« 瀬戸の花嫁 第十七話 | トップページ | らき☆すた 第十七話 »

2007/07/31

ひぐらしのなく頃に解 目明し編(2)

 悟史を守るために自ら「詩音」の存在を公にし、そのケジメを取らされた詩音。しかし、その想いも虚しく、悟史は失踪してしまう。
 魅音の不用意な一言で鬼となりかけた詩音。だが魅音の思いを知り、魅音を信じると決めた時にその鬼は消えたはずだった。
 しかし、昭和58年。その鬼は綿流しの祭りと共に、ほんの些細なきっかけで目を覚ましてしまう。
 詩音はオヤシロ様の祟りの真相を暴き、悟史の仇を討つことが出来るのか?

以下、ネタバレで。

 爪はぎ器。根本から引っこ抜いているように見えるけど、あれじゃ指の方が折れないか?

 圭一の固有結界は見開きでやって欲しかったけど話の本筋と関係ないから仕方ないか。そもそも詩音と魅音以外の出番ほとんど無いし。

 二人きりの時の魅音と詩音の仲の良さは見ていてとても微笑ましくて好きなんだけど、それが詩音暴走後は血と惨劇の中で砕け散ってしまうのがあまりにも痛ましい。
 魅音は詩音のために良かれと思っていることをしているだけなのにそれが全て裏目になってしまうのはやるせない。

…今気付いたけど、魅音って「ばっちゃのようにしよう」として失敗しているんじゃ?
お魎だったら周りが憂慮してくれるけど、魅音が同じようにしても誰も憂慮してくれないとか…いや、そもそも魅音自身が周りに対して黙って憂慮しすぎなのか?

 詩音に付いて回る一歩多い足音。詩音がそれを悟史だと思っていた頃は、詩音だけではなく足音の方も幸せだったのかも知れない。暴走後の詩音を足音はどんな思いで見詰め続けていたのだろう…

|

« 瀬戸の花嫁 第十七話 | トップページ | らき☆すた 第十七話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・ひ ひぐらしのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/15954977

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしのなく頃に解 目明し編(2):

» 漫画 ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2 [アーリオオーリオ ドゥーエ]
詩音のガンバリ物語編、第2巻です。 このシリーズ、いつも上下巻の2冊完結でしたが。 今回はコレで終わりじゃないのね。 見ているだけで痛い「爪はがし」から始まり。 悟志の失踪。 落ち込む詩音の前に現れる圭一・... [続きを読む]

受信: 2007/08/02 03:14

» 漫画 『ひぐらしのなく頃に解』  目明し編 (2) 独断評価とか、改正政治資金規正法の改正案、民主党から提出の動き…とか、雑記とか [月の静寂、星の歌]
 漫画版 『ひぐらしのなく頃に解』 目明し編 (2)  方條ゆとりさん  多忙でアップが遅れましたが、独断評価を書いておきます。  その記事は 『続きを読む』 のすぐ後に書きます。  赤城徳彦農水相の事務所費問題によって改めてザル法だと再確認された改正政....... [続きを読む]

受信: 2007/08/05 19:42

« 瀬戸の花嫁 第十七話 | トップページ | らき☆すた 第十七話 »