったことを…とか思っていたら。
 キャプチャ職人の皆様、頑張ってください(^^;

 ローテーションの都合上、急遽18話と20話を入れ替えたというのは、時期を合わせたのかそれとも…(--;;;

 白皇臨海学校専用島管理人兼執事のシュミット。皆様に楽しい思い出をと言いつつ、やってることは自分が楽しんでいるだけ。ザンボット3で触手プレイもとい強制シンクロナイズドスイミングとかランスロットで強制水着着替えとかやりたい放題。
 そのお為ごかしの自分の信念押しつけ具合はさすがスザク…しりとりは「橙色でオレンジ?」だし。

 ナギをさしおいてカットのトリを取りまくる大河。くっ、可愛い…いや、奴は男だ…しっかりしろ俺!
 ところで、氷室と大河の部屋は何だったんだ?禁断の愛の部屋とか?

 何故か付いてきているクラウスとタマは最後まで寝たままかと思っていたら、クラウスには一応見せ場があったな。

 で、林間学校に続くの?

| | コメント (0) | トラックバック (26)

さよなら絶望先生 第四話

 OPに絵が付いてる。けどやたらめったら妖しいんですけど…

 今回の問題児は包帯少女・あびる。その真偽を確かめるためにあびるの父に会いに行くことに。街で偶然見つけた父の尾行を始めた糸色は父の買い物全てをDVに結びつけて…
 なにげに背景にいるきりが(--;

「何に使う気ですか!?」って、まあ、想像も付かない使い方をする奴はいるからなぁ…

 そして、父がいちご1000%の単行本を買ったのを見た糸色は彼が伝説の特殊部隊・砂漠の練りケシの生き残りだと確信して土下座で命乞い。
 オレンジロード1冊で一個小隊全滅ってどうやって…相手はケロロ小隊か?イメージ映像が富竹にしか見えない(^^;;;

 ジンロクズ・ブートキャンプ?あびる父の本名か?

 虎のオリに落ちたカフカ。虎に食べられても来世は神だから大丈夫…って、進路絶望が叶ってむしろ本望?

 それを助けに入ったのはあびる。虎とじゃれ合って親交を深めている内に骨折。他の傷も動物とじゃれ合っている内に付いた物らしい。ここまでなら過剰な動物好きで済んだ物の…彼女は重度の尻尾フェチで部屋は「作り物と言うことになっている」尻尾でいっぱい。夢は世界中の動物の尻尾を引っ張ること。更に糸色にまで尻尾をつける始末。

…この話、一番の被害者はあびる父だよね?

 メール少女・芽留。口べたのおとなしいその少女を可愛いと思った糸色は彼女をひいきすることにしたが…消極的な少女だと思っていたら携帯メール弁慶で絶望した!!

 久米田先生は「めるめる」という擬音を流行らせたいらしいですよ?

 そういえば、カエレのパンツって全部苺柄なんじゃなかったっけ?記憶違い?

 芽留の罵詈雑言毒舌メールにクラス全員が轟沈。糸色は彼女を圏外の席に席替えするが、芽留は暴走。それを十字架で殴り倒すカフカ…まあ、漫画アニメの悪魔払いって大抵実力行使だしな(--;

 携帯を破壊され、どうすることも出来なくなった芽留。カフカは目を見れば相手の考えていることは分かると諭すが…カフカ本人は自分の都合の良いように解釈し、カフカの考えていることは「殺す」…腹の底で何を考えているんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2007/07/28

ケロロ軍曹 「タママ 理由なき反抗 であります」

 反抗期に入ったタママ。ケロン人には反抗期に入ったら、周りの者がマニュアルに従って対処し、導いてあげなくてはいけないという風習があって、しかも、途中でとちったらやり直し。

 ということで、失敗のたびに何度も同じ事を繰り返すケロロ達はだんだん台詞が投げやりに。

 そして、最後の最期で台詞を忘れてみんなに恨まれるドロロはあまりにも不憫。ずっと出待ちしていたのに(T-T)

「クルル と お留守番? であります」

 誘ってもどうせ来ないだろうと温泉旅行に置いて行かれたクルル。かき氷をケロロと一緒に食べようと誘いに来た冬樹はついては来たものの離れて座っているクルルに困惑。

 思い切って声をかけてみればかき氷にカレーをかけようとするクルルに冬樹と夏美は心底困り果てる羽目に。カレーフラッペは鳥坂先輩ですら轟沈するんだぞ。

 ケロロの置きみやげ・自動侵略マシン。何?この高性能ぶりは。ケロロ小隊いらないじゃん。と思ったら制御出来ない不良品だとか。ただ破壊するだけならモアで十分だし…

 自動侵略マシンを破壊する武器を借りるためにカレーフラッペを食べることになった冬樹と夏美、帰ってきたら侵略完了を期待していたら、マシンが粉々で呆然となるケロロ。結局クルルの一人勝ちか…

| | コメント (0) | トラックバック (5)

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十七話

 ヴィータ+リィンVSゼスト+アギド。勝負はユニゾンの相性もコンビネーションも上回るヴィータ組に分があるよう。ゼストはユニゾンを解除してフルドライブを使えば一撃で落とせると考えるが、それはゼストの寿命を縮めるらしくアギドは反対。

 シグナムの接近に気づき、撤退することにしたゼスト。しかし、リィンに嫉妬するアギドはせめて奴だけは、と最後の攻撃に出る。もちろん、それをヴィータがおとなしく待つはずもなく、迎撃。アギドが危険だと判断したゼストはフルドライブでそれに横やりを。

 結果、アイゼンは半壊、ヴィータをかばったらしいリィンも意識不明に。でも、我を忘れた自分のせいでゼストにフルドライブを使わせてしまったアギドのショックも相当なものだから痛み分けか?

 ティアナの幻影を使って窮地を脱したスバル達。しかし、離れた場所で闘っていたギンガは撤退の機を逃してしまう。1対1ではむしろおしていたギンガ。しかし、相手が三体では為す術もなく、スバルが救出に駆けつけた時には既に血まみれで倒れ、回収されかけていた。

 それを見てスバルは暴走。瞳の色がナンバーズと同じになり、圧倒的なパワーを見せつけるが、そのパワーに彼女自身の体もマッハキャリバーも耐えきれず、結局ギンガはさらわれ、ナンバーズにも逃げられてしまうことに。傷ついたスバルの左腕からは機械の骨格が覗いていた。
 ここまであからさまに機械だとは思わなかったなぁ。でも、ならどうやって成長していたんだ?仮に腕だけだったとしても…身体検査と称して少しずつ部品交換?

  シャマルとザフィーラによる防衛戦が突破され、最後の砦となった ヴァイス。射撃魔法で地道に一体ずつ、だが的確に仕留めていく。しかし、ルーテシアを見た途端、かつて、籠城犯を狙撃しようとして人質の少女を誤射してしまった記憶がフラッシュバック。その隙に撃沈され、ヴィヴィオは連れ去られてしまう。

 ストラーダのVer.2でガリューに空中戦を挑むエリオ。ストラーダの推進力で飛んでるだけだから飛行出来るガリューとじゃ分が悪いかと思ったけど、そこそこに闘いに。しかし、横やりを受けて轟沈。

 ナンバーズ2体と互角以上の戦いを繰り広げていたフェイト。しかし、ナンバーズは目的達成を知ると撤退。「次にはもうあなたは私には勝てない」という捨て台詞から考えるにヴィヴィオを手に入れたことでナンバーズは更に強くなるのか?

 そして、いくら最強を誇る魔王様でも相手がいなくちゃ何も出来ないわけで…なのはの前に立たなかったのがナンバーズ最大の勝因かも(^^;;;

 スカルエッティの目的は治安維持と規制の元に有用な技術を作り出したにもかかわらず、罪人とされた科学者達の無念を晴らすことと、自分の技術の宣伝らしい。彼の目的は完全な形で達成され、管理局側は完敗。機動六課もけが人だらけ。はたして、はやては起死回生の一手を打つことが出来るのか?
 とりあえず、一番の問題はスバルの傷口から見える機械の件か?

 タイプゼロ確定がスバルとギンガ。Fの遺産がフェイトとエリオ。なら、残る一体のタイプゼロって誰?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第十七話

 南米での任務中にアンバーに裏切られて全滅した黒のチーム。そこで最初に輝いた星はアンバー、その直後に大量の星が観測され、その中には黒も含まれていた。しかし、その後すぐ南米は地球上から消失した…

 潜伏調査のバイト先で中沢組の健二と知り合った黒。

 無銭飲食しようとしたちんぴらの攻撃をのらりくらりとかわし続け、自滅を誘った黒を中国拳法の達人だと思いこんだ健二は、助けてもらったお礼にと兄貴分にもらった金で黒におごることに。

 でも、黒が選んだのは牛丼屋。なまじ高いところに行ったらたらふく食えないからな。質より量か。それでは気が済まないと、スクーターで黒をアパートに送り届けた健二。しかし、壊れかけのスクーターはアパートに着くと同時に沈黙。雨も降って来たため、黒は健二を自室に。

 健二のおかげでアパートの他の面々と交流を持つことになった黒。無愛想な黒にはお調子者の健二は相性がいいのかも。

 健二の兄貴分・一橋。彼の取り引きする商品が今回の黒のターゲット。その商品であるドールを一橋は健二に預ける。一橋は健二が小物だからこそ商品に手を出さないと踏んでいたが、健二は良心の呵責に耐えかねてドールを連れて逃走。そして、逃げ込んだ先は黒の部屋…

 組織にとっては棚ぼただろうけど、黒にとってはそれどころか完全にやっかいごと。ドールを連れてきたのが健二じゃなかったらここで始末して終わりだったのに…

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2007/07/27

怪物王女 第十六話

 一向に兄の仇が見つからず、苛立つリザ。憂さ晴らしに湖の巨大魚人と手合わせにいくが、リザに惚れてすっかりふぬけになっていたため、更に苛立つ羽目に。

 湿度80%の別荘。そりゃ魚人にとっては最高なんだろうけどな(--;

 鮫族のアロンに勝負を挑まれたリザ。人妻専門だという彼女と話をしている内に彼女がかつて兄と同じ軍に所属していたことを知り、意気投合。兄のように強くなれるとお墨付きをもらったリザはすっかり上機嫌に。

 しかし、彼女は別の王族の戦士として姫に放たれた刺客だった。アロンとは闘いたくないリザは彼女を説得しようとするが、不本意でも命を受ければ闘わなければならないのが戦士の定めだと告げられる。

 兄の仇を討つという目的を果たすためにアロンを倒さざるを得なかったリザ。王族の都合でまたしても大切な人を失ってしまった彼女の慟哭が夜空に響く…

 ところで、刺客ばかりどれだけ倒しても、肝心の王族本人を倒さなきゃいつまで経っても襲われ続けるだけなんじゃ?でも、今の姫達の実力じゃ乗り込んでも返り討ち?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ながされて藍蘭島 第十七話

 ぱな子さんに部屋を片づけるように言われたちかげ。でも、ちかげは口だけの返事でそんな気は毛頭無し。そればかりか、本の中から魔導書を見つけて、島全体に人間を動物に、動物を人間にしてしまう魔法をかけてしまう。

 完全に魔法にかかっている者は相手をいつも通りと認識するらしく、この異変に気付いているのはちかげ本人と魔法が中途半端だった行人、すず、あやねのみ。
 本物の豚となったトンカツは人間と判定されていたのか?

