« くじびきアンバランス 第十一話 | トップページ | N・H・Kにようこそ! 第二十四話 »

2006/12/19

夜明け前より瑠璃色な 第十一話

 ユルゲンに嫌悪感を抱くのは元より、国王の余りものへたっれぷりに絶望した!
元より期待なんていてなかったけど、完全にユルゲンに良いように操られてるし…

 国王のとこに向かっているのは分かっているんだから初めから王の間の前に兵を配置しておけばいいのに。もしかして気づいてなかったとか?

 ところで、親地球派ってどう見てもフィーナの周りのごく一部の人間しかいない気がするんだけど?それに比べ反地球派は軍部を掌握してるっぽいし、こんなんじゃユルゲンが失脚したとしても遅かれ早かれ達哉が暗殺されて終わりなんじゃ?

 ユルゲンと逆サイドにいる連中が親地球派だとしても、ユルゲンの言いなりになっている国王に何の進言もしない時点でただの烏合の衆だし。

 この不快感は狙い通りなのかも知れないけど、最終回に払拭されるのだろうか…

|

« くじびきアンバランス 第十一話 | トップページ | N・H・Kにようこそ! 第二十四話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/13118419

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明け前より瑠璃色な 第十一話:

» 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話 [孤狼Nachtwanderung]
第11話「お姫様とその手をかさね」 達哉とカレンは警告を無視して月へ突進! 「断じて殺してはならん」と命ずる王様。 それに対してユルゲンは是と答えておきながらも、「威嚇の手元が狂うなどよくあること。フフフ」とあくまでも撃墜する構え。 しかしカレンは巧み... [続きを読む]

受信: 2006/12/19 11:56

» 夜明け前より瑠璃色な −Crecent Love − 「お姫様とその手を重ね」 [ゼロから]
達哉を月に連れて行ったカレン。月に言った時点で即座に打ち落とされなかったのはカレンの功績のお陰でしょうか。 [続きを読む]

受信: 2006/12/19 23:35

« くじびきアンバランス 第十一話 | トップページ | N・H・Kにようこそ! 第二十四話 »