« 舞 乙HiME 第一話 | トップページ | BLOOD+ »

2005/10/08

ぺとぺとさん 第十三話

 強力磁石付きのダーツ。なんだ、そのいろんな物理法則を無視した動きは(^^;;;

 散々思わせぶりなことをしていて、結局何もわかっていなかった母。さすが母と言うべきかも知れない(^^;;;

 プロジェクトアケガラス開始と同時にくぐる離反。ぺと子に思いの丈をぶつける。そんな中、化けダニが学校に集結。ぺと子を襲い始める。

 ぺと子、子供の頃に生体実験でもされていたのか?そのトラウマが化けダニを呼び寄せたんなら、なぜいままで放って置いて、このタイミングで襲ってきたのかがよくわからない。仲間が集まりきるのを待っていたのか?

 最近ぺとり難くなったというぺと子の手紙。シンゴに恋していると自覚したからなんだろうけど、クラスに向けての手紙に会いたいと書くのはのろけ以外の何者でもないよな…

 ところでエピローグのぬりちゃんの額、小さくて読めなかった。なんて書いてあったんだろう?

 最後はぺとってしまって博多行きは断念、という流れになるかと思っていたんだけどなぁ…

|

« 舞 乙HiME 第一話 | トップページ | BLOOD+ »

終了・ぺ ぺとぺとさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぺとぺとさん 第十三話:

« 舞 乙HiME 第一話 | トップページ | BLOOD+ »