 遠野さんもサシミも雌だったのか。くまくまが可愛いのは分かったけど、幼女くまくまがくまゆきのを背負っている姿は怖いよ!

 本物の魔法を使ってやってることは種も仕掛けもない手品なちかげ。なんだかなぁ。
 そして、自分の中の常識を捨てられず精神崩壊する行人。てか、こんな非常識な島でまだ常識を捨て切れていなかったとは、頑固というか頭が固いというか。むしろ、最後の砦なのか?

 ちかげに対抗するために彼女の部屋に。そこで見つけた「封」の本から現れたのは何でも願いを7つ叶えるという魔神。くだらないことで浪費してしまうのはお約束(^^;

 魔神の願いで島から脱出を考える行人。でも、自分の常識が邪魔をして魔神を信じ切れず。難儀な奴だなぁ…

 結局、美少女であることを証明しつつ、パワーはそのままのぱな子さんの一撃でちかげがKOされ、なんとか元通りに…って、魔神はそのまま居着くのかよ!?とおもったけどやっぱり封印された?

 気絶している内に事態が解決し、行人は全て夢だったと思いこむことで自己防衛。自分の目よりも理論を優先するその頑固さはもう矯正不能なんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

ドージンワーク 第四話

 次の同人誌の印刷費を稼ぐためバイトを始めたなじみ。でも、内容は秘密。なじみはMだから「秘密」というのは見て欲しいと言うことだと断言する露理は、ジャスティスとソーラを誘ってその後をつけるが…

 そこがネコミミ喫茶で露理は落胆。理由をつけて可愛い服を着たかっただけのなじみを見ても面白くないし。

 見事にストーカーと化している星とそれに激しい敵意を燃やすジャスティス。アニメだけ観ているとジャスティスとなじみの今までの描写がないから、なんでここまで敵意をもつのかわからないような。援助交際の客だからという思いこみでか?

 Bパートは…完売前提で皮算用してるし。目的が完全に金なのが現時点のなじみと同レベルというか。1万6千円でハワイに行けるわけが(--;;;
 世間の厳しさを思い知って欲しいと思うけど、きっと完売するんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007/07/26

キスダム 第十七話

 OPに効果音をつける暇があったら本編にもっと…今更か(--;

 とりあえず、こんな体になってまで生きたくなかったという樹VSみんな生きたかったんだ。じゃあその命、由乃によこせと主張するシュウという構図。

 命あっての物種。死んで花実が咲く物かと。生きているから愚痴も言えるんだしな。
でも、だからといって樹の父の方もお為ごかしの自己満足も甚だしいのも事実。
 あんな薬漬けで死にかけから臓器移植しても長くは保たない気がするのはスルーすべき?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

School Days 第四話

 誠のために、と恥ずかしいのを我慢してキスまでは応じることにした言葉。キスをクリアしたから、早く次の段階に進みたい誠。誠が欲望のままに言葉の胸に触ったことで、二人の間はまたギクシャク。

 恋人が出来たら楽しいんだと思ってた、と世界に愚痴る誠。今更確認するまでもないけどあえて言わせてもらえば、お前が欲しかったのは恋人じゃなくて欲望のはけ口なんだろ(--#

 どんなシチュエーションだったらいいのかと世界に聞かれて、恋愛小説のシーンそのままに答える言葉は恋に恋するお年頃。理想と現実のギャップはあまりにも激しくて…というか重なり合うところがないような。

 女の子の扱い方の練習をさせてあげる、と誠に申し出る世界。あくまでふりで練習だったならまだギリギリで…いや、アウトだけど。
 服の上からだったらとか譲歩するから誠の暴走を加速させてるし…押し倒されて、流されるままに身をゆだねそうになったところに、誠の携帯に言葉からメールが。世界にとっては良かったのか悪かったのか…「良かった」と断言出来ないところがなんとも(--;
 誠の方はこのタイミングでメールを送った言葉を逆恨みしてるんじゃなかろうな?

 やっとチケットを渡せた言葉の笑顔が返って痛々しいよ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2007/07/25

らき☆すた 第十六話

 着歌は全くその通りで…最近、ずっとバイブ設定だから着メロすら(--;

 最近のコスプレ喫茶はここまでするのか?てか何だよ、ワンドリンク制って。
ショータイムにCD販売まで。そのCD、歌っているこなた達に分け前あるの?それとも店がピンハネ?
…なんか生臭い話になってしまった。ごめんなさい。

 医療系番組を見て、もう逝くかもと漏らすこなたに涙するそうじろう。実際、若くして妻を亡くしているから洒落になってないよ。こなたも薄命だった母のことを思い出してうかつなことを言わないで(T-T)
…なんで、今回はこうネガティブな方向に感想が行ってしまうのだろう(--;

らっきー☆チャンネル。予算の都合でカラオケでライブ。観客は白石とプロデューサーのみ?ただのカラオケだろこれ。しかも延長無しってどれだけケチなんだよ!?
 あきら、お前アイドルじゃなくて演歌歌手だったのかよ!とどめにEDで実写PVと来た。

 え?こなた達のCDと一緒にこれも本当に売るの???チャレンジャーにも程があるぞ(--;;;;

 次回予告がキョンと長門に侵略されてる…

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2007/07/23

ゼロの使い魔~双月の騎士~ 第三話

 学徒出陣で男子は学院に自分一人、と不謹慎に喜ぶ才人。しかし、そこに美形転入生・ジュリオが登場。女子の視線はそっちに釘付けに。まあ、そんなものだ。

 杖がなかったら魔術師なんて無力だという理由で軍事訓練。
 とっさの時に魔術師が杖を持っている可能性と棒きれ持っている可能性ってどっちが高いかなぁ…どっちにしろ腕を締め上げられたら終わりだと思うよ?

 神官なのに帯剣?と思ったら還俗したとか。それはそれとしてじゃあ、その剣の腕は何なんだよ?これで本当に神官の方が本職だったらどんなバケモノだよ。

 アニエスはどうやら炎を使う魔術師に家族か大切な人を焼き殺されたよう。前回の才人の剣の腕に感心していたらしいが、才人に木刀じゃガンダールヴの力が使えないと言われて実力じゃなかったのかと拍子抜け。
 木刀だって立派な武器だと思うんだが…「才人が武器と認識した物」なのか?

 でも、ガンダールヴの力でとはいえ、その動きは一応体には染みついていたようで、才人の剣の腕前はそこそこらしい。

 ルイズとのキスを賭けたジュリオとの一騎打ち。勝ったかに見えた才人だったが、勝ちを譲られた事に憤慨する事に。

 仲間として才人の実力を見たかったというジュリオ。彼もまた、アンリエッタの配下だった。でも、裏切りそうだよなぁ…

 ところで才人の戦争観はどうなってるんだ?男がいなくなって喜んでいたと思ったら、学校が巻き込まれることには憤慨って…結局自分中心か?

| | コメント (1) | トラックバック (26)

瀬戸の花嫁 第十六話

 深夜、何者かに切り捨てられたエラ呼吸三人衆。こいつらの場合、妖怪として退治屋とかにやられてもしょうがないよな…

 次の日、学校に転入生・不知火明乃がやってきて、燦と留奈の間の席に。ことあるごとになにやら書き込んでいる彼女の正体は人魚が正体がばれることなく人間社会にとけ込んでいるかを判断する人魚試験官で、彼女に失格と判断されれば、瀬戸内に強制送還と聞き、燦は戦々恐々。

 海はあっという間に失格の上、説明を聞いてなかったため、どんどん失格がつもりつもっていく羽目に…
 オクトパス中島はスルーされているのか、試験するまでもなく失格なのか…

 シャーク藤代もちょっとやばげ?

 あからさまに様子がおかしい燦を心配する永澄だったが、他言無用と口止めされた燦は相談することも出来ず。でも、心配してくれているというだけで燦にとっては嬉しいはず。
 なにげに今回の永澄はポイント高い?

 どんなに取り繕っても地は出てしまうものだと明乃に諭された燦は、いつも通りに振る舞おうと吹っ切れるが、その途端、いつも通りのドジを。そもそもそんなところに花瓶を置いて置くな(--;

 本来だったら失格だった燦。しかし、明乃の失格の太刀を防ぎきったことで一撃入れるまでは保留と言うことに

 ところで豪三郎にとっては失格になって瀬戸内に強制送還の方が都合がいいんじゃないのか?無理強いはしたくないという親心なのか、それとも本当は認めているのか…

| | コメント (2) | トラックバック (17)

2007/07/22

ひぐらしネタバレ漫画09

Higucomi_s07 祭具殿の中を見てもオヤシロ様は…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹 「冬樹&ケロロ あばけ!七不思議 であります」

 吉祥学園に伝わる七不思議の解明に乗り出したケロロと冬樹。もっともらしいオカルト解釈をするケロロに対し、冬樹は科学的に次々とその謎を暴いていく。
 しかし、そんな冬樹でも動く二宮金次郎の謎は解けずじまい。それをケロロが難なく看破…って、ケロロ依頼クルル作のスパイロボットなら知ってて当然なわけで。
 お刺身機能って何に使うんだよ?

