« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

ネギま! 第二十六話

 ねぎま、最終回。まさか、クラス全員とバクティオーするとは…悪魔が弱すぎるんだか2-Aの生徒達が強すぎるんだか、やけにあっさりと撃退。

 しかし、あの親玉はわざわざやられに出てきたのか?期限が来れば労せず明日菜の魂は手にはいるのに。それまで待てないとはせっかちな奴だ。

 超の謎機械とエヴァンジェリンの協力とみんなの友情で世界樹に呪いを吸い取らせることで明日菜の契約解除成功。だったら初めからやらんかい!とも思ったが、明日菜が「助けて」と皆に言えたことが成功の鍵だったということにしておこう。

 最後に、良かったと評価をしているMY FOOLISH DAYSさんと最悪だと評価をしている京都の最果てにて謳い呟くダメ人間さんのレビューで光と闇を堪能。

 私自身の評価としては、ご都合主義な上に、これじゃ夢オチと変わらないな、といったところ。
あぁ。ゲームやっててあのお誕生会のところでセーブしていて、選択間違えてバッドエンドになったから、リセットしてセーブしたところからやり直したと思えばいいのか。
 まあ、そこそこ楽しめたのであまり深いことを考えるのはよそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

感想率調査結果

 光希桃さんの光希桃 Anime Station☆の2005年春の感想率結果がでました。というか出てました。20日に。私がチェックしたのが今日だった(--;

 どの作品がどんな評価されてるのか一望できる上に、感想サイトリンク集としてもとっても便利。

 サイト別厳しさランキングが116位から76位に。最後でこけた作品とかダメっぷりを確認しただけの作品とかあったからなぁ。

 

光希桃さん、集計お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フタコイオルタナティブ 第12話

 公彦さん自身は悪くない。悪くないけど…そのイカリングはどうかと思うんだが…

 ブルドーザーロボを一撃で倒す組長のズゴッグ風ロケットパンチ。かっこいい。連射がきかないのと、戻ってくるまで無防備なのが弱点か。

 再生怪人は弱いのが相場。しかも量産型では雑魚決定。でも多勢に無勢というのはやはり分が悪い。そこに登場のゴスロリ仮面と野球中年。量産型イカファイヤーがなぎ倒されていく様は爽快。

 双樹に逃げろと告げて、単身、沙羅救出に向かう恋太郎。その際、双樹に別れのキス。下手すると死亡フラグだぞ。まあ、しばらく行方不明ってとこか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹「ケロロ 吸うなら吸え!ウソやっぱやめて であります」

 生乾きの洗濯物で作られたア・バオア・クー…においは平気なのか?

 天敵であるニョロロを利用して電力0のエコロジー乾燥機を開発したケロロ。珍しく、全員納得の素晴らしい作戦…だったのだが、やはり自然の摂理には勝たなかったようで(^^;

 量産型ニョロロに追いかけ回されるケロロ小隊。しかも、爆破すると破片から増殖って…心を忘れた科学には幸せを求める夢がなかったり地獄の夢しか生まれなかったりするのだな。これじゃあ、モアの黙示録撃で吹き飛ばすわけにも行かないか。

 ケロロの血と汗が染みついたガンプラを囮に…やっぱりモア、ガンプラに対して思うところがあるんじゃ?(^^;;;

 濡れた靴下…

 夏美のブラと運命をともにするギロロ。本望?

「ドロロ トラウマからの脱出 であります」

 トラウマスイッチがONのままのドロロにサイコダイブを決行するケロロ達。トラウマになっている記憶を改ざん、ってよく考えるとかなりやばげなんじゃ(^^;;;

 トラウマに寄生するタイガーホース。貞子チックなのにATフィールド完備。井戸ごと移動してくると言うことはアレも体の一部なのか、ヤドカリの貝殻みたいな物なのか?

 ケロロの韜晦は…自業自得な気もするなぁ… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

ネギま! 第二十五話

 明日菜を生き返らせるために悪魔と契約しようとするネギ。いくらなんでも暴走しすぎ。そりゃ止められるわな(^^;

 悲しみをこらえて仕事をてきぱきこなす委員長。こういう強がりかたはツボです。

 タイムマシンで過去へ飛ぶ…2-A全員!?これはタイムパトロール隊とかに通報しなくていいのか?オタスケマーン!(笑)…すみません。古すぎですね。

「魔法を遠ざける」事と引き替えに10年後に魂を差し出す契約。追いつめられたら、たとえ10年でも平穏な生活が手にはいるなら、という考えになるのも仕方ないか。

 悪魔を道連れに異空間に消えるナギ。ネギのこと、実は気づいてた?

 しかし、原因がわかっても解決法がないんじゃ事態が好転してるとは言えないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/18

「ケロロ 教師ゲロゲロ物語! であります」

 教師びんびん物語と金八先生とど根性ガエルとまいちんぐマチコ先生ともしかしてウルトラマン80も入ってる?

 洗脳音波発生チョーク。それ使えば侵略進まないか?

