« ケロロ軍曹 「ケロロ 七夕に願いを! であります」 | トップページ | 現在の惨状 »

2006/07/08

ウィッチブレイド 第十三話

 子供は実の親の元にいるのが幸せとか正論ぽい事を吐く児童福祉庁の陰険おばさん。言ってることは法的は正しいかも知れないけどさ、それを子供や第三者がいる前で言うなよ。

「生みの親より育ての親」と言う言葉もあるし、玲奈も研究対象としか見てないんじゃないかと思ったら、玲奈、通販で子供服とか買ってるし…親の愛情はあるよう。いや、マニュアル通りに行動しているだけ?

 このまま逃亡生活では梨穂子は学校にも通えないと思い至り、玲奈に自分の落ち度を指摘されて、梨穂子を手放す決意をした雅音。梨穂子の方も雅音の「自由になれる」という言葉を真に受けて玲奈のもとに。
 梨穂子、子供らしからぬ聞き分けの良さだけど、言葉の裏を察する程まではさすがに望むべくもなく。

 自分の体の変調に気づいているらしい玲奈。自分の体が崩壊する前に何をしたいと思っているのやら。遺された時間を子供と一緒にいたいだけ、とかだったら哀しいな。

 母子手帳に書かれていた「天羽雅音」という名前すら偽名だったと知らされた雅音。梨穂子まで失ったらアイデンティティが完全に崩壊しちゃうよ。残ったのがウィッチブレイドだけじゃ、もう戦いしか残ってないし。いや、その戦いも最近押され気味でなんかしらのパワーアップでもしないと不安だし…

 梨穂子がいないから予告は音声無しなのね…

|

« ケロロ軍曹 「ケロロ 七夕に願いを! であります」 | トップページ | 現在の惨状 »

終了・う ウィッチブレイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/10845043

この記事へのトラックバック一覧です: ウィッチブレイド 第十三話:

« ケロロ軍曹 「ケロロ 七夕に願いを! であります」 | トップページ | 現在の惨状 »