 あぁ、そういえば冬樹ってオカルト好きが高じて調べ尽くした挙げ句に、それが科学的に説明出来る現象だったと知って絶望することを繰り返していたんだっけか。難儀な子だなぁ。

「プルル&散世 秘密の友達 であります」

 散世に興味を持ったプルル看護帳と漫才宇宙人の新メンバーに興味を抱く散世。二人の利害は一致し、プルルは散世の家に居候することに。

 散世が冬樹に恋心を抱いていることを知ったプルルは散世と冬樹をくっつけようとするが、散世のだした結論は一緒にいては冬樹のことをメモに取れないと言う物。この娘も難儀だなぁ…

 ところでケロロ、プルルを漫才ユニットに組み込むことに乗り気だけど、モアのこと忘れてないか?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ひぐらしのなく頃に解 第二話

 月夜の窓際で、誰かと会話している梨花。振り返った視線の先には眠る沙都子が。沙都子が目を覚ますと共に梨花と誰かの会話は止まる。

 翌朝。沙都子はお腹に日課の栄養剤注射を。腕に毎日していたらシャブ中みたいになっちゃうしな。お腹でも跡が残りそうだけど、腕よりもマシ?それともお腹だと跡になりづらいの?その辺の専門知識ないからわからない。

 朝のトラップからゾンビ鬼まで気持ちいいくらいに動きまくるなぁ。

 沙都子のトラップは一体何段構えなんだよ。むしろ、圭一以外に誤爆しない方が凄いと思う。

 悟史との約束を覚えていて、沙都子を世話するために転校までしてきた詩音。沙都子を甘やかしすぎだ…でも、お弁当は好き嫌い克服のためカボチャ尽くし(^^;

 ふとうつむく梨花に気付く沙都子。でも、ちょっと唐突すぎるような。

 誹謗中傷の嵐を耐えきった圭一。でも、罰ゲームで色々やってるし、あながち全てが根も葉もない訳でもなかったり(^^;;;

 いつもは獲物だった梨花。でも、今は自分がゾンビでレナがか弱い獲物ということでノリノリ。相当嬉しいんだろうなぁ…その前に沙都子に食べられたのも本望?

 二人してゾンビの振りをしていた魅音と詩音。利害が一致した悪巧みだと正に一心同体だな。
 詩音の方は沙都子のためにあえてゾンビになったのかとも思ったけど。

 石化魔法(笑)で逃げ切ったレナ。ひとり、理解出来てない沙都子が可愛すぎ。イリーの「そのままの君でいて」に同意したくなる(笑)

 これ、メイド服なの?じゃあ、そのおしゃぶりは一体???

 メイド服のためなら不可能はない男、ソウルブラザー・イリー。とはいえ、本当にどこからどうやって現れたんだよ。物理法則完全無視…やはり固有結界か?

 例によって雛見沢連続怪死事件・オヤシロ様の祟りを圭一に吹き込む鷹野。しかも、その場には犠牲者の肉親である沙都子と梨花もいるのに…ただデリカシーがないだけならまだしも、反応を見て楽しんでいる節があるから始末が悪いったら。

 様子のおかしい梨花を心配する沙都子。悩みがあるなら仲間に相談しろとの自身の言葉を梨花に誰から聞いたのかと問われて困惑。落胆する梨花のごまかしの笑顔が痛々しい(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (15)

ハヤテのごとく! 第十七話

 17話を記念してブリトニーちゃん降臨。17をバカにするな。17歳の声優が何人いると…ゲフンゲフン

 漫画賞に落選したナギ。「人生経験が足りない」との寸評に憤慨したナギは、いつもと違うことをして人生経験を積もうと考える。

 屋敷の外にある経験値なぞスライム級。私が求めているのははぐれメタル級の経験値だと、いつもはしないマリアの手伝いをしようとするナギを見て、マリアはハヤテに恨みがましい視線を。

 そもそもモップの使い方を根本的に間違っているナギ。そのモップは対鉈女用でも魔女の箒でもないから!

 掃除は散らかる物…手伝いをしないことが一番の手伝いと言われるわけだ(--;;;

 

クラウスは出番のない時…何やってんじゃ!! 

 ナギのフォローに奔走するハヤテ。一応、味見をしてみるだけ、もしかしたらという期待があるのか、それすらも主を信用しなければならないという義務感なのか…

 月面キャベツ完全再現に吹いた!

 パーティーを成功させて満足げなナギ。ハヤテの苦労は報われたかに見えたが、雪路がそれを台無しに…いくら酔っていたと言っても、そんなものをどんぶり一杯飲むなよ…って、溶けた!?

 お嬢様の漫画はレベルが高過ぎなのかもしれない、というハヤテのアドバイスを信じたナギはレベルを下げた新作を描き上げるが、それでも常人には遙か高見で(^^;;;
 でも、ブリトニーちゃんはあれはあれで面白いと思うけどな。その魅力が分かるのは目下のところ伊澄だけか…

| | コメント (0) | トラックバック (36)

さよなら絶望先生 第三話

 あれ?ひぐらしだったっけ?なアバン。「数日後」ってことはアバンから続いているのか?

 最前列しかない教室風景。他の連中はどうした?と思ったら省略されているだけか。黒板の上の数字の意味が分からないんだけど…スコアボード?

 海外組の投入で戦力アップ。ちりの言うとおり、一人二人じゃ平均点に大きな影響はないな…むしろ戦力外通知の方が(^^;

 帰国子女・木村カエレ。トラウマで人格がバイリンガルとなった彼女の大和撫子人格・楓は、これも今の日本人じゃないし(^^;
 楓は書生さん風の糸色をお気に召したらしく、大和撫子らしく慎ましやかに忍ぶ恋を展開。でも、それは現代だとストーカー。そして、ストーカーとしてはまといに敵うわけもなく…

 悲恋を嘆いて屋上から身を投げるって…行動が糸色そっくりなんだけど。それを救ったのは糸色。理由はいつも通り、自分が先に見つけた心中スポットだから。

 結局、カエレに訴えられてしまった糸色。命を救った<不可抗力でパンツを見たな訴訟社会に絶望した!!そいや、パンツの書き込みにやたら気合いが入っていたような。いちご100%(^^;
 そいや、途中に入っていた保険の先生のサービスシーンには何の意味が?

 もう一人の「帰国子女」関内=マリア=太郎。せめて性別くらいは合わせて(T-T)
そうか、これがアバンと繋がるのか。とりあえずちり的にはきっちり名前を買い取っていれば問題ないらしい(--;

 で、法廷画になるのが嫌で心中した糸色とまといはスルー?

| | コメント (0) | トラックバック (34)

2007/07/21

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十六話

 アバンで無敵とか言っちゃうと大変なことになるよ、スバル(T-T)

 公開陳述会の警備に訪れた機動六課。中はデバイス持ち込み禁止ということで、なのははレイジングハートをスバルに預ける。
 これは、レイジングハート無しで大ピンチという前振り?でも、エレベータのワイヤーを使っての脱出劇を見ているとそれでも何とかしてしまいそうなところがなんとも(^^;

 ゼストは中将となにやら因縁があるらしい。私怨で無茶をしそうな彼を心配してアギドも同行。ゼストの目的の少なくとも一つは分かったけど、ルーテシアの目的はなんだろう?ゼストの手伝いなら同行するだろうし、彼女にも今回、別の目的があるのか?
 あぁ、この混乱に乗じて手薄になった機動六課からヴィヴィオを強奪するつもりなのね。

 ヴィータとリィンのユニゾンVSゼストとアギドのユニゾン。ヴィータのベースカラーが白になるのは良いとして、ゼストの露出がアギド並みになったらどうしようかと(笑)

 スカルエッティの目的の一つはタイプゼロ三体の捕獲。三体って、スバルは確定。あとはギンガとエリオでいいのかな?ギンガは話の展開を考えると違う可能性も?
 ノーヴェが両足にリボルバーナックルとマッハキャリバーみたいな物装備してるし、ナカジマ母は相当深く戦闘機人に関与しているよう。ギンガがタイプゼロでないのなら実は知っていた…とか。うわ、もしそうだったら死亡フラグなんて生やさしい物じゃないぞ、それ(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (14)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第十六話

 とっさに防御はしたものの手傷を負い捕らわれたノーベンバー11。アンバーの所属する組織イブニング・プリムローズは、ノーベンバー11を勧誘するが、彼はそれを拒否。ジュライが助けを求めた美咲率いる警官隊の突入で救出される。

 未咲に助けを求めたとき、ノーベンバー11を「仲間」だと表現したジュライ。彼も銀と同じ?それとも、そもそもドールはみんな本当は感情があるけどそれを外に表せないだけなのか?

 アンバーと黒の接触を好まない黄は黒を殺してでも止めようとするが、銃があってもやっぱり黒の方が上手。電撃はともかく、あのクレーンは直撃したら即死だと思うんだけど…黄なら絶対かわすというある種の信頼?

 アンバーにぞっこんらしいマキは、これ以上仲間が増えることを好まず、アンバーが気にかけている「フェイ」が黒だと気づき、彼を抹殺しようとするが、ノーベンバー11の横やりで失敗。標的を彼に変更。

 で、なんで籠城トラップ戦を選択するんだかよくわからない。マキの能力は予め仕掛けておかなければいけないからトラップ戦になるのはわかるんだけど、それは自分の陣地と引き替えなわけで。自分から退路を断って籠城しちゃったら追いつめられるだけだろ(--;
 まあ、ノーベンバー11もジュライのサポートがなかったら何回死んでたか分からないけど。

 さらってきた銀に昔話を聞かせるアンバー。こっちの目的もよく分からないな。「黒に対する銀の感情」にであって銀自身がどうこうというわけでもない?

 パイは近くて遠いところにいる。会うにはこの街と引き替えだというアンバー。それはパイが消失したゲートの移動した世界なり次元なりにいると言うことか?

 パイの能力は時間停止に留まらず、時間操作や過去視、未来視まで含まれる?ども、強大な分、対価もそれ相応の物のようで。やっぱり縮むのか?