 新聞部の諜報員の娘、結構身体能力高かったりするし、今回は主演女優だし、今後も話に絡んでくるのかなぁ?

「ケロロ 再会、父よ であります」
 ケロン人男子は、結婚すると、一族の繁栄と子宝を授かる願をかけて、100年間オモチャに触れてはいけない、らしい。やはりケロン人は長命なのだな。

 怒ったら地球を破壊しかねないケロロ父。モアのライバル?(笑)
3週間戦争。ホワイトベースが一年かけたことをたった三週間で!?
黒っぽい三連星も撃破済みだし。そこまでの英雄が何で一軍曹なんだか。本人の希望か、上層部の意向か。

 結婚がイヤで夏美をフィアンセに仕立てるケロロ。なぜ、モアじゃないんだ…って、そうかモアだったら即挙式になってしまうからか(^^;;;

 偽装解除するのを忘れるほどに取り乱して、黙示録撃100/1を放とうとするモア。そりゃま、あんなに健気に甲斐甲斐しく尽くしてきて、捨てられたら自暴自棄になるよな。ケロン人男子の願のことを知っていたのなら、なおさら我慢していたのだろうし。
…そうか、「花見でモアモア」の時の凶行は、それでか(^^;;;

 必死でフィアンセを演じる夏美。地球の命運がかかってるし。共鳴まで(^^;

 結局、お見合いはケロロの顔を見に来る口実に過ぎなかったケロロ父。鬼軍曹もただの父親ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

ネギま! 第二十四話

 OPからいきなりお葬式で、きっちり火葬までされちゃったら、もはや蘇生の可能性はないよな。エヴァンジェリンも蘇生魔法なんてないって言ってるし。

 どんな手段で明日菜復活を実現するのかで、このアニメの最終評価が決定する。死んだままだったら、それはそれである意味快挙だが。

 火葬したふりで、ホントは保管してたなんてのは無しにしてもらいたい(笑)

 せっかくこのかと友達として一緒にいる様になっていたのに、また主従の関係に戻ろうとする刹那。独りよがりの愛は相手を苦しめるだけだと気づいた訳じゃなかったのか…

 いくら発破をかけても新たな一歩を踏み出そうとしないのどかに、ついにネギを巡る宣戦布告をする夕映。夕映の気持ちにも気づかずに甘えきっていたのどかに非があるとはいえ、おそらくのどかのことをよく知っているが故に、一番ダメージを与えるであろう言動に出てしまった夕映とのどかの友情は崩壊寸前。

 バラバラになった2-Aが再び一つになる日は来るのか!?
以下次週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

焼きたてジャぱん

 原作をサンデーで読んでるので、アニメの方は流し見状態なのですが、ゲストキャラの声を聴いた瞬間、テレビの前に行ってしまった私は、もう立派な能登厨ですか?そうですか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

フタコイオルタナティブ第10話

 こんな大詰めに来て初感想、なんてのもどうかと思うわけですが(^^;;;

 お金を受け取らないプライドは持っていっても、双樹を幸せにする自信のない恋太郎。双樹のためといいつつ、結局は逃げているだけ。沙羅を失った教訓がまるで生かされていない。

 他人がなんと言おうと、なにが幸せなのかを決めるのは、恋太郎自身だし、双樹自身。たとえ、それが間違いだったとしても、後悔なんてのはそのときにすればいい。間違いをおそれて、お為ごかしの理由で逃げようとするから、そんな死んだ目になっちゃうんだよ。

 なんて、展開から一転、二子魂を守るためにイカと最終決戦!?
これでイカが公彦だったりした日には…さすがにそれはないか(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想率調査

 光希桃 Anime Station☆の光希桃さんから2005年春の感想率調査のお知らせメールが届きました。

 今期は、仕事が忙しくて、ちゃんと感想書いてるの、ねぎまとケロロだけなんてていたらくぶりなのであまりお役に立てそうにないですが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

ケロロ軍曹「桃華&夏美&モア怪盗モアピーチサマー であります」

 戦闘機から降りてきたパイロットが冬樹だったりして、今回は番外編?それともイメージ映像?

 西澤総帥から、家宝の絵を警護するよう頼まれた冬樹。そういえば名探偵って設定あったっけ(^^;

 冬樹が俊夫で桃華が瞳、夏美が愛、まではともかくモアが泪姉ですか(^^;;;

 ギロロの武器が珍しくヒートホーク。銃を乱射されたら美術品がたまった物じゃないからか(^^;

「僕の友達、西澤さんの大切な物なんだ。渡さないぞ」を「僕の大切な西澤さんは渡さないぞ」に組み替える桃華。気持ちはわかる…

 証拠隠滅を謀るモア。地球もろとも、というのが恐ろしいところって言うか一石二鳥?

 天使の降臨。まあ親にとってはそうだよな。結局、冬樹は親バカと娘の勝負に巻き込まれたわけね…

「ケロロ 必勝!水中大決戦 であります」

 日向家内部を地球大気と同じ組成の水で満たしたケロロ。ドラえもんで似たものがあったような。いや、FFXのブリッツボールの方が近いか。

 モアは結構大胆なビキニだったり人魚だったりと密かにアピール?

 桃華、今回は邪魔者もなく至福のひとときがすごせた様で。しかも、経費0だ(笑)

 あのころのケロロ。ケロロウィング(まだない)って、そのうちつくのか!?それ以外はデビルマンと同等のスペックということでいいの?確かに悪魔の力を身につけた感じだが。

 あのころケロロなら一体でもペコポン制圧など造作もなさそうだけど…クルルが止めたのは、そんな簡単に制圧しちゃ面白くないから、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/10

ネギま! 第二十三話

 明日菜最期の一日。

 明日菜はあのとき実は死んでいて、期限付きのかりそめの命を与えられていた、とかなのか?
 14歳になった瞬間に絶命させる魔法をかけられていたとしたって、どうしてそんな手の込んだことを?「14歳になった明日菜の魂」に何か意味があるの?
 とりあえず、強力な魔法がエンチャントされてるから他の魔力を寄せ付けないとか、か。

 夢の中に助けようと手を伸ばしている高畑先生がいるってことは、高畑先生はある程度事情を知っている可能性も?それにしては無反応過ぎるけど。

 クラス全員、委員長すら誕生日をしらないってのは意図的にか、潜在意識でかはともかく、なんらかの理由があって隠してたんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

ケロロ軍曹「冬樹 謎の転校少女にナニが起こったか?であります」

 転入早々、靴ひもが切れる、黒猫が横切る、晴天の雷と不吉なことを巻き起こす木下黎。実は幽霊とか言うオチか?

 桃華と冬樹の愛のひととき(桃華視点)、オカルトクラブに入る黎。冬樹と二人きりの時間をすごしたい桃華にとっては邪魔者だけど、冬樹が喜んでいるので我慢するしかない…朴念仁に恋するのは辛いねぇ。

 帰り道、古代遺跡やOパーツのことで盛り上がる冬樹と黎。なんとか蚊帳の中に入ろうとする桃華。冬樹を確実に落としたいなら、これを機にもう少しオカルトの知識を仕入れといた方がいいと思うぞ。

 傘に雷が直撃しても平気な黎。それ、もう慣れとかじゃないから(^^;;;

 部屋にずぶぬれの女の子が二人。なのに昔拾った石探しに没頭する冬樹。夏美じゃなくてもあきれる行動だな、これは…シャワーとか、夏美に服を借りて貸すとかねぇ。

 大掃除で自分で捨てておいて自分がゴミの中から見つけたから自分のだと主張するケロロ。っていうか、自作自演?ちょっと違うか。

 いきなり団子、完売おめでとう(笑)

 幸運石の効果で、事故とはいえ、冬樹に額にキスしてもらった桃華。ファーストキスはちゃんとしたいだろうから、これはこれでよしか?で、改めてファーストキスを…というところで時間停滞シールド?

 冬樹達はともかく、あっさり記憶消去されているケロロ達って、それで大丈夫なのか?

 宝くじ、末等さえもあたってないというのは、ある意味凄いかも(^^;;;

「夏美&サブロー 戻れないフ・タ・リ であります」

 クルルにペンの修理を頼みに来た326とお茶を届けに来た夏美。迷ったついでに秘密基地デート。

 で、ガンプラルームで対侵入者トラップに捕縛される二人。どうせならアッザムリーダーで捕まえて欲しかったかも。(笑)その場でレンジでチンは困るけど。ところで、こういうのは司令室とかにこそつけておく物じゃないのか?司令室よりガンプラが大事というのはケロロらしいが。

 初めから解放する気がないのならロケット内に転送するより、いっそ宇宙空間に直接転送した方が手間が省ける気がするけど。尋問と後悔させる時間が必要だからか?

 間違えた場合、救助する手段がないというのは致命的だけど、クルルのことだから救助方法を作らなかったのも転送場所を間違えていたのもわざとなんだろうなぁ…
 それなら、カラオケ装置とかがちゃんとあったのも納得行くし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

ネギま! 第二十二話

 あれ?もう修学旅行は終わりなの?当面の敵も撃退したし、もうやることないか…

 すっかりこのかのペースに巻き込まれている刹那。今までの分もまとめて取り返すべくラブラブの限りを尽くすこのかと戸惑いっぱなしの刹那がいい感じ。

 エヴァンジェリンに弟子入りするネギ。「悪い魔法使い」ってフレーズ好きだなぁ。茶々丸、その真っ赤になるのも変更した2%のうちなのか?

 熱がある上に、高畑、しずなが一緒に喫茶店にいるのを目撃して、心身共にぼろぼろの明日菜。でも、こういうパターンってたいてい勘違いだよな。本人は間違いないって言ってるけど(^^;

 明日菜が落ち込んでいるからこそ憎まれ口をたたく委員長。そしてそれがわかっている明日菜。この二人は深いところでつながってるんだなぁ。

 夢に出てくる炎とか、鈴の音とか、今回はクライマックスに向けての伏線をばらまく閑話休題といったところ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »