« アニアニランド 第八話 | トップページ | 成恵の世界 少年エース5月号 »

2006/03/25

地獄少女 第二十三話

 今回のターゲットは看護婦(看護士といわないといけないのか?)加奈子。しかし、いくら調べても加奈子が恨みを買うような理由は見つからず、彼女の非の打ち所のない善人ぶりが証明されるばかり。ようやく見つけた加奈子を逆恨みしていそうなじいさんも地獄通信を知らず、完全に八方ふさがりになってしまう。

 つぐみは加奈子を悪人と決めつけていただけでなく、はじめちゃんがデレデレしていることに対して嫉妬してたよな(^^;

 はじめちゃんがじいさんに地獄通信を教えてしまったが故にじいさんがアクセスしてしまう、という皮肉な結果になったらどうしよう、とも思ったがさすがにそんな因果律の逆転はなかった。

 そんなじいさんの逆恨みさえも、じいさんの心の平穏のためと受け入れる加奈子。ホントに天使だよ、この人。しかし、無情にも地獄送りは実行されてしまう。

 依頼者もその直後に自殺。恨みの理由さえも明かされることはなく、仕事人達でさえ後味が悪いと漏らす始末。そして、直接手を下さなければならなかったあいの苦悩は計り知れない。

 地獄通信にアクセスできた以上、この男が加奈子に何らかの恨みを抱いていたのは間違いないのだが、それがわからない以上、加奈子にはどうしようもないわけで。どんなに品行方正に生きていても、ふとした弾みに自覚無く恨みを買ってしまうことはありえるし。

 この男がもし、「俺はいつも君を見ているのに君は僕に気づいてくれない。こんなに見ているのになんで。恨めしい。お前を地獄に送って俺も死ぬ。地獄で会おう。」とか、そんな思考をしていたら、それこそ一方的に地獄行きの無理心中につきあわされる方はたまったものじゃない。

 地獄送りを肯定していたつぐみもさすがにこれには大きなショックを受け、公園の木の下で泣きじゃくっていると辺りの景色が一変。桜と滝、そしてその下の小川で戯れる男の子と女の子。男の子は仙太郎、そして女の子は幼い頃のあい?

 近くに地獄少女が立っていることに気づき、呼びかけるつぐみに応えるあい。「仙太郎を知っているの?」というあいの言葉に戸惑うつぐみ。二人の対話はどんな結末をもたらすのか?

 400年前、消された歴史にあいと柴田親子をつなぐ糸があるらしい。仙太郎かあい、もしくはあいが地獄少女になるきっかけを作った人物の子孫が柴田親子、なのか?

|

« アニアニランド 第八話 | トップページ | 成恵の世界 少年エース5月号 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

 この回の依頼人って、やっぱり藤さんが思ったような理由で依頼したんでしょうね。
個人的には

「よお、あんたか」
「ここがどこだか、もうわかってるよね」
「ああ。彼女はもういったんだよな」
「ええ」
「へへ、楽しみだぜ、これでずっと一緒にいられるんだな」
「さあ、どうかしら」
「?どういうことだよ?」
「地獄は、苦しみを受ける場所。あなたが彼女と一緒にいることを、許してくれるのかしら?」
「!じゃ、じゃあ、俺は、彼女に会えないってのか!?」
「探せば、会えるかもね。でも、地獄も、広いから」
「おい!まてよ!それじゃ意味ねえよ!戻せ!戻せよお!」
「(この恨み、地獄へ流します)」

とか言う流れになっていたら、多少は溜飲も下がるんですが…。

 あと、この回みたいな流され方の場合、間をおいて現世に戻れる可能性もある、
とかなら救いもあるんでしょうけど、一目連の台詞からすると流石にそれは無いんですね。
それならあいもそんなに苦しむわけも無いし…。

4au7d3@bma.biglobe.ne.jp

投稿: ゆーじ | 2006/04/25 20:34

>ゆーじさん
 人を地獄送りにしておいて地獄で一緒になろうなんて虫が良すぎですね。それに地獄もピンキリですから、加奈子は比較的軽い地獄でしょうけど、この男は最下層の無間地獄行きと思われるので絶対に会えないかと。

