« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/29

かみちゅ! 第十二話

 間近に迫ったヴァレンタイン。放っておいたら今年も二宮にチョコを渡せそうもないゆりえ様。しかも、当の二宮はヴァレンタインのことはまるで頭にないどころか記憶すらしていない。

 というわけで、祀と光恵によるヴァレンタイン告白作戦発動。がんばれ、ゆりえ様!

 一方、みこが八島様にさりげなくリサーチ。チョコを軽くあぶってみそをつけて食べるとおいしいって、ホントか!?

 ヴァレンタイン当日。肝心のチョコを忘れるゆりえ様。ゆりえ様らしいっていうか(^^;

 クラスの女子全員の協力、町の人たちのお参り(八島様が頼りになるとはイマイチ思えないが)、光恵の特急便、タマのお使いによって、ゆりえ様は、ついに屋上の二宮のもとへ。

 タマ、普通の猫じゃないとばれちゃったけど大丈夫なのか?貧乏神とばれなきゃ大丈夫か?

 勇気を出して、二宮に告白するゆりえ様。対する二宮の答えは…冷静なんだか大ボケなんだか…でも、二宮が調子悪かった理由って実は恋煩い?

 ともかく、両思いで晴れて恋人同士となったゆりえ様と二宮。学校のみんなが、町のみんなが、そして神様達が二人を祝福。二人で「恋」の習字に乗って空のデート飛行。

 二宮がゆりえ様を好きな理由。「変だから」…習字までいつの間にか「変」に。多分二宮最大級のほめ言葉なんだ。めげるなゆりえ様!それに二宮の方がはるかに変(人)だ。問題ない!

 そんなこんなで大団円のTV版最終回。結局何の神様なのかはDVD最終回に持ち越し?最後まで謎のままというのも「かみちゅ!」らしくていいけど。

 最後までのんびりとした雰囲気のいい作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/09/28

ぱにぽにだっしゅ! 第十三話

 番長連合襲来。あのマジンガーはオーラで大きく見えてる訳じゃないよね?

 一条さんが説得…するわけもなく、逆にたきつけて事態は悪化。

 話についていけず、早々に観察を放棄する宇宙人。正しい選択だ…

 お銀はキャシャーンなのかザンボット3なのか?

 全滅エンドと思いきや、校長に救出されるベッキー達。
そして巨大ロボ。宇宙人+ガイキング+ゲッターロボ?

 全てを無かったことにするベッキー達。さすがにこれは許容範囲を超えてしまったらしい。

 最後まで誰も助けてくれないめそうさ哀れ過ぎる(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUN×SWORD 第十三話

 復讐を果たすためになりふり構わないレイ。しかし、鳩が、ファサリナが、ジョシュアさえもがかぎ爪を守り、復讐の弾丸はかぎ爪には届かない。

「やるべきことがあるから私は死なない」と語るかぎ爪。自分を殺す「夢」を持つレイを肯定しつつも、自分の夢に対してあまりにもちっぽけなその夢は叶わない。私と同じ夢を見ないかとレイを誘う。

 端から見てると懐が広いように見えるが、このあまりにも巧みすぎる話術は、むしろ催眠術に近い気が。

 心折れたかに見せて、自分もろとも、という捨て身の攻撃すらも防がれ、しきりなおしに。

 断罪か贖罪か?ヴァンとの戦いでそれを見いだそうとするガドヴェド。後悔はしていないと語る物の、結局、自分が正しかったのかどうかを自分で判断できなくなっているんじゃ?

 ヴァンとエレナの結婚式の日にガドヴェドを除く旧オリジナルセブンはかぎ爪に殺されたらしい。話の流れから行くとエレナもオリジナルセブンだっただろうか?ヴァンはエレナを守ろうとして巻き添えを食ったというところか?

 かぎ爪の姿を見て狂喜の笑みを浮かべるヴァン。ダンの性能を引き出して、ガドヴェドを撃破。しかし、憎しみだけで闘ったらレイと一緒だよな。

 ウェンディの前に姿を現したヴァンがいつも通りの雰囲気で安心した。ここからが新たな旅の始まり。初心に返って「夜明けのヴァン」か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/27

奥さまは魔法少女 第十三話

 ついに発動する指輪の力。それを見届けようとクルージェのもとへ向かうアニエスを邪魔するブルガ達。でも、乱入してきたヴァレンタインに怪我を負わせてしまって怖じ気づいて撤退。ここまでしておいて最後はヘタレか…

