« ガンパレードオーケストラ 第四話 | トップページ | ARIA The ANIMATION 第四話 »

2005/10/27

灼眼のシャナ 第四話

 トーチは木や石と変わらない。だから、その前で肌をさらそうと何のことはない、はずなのに意識してしまうシャナ。アラストールの指摘もかえってシャナを苛立たせる結果に。
 お約束のオンパレードなのだが、アラストールがいちいち冷静に語っているのがいいなぁ。
 風呂に入らなくても汚れも臭いも全部燃やし尽くすから大丈夫、って理屈はそうなのかも知れないけど…

 フリアグネの目的はマリアンヌを燐子から紅世の徒に進化させること?それができるならフリアグネ自身もより強力な王になれるということか?

 シャナの教師狩りに対抗して、延々とトラックを走らせる体育教師。陰険というか、頭悪いというか。
悠二の機転で浮いた存在から英雄にクラス内の評価ががらりと変わったシャナ。でも、それもシャナにとっては調子が狂うだけ。

 そんな状態で街に侵入したフレイムヘイズ・マージョリーを迎え撃つシャナ。でも、憂さ晴らしで勝てるような相手ではなく、当然のごとく敗北。アラストールもどうしてシャナが冷静さを欠いているのかよくわかっていないようだし…

 しかし、マージョリーの詠唱って無茶苦茶な気がするんだがあんなのでいいのか?

|

« ガンパレードオーケストラ 第四話 | トップページ | ARIA The ANIMATION 第四話 »

終了・し 灼眼のシャナ」カテゴリの記事

コメント

シャナの着替えを除いた罪、
悠二はお仕置きされて、
パンダ面になるなんて哀れでしたね・・・。

失礼します

投稿: 鳴海みぐJr. | 2010/10/31 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/6649158

この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナ 第四話:

« ガンパレードオーケストラ 第四話 | トップページ | ARIA The ANIMATION 第四話 »