« 武装錬金 第十話 | トップページ | すもももももも ~地上最強のヨメ~ 第十話 »

2006/12/09

あさっての方向。 第十話

 ようやく誰にも迷惑をかけずに生きていける場所を見つけた―おそらくそう思っていただろうからだ。しかし、突然現れたテツに戸惑い、必死に自分を捜す姿を見て、自分は迷惑をかけ続けているんだとということ、ただ、それから目をそらして逃げているだけに過ぎないのだということ、そんな事実を突きつけられることに。

 いたたまれなくなって、何故、そんなに必死に探すのか、見つからなかったらどうするのかと問いかけるからだ。テツから返ってきた答えは、好きだから見つかるに決まっている、と言う物。シンプルだけど、それ故に飾らない本心をさらけ出す言葉。

 自分は邪魔者だからいなくなった方がいい、そう思いこんでいるからだにとって自分の存在を肯定してくれる言葉は何よりも嬉しいに違いない。でも、今のからだにとってそれは自分の願いが間違っていたと言われているにも等しくて。

 急な大雨の中、足を滑らして転倒してしまったテツ。怪我自体は大したことはなかったが、今までの疲れからか熱を出して寝込んでしまうことに。
 自分のせいだと責任を感じ、テツを看病するからだ。自分はここにいる。その一言を言いたくても言えず、からだはただ謝ることしかできなかった。

 一方、尋は部屋でただ、からだが帰ってくるのを待っていた。探して欲しくないと言うからだの意志をくんで、信じて待ち続ける。とか言えば聞こえは良いけど、結局、拒絶されて傷つきたくないだけ。そして、自分がからだに必要とされているという自信を持てないだけ。

 この、自分は相手の負担になっている。自分がいなければ相手は幸せになれる。という思考回路が、むしろ二人が兄妹だという証明になっている気もしないではないけど…

 自分が必要とされているという自信を持てないために相手を思いやりすぎ、かえって相手を傷つけてしまう二人の心があさっての方向から今に戻ってくるには、包み隠さず好意をぶつけてくる存在が必要なのかも。

|

« 武装錬金 第十話 | トップページ | すもももももも ~地上最強のヨメ~ 第十話 »

終了・あ あさっての方向。」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あさっての方向。 第十話:

» あさっての方向。 第10話感想 [少年カルコグラフィー]
「第10話」 「「本当の名前」なのです」  とりあえず……だ。  からだちゃんのカワイサは異常…… [続きを読む]

受信: 2006/12/09 04:58

» あさっての方向。【第10話】「本当の名前」 [48億の個人的な妄想]
徹達がやってきて気まずそうなか [続きを読む]

受信: 2006/12/09 06:16

» あさっての方向。・第10話 [たこの感想文]
「本当の名前」 からだの働くペンションにやってきた客。それは、琴美と網野だった。 [続きを読む]

受信: 2006/12/09 08:58

» あさっての方向。 第10話 本当の名前 [礎 -ishizue-]
五百川 からだ (佐藤さん) 秘密です。 網野 鉄允 あいつだから……。 いきなり修羅場の予感。 そういえば網野は大人になった状態... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 08:58

» あさっての方向。「本当の名前」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
【10秒で分かる、今日の『あさってのほうこう。』】 接近遭遇同級生 曖昧回想恩師と生徒 憂鬱追憶海岸線 絶叫告白知らぬが仏 風邪疾患影響甚大 ういうい、んでは「あさっての方向。」を見ての感想なんかをまさまさと・・・。 「好きだから見付かるんだよ!!....... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 17:08

» あさっての方向。 第10話 本当の名前 [テレビアニメ【作品の感想】]
徹允はからだに告白していました。あれだと知らない人が通りがかったら、大きなからだに告白しているように見えそうです。 今回は徹允が自転車に乗って移動していましたが、以下は自転車に関する記事です。 自転車の歴... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 20:15

» 本当の名前 [tune the rainbow]
「見つかるまで探すんだよ!スキだから見つかるんだよ!!」 [続きを読む]

受信: 2006/12/12 00:02

» あさっての方向。 第10話・「本当の名前」を見て寸評 [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 うはあ…本当の名前を明かせないのがこれほどまでに心苦しいものになるとは…テツが諦めてくれればまだ救いようがあるものの、自分を探し続けてくれることで逆に彼が傷ついてしまうことにどうしようもないもどかしさを感じるという…  からだが居なくなったことで、尋の家から出て行く椒子もまたやるせない。その表情を見るに、本心から出て行こうとしたとは思えない。無理矢理自分の中で踏ん切りを付けなきゃならな�... [続きを読む]

受信: 2006/12/15 00:00

» あさっての方向。 #10 「本当の名前」 [月の静寂、星の歌]
 きっかけは偶然だった。  尋兄と椒子さんとの仲を邪魔している自分を許せず、  家を飛び出した。  もう帰らないつもりだった。  でも他にも私の帰りを待ちわびる人がいて、  必死に駆け回り、私を探し続けていることを知った。  どうして?  彼の答えは――。 ... [続きを読む]

受信: 2007/02/05 23:06

« 武装錬金 第十話 | トップページ | すもももももも ~地上最強のヨメ~ 第十話 »