 アンバーの話に聞く耳を持ってなかった黒。彼がアンバーの話をちゃんと聞き、理解したとしたら、彼はどういう選択をするのか。それはパイとこの世界のどちらを選ぶのか、ということなのかも。
…でも、それじゃプライムローズの目的と合わないか。

| | コメント (0) | トラックバック (27)

2007/07/20

怪物王女 第十五話

 姫達の盗撮写真を囲むヒロのクラスメイト三人組。その写真の全てにヒロが写っていることに気付いた彼らは、ヒロを尾行し、姫の屋敷への侵入に成功する。しかし、侵入した途端発見され捕縛されることに。

 まあ、今まで散々襲われてるし、ただの人間にまであっさり侵入されたらザルにも程があるし当然と言えば当然だな。

 三人の中ではM男の想像する姫が一番本人に近いな。本物のMは本物のSを知ると言うところか?

 話の流れで姫の下僕の座を賭けて三人と勝負することになったヒロ。いつになく本気?かと思ったら…おいおい(--;

 結局、玉砕した三人。でも、それぞれの目標は達成出来ていたような…山頂から投げ捨てられて無事かどうかは定かではないけど。

 本物より優秀に化けすぎてあっさり返り討ちになった今回の刺客。リサーチが足りなさすぎ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ながされて藍蘭島 第十六話

 いきなり学術っぽいナレーションが流れたから別の番組が始まるのかと(^^;

 わざわざトンカツに化けて南の主・お師匠様登場。変装が趣味なんだろうか?

 お師匠様の訪問理由は、最近東と北の主が立て続けに敗れ、東の主がリベンジに西に侵入してきている事への警告。しかし、当の東の主はリベンジ相手の遠野さんそっちのけで梅梅に一目惚れ…パンダだからチャイナ娘に弱いのか?

 梅梅を守ろうとする遠野さんと東の主。その交錯の直前、二匹を一撃で沈めたのはお師匠様。どうやら強さの次元が違うらしい。流石と言うべきか。

 東の主は隙を見て梅梅を連れて逃走。その前に立ちふさがったのは今度は元・北の主。再びの逃走の末、東の主は海に叩き込まれることに…東の主って初登場時は凶暴で手をつけられない印象だったのに、主の中じゃ一番の格下だったのか。他の主の足下にも及んでないような(^^;

 元・北の主の目的は自分を倒した梅梅を新しい北の主として北の森に連れて帰ること。どう見ても事故だけど、元・北の主は自分の強さに絶対の自信を持っているが故に、自分が偶然に負けたなんて不覚を取ったことは認めない。難儀な性格だなぁ…

 せっかくみんなとうち解けてきた梅梅を連れて行かれることを認めない行人は元・北の主と一騎打ちをすることに。でも、東の主にも敵わなかった行人が敵うはずもなく…

 鼻血による不意打ちと、謎の影のアドバイスでなんとか元・北の主に勝った行人。今度は行人を連れて行くとか言い出すのかと思ったら素直に撤退。どうやら、理由をつけて西の主が買っているという行人の力試しと稽古をつけに来ただけだったらしい。

 西の主だったからあげ。しかも、やりとりを見ていると元・北の主より強い?そういえば、お師匠様は途中でどこに行ったの?と思ってたら、そうか、東の主の奥さんを呼びに行っていたのか…

 梅梅を気遣う行人、そして、行人を意識し始めたっぽい梅梅に複雑な思いを抱くすず。これが一体どう展開していくのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2007/07/19

ドージンワーク 第三話

 なじみに売れる同人誌の条件を聞かれて、絵、ストーリー、そして愛だと答えるジャスティス。それはそれで良いんだけど、「あい」じゃなくて「ラヴ…」と言ってくれないと物足りないなぁ…

 どうもジャスティスの怪しさが半減している気がしてならない…

 なじみに「(同人誌が)出来た」と聞いて、子供が出来たと解釈する露理。その場にいたジャスティスはショックで大暴走。露理は涙ながらになじみを平手打ち。でも、全部分かっていて曲解しているだけだったり。

 そして、肝心の同人誌は…紙の質しか褒めるところがない有様。そして、その同人誌が一人の青年の人生を狂わせるきっかけになるなんて誰が予想しただろうか…正確には舞い上がったなじみの抱き付きか。

 原作者の同人誌は…あれは特殊な部類にはいるから参考にならないと思うよ?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

キスダム 第十六話

 娘を救いたい一心で娘をバケモノにしてしまった父と実の父にバケモノにされてしまった娘。とかまあ、そんな感じ。樹は裏返るまでもなく、既に半分ハーディアンのようなものだったと。

 ハイパーウルトラ…なんだって?ともかくハーディアンを無力化するアフラーシステムとかいうのをベルゼブの来ない海底の研究所・竜宮城で作っていたらしい。でも、無力化するだけで殺すまでは至らない。ついでに樹には通じないなんとも中途半端な代物だし。
…シュウには通じそうだよな(笑)

 シュウはもうわかりやすいったら。そして例によって裏目に出るわけで。

「人類の希望」が一話すら保たず。この辺の容赦なさは相変わらずだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007/07/18

School Days 第三話

 今日も今日とて最低男街道をまっしぐらの誠。妹は「こころちゃん」で言葉は「桂さん」か…そもそも世界とは名前で呼び捨てあってるしな。

 なんかもう、こころにまで手を出そうとしているようにしか見えないのが何とも。

 こころの何気ない一言でようやく自分の過ちに…いや、「そんなこと」とか言ってるし、過ちとは思ってないなこいつは。そして、言うに事欠いて世界に「言葉の相手は疲れる」とかもらす段に至っては…ここが「ハジマリ」か?

 ~編で分けて、誠がいろんなパターンで惨殺されるのを楽しむ作品にならない物か(笑)

 CMでネタバレしているような気がするけど、スルーした方がいいんだろうな(--;

| | コメント (0) | トラックバック (45)

2007/07/17

らき☆すた 第十五話

 3年B組黒井先生~

 ハルヒのライブに行った帰り道。珍しく黄昏れているこなた。祭りの後はやっぱり寂しい。

 夏祭りの金魚はかがみが甘やかしすぎてすっかり肥大化。飼い主に似るわけか?
ぎょぴちゃんは手乗り金魚です。

 花粉症のそうじろう。フル装備で出かけてみれば、ゆい姉さんに捕まる始末。身内にすら不審者扱いって…確かに不審者だけど(^^;

 それぞれのエイプリルフール。「嘘をついた」のが嘘だというつかさに、宿題が終わったこなた、こなたから借りたゲームのデータを上書きしてしまったという先生、それに対して先生がなれるんだから楽な仕事だとみゆきさんがいってたと返すこなた…人に飛び火させるのはやめた方が(^^;
 再婚するというそうじろうをふーんの一言でスルーするこなたは、どっちの方向にあり得ないと思っているのやら…

 世の中案外狭い。ぱっと見、みゆきさんと岩崎さんに血縁があるとは思えないよね…

 新学期に胸を躍らせるこなた。登場人物全員こなたのダ・カーポ!?
でも、人間関係の一からの構築が面倒臭くってリタイア(--;

 かがみはまた別のクラス。そして、いつも一緒の連中はアウトオブ眼中…まあ、そんなものだ。

 ゆーちゃんは着実にこなたに毒されてきているらしい(^^;;;;

 らっきー☆ちゃんねる。さらば白石♪って、嘘かよ!?
EDはそろそろやめようよ…

| | コメント (0) | トラックバック (33)

ケロロ軍曹 「ウレレ 電車の王様 であります」

 売れっ子侵略者・ウレレがギョフノリー星人に侵略した星を奪われたというニュースが流れた直後、当のウレレがペコポンに現れる。

 プライベートで侵略に来たのでお金はいらないし、侵略後はケロロ小隊に譲ってもいいと聞いたケロロは大喜びで侵略を任せることに。

 しかし、全てはウレレが
ギョフノリー星人をおびき寄せ、復讐するためだったため、目的を遂げたウレレはさっさと撤退。後かたづけは全てケロロ小隊がする羽目になり、結局大赤字。タダより高い物はない?


「ギロロ 美少女と液体ケロン人 であります」

 刺客の液体ケロン人との死闘の末、自分も液体ケロン人にされてしまったギロロ。敵の目的が夏美にあると知り、夏美を守るために日向家へと急ぐ。

 しかし、不慣れな液体の体ではハプニングの連続で、やっと見つけた夏美には殺されかける始末。まあ、不可抗力とはいえ、お風呂に侵入して湯船を真っ赤に染めちゃあな…

 でも、いざ敵が現れるとギロロは夏美を守るために死力を尽くし、我が身を省みず、敵諸共、固めるテンプルに突っ込むという荒技で名誉挽回。見事勝利を収める。

 予告で観たときはどんなエロ話だよ!?と思ったが、まさか、こんなカッコイイギロロが見られるとは。姿形はともかく(^^;

 でも、最後のオチは酷いよ…液体化が癖になったって(--;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ひぐらしネタバレ漫画08

Rika_maji_s今回は一枚絵。

古手梨花の本気…見せてあげるわ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

2007期夏終了アニメ調査

アニメ調査室(仮)」さんで始まった2007期夏終了アニメ調査に参加。

【評価基準】

S:とても良い(第3回より追加)

A:良い
B:まあ良い
C:普通
D:やや悪い
E:悪い

F:見切り(視聴はしたが中止、または見逃しが多い)
x:視聴なし(初期値として入力済み)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)

2007夏調査(2007/4-6月期、終了アニメ、21作品)

01,sola,F
02,ひとひら,A
03,DEATH NOTE,F
04,AFRO SAMURAI,x
05,ケータイ少女,x
06,鋼鉄神ジーグ,x
07,Saint October,B
08,ロケットガール,x
09,MAJOR 3rd season,x
10,のだめ カンタービレ,F
11,神曲奏界ポリフォニカ,F
12,英國戀物語エマ 第二幕,A
13,一騎当千 Dragon Destiny,F
14,獣装機攻ダンクーガ ノヴァ,x
15,東京魔人學園剣風帖 龍龍(トウ),x
16,出ましたっ!パワパフガールズZ(2期),x
17,MOONLIGHT MILE 1stシーズン -Lift off-,x
18,セイント・ビースト -光陰叙事詩天使譚-,x
19,ウエルベールの物語 -Sisters of Wellber-,F
20,この青空に約束を― -ようこそつぐみ寮へ-,F
21,シャイニング・ティアーズ クロス・ウィンド,F


