« ひぐらしのなく頃に 第十三話 | トップページ | ARIA The NATURAL 第十四話 »

2006/07/03

ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- 日記その10

 以下の文章は、クリアまでのネタバレを含んでいます。
また、キャラの性格が破綻していたり、設定と違ったり、事実誤認をしている場合がありますのでご了承ください。

 レザードを止めるためにレザード・ヴァレスの塔を駆け上がる私たち。とは言っても、神様二柱と不死者王がいるのだから、私の出番はありません。ブラムスさんはあらかたのスキルを覚えていたので、レナスさんとアーリィにスキルを覚えさせつつ進軍。攻撃力の高いアリューゼさんがそこに加わります。

 さすがにこの4人の攻撃力は半端ではなく、ソウルクラッシュ4連が決まればほぼ勝てます(レナスさんにヒートアップを覚えさせて3番目に使用)。

 塔の中程でレザードのホムンクルスとシルメリアのホムンクルスに遭遇。レザードのホムンクルスは雑魚でしたが、シルメリアのホムンクルスは本物のシルメリアの魂を使っているだけあって一筋縄ではいきません。どんなにダメージを与えても次の瞬間にはHP全快。キリがありません。どうしようもないので、一旦戻ってHP回復禁止の封印石をセットして再チャレンジ。相手の攻撃力が1.5倍になってしまうのは仕方ない。

 何とかホムンクルスを倒し、シルメリアの魂を取り戻しました。シルメリアの魂は弱っていましたが、私の呼びかけに応えて実体化出来ました。ようやく私は奪われていた半身を取り戻したのです。というわけで戦いは神様3柱とブラムスさんにお任せです。

 ついにレザードを追いつめた私たち。しかし、レザードは王呼の秘法を使用。戦乙女3柱は行き場のない転生を強いられ、レナスさんは囚われの身に、アーリィとシルメリアはこのままではそのうち消えてしまう、精神だけの存在にされてしまいました。

 このままみんなを消滅させず、レザードを倒すには、ブラムスさんの体を器に戦乙女3柱の精神と魂を融合させるしかない、とブラムスさんは言います。でも、心は乙女、体はマッチョではあまりにも酷すぎます。

 私は自分を器にしてくれと申し出ました。どうせこの体は既に不死者なのです。それにシルメリア達と融合できるならむしろ本望です。本来ならば私とシルメリアは一つだったのだから。ただ、その力に肉体が耐えられるのはほんの短い間とのことですが…

 再びレザードに挑んだ私たち。なんか封印されているレナスさんにぶつぶつなんか気持ち悪いことをつぶやいていますが、そんなの無視して封印石の破壊に全力を注ぎます。
 この封印石、レザードの性格の悪さと比例しているのかやたら硬くて、破壊するのに20分くらいかかりましたが、それでもようやく破壊し、私と戦乙女達は融合。合体超神・ヴァルキリー、ここに降臨。

 レザードはレナスを奪われたことに怒り狂い、オーディンと融合して得た神の力を全開にして襲ってきおった。その力の前には、アリューゼとルーファスはおろか、負傷しているからかブラムスの奥義さえもほとんどダメージを与えられぬ。頼みは我が神技、ニーベルン・ヴァレスティのみか。

 レザードの攻撃で注意すべきなのは即死技の「力ある言葉」と、名は覚えておらぬが全体に大ダメージを与えてくる大技。大技の方はフィールドのほぼ全てが効果範囲らしく、ほぼ避けることは不可能。ヒールリングのファーストエイドかガッツが発動してくれるのを祈るのみ。これに比べればメテオスウォームの方は可愛い物だ。

 現在の我が戦力は私・ヴァルキリーLV55、ブラムス61、アリューゼとルーファスが40。私とブラムスはタフネスでHP1万を超えているが、残り二人はHP10%UPにタフネスつけても7000中程。

 全員に毒対策でポイズンチェックをつけ、さらにヒールリングを装備。回復量2倍の封印石の効果でファーストエイドが発動すれば、受けたダメージ分そのまま回復できる。

 有効なダメージを与えられるのは私のみなので、パワーバンクルと決め技の威力20%UPのアクセサリーをつけ、さらにフェイントのスキルで攻撃力の底上げを図る。

 スキルは全員にガッツ。フリーアイテムはブラムスにつけ、残り二人は少しでも生き残る可能性を上げるためにレジストマジック。

 封印石は回復量2倍、攻撃力1.2倍、防御力1.2倍。属性抵抗全強化。フィールドにHP回復禁止+攻撃力1.5倍、防御力2倍…今考えれば防御力2倍の封印石を回収してから挑むべきだったか。

 攻撃順はアリューゼ、ブラムス、ルーファス、ヴァルキリー。なるべくHIT数を稼いで決め、ダメージを受けたら即回復。どうせラストバトルだ。豪勢にいこう。

 なんとかレザードを討ち滅ぼした私だったが、この肉体ももはや限界のようだ。ルーファス、ブラムス、アリューゼ、後は…頼む…


…ごめんなさい、ルーファス。でも、貴方と出会えて…旅が出来て…一緒にいられて…楽しかっ…た…


 私の魂が…転生することが…あった…なら、その時も…一緒に…旅が…したい…な…


 こうして、私の旅は幕を閉じました。ミッドガルドに幸多からんことを。

 え、二週目?セラフィックゲート?まあ、あとはのんびりと楽しみます。
ちなみにセラフィックゲートに行ってみたら、案内役の娘に殺されました(T-T)

|

« ひぐらしのなく頃に 第十三話 | トップページ | ARIA The NATURAL 第十四話 »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/10768060

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- 日記その10:

» VP2 最終章 [一片氷心]
 ヴァルキリープロファイル2のプレイ日記です。エンディングまで行きました。 [続きを読む]

受信: 2006/07/03 20:17

« ひぐらしのなく頃に 第十三話 | トップページ | ARIA The NATURAL 第十四話 »