« 地獄少女 二籠 第二十一話 | トップページ | ケロロ軍曹 「ギロロ 旅立ちのとき であります」 »

2007/03/04

神様家族 第九話

 ルルがいなくなって、元気がない佐間太郎。しかし、それを誰も覚えていないため、佐間太郎は悲しみを分かち合うことが出来ず、周りは佐間太郎を元気づけようとはする物の、何を慰めればいいのか分からずにいた。

 そしてもう一つ。テンコとのキスがなかったことになって、テンコとの仲が振り出しに戻ってしまったことも佐間太郎を落ち込ませていた。

 お互い、意識していながら照れ隠しで素っ気ない態度を取ってそんな相手の態度に落ち込む二人。初々しくていいけど、ここは覚えている佐間太郎がもう少し積極的になるべきだろう。美佐の「押し倒せ」は極端にしても、何らかのアクションを起こさないと…

 とか思っていたら、テンコ宛のラブレター、テンコに役目は終わったと語りかける謎の声、久美子の再転入と、二人の関係を揺るがすイベントが目白押し。ここまで重なると何らかの悪意を感じるが…赤い服の悪魔?それともラブレター男?

 久美子に交際を申し込まれた佐間太郎。でも、ここで受けちゃダメだよなぁ…

|

« 地獄少女 二籠 第二十一話 | トップページ | ケロロ軍曹 「ギロロ 旅立ちのとき であります」 »

終了・か 神様家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様家族 第九話:

» 神様家族 第9話「初恋 再び…」 [■■テラニム日記2■■]
サブタイトルの通り、佐間太郎の初恋の相手、小森久美子が戻ってきます。でも、それは結構最後の方ね。 全体のストーリー的に気になるのはテンコにささやく謎の声でしょう。 「次期神様の監視という... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 15:27

« 地獄少女 二籠 第二十一話 | トップページ | ケロロ軍曹 「ギロロ 旅立ちのとき であります」 »