« 舞 乙HiME 第四話 | トップページ | ローゼンメイデン・トロイメント 第二話 »

2005/10/29

地獄少女 第四話

 外道獣医師に愛犬を見殺しにされた純子。

 最期まで手を尽くしたと信じ、感謝を述べる純子を見て、良心に苛まれた助手の関本から真相を聞き、地獄通信にアクセスしてしまう。

 地獄の光景を想像して、糸を解くことができない純子。キャンディーもそれを望んでいる訳じゃないし、許してくれるよ。

 今回は糸を解いてしまうまでの依頼者の葛藤がよく出ていたと思う。
今は無き両親からもらった、たった一人の家族を見殺しにされた怒り
動物が言葉を喋れないのをいいことにろくな治療もされずに放置されている動物たち
私欲を肥やし、権力で思い通りにしようとする傲慢さ
それでいて、証拠隠滅は完璧

 これからも不幸なペットや飼い主が増え続けるのなら、この身を地獄に落としても、という決意を持って糸を解くのならそれを止める気はない。
 なんか、衝動的に解いていた様に見えるが一応そんな感じに納得しておこう。

 地獄通信にアクセスしたのが関本だったら、それを見ながら止められなかった自分も同罪で地獄がふさわしいとか、そういう理由もありだったかも。

 自分が動物にした仕打ちを仕返される外道獣医師。麻酔無しで手足を切り落とされたり、腹を開いたまま、放置されるくらいのことをされてもいいと思う。それじゃブラックジャックか(^^;;;

 三途の川で、今まで殺してきたペットたちに「助けて先生」とまとわりつかれる外道獣医師。このくらい、当然の報いだな。

 ふと思ったのだが、地獄送りにされている奴らは死んだら地獄行き確定な外道ばかりだし、結局、それが早くなるか遅くなるかの違いしかないんじゃ?
 そして、絶妙なタイミングで地獄通信の噂を依頼者の耳に入れる女子高生。
地獄に落ちる人間を増やすための罠なんじゃないかという気がしてきた(^^;;;

|

« 舞 乙HiME 第四話 | トップページ | ローゼンメイデン・トロイメント 第二話 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/6726738

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 第四話:

« 舞 乙HiME 第四話 | トップページ | ローゼンメイデン・トロイメント 第二話 »