« コードギアス 反逆のルルーシュ 第二十話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 死孵し編 »

2007/03/11

地獄少女 二籠 第二十二話

 永遠の黄昏の世界。その風景をもう飽きたと言うきくりと、慣れすぎてしまったかも知れないと言うあい。それは、地獄通信そのものについても、と言う意味も含んでる?

 柿沼の目論み通り、「悪魔の子」として冷たい視線を浴び続ける拓真。証拠不十分で釈放はされたが、世間は拓真を一連の事件の犯人と決めつけていた。
 父は一命を取り留めた物の意識不明の重体。父が目を覚ませば、汚名返上は出来そうだけど、望み薄か。

 かくて、この町に住んでいたという、せりに出会い、会話する内に拓真はせりに惹かれていく。しかし、せりは、脅迫していた相手の妻に地獄に流されてしまい、拓真は再び独りぼっちに。

 悪いことをすればいつか自分に返ってくる、と生真面目に後ろ暗いことは一切せずに生きている拓真。しかし、世間はそんな彼に後ろ指を指し、心の拠り所は次々と奪われていく。
 これが罰だというのなら彼はどんな罪を犯したというのか?
 罪がないのなら彼は何故このような仕打ちを受けなければいけないのか?
 ただの不条理なのか、何らかの力が働いているのか?
 拓真の前に度々現れるきくりの目的は?なぜきくりは拓真に興味を持っているのか?
 そして、きくりとは一体何者なのか?

 全ての謎は拓真ときくり、その関係に集約されている?

|

« コードギアス 反逆のルルーシュ 第二十話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 死孵し編 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

 藤ゆたかさん、こんばんは。
 月の静寂、星の歌の なっきーです。


>父が目を覚ませば、汚名返上は出来そうだけど、望み薄か。
 回復する可能性はあると思います。もちろん奇跡的確率で、なんて話ではなくて……。

 「Vの惨劇」 で見せた きくり の奇蹟。
 あのお父さんにいくらかの可能性と生きる意志があるなら、そして きくり が 「あなたはどうしたいの?」 と訊けば――。


 このままラストエピソードまでお話が続きそうな気もします。
 その過程で、拓真の正義感が何か報われるような展開があればいいのですが……。

投稿: なっきー | 2007/03/12 00:55

>なっきーさん

コメントありがとうございます♪

>「Vの惨劇」 で見せた きくり の奇蹟。
 きくりの力なら目覚めさせることが可能でしたね。
でも、今までの経緯だと、きくりが絡むと自体が悪化どころか最悪の事態に発展しているので、できればきくりの手は借りたくないところ。
 それこそ、なっきーさんの書かれていたような事態になる可能性が(^^;;;

>拓真の正義感が何か報われるような展開があればいいのですが……。
 是非ともそうなって欲しいところですが、拓真がその正義感故に誰かに逆恨みされていたり、良かれと思ってしたことが誰かを不幸にした過去(もしくは前世?)があったりしないか心配です。
…スザクのことかー!?(笑)

投稿: 藤ゆたか | 2007/03/13 00:19

 展開の良し悪しとしては微妙ですが、
ここははじめちゃんの出番でしょうかね?
地獄通信についてはうまくぼかしつつ、
拓真への疑惑が薄れていくようにしてもらえるなら、
個人的には出てきてくれてもいいと思うんですが。

それにしても、あのあと拓真が1人で生活できていたというのが驚きでした。
流石に家の中は相当な状況でしたが。(苦笑)
作風が作風だけに期待しにくいのですが、
もし最終的に救われて、あのまままっすぐ育つようなら、
さぞいい大人になることでしょう。
ことによったら世界の財産かも?

4au7d3@bma.biglobe.ne.jp

投稿: ゆーじ | 2007/03/14 20:10

>ゆーじさん

>ここははじめちゃんの出番でしょうかね?
 出てきては欲しいですが、はじめちゃんが出てくるとまた、あいが暴走しかねないかも?
 つぐみVSきくりは見てみたいかも(笑)

>あのあと拓真が1人で生活できていたというのが驚きでした。
 村八分状態でよく、ちゃんと生活できていたものですね。この状態でひねくれていないのも大した精神力だと思います。
なんとか救われて欲しいものです。

投稿: 藤ゆたか | 2007/03/15 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/14226363

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 二籠 第二十二話:

» 地獄少女 二籠 第22話「憧憬」 [SERA@らくblog]
『悪魔の子』シリーズ? 第2章――。 不幸の星を背負った正しい少年・拓真くん再登場。 また不幸な目にあうのですか… 事件から3ヶ月… 孤立した拓真は、水谷せりという少女に出会う。... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 16:53