{追加評価}(自由記入、過去参加者のみ)

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

ひとひら
 麦の成長物語。なのに終回直前まで後ろ向き。三歩進んで二歩下がる、人間そう簡単には成長出来ない。でも、周りのみんなに支えられて、彼女は確かに自分の足で立ち、自力で第一歩を踏み出すことが出来た。ガンバレ麦。

DEATH NOTE
 とびとびで視聴。最終回が変わるとは…でも、修正すべきは「一晩でやってくれました」の代替案を考えることだった気が(^^;

Saint October
 これに「普通」なんて評価を下すことが躊躇われたので格上げ。子供向けの皮をかぶった鬱アニメ。こんなの夕方にやったら、トラウマを抱える子供続出だったな…

英國戀物語エマ 第二幕
 第一期は、ここで終わりかよ!?な幕引きだったので、ちゃんと決着がつけられて満足。

シャイニング・ティアーズ クロス・ウィンド
 一話で切ったけど、なんか気になったので最終回は観た。そう言う選択もありかな。お幸せに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔~双月の騎士~ 第一、二話

 すっかり才人にぞっこんのルイズ。家から取り寄せたメガネをプレゼント。でも、それはルイズ以外の女をいやらしい目で見ると光るマジックアイテムで。才人まるで信用ねぇ…でも、この顛末を見るとそれも当然というか自業自得というか(--;

 上半身裸の才人に馬乗りになってムチ責め。そりゃ誰がどう見てもそう言うプレイにしか見えんわ!

 なんて、ギャグ展開の裏で暗殺だの誘拐だの陰謀渦巻くシリアス展開が同時進行。二話に入ったらほぼシリアス一辺倒に。

 ウェールズは誰かが化けてるのだとばかり思ってたけど、どうやら死者を蘇らせる指輪で蘇ったらしい。
 その説明聞いてもしばらくの間、湖の精霊に永遠の愛を誓ったから、その魔力でとか思っていた(--;;;

 操られているとは言え、本人。その記憶は本物で、二人の思い出を語られて、アンリエッタはすっかり陶酔。

 ウェールズとアンリエッタの合体魔法を魔法書に書かれていたディスペルマジックで消滅させるルイズ。ついでにウェールズにかかっていた蘇生と支配の魔法も解呪。いや、合体魔法の方がついでか。

 魔法書に文字が浮かび上がっているのを見て、金色のガッシュを思い出した(^^;

 ところで虚無の魔法自体が消滅の力で、その力を魔法限定にしたのがディスペルマジックということか?あの魔法書は魔力を増幅させるためではなく、扱いやすく小出しにするための物という認識で良いのかな?

 消え去る直前、正気を取り戻したウェールズはアンリエッタに「他の男を愛せ」と告げる。
アンリエッタの悲恋。こういう話はもう少し引っ張る物と思ってたけど、あっさりと片をつけたな。後にはまだまだこれを越えるエピソードがたっぷりと控えていると思って良いのか?

| | コメント (6) | トラックバック (30)

瀬戸の花嫁 第十五話

 夢の中に出てきた恋のお相手が永澄だったことに焦る委員長。そんな折り、海が永澄と燦とのダブルデートの人数あわせに…巡を選ぶのかよ!?

 残念に思いつつ、いつもと違うメガネで出かけた委員長だったが公園で永澄と鉢合わせて激突。メガネが壊れた委員長は視界がぼやけすぎて相手が永澄だと気づけず、永澄の方もメガネのない委員長を委員長だと認識出来ず。
 委員長の視力は一体いくつなんだよ?あれじゃ、いつものならともかくおしゃれメガネじゃたいして見えないんじゃ(^^;

 相手が永澄と認識出来ないまま、その本人に恋の相談をしてしまった委員長。永澄の方も自分に対してだとは露ほど思わず、アドバイスして勇気づける。
 日常的に死の危機に瀕している永澄の言葉は重くてやたら説得力があって、委員長はすっかりその気に。

 しかし、弁償してもらったメガネをかけて委員長は、相手が永澄だったことに気付いて逃走。次に会ったときには名前を教えるという約束が果たせるのは…昔のことと笑い飛ばせるようになったときか?

 しかし、結局あの日会った誰も彼女を委員長だと気づけず(蓮は一応、生徒だとは気付いてたけど)、名前すら知らない…ガンバレ委員長(T-T)

 で、次回の新キャラは乙姫様か何かか?

| | コメント (0) | トラックバック (34)

2007/07/15

ひぐらしのなく頃に解 第一話

 最速地域から周回遅れ。既に第二話が放送されている中、ようやくの第一話。放送されてない地域の方には何を贅沢な、と言われそうだけどね。
 それと、最近むしろ、関西が最速の作品の方が多いような…TVKが遅いだけかしら?

 そんなこんなで原作もPS2もプレイ済みなので、ネタバレに気をつけつつのんびりとやらせてもらうわね。クスクス…

 OP。主役は問答無用で梨花だと主張しまくり。そして、沙都子をどんなに気にかけているのかもよく分かる。ついでに罪滅し編の「奇跡の圭一」には未練タラタラ?
 ネタバレの塊様はスルー。

 モザイクの彼女は、終盤になったらモザイク解除なんだろうな。どんな…なのか楽しみ。

 梨花が手招きで呼んでいるのは…なんだろうな。

 本編はTIPS「悪魔の脚本」準拠で罪滅し編で大災害が起こった後の世界。屋根の上での圭一の勝利宣言の行く末がこれなんだからやるせない。

 赤坂はナイスミドルになった物だな。大石は歳をとって随分と性格が丸くなって、逆にお腹がスリムに。でも、34号文書のコトに触れると途端に元通りになってるし(^^;

 レナは40前後にしては随分と若く見えるな。どうやらカウンセリングで徹底的に34号文書のことを否定する方向に誘導されたらしく、当時のことを思い出そうとすると錯乱しかけるほど。

 あの夜、「楽になれる薬」を持って現れた梨花を別の梨花だと断言したレナ。それを聞いて赤坂も、かつて自分の死を予言した梨花のことを思い出す。

 あの輝いていた雛見沢に戻りたいと呟くレナの回想には涙が…そして不意打ちで梨花の惨殺死体って、別の意味で涙が出たわ!!

 竜宮レナ、一世一代の頑張り物語。その結果、レナは仲間も雛見沢も失ってしまった。笑顔を失った彼女はもはやレナではなく、捨てたはずの「い」やなことに呪縛された礼奈なのかも知れない。

 次回予告は公式サイトで…って、公式から更にアニメイトに飛ばないと見られないよ!?
内容と全く関係ないこと喋ってるからネタバレにはならないけど…でも、黒梨花はいいけど、もう一人はEDも含めてこんなに出張ってきていて大丈夫なの?

以下、ネタバレで白字反転

 レナと黒梨花の邂逅。記憶が曖昧になっているから短いのかも知れないけど。あれじゃただ怪しいだけだよな。レナの主観だとそうだけど…
 さよなら、「この」竜宮レナ。「次の」竜宮レナでは仲良くしてね?がないとレナに対する梨花の心情が分からないわけで。

 梨花の方からすれば、注射しなくちゃ学校籠城で爆死、無理矢理注射しようとすれば返り討ち、説得しても信じてもらえないと八方塞がりで、ヤケになってるのは分からないでもないけど、それにしたって、いつもの古手梨花を演じていればレナももう少しは聞く耳もっとくれた気が。この辺、すでに決まっていることだからと早々に諦めて投げ出してしまう梨花の悪い癖だな。

 でも、一応出向いた分、もしかしたらとは思っているのか。梨花の想定している「もしかしたら」はレナがあっさりと自分の言うことを聞いてくれて注射させてくれるという、それこそあり得ない事態な気もするけど(--;

| | コメント (0) | トラックバック (15)

ハヤテのごとく! 第十六話

 自分を代わりに戦わせようとした主を、そんな軟弱に育てた覚えはない!とボコる野々原。
敵わぬ敵にもひとまず当たれ。あの娘の瞳がエネルギー。苦しいときにはニヤリと笑え。端から見てみな漢だぜ!?

 一流の執事とは、言われたことをただやれば言いわけではない。主人を導き育てる仕事…言ってることは正論なんだけどな。氷室自身は主をどういう風に育てる気なんだ?

 東宮のお坊ちゃんをかばっているつもりでその実、無意識に致命的な精神攻撃を噛ましまくるヒナギク。自覚がないだけにタチが悪い…

 もうアイキャッチ?あれ?CMは?

 結局、野々原と戦うことになったハヤテは、野々原の超必殺技・セーフティシャッターの前に為す術もなく大ピンチに。
…セーフティシャッターって、どう考えても攻守逆だよね?FFのデルタアタックみたいにあの炎をセーフティシャッターで反射させて攻撃しているのか?

 変わり身も「超」ではないにしろ十分必殺技だと思うけど。ハヤテは多分、お坊ちゃんを盾にすれば野々原が技を止めると思ってたんだろうけど実際は逆で(^^;

 ナギはちっちゃくても存在の力とか使えばいいじゃない(爆)

 無意識に精神的大ダメージを与えるのはヒナギク譲りなのか、元々なのか…ナギお嬢様、先週は見くびってごめんなさい(--;

 超必殺技は一流の執事のたしなみと聞き悩むハヤテに、ナギがこしらえた虎の穴。虎だ虎だお前は虎になるのだ!!無事出てきた暁にはタイガーマスクの誕生か?まさか、そのマスクはタマの…怖いよ!

 西沢さん必殺のフライパン返し。そのまま食べるのかと(^^;;;
それじゃ、バターも蜂蜜もかけられないか。

 再びアイキャッチとCM後。やっぱり尺が足りなかったのか製作進行上の問題か、小ネタ集に。
 クラウスの食いしん坊万歳(まんざい)。どこが食いしん坊かと思っていたが、一人漫才をやりまくる、ということか(^^;
 伊澄の全世界の車窓から。「ここはどこ?」という出落ちかと思っていたら、引っ張りまくった挙げ句…まだリオデジャネイロに行こうとしていたのか(--;
 クラウスのお宅訪問。またクラウスか。本編で出番がないからこの辺りで優遇なのか?

