« 地獄少女 第二十三話 | トップページ | 落語天女おゆい 第十二話 »

2006/03/26

成恵の世界 少年エース5月号

 惑星日本を社会科見学させられる成恵と和人。何とか隙をついて逃げ出した物の、危険な転送をしたと言うことでコネクタが機能停止。

 シラセと違って惑星日本担当の転送管理船は容赦がないよう。罰則で電撃って、三原則はどうした?あれは人間がやってるの?

 知らない場所は怖い、という成恵。まだトラウマは癒えてないよう。和人、ちゃんとフォローしてあげなきゃ。

 ツルギスタンのバサリ王子とシュシュル姫、久しぶりに登場。そういえば、惑星日本が難民受け入れしてたんだっけ。そして、惑星日本の七瀬家には香奈花の母・名越大佐と重護衛艦コンゴウが。

 自分を見つめる晴香の視線に困惑する成恵。そういえば成恵は顔を知らないのか。香奈花もきっと気を遣って写真とかは見せなかったんだろうな。

これで一安心…と思ったのもつかの間。

 精神操作ペンダントは間一髪破壊した物の、拘束されてしまうコンゴウ。星船と言えど人型では、百戦錬磨の戦闘機には後れを取ってしまうのは仕方ないか。

 再び、囚われの身となった成恵と和人。爆破された七瀬家にいた面々の安否は?コンゴウとバサリ王子のパワードスーツでなんとか難を逃れているとは思うけど。

 しかし、こんな実力行使に出て、惑星日本とアバロン合星国の星間問題にはならないのか?いないことになっている成恵はともかく、銀連の大佐とツルギスタンの王族に危害を加えるのはやばいんじゃ。全部放浪機が暴走したことにするつもりか?

 改めて、機族が兵士であることを実感する和人。話はどんどん大きく、深刻な方向へ。香奈花達は今どこにいるんだろう?まさか惑星日本にいるとも思ってないだろうし。いや、バサリ王子が助けに現れたところから見るに既に連絡は取り合っているのか?晴香が在宅だったのも偶然ではないだろうし。

|

« 地獄少女 第二十三話 | トップページ | 落語天女おゆい 第十二話 »

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/9259123

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース5月号:

« 地獄少女 第二十三話 | トップページ | 落語天女おゆい 第十二話 »