» 地獄少女 二籠・第22話 [たこの感想文]
「憧憬」 隣人によって母を殺され、父は意識不明。犯人が地獄に流されたため、犯人と [続きを読む]

受信: 2007/03/11 17:18

» 地獄少女 二籠22話「憧憬」 [ライトニングソルジャー]
「このアニメ飽きた…」 [続きを読む]

受信: 2007/03/11 18:20

» 「地獄少女 二籠」#22 憧憬 [ラピスラズリに願いを]
ドン底からさらにドン底へ・・・二籠はサディスティックに攻めています^^; 「拓真アフター」はかすかな希望とさらなる絶望で出来ていますorz では今回の地獄少女感想です。 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)金... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 18:25

» 地獄少女 二籠 第22話「憧憬」 [おもちやさん]
14話で登場した拓真が再度登場。 状況は以前よりも悪化してんなー。唯一の救いは父親が死ななかったことですね。 なんで拓真が犯人扱いされてるのか理解に苦しみます。 そんな中でも拓真はせりと出会って青春して... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 19:23

» 地獄少女 二籠 第22話 [ラブアニメ。]
「憧憬」 す、救いがないよ、拓真(涙)!! 母は殺され、父親は一命を取り留めていたものの、意識不明の重体で入院中。 本当の犯人が既に地獄少女によって消されているなんて警察に言っても信じてもらえるはずないし…... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 21:47

» 地獄少女 二籠 第二十二話「憧憬」 [よう来なさった!]
今回は憂鬱アニメらしく、切ない話になりました。 まぁ憂鬱なのは久しぶりに登場の紅林拓真なのでしょうけど。 『静かな湖畔』の話以来の登場ですね。 あの後、親殺しの疑いを掛けられてしまって 毎日を憂鬱に、そして半ば開き直って生活しているようで 情緒不安....... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 22:35

» 地獄少女 二籠 第二十二話 「憧憬」 [月の静寂、星の歌]
 ラブリーヒルズ――。  バブル期に発展を期待されていた新興住宅地は、  バブル崩壊と共に地価も下落し、  予定されていた新駅建設も見送られ、  そうした狂騒の爪痕だけを残した片田舎となっていた。  そんな中、  他から引っ越してきた “悪魔の子” と....... [続きを読む]

受信: 2007/03/12 00:50

» 地獄少女 二籠 (つД≦。)°ナンデ僕バッカリ… [zenの日記]
今回のお話は 拾四話の「静かな湖畔」の主人公・拓真君のその後… どうなっちゃうんでしょうね…o(・_・= ・_・)o キョロキョロ 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話地獄少女 二籠 運命のいたずら…(・・? 五話地獄少女 二籠 輪入道カッコエエ(≧∇≦) 六話地獄少女 二籠 「あの時」。。。(〃_... [続きを読む]

受信: 2007/03/12 01:22

» 地獄少女 二籠 第22話 [ACGギリギリ雑記]
『憧憬』 私は閻魔あい・・・ きくり。それから骨女・・・ 面倒かけさせるんじゃねーよ。 反省会・・・覚悟しなさい。   「帰るよ」 [続きを読む]

受信: 2007/03/12 01:41

» 第弐拾弐話 他人の視線 [睡魔と戦うのって大変だ]
第弐拾弐話「憧憬」 誰も見たわけで無いのに噂だけでそう決める 事実であっても信じてもらえない地獄通信 存在するのに信じてもらえない地獄少女 誰も信じないその少女は、血のような風景を見つめている いつしかそれが日常となっても... [続きを読む]

受信: 2007/03/12 07:59

» 地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」 [ばーむぅーすの徒然日記]
静かな湖畔の時は可愛いと思わんかったのに、今は拓真凄い可愛いと思う ここ数週間で私の趣味が変わったのかな・・・。 この子なんでこんなにも可哀想なんだろ いつの間にか準レギュラーみたいになってるし。 ってかお姉さん。裸で後ろから抱きしめるとは何事ですか・... [続きを読む]

受信: 2007/03/12 19:59

» (アニメ感想) 地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 母を失い、父親も重症・・・さらには、両親殺害の容疑までかけられた拓真。近隣の住民からは悪魔の子と囁かれ、拓真は孤独の中にいた。そこに、せりと名乗る一人の少女が現われる・・・。... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 00:38

» 地獄少女二籠 第22話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「憧憬」 悪い事すると必ず自分にも帰ってくるって、お父さんが言ってた [続きを読む]

受信: 2007/03/15 21:49

« コードギアス 反逆のルルーシュ 第二十話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 死孵し編 »