 生まれ変わる世界の中、ついに巽とキスするアニエス。キスした途端に魔法が消える訳じゃないんだ。あのまま墜落死じゃ洒落にならないけど。

 結局クルージェの選択は今ある世界の存続。でも、学校の火事がなかったことになっていたりと、クルージェの願望も入っているよう。作り替えなかったわけではなく、今ある世界の延長線上にある、よりみんなが幸せなワンダーランドを作り上げたと言うことか。

 アニエスは管理者も魔法少女も引退して、これからは嬉子として生きていくことになるわけだが…結局、嬉子は前任者としてはクルージェに何もしてないよね?その分、ゆきが陰に日向にサポートしてたわけだけど。一番の功労者はゆきに決定か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

ちょっと改名

どうやら環境によって「~」が文字化けするらしいので「ぶろ~くん・こんぱす」から「ぶろーくん・こんぱす」にblog名を変更しました。

 扱う内容は変わらないのでこれからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

ケロロ軍曹「タママ 結婚するって本当ですか であります」

 カララがタママの押し掛け女房として再登場。一緒に来たタルルは、先輩と幼なじみの縁結びのためだけに来た模様、恋愛感情は全くないのか…

 タママの意に反して、みんな二人を祝福。それならばと、わざと嫌われようとするが、逆効果になるのはお約束。それどころかみんなでフォローにまわってるし(^^;;;
「おめでとう」「おめでとう」(笑)

 Yes/Noまくらまで完備とはさすがだ。

 そんな中、カララの父が来襲。関係ないが、宇宙人の侵入に対してペコポンはまるで無防備だな…

 いいトコだけをかっさらっていくクルルと、それを見てクルルに乗り換えてしまうカララ。惚れっぽいだけというか、思いこみが激しいだけというか。

「タママ 封印タママインパクト であります」

 機動兵器にタママインパクトが全く通じなかったことで、タママインパクトを封印し、修行し直すことを決心したタママ。

 精神修行と称してケロロとモアのラブラブな姿を見つつ、それに耐えることに。

 「おじさま~」「モア殿~」と延々と呼び合いながら遊園地を満喫するケロロとモア。未だかつてモアがこれほどケロロを独占できたことがあっただろうか?棚ぼたで幸せ一杯のモア。ケロロもまんざらではない様子。ジェットコースターではペコポン人スーツから引っこ抜けないか心配だったが(^^;

 嫉妬のためすぎでふくらんでしまったタママ。ちょっと唐突なような。途中で少しずつふくらんでいくとかの描写が欲しかった。

 キングコングな感じでモアを拉致するタママ。あの状態じゃ黙示録撃はおろか擬態解除もままならないか。

 嫉妬が臨界点を越えてついに半重力フィールドを形成。タママは宇宙へ。ひとりぼっちは嫌だと泣き出すタママ。そこに、ケロロ達がボールに乗って助けに。持つべき物は仲間か。

 タママインパクトを強制発射して無事帰還。しかし、タママインパクトも嫉妬エネルギーだったとは…嫉妬がエネルギー源というのは格闘家としてどうなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/23

苺ましまろ 第九話

 リチャードとジェームスは順調に成長しているらしい(笑)

 落ち葉を集めて焼き芋…にはちょっと早かった模様。でも、その割には木についている葉っぱが少ない気が。木を蹴飛ばすのはさすがにしないらしい。でも、のこぎりの方がワイルドだよね(^^;

 美羽に「太」呼ばわりされた千佳。体重を量ってみると…無駄な努力が微笑ましい。

「大王モエオー」ってどんな小麦粉だよ?

 お菓子とケーキを食べなかったからって、そんな数時間で体重は減らないだろう(^^;

 姉らしく千佳を気遣う伸恵。公園で野球をすることに。
 今までの恨み辛みを込めた千佳のボールが伸恵を襲う。自業自得っぽいけど、今回は千佳のためを思ってだったのに(T-T)

 ボールをよけようとして転ぶ茉莉。むしろボールが当たった方がダメージ少なかった…まあ、そこがツボなんだが(^^;

 こんどは美羽にボールをぶつけられる伸恵。不意打ちでダメージは甚大。もう反則とかそういう次元ですらないし。軟球を人にぶつけちゃさすがにやばいだろ…

 お風呂で人の足とってひっくり返すのはちょっと洒落になってないぞ。ホントに溺れる。
美羽が潜水中にふたを閉める智恵も危険だが。

 成長期にダイエットなんて百害あって一理無し。余程太っているならともかくとして。そんな教訓で締めくくってみた物の、成長期の終わってる伸恵がオチに。やってることが千佳と同じ辺り、姉妹だなぁ(^^;;;