本人の罪が小さいなら恩赦くらい欲しいですよね。

投稿: 藤ゆたか | 2006/04/27 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/9253071

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 第二十三話:

» 地獄少女 第23話とか、WBC準決勝「日本×韓国」とか [月の静寂、星の歌]
副題「病棟の光」  地獄通信は “システム” 、いわば機械、  怨みが弱い者は触れることさえ叶わない。  しかし強い怨みさえあれば、  その正誤、善悪は一切問われない。  狂気のままに振るわれる神の凶器、  絶対者の鉄槌が、  今日もまた、善人に....... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 19:19

» 地獄少女#23「病棟の光」 [今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-]
若くて美人の看護師さん・・ そんな人が悪いことなんかするはずないだろ!( ゚Д゚) 実にわかりやすい思考の元、今日も復讐を止めようとするはじめちゃん。 なんとかお近づきになろうと恨まれる原因を探そうと、ついに検査入院まで決意。 今日のはじめちゃんは熱心度が違いま... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 19:38

» 地獄少女 #23 [★虹色のさくらんぼ★]
第23話 【病棟の光】 "この病院で間違いないんだな?" "やっぱり良くないよ!!" "俺は認めん!!復讐なんて・・・" ハジメちゃんも頑固ですね(^_^;) 今回のターゲットは美人看護婦・桜木加奈子さん(CV:沢城みゆき)。 早速聞き込み調査をするハジメ。 悪い噂は無い....... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 19:49

» 落語天女おゆい 第十二席「信じる言葉 ふれあう心」(最終回) [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
落語天女おゆい公式サイト アニメ・パプリカ あぁ〜悪の帝王Aパートで消失。 なんか、相変わらず悪役のやられ方が地味だなぁ…。 それとは逆に、妙ちゃんの言葉がかなり印象的だったよ!? 「雅さんの火が、少し消えそうになりましたけど…」だって!! 次期生徒会....... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 02:18

» 地獄少女 逆怨み(・・? 何怨み(・・? [zenの日記]
つぐみちゃんは次のターゲットを見る… そして… ハジメちゃんと一緒に病院に訪問… 若くて美人の看護師がターゲットらしい… 看護師とすれ違うハジメちゃん達… 桜木加奈子25歳らしい… 周りの評判はかなりいいらしい… 恋人もいないらしい… 両親もいい人らしい… 近所のおじいちゃんにも優しい良い子… 良い子ですね(〃∀〃)ポッ 悩むハジメちゃん… 検査入院をする事に… 病院の中でも人気者の加奈子… 看護師さんに話を聞くが… ... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 05:05

» 地獄少女 第二十三話「病棟の光」 [今日もコレクト!]
今回のターゲットは看護婦。 仕事もできる働き者、まわりの評判もよく恨みを買うような理由はどこにも見あたらない。 そんな彼女がなぜ? [続きを読む]

受信: 2006/03/26 06:16

» 地獄少女・第23話 [たこの感想文]
「病棟の光」 つぐみの見た映像。そこにはとある病院の光景が映っていた。標的は、そ [続きを読む]

受信: 2006/03/26 07:59

» 地獄少女 第23話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「病棟の光」   何の非もない女性が復讐対象者となり、愕然とするツグミ。  そしてツグミの前にアイが現れ...  以下詳細  *********** [続きを読む]

受信: 2006/03/26 09:07

» こころの軋む音「地獄少女」第23話 [その他省その他局執務記録]
閻魔あいを擁護してきたつぐみも、不条理な事実を目の当たりにして、地獄送りに疑問を感じ始めます。 第23話「病棟の光」です。 つぐみの見た次の地獄送りの対象者は、桜木加奈子という看護師でした。 柴田父娘は、さっそく加奈子が勤務する病院へと向かいます。 つぐみは..... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 17:23

» 地獄少女 第23話感想 [少年カルコグラフィー]
 うあー!  今回の話は酷いー。  オレ、泣くぞ、マジで・・・。  真紅まゆらが地獄逝きー・・・だが、あいタソは、仕事断れないんかね?? 第二十三話「病棟の光」 [続きを読む]

受信: 2006/03/26 20:14

« アニアニランド 第八話 | トップページ | 成恵の世界 少年エース5月号 »