 次回はハヤテの必殺技は棚上げでナギのメイド奮闘記?タイトルで既に落ちてるような(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (47)

さよなら絶望先生 第二話

 電車と踏切の遮断棒の間をすり抜けて生還した糸色。アバンは毎回、死んだらどうする!なのか?

 自動改札でスキミング。それは怖い、と思った時期が私にもありました(--;;;
 今回の絶望した!絵はなかなか良かった。

 引きこもりではなく座敷童子なので外に出してはならないと言う逆転の発想で、小森の方から出してくれと言わしめたカフカ。その札とか人形とかは一体どこから…人形全部違うし。

 美人だと言われた上に、死にたくなったら私に言ってくださいと言われて、小森はすっかり糸色の虜に。糸色の方は美人と一緒に心中したいと思っているだけで他意はないんだけどな(^^;

 結局、小森は糸色と一緒にいたいがために学校で引きこもり。授業に出れば授業中も一緒にいられるんじゃ…その辺は引きこもりとしては譲れないのか。

 次の問題児はストーカー・まとい。これもカフカに言わせれば、純愛、一途、ちょっとしたディープラヴ。今更ディープラヴとか言われてもな。
 まあ、かつては物陰から見つめてるのは一途な恋心の定番だったしなぁ。

 究極の愛とは心中。先生で良かったら一緒に死んであげますと言われて、まといは今の彼氏から糸色に鞍替え。彼氏の方はこれで良かった…はずだったが、解放されたら今度は寂しくなって、逆にまといのストーカー化。こいつもダメだ(--;
 しかも、それをストーカーしている新しい彼女?をストーカーしているその女に貢いでいた男をストーカーしているその男の妻をストーカーしている洗濯屋…とストーカーは連鎖していき、ハーメルンの笛吹き状態に。でも、むしろ、そのまま断崖絶壁から飛び降りてレミングスと化した方が平和になりそう(^^;

 しかし、小森、まとい、ちりと勘違いとは言え立て続けに落としまくる糸色はスケコマシの才能有り?それで刃傷沙汰なら、それもまた純文学的には本望なのかもな…

 エンドカードは…ネタバレの嵐どころか出てくるのかすら怪しい連中ばかり…あの二人は出てくるだろうけど(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2007/07/14

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十五話

 臨時で出向してきたギンガにスバルの成長を見て欲しい、となのはが提案した模擬戦。戦闘スタイルが同じ二人は小細工一切抜きの真っ向勝負。力と力、技と技、拳と拳が火花を散らす。

 スバルの成長が嬉しいギンガと、ギンガと互角な勝負が出来るようになったことが嬉しいスバルの戦いは、まだまだ負けられないスバルの勝利で幕を降ろす。

 隊長+副隊長4人VSギンガ+ルーキーズ5人の模擬戦。あの、1対5でもどうにか出来るかどうかなのに、それは絶望を通り越して一方的な嬲り殺しじゃ…そりゃギンガも引くわ(^^;;;;

 ボロボロなルーキーズに比べ、ギンガはまだ少しは余裕がありそう。流石と言いたいけど、もしかして援護の振りして逃げたか?(笑)

 厳しいなのはママと過保護なフェイトママ。あぁ、二人の子供か。って、そこでむしろ納得しないでどうする!?

 全開が「ママと子供」で今回が「妹と娘」だったから、スカルエッティ側に焦点が当たるのかと思ったら、そんなでもなかった。とりあえず名前に無頓着。
 声が同じなのはクローンとかとも思ったけど、どうせやるなら隊長クラスだろうし…とか考えるともしかしてスバルとギンガの母に関係しているんだろうか?

 そうなると、ますますギンガに死亡フラグが。それはもう、はやてとは比べ物にならないくらいに(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (20)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第十五話

 OP。黒VS同じ仮面を付けた男達…というのは組織が敵に回ると言うこと?

 裏切り者・フェブラリーを偶然発見したエイプリル。ノーベンバー11に留守電を入れつつタクシーで追おうとするも、突然そのタクシーが爆発。再登場していきなり死亡って不憫な…と思ったら重傷だけど生きていた。でも、不幸なことには変わりない(--;

 かつて二重スパイだったフェブラリーに情報を漏らされてMI6が痛手を負ったこと、そして自分が電話に出なかった時にエイプリルが重傷を負ったことに責任を感じたのかも知れないノーベンバー11は、フェブラリーを追い、彼女と一緒にいた少年を追いつめたかに見えたが、反撃で爆死…はしてないとは思うけど、一旦退場?

 その少年の能力は予め触れてあったところを爆破?追っ手を始末したり、今回みたいな不意打ちには便利そうだけど、乱戦には向いてないかな。でも、直接触れてちょっと爆破すれば十分か。

 一方、黒の方はフェブラリーをアンバーと言う名で認識。あいつは俺が始末する!とやる気満々。どうやら浅からぬ因縁があるよう。妹がらみか?
 で、黒の回想の中の方が大人なんだけど…能力を使うと若返るとか?(^^;;;
 そして、銀とも知り合いらしい。わざわざ会いに来るとは一体どんな繋がりが?

| | コメント (0) | トラックバック (22)

怪物王女 第十四話

 ささなき峠最速の座を賭けて、夜な夜な峠の騎士と熱いバトルを繰り広げていたリザ。
自分よりも早い者を求め続ける峠の騎士を今日こそ抜いて成仏させてやると息巻くリザだったが、現れた騎士は首を取られて凶暴化していた。

 首を戻せばまた熱いバトルが出来ると思ったリザはヒロを連れて首探し。しかし、ヒロは突然現れた暴走救急車にはねられてそのまま連れ去られてしまう…この気P院長生きてたんだっけか(--;

 ツェペリに騎士の首をかぶせられて暴走したヒロはそのまま騎士と合体。更なる暴走を。それを紗和々に「野球はボールをより遠くに打ち返した方の勝ち」と間違った知識を吹き込まれた姫がホームラン。

 ヒロと分離し元に戻った騎士はリザとの勝負に敗れ成仏。散々横やりを入れられて、はねられ打たれ、心身ともボロボロだろうにそれで満足だったのか?なんか、騎士が可哀相に思えてきた(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/07/13

ながされて藍蘭島 第十五話

 島の水車小屋を改装して住むことになった梅梅。でも、対人恐怖症は相変わらずで。
すずと行人に付き添われてみんなの家を回ったものの恥ずかしがって奇行ばかり。

 遠野さんをカメと言い張って譲らない行人も相当頑固だよな。遠野さんの鉄拳制裁は…そこは洒落になってないよ!?

 珍しく、梅梅にまともなアドバイスをするあやね。それを華麗にスルーするすずと行人…おまえら何でそんなに息ぴったりなんだよ!?

 かつて、河童に襲われたトラウマがあったあやねは、遠野さんが河童だと聞いて、パニックを起こして暴走。それを遠野さんが仲間の手がかりがつかめるかもと思って追いかけたことで、あやねの暴走は更に加速。崖に向かって一直線。

 すんでの所でカウンター気味のダブルニーパッドであやねを止めた梅梅。実は落ちた方がダメージ少なかったんでは?

 あやねを襲った河童の正体はまちの変装だったと聞いて、落胆する遠野さん。あやねの怯える顔が見たかったって、なんて歪んだ愛し方だ(--;

 一方その夜。東の森の主が南の森に侵入。その目的は一体?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

ドージンワーク 第二話

 電車の中で同人誌、しかも陵辱系なんか読もうとする度胸の方が凄いと思うよ。カバーなんてただの気休め…

 同人ショップで露理お勧めのエロゲーを資料として購入したなじみ。その帰り道、友達に会ってしまったがなんとか振り切り無事帰宅。枝豆食べつつプレイ。でも、良いところでノックが(^^;

 家族に見つかるまいと全速力で露理の家に向かえば、警官に職質されて、思わず逃げ出したら増援を呼ばれて大ピンチ。もうダメだ、と思ったら袋は空で一安心したものの…
 警官、善良な一般市民追い回してゴミ捨て場に突っ込ませて置いて謝んないのかよ(--;

 この男、星か?まったくこいつは…つくづく空気の読めない奴だな…

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2007/07/12

キスダム 第十五話

 OPの絵が変更。OPで紹介している変形戦闘機、初期の頃しか出てなかったしな。

 今回はまた過去話?でも、面識の無かったはずの乃亜とイエラがいたりなにやら違和感が。

 ペンダントとかこの時間軸では知り得ないはずのことを知っている時点で夢かなんか見てるんだろうとは思ってたけど…どうやらみんな同じ幻覚を見ているみたいだったけど、これは裏返った仲間を殺してしまった、そしてこれからも殺すであろうシュウの罪悪感が産んだものなのか、それとも愁の意図が入っているのか…
 ヴァルダ達はまるで性格が違ってたけど、本当はあんな感じになりたいのか?でも「失格」は言いたいらしい、4人いたけどもう一人は何?まだ増えるの?

 

結局、タダのてこ入れ回だったのか、なにか伏線が仕込まれているのかよく分からない回だった…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

School Days 第二話

 言葉とキスしたい誠と暴走しまくりの誠に引きまくりの言葉。恋愛マニュアル読もうと、言葉の気持ちを察しずに好き放題連れ回そうと、世界のアドバイスを曲解しようと構わないけど、そこで世界のせいにしちゃダメだろ(--;

 誠は世界にキスされたことについては特に深く考えてないよう。あれは挨拶だったという世界にここは日本だとツッコミまで入れる始末。それでも、今のところ誠と言葉を応援するつもりらしい世界は健気というべきか?