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ぺとぺとさん 第十一話

 ぺと子とちょちょ丸、一緒にお風呂。シャンプーハットのちょちょ丸が可愛い。河童っぽいし。湯気が邪魔だが。
 ところで、あんな位置に曇りガラスでもない窓があったらのぞき放題なんじゃ無かろうか(^^;;;

 シンゴとの接し方がわからず、博多行きを決意するぺと子。それって逃げているだけだよな。母に相談…はできないか。でも、こういう事くらいは真剣に答えてくれそうだけど。

 何気なくシンゴに近寄ってみたのに、シンゴはぺと子とのおしゃべりに夢中。報復に種マシンガンなくぐる。まあ、気づかないシンゴの方が悪いよな。

 ぬりちゃんファッションショー。便利な能力だなぁ。

 いもてんお試し版。イメクラ?しかも学園祭レベル…空元気が空回りしているシンゴが痛々しい。

 くぐるに脅されて、くぐるに化けるジェレミー。とりあえずしゃべらなければばれない?いや、態度や雰囲気でバレバレか(^^;

 タイフーンエクスプレス。安全性に問題がある気がするんだが。ぺとこの帽子飛んでっちゃうし。あと、スカートで乗ってはいけない(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

かみちゅ! 第十一話

 お正月からごろごろなゆりえ様。お正月は神様は忙しいんじゃないのか?と思ってたら、大晦日から三が日まで不眠不休だったのか…そりゃ仕方ない。

 タマ=びんちゃんがなにげに酷い目に遭ってる。唐辛子入りの黒豆って(^^;;;

 TVを新聞紙をのばしてつけようとするゆりえ様。こたつから出てつけた方が労力は少ないわけだが…それ以前に神様なんだからそれくらい…でも、「かみちゅ」でチャンネル変えるのは、それはそれで神通力の無駄遣いな気がしないでもない。

「脱大艦巨砲」て、大和…しかし、火星人とかどうやって年賀状を?

 五千円札が千円札に。種も仕掛けもございません(笑)
 貧乏神の力、完全に封印されている訳じゃないんだな。

 二宮からの年賀状がこなくて、落ち込むゆりえ様。フォローされればされるだけ悲しい。

 小吉を超吉に変えられ、探していたおみくじは冷凍庫にあった上、大凶。当たってるなぁ(^^;;;

 二宮からの年賀状が遅れて到着で大喜びのゆりえ様。頑張って年賀状の返事を書いているところに八百万の神々からの圧縮年賀状が。いったいいつまでかかるのやら(^^;

 結局、今回こたつから出たのはお年玉をねだるときだけ?いや、足が残っていたか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

GUN×SWORD 第十二話

 先週、かぎ爪側の人間が集合したことでOPの人影が随分オープンになった。

 完全にバラバラなヴァンチーム。チームだったか?とか言われるとなぁ。

 エレナは撃たれたのかと思ってたけどかぎ爪で斬殺だったのか。

 オリジナルセブンはこの囚人惑星の監視役。まあ、看守みたいな物か。エンドレスイリュージョンって流刑地だったのね。でも、もう地球は無いらしい。
 かぎ爪の目的はエンドレスイリュージョンの解放かとも思っていたけど、地球がもう無いのなら違うか。それともどこかから未だに支配を受けているとか、地球からの移民を迎撃するとかなのか?

 個人よりも理想をとったガドヴェドと私怨で動くヴァン。それだけだとガドヴェドの方が正しいように感じてしまうが、かぎ爪の目的がまだはっきりしてないから判断つけかねる。

 一人蚊帳の外っぽかったレイ、ようやく登場。近くにウェンディとジョシュアがいるのにかまわず乱射ですか。しかも、予告見ると全弾はずれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

奥さまは魔法少女 第十二話

 評議会、何から何までお見通しだし。アニエスもクルージェも暴走を始めたブルガ達すら手のひらの上とは。今の町が消えても評議会は何も困らないし、むしろアニエスの自分勝手さを戒めるにはもってこいか。

 ようやく自分のワンダーランド像が見えてきたクルージェ。たとえ世界は変わっても人の心は変わらない、そう信じた矢先にブルガ達三人がかりで操り人形状態に。これはむしろクルージェ自身がうち破らなければならない試練か?

 牢獄で母の魂と出会い、その想いを受け継いだアニエス。巽の思いのおかげで帰還。でも、反省しているかどうかはまだよくわからない。

 アニエスの管理するワンダーランドからクルージェの管理するワンダーランドへ。想いはどう受け継がれていくのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

ぱにぽにだっしゅ! 第十二話

 OPがまたルーレット☆ルーレットに。隔週なのか、前回がイレギュラーなのか?

 夢を持ってるけど叶えられない奴と天才だけど夢を持っていない奴。まあ、世の中うまくいかないな。なんか、前ロサ・フェティダ江利子様を思いだした。

 銀河通販で銀河代引きで銀河給料日前で銀河前借りで銀河パチンコで…でも、お金を払わなきゃいけないのは隊長では?

 宇宙人の通販商品の暴走で姫子の夢の中に。最初めそうさに当たるのかと(^^;

 三銃士。ミカエルと亀。三人目はいない。でも強い。10000-0って…

 レストラン。カニかま味のかに、鮫が泳いでるフカヒレのスープ、そしてトラがぐるぐるのバター…一体どういう食生活を(^^;;;

 ミカエルと再戦。今回はからくりがわかったおかげで圧勝。めそうさ以外(^^;
六号のアルゼンチンバックブルーカーが地味ながらも効く(笑)

 アイキャッチがことごとく塗りつぶされていたりモザイクだったベホイミ。とどめは小学生の一言。不憫な上に話に全く絡んでないし。いじめですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

ケロロ軍曹 「ケロロ小隊 私を月へ連れてって であります」

 月に別荘を建てて大もうけをたくらむケロロ。実際に建てる気がある分、月の土地を売るよりよっぽどましな商売だと思うのだが。多分建てるだけで、月に行く方法までは提供し無いんだろうけど。

 広域アンチバリア。電探欺瞞紙か!?

 砲塔で月に直接月に撃ち込むって、科学力をかなり無駄遣いしているよな。クルルらしいと言えばらしいけど。

 月には宇宙難民・なよ竹星のかぐや姫が。先週の後遺症か、冬樹の言うことがただの理想論に聞こえる。結果はハッピーエンドに見えるけど、移住先が見つかるとは限らないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺとぺとさん 第十話

 ぺと子、妖怪パワーでガラスは通り抜けられるんだ。しかし、やってることは破廉恥というより無礼きわまりないな。

 ぺと子にまるっきり信用がないトニオ。妻と娘をほったらかして放浪してるんだからしょうがないか。

 なんか、勝手に自己完結してしまったカンナ。兄が妖怪にだまされていないかが心配だったって、これ別に相手が人間でも同じ事してそうだし。妖怪嫌いは結局ただの嫉妬の矛先か?

 トニオまでシンゴの家に。智恵のつぶやきが全てを物語っている(^^;

 今までおにぎりをお寿司だと思っていたぺと子。母は材料は一緒だと言うが、寿司は酢飯だぞ?それにネタも共通性あまりないと思うが。

 シンゴの手で寿司を食べさせられて真っ赤になって取り乱すくぐる。シンゴはまるで意識していない、というのが辛いところ。

 寺に帰るという母。誰にも気兼ねなくトニオとぺとぺとですか?エロエロですか?

 いもてんプロジェクト発動。町おこしさえできれば手段は問わないのか(^^;;;

 所々に挿入されるシンゴの宇宙遊泳。現実逃避なんだか不安なんだかぺと子が遠くに行っちゃう焦燥感なんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺ましまろ 第八話

 今日はお祭り、ということで朝からいつもに輪をかけて暴走しまくる美羽。

 テスト中まで歌いまくってるし。あそこまで我慢した先生をむしろほめてあげたい(--;

 浴衣をはぎ取られた美羽。虚無僧忍者姿で再登場。その下にはおかめ、そして泥棒パンダ。「どれなのかはっきりしろ!」「その全てだとしたら…どうする?」言葉だけはかっこいいんだが。

 愛する伸恵のお下がりを着られて美羽は嬉しい…のか?

 美羽曰く「金目の物」で物々交換を試みるも、当然出店の人に拒否される。耐えかねた伸恵に買ってもらったポイで金魚を大量救出。そして解放。いや、それじゃ救ってないし。

「救う」と「掬う」を漢字で説明するアナと「help」と「catch」で言い換える茉莉。立場逆だし(^^;;;

 輪投げでおじさんに輪を投げる美羽。その後もたびたび。この屋台は制圧した、という意思表示なのか?

 早口言葉が言えない茉莉。可愛すぎ。
…本人は辛いだろうけど(^^;;;
 そのフォローのためにお金を使い果たす伸恵。可愛がりすぎ?むしろ本望か?

 美羽のくじ引き。一回1000円…50円…30円。でも、そこにあるのはゴミばかり。金目の物じゃなくていらない物なんじゃ?

 櫓太鼓に乱入する美羽。そして名指しで助けを求められる伸恵。お姉ちゃんは辛い、というかたまった物じゃないな…そのおかげで花火も見損ねたし。

 最後は線香花火でしみじみ…してたのに(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/09/15

かみちゅ! 第十話

 神無月、ということで神様コンベンションの行われる出雲に転入してきたゆりえ様。

 転入先の学校は当然、ゆりえ様を神様扱い。まるではれ物を扱うような態度に疎外感を感じるゆりえ様。でも、だからってお弁当を屋上で一人で食べてたら、事態が好転するはずもなく。

 ゆりえ様がいないことに気づいて探しにくる二宮。どうやら今までのことは無駄ではなかった模様。がんばれ、ゆりえ様!

 一般人には見えない牛車。乗り込むところを端から見るとああ見えるのね。

 昼は学校、夜は神様コンベンションの新人講習会に忙しいゆりえ様。と思ったら「21世紀のおみくじ」なんて講義までしてるし。

「神様は学校なくていいなぁ」って、ゆりえ様も神様でしょうが(^^;

 学校では授業中だというのに窓の外を眺めて上の空。せっかくの仲良くなるチャンスをふいにしたあげく、中間試験は最下位。当然といえば当然の結果。

 弁天様と話をして、ライブを見て、ようやく大切なことに気づいたゆりえ様。最後の最期で勇気を振り絞って謝罪。そのおかげで「神様と学校の人たち」と言う関係から「神様で中学生のゆりえちゃんとクラスメイト」という関係に。

 終わりよければ全て良し、ということで来年の再会の約束を胸に帰還。めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13

GUN×SWORD 第十一話

 ようやく兄・ミハエルと出会えたウェンディ。でも、ミハエルはすっかりかぎ爪の男の同志に。

 ミハエルに拒絶され、絆だった銃をゴミ箱に捨てられた上に、エバーグリ-ンに帰れと言われて茫然自失のウェンディ。旅の目的を失ったどころか兄からは今生の別れを告げられて…よもやこんな結末が待っていようとは。

 女子トイレに堂々と入るジョシュア。これはもはや空気読めないとかそういう問題ですらないし。当然逮捕。

 ついに姿を現したかぎ爪の男の同志達とオリジナルセブン。あれ?レイの鎧は数に入ってないの?

 どうやらかぎ爪には、エンドレスイリュージョンを救うとか、逆に脱出するとか、ともかく、惑星レベルの大儀があるよう。あくまで会話をかいつまんだ推測だが。

 目的を失ったウェンディに対し、情報を得てこなかったことを叱責した上に帰れと言い放つヴァン。相変わらずかぎ爪の事になると取り乱しまくり。カルメンもジョシュアもフォローしろよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥さまは魔法少女 第十一話

 この期に及んで独りよがりな言動を続ける嬉子。この奥様、基本的に他人のことまるで信用していないんじゃなかろうか…

 町から離れれば消えないで済むらしいけど、町の外から見てこの町はどうなっているのだろう?ある日突然全く別の町になってるわけだし。

 評議会がさやかをたきつけていたのは、さやかに新しいワンダーランドのビジョンを持って欲しいから、らしい。嬉子が引き継いだ時には管理者たる嬉子が存続を望んでいたからそのままで良かったけど、今回は嬉子が次期管理者のさやかを導きもせず、引継ぎもせず。

 結局、評議会に強硬手段を決断させたのは嬉子の自己中心的な無責任な行動。最初にやろうとしていた「お菓子でも食べながら話し合い」をあきらめずに実行していればねぇ。

 嬉子がワンダーランドからもリルムからも追放って、自業自得だしなぁ。むしろ、巻き込まれたさやかが可哀相。

 ようやくさやかの手に渡った指輪。でも、正体を知られてしまった以上、やっぱりこの町を消すしかないような…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

ぱにぽにだっしゅ! 第十一話

 あれ?OPが黄色いバカンスに戻ってる?

 6号のちょっといい話・オブ・ジ・イヤー。

 被害を被ったのはベッキーのみ。めそうさは話の内容と関係なくひどい目に遭っているけど。

 6号は、お人好しのいい人すぎて、渡る世間は鬼ばかりな世界では生き残れないタイプだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

ぺとぺとさん 第九話

 ぺと子の父を追って借金取りがシンゴの家の前に。ぺと子がミスにょみの里になって、広報活動したせいで居場所がばれた、ということか。

 未だにキャンプでのことを引きずっているシンゴ。寝ぼけてくぐるに抱きつく。いくらくぐるでも、これはこたえるよな…

 一日警察署長のぺと子。やたらぶかぶかの制服はちょちょ丸の計算ずくか(^^;

 角田巡査部長、いいキャラだなぁ。

 ぺと子父、発明家か。変人なんだろうとは思ってたけど。3人同時にスタンガン。サイコミュ兵器?

 物騒な世の中。おじさんが女子中学生と歩いていただけで捕まる。まあ、定番ではあるが。

 次回はぺと子VSぺと子父?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹 「桃華 覚醒!三番目の桃華 であります」

 冬樹を西澤家総裁にふさわしい男に鍛え上げて欲しいと頼まれたケロロ。予算は500億と聞いて張り切った結果、冬樹を超人にすることに成功。

 ペコポン人用ペコポン人スーツで超人になっていた冬樹。桃華は実力じゃなきゃ意味がないというけど、まっとうな手段じゃどうにもならないよな。まあ、そのための500億か…

 意識のダウンロードとか、虫型端末とか、ネタは、からくりサーカスのフェイスレス?

 クワトロ化した桃華。冬樹を世界の王にすればパパも文句はないだろうなどという結論に。それを拒む冬樹。冬樹の望む理想の世界。ホントに理想論なんだが、中学生なんだからこのくらいの理想を抱いていてもいいよね。現実的には「愚民どもに今すぐ英知を与えてみろ」って事になるわけだが。
…それもそれで詭弁だけど。

 無数にある発信器じゃなくてモアの操作している発信装置本体を破壊した方が早い気がするのだが、本体を残して置いて後で使おうと思っていたということで。実際ギロロはそのつもりだったようだし。

 予算さえあれば、この程度のことはできるケロロ小隊。でも、その経費も莫大。500億円もらっておつりが500円とは…

 西澤グループの新製品。確かに3倍になりそうな外観だけど、機能的にはペコポン人用ペコポン人スーツの方が上だな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺ましまろ 第七話

 終業式にありがちな光景。大量の荷物を持って帰る羽目になった美羽。前回はじゃんけんで、今回は問答無用か。当然置き去り。

 美羽の自由研究。盗撮は犯罪です。

 お姉ちゃんからたばこをとりあげたらどうなるでしょうか?
 結果。立派なニコチン中毒(^^;;;

 アナのビデオレター。完全に日本語の発音。多分カンペもカタカナかなんかで書いてあるんだろうなぁ…でも、本人は得意げ。このメンツに見え張ってもしょうがないけど。ほほえましいというか涙ぐましいというか。
 数日英語漬けになっていた割には全然上達してないのは、パパとママが通訳してたんだろうなぁ(^^;

 美羽にビキニをはぎ取られてしまった伸恵。周りの人にばっちりと見られてしまったよう。つけた状態ではそれなりにあるように見えるけど、寄せてあげていたのか?
 その報復に砂場に埋められる美羽。そしてスイカ割り攻撃。アナ、ホントに気づいてないし。かえって怖い…

 日本の季節の事象やことわざになぜか通じているアナ。本人いやがってるんだから自分で進んで得た知識じゃないはずだが、一体どこから?

 美羽の自由研究。無茶苦茶でも面白ければそれでいいのか?

 朝顔につるべとられて…ならぬヘチマに物干し台をとられた伊藤家。よく育った物だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

感想率調査結果

光希桃さんの 光希桃 Anime Station☆の2005年夏特別版感想率調査結果が出ました。

1 まほらば~Heatful days~
2 英國戀物語エマ
3 LOVELESS
4 エルフェンリート(地上波)
5 フタコイ オルタナティブ

 まあ、順当な感じでしょうか?
まほらばに癒された方が多かったようです。
エマはやっぱりあの最終回が評価に響いた模様。
LOVELESSは未見なので棄権。
エルフェンリートは、牙をもがれた状態で健闘した方?
フタコイ オルタナティブは賛否両論でした。

 光希桃さん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かみちゅ! 第九話

 タイムリーな選挙ネタ。生徒会選と言えば、だいたいこの時期なのでねらった訳じゃないだろうけど。

 ゆりえ様を勝手に生徒会長選挙に立候補させる祀。「いたよ」とか「決定なの!?」とか、言いたいことを見事に突っ込んでくれた(笑)

 二宮をダシに、すっかり丸め込まれてしまったゆりえ様。まるで宗教の勧誘のような応援文に光恵はあきれ気味。

 対抗馬は人望なさげなお役所タイプ。ゆりえ様の無料相談所に乗り込んできて「困っている人を助けるのは当たり前」とか言い出すし。

 今回の件はともかくとして、6話でもあったように神様自身に直接利害が発生してしまう願い事というのは扱いに困るよな。

 ゆりえ様のことをよく理解している光恵の等身大の応援演説。とっても良かった。

 当選はしたものの、張り切りすぎて三日天下どころか、半日天下くらい?学校が完全に遊園地化。楽しそうだけど、これじゃ気が散って勉強どころじゃないよな。しかも、当の本人は一週間、眠りっぱなしだし。そりゃリコールされるよな…

 ある一定以上の力を行使すると髪が伸びるようだけど、この後どうしているんだろう。
獣の槍伝承者のように抜け落ちるのか、切りそろえてるのか、はたまた縮むのか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/07

GUN×SWORD 第十話

 カイジ思うんだけど、いつ「FUUUU!」とか言い出すのか気になってしょうがなかった。それがカイジ(笑)

 サルベージした遺跡の行方。多分かぎ爪のもとへ、なんだろうな。あんだけボスボス呼ばれているカイジがかぎ爪の配下とは思えないし。上下なく同志、という可能性はあるか?

 ウェンディの兄登場。接触できるのか、邪魔が入ってすれ違いになってしまうのか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

奥さまは魔法少女 第十話

 巽に正体を明かした嬉子。

…それができるなら保の時にしておけばこんなややこしいことにならずにすんだんじゃないのか?

 評議会に24時間以内に管理者になって世界を作り替えろと強要されるさやか。それに反発して24時間魔法封印。しかし、そんなときに学校が火事に。

 初めはどうせ消えてしまうのだからと、冷めた目で傍観。でも、クラスメイト達の真剣さに打たれ、優勝旗をとりに校舎に突入。少し焦げてしまった物のなんとか持ち帰ってきたさやかの周囲に集まるクラスメイト達。今まで壁を作っていたクラスメイト達とようやく本当の意味で友達になれたわけだが、これで世界を作り替える決心を鈍らす要因がまた増えたわけで。

 魔法少女の姿で保の前に姿を現した嬉子。今更誤解を解いたところでどうなる物でもないと思うが。嬉子自身は悔いが残らないだろうけど…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ぱにぽにだっしゅ! 第十話

 OPが変わってる…あやうく飛ばすトコだった(^^;

 めそうさ、まだ暑苦しいままなのか、と思ったら変身がとけた。ちゃんと本物だったのか。

 戦場で知り合いだったらしいベホイミとメディア。「宿敵」と書いて「とも」と読むという奴?二人の会話を聞いてると、戦場ではベホイミがメディアに苦汁をなめさせられていたっぽいなぁ。メディアの天然ボケがベホイミには余裕だと感じられて腹立たしい、といった感じかな?

 戦場の殺伐とした空気が嫌になってファンタジーに走ったのか?

 学校中に仕掛けられた爆弾を処理する羽目になったベホイミとメディア。ベホイミ、ちゃんとキャラたってるじゃないか。魔法少女としてじゃないけど(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

ケロロ軍曹 「あっと驚く~特別企画 ゲロゲロ30分 であります」

 豪華15本立て…正味20分とすると平均1分20秒。

・ケロロ軍曹ギネスに挑戦
 続くんかい!?

・ケロロ わらしべ侵略者であります
 最初のいきなり団子はほとんど強奪。漫画>トレカの後は恋愛感情をうまく利用して順調に侵攻。特に冬樹から桃華は大幅レベルアップ。でも最後が556では…カラーボックスはどこにも行き場がないのね(^^;;;
 でもこれ、一番悲惨なのは最初に藁しべと交換にl物を強奪されるドロロなんじゃ…
あと、556、図らずもペコポン防衛に貢献?

・モア ドキドキ個人授業であります
 こうやって四字熟語を勉強してたのか…

・ポール 消せない過去でございます
 子供頃の遊びのライバルだったのか?

・ケロロギネスに挑戦中
 確かに24時間テレビとかだと、こういう風にたまに進行状況を実況してるよな。

・ケロロ シネマパラダイスであります
 サクラ一人じゃ焼け石に水どころか、それ以前の問題だし。

・モア 恋の星占いであります
 黙示録撃で星を破壊して崩壊するときの色で占うのか?とか思っていたら、それを遙かに上回る規模の大破壊。「スキ」「キライ」ってことは惑星一つずつ破壊していって、最後に恒星なのか?それを三人分。恒星系3つが星屑に…しかも、背景に明らかに建造物があるし。大量虐殺?

・ケロロ 悲しきエスパーであります
 バビル2世?浮かされて喜んでいるモア。でも、その位置関係だとスカートの中が(笑)
超能力の平和利用。すっかり家事手伝いが板に付いてしまっているらしい。確かに悲しい。

・夏美&小雪 魔のラジオ体操であります
 確かに言いなり(笑)

・ポール それでも消せない過去でございます
 これって、人質の吉岡平が一番かわいそうだよな(^^;

・ケロロ ギネスに挑戦中!
 後ろは海…どうすんだ?

・夏美 ハガキ職人への道
 大艦巨砲主義の哀愁が漂っているなぁ

・ヴァイパー 逆襲のファミリー
 いや、逆襲してないし…

・ケロロ ギネスに挑戦中!
 船を経由してどうやって…出航と同時に船の中の最初のが倒れて、寄港と同時に最後の一個が倒れて桟橋に続くのか?

・ケロロ&日向家 家族写真であります
 最後はしんみり系で閉め。ギロロの言い分が一番筋が通ってるけど。

・おまけ
 桃華の物が混じってるんだからそれだけで凄いことになりそうだけど…価値がわからずに買い叩かれたか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺ましまろ 第六話

 真夏日で息も絶え絶えな4人。じゃんけんで負けた茉莉が鞄持ち。でも、一歩も動けずにダウン。元々体力ない上にこの暑さじゃ無理もない。

 クーラーのきいた部屋から出られない。一人で砂漠の探検隊ごっこを始める美羽。「アナちゃんは溶けた」って、そんなに溶かしたいのか。

 家の前に来たアイスキャンデー屋にどちらが行くかでじゃんけん?結果、がちょんの勝ち。勝ち誇る千佳のくねくねが可愛い。

 Ginger Aleを銀河ガエルと読むアナ。ジンジャーエールだと指摘したのは、第4話で憩いの場のファミレスを奪われたおじいさん。そりゃ全力疾走で逃げるわな。あくまで人違いで押し通す気か…

 コンビニでアイスを購入する伸恵。千円以上のお金、持ってたんだ…

 トイレを我慢してもだえる美羽。なんか危ない姿勢なのは…きっと気のせいだ(^^;;;

 ベッド争奪戦。勝者・伸恵。美羽も愛する伸恵をベッドからたたき出すことはできないよう。それどころか起こさないように筆談を提案。
 美羽、意外と絵が美味い?でも、あの悪魔は一体?しかもどんどん増えるし…

 アナ、気持ちはわかるがそれは書いちゃダメだ…というか証拠を残しちゃいけない。

 いつの間にか着信音が「あ~ん、私ほてっちゃって…」に変えられていた伸恵。いや、洒落じゃすまないだろ。これ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺとぺとさん 第八話

 ぺと子がなかなか帰ってこなくて寂しいシンゴ。もう、すっかりぺと子の虜か。そんなになるんだったら東京に行けば良かったのに。まあ、先立つものがなかったのかも知れないけど。
 後は、離れてみて初めてわかる気持ち?

 智恵はユーちゃんと仲よさげだけど、ジェレミーの妹と言うことはユーちゃんも妖怪なんじゃないの?ユーちゃんは別格?

 祭りと聞いて大はしゃぎのくぐる。シンゴをジャイアントスイングならぬ、くぐるちゃんスイング。これが事故の元に。

 加藤とぺとってしまったぺと子。しかも結構危険な体勢。気まずいぺと子と、面白くないシンゴ。さんざん待った後だし尚更。「配偶者獲得のため」という前提条件だから、男なら誰でもいいのか!?といいう考えになるのも仕方がないところ。

 車酔いの智恵を送りがてら、ぺと子のフォローをする母。ぺと子がちゃんと恋に目覚めれば他の人とはぺとりにくくなると言う。母がぺとらないのもそれでか。

 テントに入って速攻で熟睡のぺと子。疲れていたせいもあるんだろうけど、加藤、残念でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

かみちゅ! 第八話

 授業が終わった途端にそそくさと帰る二宮。デートと聞いていてもたってもいられないゆりえ様。この辺は普通の女子中学生。

 沖縄からやってきた三つ葉丸の頼みで戦艦大和を呉に帰還させることになったゆりえ様。最初は気乗りしていなかった大和も、三つ葉丸のお節介とまっすぐなゆりえ様の心に触れて自分の気持ちに素直に。

 大和の魂を帰還させるには大和の魂と同調しなければならない。そのためには大和のことをよく知ることが重要。ということで、神様の特権で機密文書まで取り寄せてお勉強。でも、元乗組員の源さんの話が一番ためになったよう。やはり知識より経験。

 肉体から抜け出して、沖縄に向かうゆりえ様。肉体の方は髪が伸びている。貧乏神の力を相殺した時以来だっけ?

 提灯アンコウかと思ったらサーチライトアンコウ?ともかく無事大和をサルベージして呉に凱旋。日章旗の変わりにラムネありますの旗なのはご愛敬(^^;

 源さんの「できてんのか?」との質問に間髪いれず友達宣言の二宮。朴念仁にもほどという物が(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (9)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »