« ケロロ軍曹 「ポール 執事の一分 であります」 | トップページ | 神様家族 第六話 »

2007/02/11

地獄少女 二籠 第十八話

 あの人の記憶はほとんど無かった。私が物心がつくかつかないかの内に出ていってしまったから。唯一の記憶はおはじきで遊んだこと。でも、その記憶の中でもあの人は私に笑顔はおろか視線を合わせようともしなかった。

 半年前、交際相手との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた私はいきなり絶望の底に落とされた。今更、あの人が家に戻ってきたのだ。自業自得の交通事故で介護が必要な体になって。

 しかも、あの人は感謝はおろか傍若無人な態度を取り、父と私を見下し、嫌がらせさえした。そして、今日。結婚が延期になったことで、私の我慢は限界に達した…

 と、里奈視点では徹底的に酷い人間として描かれていた母。しかし、父の口から語られた真相は…

 里奈は母の子ではなく、父が子供の産めない母の代わりに別の女に産ませた子供だった。そんな自分を母が好ましく思うわけがない。自分に手を上げずに家を出ていった母は大人の対応をしたのかも知れない。
 にも関わらず、父は執拗に母に家に戻るよう説得を続けていたらしい。そして、母はそんな父を自己満足に酔っているだけだとなじり、車の前に身を投げた。

 恨まれているのは自分たちの方だった。母は自分たちに復讐をしていたのだ。そして、この期に及んでも自己満足を続ける父に鬱屈した思いを募らせ続けていた。

 最後まで、地獄送りの船の上ですら感情らしい感情を表すことのなかった母。その心中を唯一窺い知る事が出来るのは、母がずっと握っていたおはじき…それは里奈の唯一の母との記憶で里奈が母に渡した物だった。

 色々考えさせられる、いかにも地獄少女的な話。誰が悪いかって言ったら、問答無用で父なわけだけど。母と里奈はその被害者だったわけで。特に母の心中を考えると、まさしくそれは本物の地獄すら凌駕するほどの生き地獄…

 だから、父が母を地獄送りに出来ることが納得できなかった。何の恨みだよ?っていうか、流されるのはむしろ父の方なんじゃないかと。後を追って自殺するような雰囲気だったけど、それすらも自己満足にしか感じられないし。

 父の自己満足に振り回された母と里奈が哀れでならない。

 次回は今まで断片的に語られていた輪入道の過去とあいとの出会い。やっぱり主人を殺された恨みで復讐を続けていたところをあいに出会って救われたようで。

2/11 18:00追記
 TB先のブログ様の記事を拝見すると父と母に対する意見が割れてますね。こういう風に様々な見解が出てくるところが楽しいところです。
で、私の記事中の誤解されそうな部分を少し補足。

「母は自分たちに復讐をしていたのだ。」と書きましたが、これも里奈視点の話。母の視点で考えると、母は里奈自身には個人的な恨みは無かったと思うのですよ。里奈自身に罪はない。ただ、父の裏切りの象徴として憎んでいた。そして、その自覚が有りながら、どうしても辛く当たってしまう自分自身が許せなかったのではないかと。

 そして、里奈をこれ以上傷つけないために家を出た。それも自分が悪いように見せかけて。なのに、身動きが取れなくなって否応なく顔をつきあわせる羽目になり、自分の中の鬼をひきづり出され続ける…これが生き地獄でなく何だというのかと。
 あのおはじきに向かって謝罪していたのは想像に難くないです。

 母も父を愛していた。愛してたからこそ裏切りが許せず、その憎悪は100倍だったことでしょうに。今回の地獄送りに至ってはお為ごかしの二度目の重大な裏切り。救われません。どうにか地獄送りを免除してあげたいところですが、母自身は里奈に理不尽に辛く当たった罰として甘んじて…とか考えているのかも。悲しい話です。

|

« ケロロ軍曹 「ポール 執事の一分 であります」 | トップページ | 神様家族 第六話 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/13863355

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 二籠 第十八話:

» 地獄少女 二籠 第十八話「あのひとの記録」 [よう来なさった!]
依頼者の里奈、その母親ともにキツい性格。 娘は母親似なのかなぁ……と思ってたら、母親は違うようでw でも、母親はプライドが高すぎ。 それが今回の悲劇の元なのかもしれませんね。 今回は、まちがいなく親が悪く娘はその巻き添えをくらった感じ。 父親公平は....... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 01:08

» 地獄少女 二籠 第18話「あのひとの記録」 [おもちやさん]
今週も相変わらず重い話ですね。 一度別れた妻が寝たきりになって帰ってきて、しかも性格はかなりキツいと・・・。 こう言っちゃなんだけど、ほとんど顔すら見たことがない娘にとっては苦痛以外の何物でもないだろう... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 02:47

» 「地獄少女 二籠」#18 あのひとの記憶 [ラピスラズリに願いを]
介護しているのに文句・・・そのとき地獄に送ろうと決意した。 しかし結末はやはり意外な方向へ・・・ ではでは今回の地獄少女感想です。 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)金巻兼一、岡真里子 他 (2007/03/28)アニ... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 03:37

» 介護保険ってどういうシステムなんだ? [Le mouvement premier]
. . . . . 地獄少女二籠第18話「あのひとの記録」の感想です。  あら [続きを読む]

受信: 2007/02/11 03:53

» 地獄少女 二籠・第18話 [たこの感想文]
「あのひとの記憶」 半年前、恋人との結婚を決めた里奈。そんな時、父は幼い頃に家を [続きを読む]

受信: 2007/02/11 06:56

» 地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」 [リリカルマジカル]
[[attached(2)]] 今回の依頼人は武田里奈。 結婚も決まって、幸せな時を過ごしていたが・・・ そこに幼い頃、里奈を置いて出て行った母美千代が交通事故にあい下半身不随になって家に戻ってくる。 このことは父である公平の判断によるものだった。 美千代は里奈と公平に我儘を言いまくり嫌がらせをしていた。 まあ、病人は心から病むと言うけど、美千代は明らかにわざとやってるだけにフォローができないですね。 さすがにそれに耐えられなくなった里奈は地獄通信にアクセスし藁人形を受け取る。..... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 10:25

» 地獄少女 二籠 第18話 [ラブアニメ。]
「あのひとの記録」 萌えが足りない!! 今回は、子供の頃家を出て行き、今は交通事故で介護が必要な冷たい母が戻ってくる話。 父の一存でそれは決まったものの、横暴な態度を続ける母の存在に父は日に日に疲れていき... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 10:39

» 地獄少女 二籠 悲しいお話(;ω;) [zenの日記]
今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話地獄少女 二籠 運命のいたずら…(・・? 五話地獄少女 二籠 輪入道カッコエエ(≧∇≦) 六話地獄少女 二籠 「あの時」。。。(〃_ _)σ|| 七話地獄少女 二籠 恵美ちゃん良い子なのに(つД≦。)° 八話地獄少女 二籠 ……教師と言うもの 九話地獄少女 二籠 禁断の世界×... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 10:53

» 地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」 [SERA@らくblog]
これぞ地獄少女! みたいな全力で憂鬱な話でした(><;) ってか、最終的に地獄流しで決着なのですが。 あいたち抜きでも、普通に救いのない鬱ドラマみたい… [続きを読む]

受信: 2007/02/11 18:56

» 地獄少女二籠 #18 [マニアックにあこがれて]
『あのひとの記録』 [続きを読む]

受信: 2007/02/11 22:40

» 地獄少女 二籠 第十八話 「あのひとの記録」 [月の静寂、星の歌]
 愛されたと感じたことはなかった。  笑顔さえ見たことはなかった。  形式的な絆は想いを繋ぐ細い糸ではなく、  ただ献身を強要する――、  鉄の鎖。  遠い遠いあの日の過ちが、  今精算されようとしていた――。 ... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 02:20

» 地獄少女 二籠 第18話 [ACGギリギリ雑記]
『あのひとの記録』 私は閻魔あい・・・ 半信半疑だったくせに呼んだ?   「それは地獄少女だった・・・」 ・・・・・・そうよ。だったらわかるでしょ? テレビでも噂のソレは、忙しいの。 ハイ藁人形・・・説明聞く? いらない... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 19:18

» 地獄少女二籠第18話 [アニメ探索小隊]
地獄少女二籠第18話「あのひとの記録」の感想。今回のはここ最近のに比べればソフトな内容でしたが、それでも哀しいお話。自分以外の女が産んだ子どもを愛せるかと言われればどうでしょうね。しかもその子を認めれば自分の存在を否定しかねないとくればそれはなおのこと..... [続きを読む]

受信: 2007/02/16 20:54

» (アニメ感想) 地獄少女 二篭 第18話 「あの人の記憶」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 結婚が決まり、里奈は大いなる幸せに浸っていた。しかし、そんな彼女の元に一本の電話が入る。それは、かつて自分の下を去っていった母が帰ってくるという知らせだった・・・。... [続きを読む]

受信: 2007/02/17 12:09

« ケロロ軍曹 「ポール 執事の一分 であります」 | トップページ | 神様家族 第六話 »