« らき☆すた 第十二話 | トップページ | キスダム 第十三話 »

2007/06/27

成恵の世界 少年エース2007/8月号

 もうエピデンスなんて見たくもない、という蘭に対し、アプリオリみたいで可愛いと言う鈴。そこから話は里親の話に。

 ずぼらな鈴の里親一家に、格闘家族の蘭の里親一家。二人がこう育つのも納得。
そして麗の里親は…

 もう誰の娘でもないと冷たく告げる麗。でも、義母が倒れたと知らせを受けて里帰り。そこは寂れた田舎で、麗にとっては悲しい思い出の残る場所。

 幼かった麗は溺れる義姉を助けることも出来ず目の前で亡くしていたらしい。そして、それはガタが来て環境整備に支障が出ているのに現役たらんとしている行政機・縫重も関係している?

 里親一家に大切に育ててもらったのだろう麗。でも、それは失った娘の代わり、そして、その娘を自分は見殺しにしてしまったのだという負い目と後悔の念に苛まれていた。
 でも、そんな麗の思いの全てごと義母は抱きしめてくれて…

「第500特殊作戦連隊」とか田舎での機族への視線とか、機族を「精霊や妖精の類」と評するテイルメッサーとかなにげに情報がばらまかれてるなぁ。

|

« らき☆すた 第十二話 | トップページ | キスダム 第十三話 »

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/15570590

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2007/8月号:

« らき☆すた 第十二話 | トップページ | キスダム 第十三話 »