 今回は極端なところはあったものの、あまり特筆するようなこともなく。嵐の前の静けさ?
言葉とキスしたことを嬉々として世界に話すんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (39)

2007/07/11

瀬戸の花嫁 第十四話

 冒頭のナレーションが変わったからOPも変わるのかと思ったらそのままか。

 先週アレだけ大騒ぎしていたのに、普通に食卓囲んでるなぁ。

 魚人にとって子猫とは言え恐怖の対象だと知った永澄。豪三郎に一矢報いるチャンスと思ったのもつかの間、マサさんはわりかし平気そうだったので諦めかけたが、豪三郎の猫嫌いは筋金入りだった。

 昼寝中に耳を食べられそうになったって…どこのドラえもんだ(^^;

 猫を恐れる豪三郎は直属の親衛隊を招集。永澄に差し向ける。って、インスマウス顔どころか、もろ魚だけどいいのか?

 永澄を抹殺するなら何でボクに声をかけてくれないのかとぼやくシャーク藤代。それに対し、マキは「お前は食べちゃうだろ、それじゃあ燦様が悲しむ」との返答。
 マキも豪三郎も色々葛藤があるようで…

 川に投げ込まれてしまった子猫を永澄のために恐怖をおして助けに行った燦。そして義理とスジを通して助けたマキ。結果、マキは子猫にすっかり懐かれてしまうことに。子猫が大きくなったら…いや、そこまでマキの命はあるのか?(^^;;;;

 EDは燦&留奈。あれ?勝負は引き分け?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2007/07/10

らき☆すた 第十四話

 今までこなたの話の中でだけ語られていた従妹・小早川ゆたか、満を持して初登場。
個人的なことで申し訳ないけど、ゆたか、ゆたか連呼されるとね。こそばゆいというか(^^;;;;

 ちっちゃさはさすがこなたの従妹だけど、歩く萌え要素という観点ではみゆきさんのほうに近いゆたか。逆にゆい姉さんとは真逆で妹と言われなければ分からないかも(^^;

 って、ゆいとゆたかの母がそうじろうの妹だから、こなた母のかなたとゆたかに血縁関係ないよ!あれ???

 ゆい姉さん、今回はいつもにまして暴走気味。飲みに行こう、黙ってりゃ分からないって、あんた警察官だろ(^^;
 しかも、身内二人は例え二十歳以上になっても身分証明書見せても信じてもらえなさそうだよ?

 岩崎さんはいい人だ。でも、長門にしか聞こえない(T-T)

 子供に声をかけただけで犯罪者呼ばわりの今の世の中に絶望した!!
そうじろうは勝ち組…くそう。悔しくなんか、悔しくなんか!!

 らっきー☆ちゃんねる。出演が声だけでブチギレモードのあきら様。でも、今回のEDもまた白石だったので白石にはもう同情はしないコトにした。

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2007/07/08

さよなら絶望先生 第一話

 舞い散る桜の下、超ネガティブ男と超ポジティブ少女、出会ってはいけない二人が出会ってしまった…

 絶望したと言いつつ「死んだらどうする!」な糸色より、ポジティブ思考のカフカの方が実は洒落にならないことを言ってるのはもはや指摘するまでもない…本人は本気でそう思っているからタチが悪いことこの上ないわけで。

 テレ東でもないのにその鉄壁の防御は何だ!?DVDになったら消えるのか?
でもBパートでの下着姿はスルー…チラはダメでモロはOKという謎基準。これ自体がネタ?

 黒板は久米田先生直筆。今回だけ?それとも毎回?絶望例が黒板に列挙されたりするんだろうか?
 でも、字が小さくて解読不能がちらほら。むしろ解読されたら困る?

 中央線は高架工事したから多少はマシになったのでは…どっちにしろわざわざ通勤時間帯にしないで(T-T)

 ポロロッカ星人、絵付きで完全再現。そういえば出席簿が出てこなかった?

 監督恒例のぱにぽに演出。この作品のテンポに良くてあっていい感じ。
でも、肝心の「絶望した!!」が思ったほどインパクトがなかったのが残念。

 そういえば、土曜24:30に師匠、34:00に弟子のコンボになるんだなぁ。

 エンドカードが富士鷹ジュピロ(仮名)!?これ、マガジン作品だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (36)

ハヤテのごとく! 第十五話

 もう二度と通えないと思っていた学校に再び通えることになって浮かれまくっているハヤテ。勢い余って早朝登校。ハヤテにつきあって一緒に登校しているナギが健気。

 突如現れた執事・氷室に手痛い洗礼を受けたハヤテは彼を一流の執事と認める。でも、一流の執事は主人に花吹雪係をさせたりしないよ?それ以外にも言動が無茶苦茶なのにあまりにも堂々としているのでそれで良いように思わせてしまう…その点は一流と言うべきか。

 あくまで好意でやたらめったらハヤテを持ち上げた事前紹介をする雪路。なんとか切り抜けたハヤテにも得意げな表情を向けてるし…ちゃんと言わないと気付かず延々と同じ事を繰り返すぞ(--;;;;

 6・3・3で12年も学校に通いたくないから飛び級したというナギ。そして飛び級のタイトルホルダーは10歳で入学して13歳で卒業。ハヤテは自分がギリギリで入ったのにそんなバケモノがいることに戦慄するが…
 そんな超人がどうしてあそこにいるのか…謎はかえって深まるばかり

 剣道着姿のヒナギクに憧れて剣道部に体験入学した物の、すぐに自分はヒナギクのようにはなれないと悟ってしまって辞めてしまったナギ。そんなナギの気持ちを察することなく、防具が大きすぎたというナギの言い訳を真に受けたハヤテはナギを連れてヒナギクに案内されて剣道部へ。

 ナギだったら防具が臭かったからとかケンカ売りそうなこと言いそうだけど、そうじゃなかったのはヒナギクの手前か?

 剣道場でヒナギクと親密そうに話をしてしまったため、男子剣道部員を敵に回してしまったハヤテはその中の一人・東宮から勝負を挑まれることに。

 って、こんなところで引くのかよ!?
…と思ったら、ハヤテの剣気で舞い散る花びらが斬られていることに気付いた東宮のお坊ちゃんは、執事にバトンタッチ。

 東宮のコンバットバトラー・野々原にハヤテは勝てるのか?今、ハヤテは戦闘執事への第一歩を踏み出す…のか?

| | コメント (0) | トラックバック (47)

ケロロ軍曹 「ケロロ 期間限定大侵略 であります」

 ペコポン人は限定物に弱いことに目をつけたケロロ。クルルに開運!何でも限定ガンが作らせ、書き上げたばかりの企画書を限定物に。誰もがひれ伏す、その企画書の侵略作戦は、「冷やし中華のからしをわさびに変えて、ツーンとした隙を突いてケロン軍旗を立てて侵略」…また欧米では冷やし中華を食べないとか言うオチかと思ったら、あれよあれよという間に全世界を制圧し、残るは西澤家のみという、未だかつて無い成果を。

 西澤家の鉄壁の守りに苦戦するケロロ。ここでついに投入される期間限定ドロロ!誰もが注目するドロロ最初で最後の晴れ舞台を刮目せよ!!

 隠密活動を旨とするアサシンとしては致命的だけど、本人は嬉しそうだし、任務はちゃんと遂行出来ているからいいか(^^;

 しかし、期限切れと共にドロロ消滅!?え、もしかして一生分の存在感を使い切っちゃったの?

 そして、冷やし中華の旗も期限切れで消滅し、せっかくここまで侵略したのに無かったことに。ど疲れさん…

 ガンプラを限定物にして幸せに浸るケロロ。これはこれで良い使い方なんじゃないかと思っていたら…

「桃華 七夕限定の私 であります」

 織り姫と彦星は一年に一回しか会えないからこそ強い想いで結ばれていると考えた桃華。期間限定になって冬樹のハートをゲットしようと画策。しかし、限定状態でパーティーに姿を現してしまったためにパーティー参加者に襲われる羽目に。

 限定パワーをMAXにして、襲い来る群衆を吹き飛ばした桃華。何故ポールだけ服が吹き飛んでるんだよ!?

 ようやく冬樹の元に辿り着いた桃華。しかし、ここで期限切れで桃華消滅。クルルのこだわりで期限切れの限定物に存在価値はないのでブラックホールに廃棄だとか(--;

 すんでの所で冬樹に救われた桃華。やっぱり毎日会える方が幸せなんだと思い直してとりあえずはハッピーエンド。

 でも、ドロロのことも思い出してあげてください(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007/07/07

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十四話

 なのは、フェイト、ヴィヴィオで親子三人川の字。なのははやっぱりパパポジション。そしてフェイトママ、事後にしか見えねぇ(^^;;;

 ティアナのデバイスVer.2がティアナの本来のスタイルと異なる接近戦用のように、エリオもVer.2は大きくその形状が変化するらしい。お披露目は次の戦闘で?

 執務官になるつもりなら将来のためになるからとはやてはティアナを連れて時空管理局本部へ。予言の内容をぼかして、迫る危機と地上部隊との確執、そして機動六課の微妙な立場の再確認。
 それより気になるのはみんなで食べてもちっとも減らないあのケーキの謎だったりするけど(--;

 ナンバーズとの戦闘記録を見て、戦闘機人(鬼人?鬼神?機神)だと断定したマリエル。その情報を直接はやてに届けようと、ゲンヤ、ギンガ、マリエルは機動六課に向かう。
 途中で襲われそうだよな…

 ギンガとスバルの母はかつて起こった戦闘機人に関する事件で命を落としたらしい。因縁が因縁を呼ぶ展開になってきた?

| | コメント (0) | トラックバック (23)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第十四話

 廃校舎でピアノを弾く銀。その脳裏にはかつて、キルシーだった頃の記憶が蘇る。

 飛行機事故で夫を失ったキルシーの母はエーリスに心の拠り所を求めた。しかし、キルシーはそれにショックを受けて家を飛び出す。車道に飛び出したキルシーに迫るトラック。しかし、追ってきた母がキルシーを突き飛ばし、代わりに…
 大好きだった月の光はその瞬間に消えた。

 昔のことは全部覚えているという銀。それを聞いて、だから故郷に帰りたくないのかと問うエーリスだったが、銀はそれを否定する。

 タバコを喉に詰まらせて死んだというベルタの娘。だから彼女は対価にタバコをかみ砕いて吐くという行為を選ぶ。

 自分の過失で母を失ったドールと娘を失った契約者という対比か。

 共振させて心臓を止められるなら、初めからそうしてろとか思ったけど、黒は自家心臓ショックで復帰。電位差はどうなってるのかとか、同じ能力者同士で能力が通じないなら自分のも効かないんじゃないのかとかツッコミを入れちゃダメですか?

 イツァークの死とともに溢れる光の中に銀はあの日に失った月の光を見いだし、エーリスとともに故郷へ帰るより、組織に…というより黒達仲間の元に戻ることを選ぶ。

 ドールに戻った銀。しかし、彼女はもう感情のない人形のままではなかった。自ら笑うことは出来なくても、キコに習った方法で笑顔を作ることが出来るようになったのだから。

 温泉とか言ってたからどんな馬鹿話が展開されるのかと思いきや、かなりしんみりした話に。しんみりした話と身構えてみるよりも、予想外にしんみりした話の方がインパクトは上という方向でのてこ入れ?
 でも、温泉は残念(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (32)

2007/07/06

怪物王女 第十三話

 今宵は月食。令理が呟く通り、それは逢魔が時。

 初っぱな、リザが微動だにしなかったから、石化でもしてるのかと(^^;;;;

 山奥で車が故障して立ち往生してしまった姫達。とりあえず、近くにあった村に向かうが、姫の制止を無視してフランドルは先に行ってしまい、姫とヒロは謎の大男に襲われて斜面を滑り落ちてしまう。

 姫を押し倒す形になってしまったヒロ。対する姫の表情はなにやら意味深?

 足をくじいた姫を負ぶって、村を訪れたヒロ。しかし、村は家々の明かりはついている物の無人。そして、掲示板には写真と新聞記事。更に姿なき声。
「嫌な事件だったね。腕がまだ見つかってないんだろう?」
…ダム工事現場で連続殺人事件でダム反対派と言われたらさ(--;;;;

 嫌な予感がして、村を立ち去ることにした姫とヒロ。しかし、霧の中を歩いて辿り着いたのは元の場所。見るたびに前の写真に×がつき、新たな記事が追加される掲示板。姿無き声…今回は正統派ホラー風味でなかなか良かった。

 ヒロはようやく戦士として成長するのかと思ったら、結局相変わらずだったけど、まあ、そう簡単には成長なんて出来ないということで(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ながされて藍蘭島 第十四話

 島のあちこちで最近起こっている食べ物の盗難事件。普段の挙動から疑われたまちは憤慨して積極的に犯人探し。

 今までのパターンから、次の犯行現場を予測した行人。でも、今度はきゅうり畑丸ごとが被害を受けるという大事件に発展。

 二手に別れたそれぞれの家で犯人を取り逃がしてしまい、とりあえず家に帰ってきたすずと行人。家の中は荒らされていて、お風呂に人の気配が。

 恥ずかしがり屋の新参漂着者・梅梅。食べ物が欲しかったけど言うのが恥ずかしかったから盗んだ…って、何の言い訳にもなってないよ(^^;;;

 梅梅の連れの遠野さんは…河童?喋る変な動物は認められても河童は認められない行人はカメと認定。まあ、大して変わらないか?

 これ以上キャラを増やして収拾がつくのか?とか思わないでもない(--;

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2007/07/05

ドージンワーク 第一話

 なじみと露理って、18禁同人誌出してるからには18歳以上だよね?どう見ても中学生ぐらいにしか(^^;
 いや、露理はそう言うキャラだけど、なじみはアホ毛装備で随分と幼くなっているような。

 クールな感じの露理が自分の同人誌が売れた時に見せた笑顔。うむ。良い笑顔だ♪

 ジャスティスの同人に対する姿勢は自分の作品は読んでもらえればそれで良い、必要経費ギリギリの値段設定。理想型だよなぁ。

 かたやなじみは金目当ての時点で不純極まりないけど、その情熱だけは認めても良いかも。ジャスティスの聖人君子ぶりに対するツッコミはもっと黒く!(笑)

 ソーラはもうジャスティスと出会っているのか。その出会いのエピソードはその内語られるのか?

 Bパートは…なんか痛いよ(--;;;;

| | コメント (4) | トラックバック (22)

School Days 第一話

 何となく噂だけは聞いている状態で視聴。まあ、良くも悪くもごく一般的な第一話だなぁ、と思いながら見ていたら…

 要するに高嶺の花に憧れている誠に親切にして、好感度を上げておいて、玉砕したところで、じゃあ、私が彼女になってあげようとか言って主導権を握りつつ恋を成就…とか画策していたら、言葉も誠のコトが気になっていたなんて言うどんでん返しで全てが水泡に、というところか?

 好意もないのに下の名前で呼び捨てで呼べなんて言わないよな…

 あのキスはどう見ても思いを断ち切る類の物には見えないし、いきなりドロドロの展開になってるなぁ。

 それと、リボンの娘もなんか危なさそうな雰囲気がひしひしと…惨劇に挑め?

| | コメント (2) | トラックバック (44)

2007/07/04

キスダム 第十四話

「シュウ」という名前以外、顔も声も思い出も全ての記憶を失っている由乃。一命を取り留めたということは、死んでなかったのか。

 由乃が呼びかけ、微笑みを向ける「シュウ」が自分ではないと知りつつも、彼女を守る愁。偶然に偶然が重なって思いがけずシュウと再会した愁は、抜群のコンビネーションを見せて人間狩りをしていたハーディアンを倒すことに成功。シュウとの会話も友好的。でも、結局、由乃のことを話すことなく別れることに。

 シュウがその事実を知ったときが修羅場か?(笑)

 次回はてこ入れ?何となく作画が良いように見えたけど…気のせいか?

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2007/07/03

らき☆すた 第十三話

 お正月談義。おもちがかみ切れなくてうにゅ~って、みゆきさん(^^;;;;

 おこたで眠る泉父娘の図は問答無用で血の繋がりを感じさせるな。

 とか、言ってたらあっという間にバレンタイン談義。男キャラの女性が女キャラの男性にって、もう何がなんだか…

 つかさ、義理チョコでそれなのか!?どう見ても本命(^^;

 ツンデレ全開でチョコを渡すかがみ。あぁ、相手の男、明日の朝日を拝めないな…と思ったらこなたの妄想か。

 白石は男に渡してカップル成立…なの?

 アニメ店長、もうレギュラーなのか?ギアスでって、それもう押し売りじゃ…そこまでするなら3円くらい負けてよ。

 らっきー☆ちゃんねる。そのツインドリルは何!?そして、内容と裏腹に現時点のTOPは白石だし…こうなりそうな予測はしていたけど。あきら様は2位(^^;

 ED。最初何のCMかと。作詞作曲歌出演・白石稔って(^^;;;;;

 そして、次回予告がケロロ小隊に侵略されてる!?

| | コメント (0) | トラックバック (35)

2007/07/02

瀬戸の花嫁 第十三話

 永澄を連れ去られ、落ち込む燦。留奈の挑発にも乗ることなく、かえって更に落ち込む始末。そんな燦に呆れると共に、困惑する留奈はマキに話を振るが、マキはおやっさんが喜んでいるからと事態を静観するつもりで、逆にお前がどうにかしろと返されることに。

 燦と自分の個人的な鞘当てを期待していた留奈。なのに燦が無抵抗なせいでどんどん話は留奈の想定外の方向へ。

 そんな留奈の気持ちと裏腹にトントン拍子で進んでいくお披露目会。しかし、留奈パパとの誓いの杯を永澄が拒否。漢を見せたことで話はご破算になるかと思いきや、留奈が自分の永澄への気持ちを自覚してしまったことでかえって泥沼に…

 そこへ燦が乱入。組のみんなに迷惑がかからないように親子の縁を切ってまで永澄奪回に挑み、杯をたたき割ることに成功。だが、それで済むわけもなく、結局、組同士の抗争に抗争に発展。それを収めるべく燦と留奈がとった方法は…やっぱり歌なのね。

 デュエット「祭りの歌」で50時間踊らされ続け、瀬戸内組、大江戸組共にほぼ壊滅。ようやく事態は収拾の方向に。50時間歌い続けた燦と留奈は…結構平気そう?

 全てを捨てて、永澄のお嫁さんの座を求めた燦。そして、それを受け入れた永澄。良い最終回だった…と言いたいところだけど、まだ続くんだよな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2007/07/01

ひぐらしネタバレ漫画07

Higucomi_s06梨花は頑張ってると思うのです。
ただ、ちょっと…そう、「ちょっと」詰めが甘いだけなのですよ…

何故「ちょっと」を強調するのかしら?川- -#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせとか

オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Bnr_blog_higurashi_3

>>2008夏の新番組

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第十四話

 ヒナギクの着替え中に乱入してボコられる雪路。姉にも見られたくないなんて、恥ずかしがり屋め。いや、雪路だったら妹の盗撮写真を売りかねないからか?

 どら焼きを頬張る雪路は随分と嬉しそう。普段は金欠で食にすら事欠く状態だし、こんな贅沢はそうそう無いんだろうな。ミルクティーに砂糖3つとか。

 こんなコトを相談出来るのは…なにげに示されるヒナギクとマリアの関係とか。

 西沢さんのトウモロコシ占い。確かにやってられないわ。ともかく花言葉は信頼!

 ヒナギクに付き添われて、ハヤテの不合格を伝えに来た雪路だったが、既に合格祝賀パーティーは宴もたけなわで、とても言いだし雰囲気ではなかったり。

 パンタジアのミドリガメパン。それは正真正銘のジャぱん?コンビニで買ってきた奴なら(以下略)

 どうしても不合格を言い出せなかった雪路、とうとう逆切れ。モグリの生徒の一人ぐらいバレやしないとか言い出してるし。しかし、三人娘が乱入してあっさり暴露。
 雪路の留守中に机の上の不合格通知をどうやって?とか思ったけど、もしかして宿直室のことか!?

 期待しなければ失うこともない。自分は空っぽなんだと後ろ向きのハヤテに白皇の生徒証を渡すマリア。マリアの推薦状の加点で合格と言うことにしてもらったらしい。1点とは言え、マリアは白皇にどれほどの影響力を持ってるんだ…

 ハヤテのためだったとは言え、こんなコトをしているから年のこととか腹黒とか言われるんじゃないかと(^^;;;

 そして、水着の新ED。やっぱり西沢さんは食べてるのね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (36)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »