« 奥さまは魔法少女 第十三話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第十三話 »

2005/09/28

GUN×SWORD 第十三話

 復讐を果たすためになりふり構わないレイ。しかし、鳩が、ファサリナが、ジョシュアさえもがかぎ爪を守り、復讐の弾丸はかぎ爪には届かない。

「やるべきことがあるから私は死なない」と語るかぎ爪。自分を殺す「夢」を持つレイを肯定しつつも、自分の夢に対してあまりにもちっぽけなその夢は叶わない。私と同じ夢を見ないかとレイを誘う。

 端から見てると懐が広いように見えるが、このあまりにも巧みすぎる話術は、むしろ催眠術に近い気が。

 心折れたかに見せて、自分もろとも、という捨て身の攻撃すらも防がれ、しきりなおしに。

 断罪か贖罪か?ヴァンとの戦いでそれを見いだそうとするガドヴェド。後悔はしていないと語る物の、結局、自分が正しかったのかどうかを自分で判断できなくなっているんじゃ?

 ヴァンとエレナの結婚式の日にガドヴェドを除く旧オリジナルセブンはかぎ爪に殺されたらしい。話の流れから行くとエレナもオリジナルセブンだっただろうか?ヴァンはエレナを守ろうとして巻き添えを食ったというところか?

 かぎ爪の姿を見て狂喜の笑みを浮かべるヴァン。ダンの性能を引き出して、ガドヴェドを撃破。しかし、憎しみだけで闘ったらレイと一緒だよな。

 ウェンディの前に姿を現したヴァンがいつも通りの雰囲気で安心した。ここからが新たな旅の始まり。初心に返って「夜明けのヴァン」か。

|

« 奥さまは魔法少女 第十三話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第十三話 »

終了・が GUN×SWORD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/6150954

この記事へのトラックバック一覧です: GUN×SWORD 第十三話:

« 奥さまは魔法少女 第十三話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第十三話 »