« ゼーガペイン 第八話 | トップページ | いぬかみっ! 第八話 »

2006/05/26

成恵の世界 少年エース2006.7月号

 鈴ちゃん達が救出に現れて、いよいよ佳境に入ったアバロン合星国からの成恵と和人の奪回作戦。

 既に成恵と和人の知力体力時の運感応力に遺伝設計まで調べ上げていたアバロン。しかし、そのきわめて平凡な結果を、大統領は「何の価値もなく世界に痕跡も残さない雑草」と評価。

雑草などと言う草はない!!

 麗ちゃんは自我を持たない機械なら一方的にコントロールを奪うことが出来るらしい。アバロンの着ぐるみ強化服があっという間にハングアップ。オプション火気制御の延長?

 機族の女王陛下。蘭ちゃんの「天に星。地に花。人に愛。」という問いかけに「鉄に夢。」と返し、あっさり「信じる道を行きなさい」と許可。あげくに銀連理事の命令は耳に手をぱたぱたやって「聞こえませ~ん」って、なんなんだこの女王の威厳も何もない脳天気さは。外見はバチスカーフで中身は鈴ちゃんか?
 機族達の求める理想型って、やっぱり鈴ちゃんタイプなの?(^^;;;

 成恵と和人に「宇宙と宇宙をつなぐ力」があるから機族が二人を守っているのではないかと詰め寄る大統領に、鈴ちゃんは「好きだから助けに来たんです。」と返答。そして、「もしかしてそんなこともわからないんですか?あなたたちは人間なのに」と困惑気味に付け加える。もうどっちが人間でどっちが機械なのやら(^^;;;
 まあ、鈴ちゃんだからこそ言える台詞なんだけど。

 宇宙と宇宙をつなぐ力。成恵の世界と和人の世界をつなぐ力。そして、それは銀連の世界と地球の世界をつないだ成恵の両親・正と成美から受け継がれた力な訳で。大切なのは心と心のつながり。そして愛ですか。

 潜伏していたバチスカーフに全員無事に収容し、後は脱出するのみ。でも、放浪機姉妹が黙っているわけもなく、今のバチスカーフは丸腰同然。麗ちゃんと蘭ちゃんも多分武装は許されてないだろうし。ぶち切れてる名越大佐とコンゴウ、そしてバサリ王子が頼り?

…来月で宇宙編、ホントに終わるの?

|

« ゼーガペイン 第八話 | トップページ | いぬかみっ! 第八話 »

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/10247516

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2006.7月号:

« ゼーガペイン 第八話 | トップページ | いぬかみっ! 第八話 »