« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

ケロロ軍曹「夏美&小雪 テニスのプリンセス であります」

 なぜか打倒・夏美に燃える小雪。ドロロの制止にも耳を貸さず。その理由は…そりゃドロロも止めようとするわな。あらゆる意味で(^^;

テニス部の助っ人を引き受けた夏美に、致命的な欠点があると指摘して特訓に引き込むケロロ…もといおケロ婦人。エルメ…ララァ専用MAでビットによるオールレンジテニスボール攻撃。テニスボールをどこから供給しているのかは…多分クルルの技術力(笑)

 容赦なく忍術を駆使して夏美を苦しめる小雪。でも、分身魔球や分身はともかく、水とんや煙幕は反則なのでは(^^;;;

 オチのためだけに再登場のダソヌマソ。モアをアフロにしたのは快挙なのか暴挙なのか判断が分かれるところ?

「ケロロ 侵略日和のさつき晴れ であります」

 ツバメに居候キャラとしてのアイデンティティを奪われて嫉妬するケロロ。

 しかし、ツバメは宇宙人だった!というのはなんかウルトラシリーズを彷彿とさせる。

 今日のモアの診察室。「昨日と同じパンツをはいてるって言うか、後生大事」失礼な!ちゃんと変えてるわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/29

成恵の世界 少年エース6月号

 今回は、初っぱなからSF?

 称号航宇士(クラスN)。エロイ犬がクラスF、ということは宇宙先生は称号間諜(クラスS)とかなのか?

 久々に登場のカントク、大暴れ。野球神って生き神様?

 和人を思いっきり胸に埋めてますが…成恵がこの場にいなくてホントに良かったな、和人。あと、体操着が血で染まってないことを祈ります(^^;;;

「我が人生に一片の悔い無し」って、ラオウかおまえは。しかもポーズまで…

 初登場の丸尾の親父。かなりの頑固親父っぽい。

 K4205。シーツ装備で清水の次郎長チックに。

 ランドセル千絵子、可愛い。でも、壊れたTVを見て楽しむって…やっぱり丸尾の妹か。ところで、これ一体何の番組ですか?お笑いっぽくはあるが…

 成恵、今回の登場コマ2コマ?

 カントク、高いとこ好きだなぁ。今回は窓から戻れるけど。

 機族ちゃんズ、制服姿で登場。恥ずかしがる蘭にネコミミつけたのは麗なんだろうなぁ…はずしたら更になんかされそうではずせないとか?あ、麗もネズミミミ持ってる…

 丸尾VS親父VSカントクの三つ巴。カントクのパンモロドロップキックで決着。かと思いきや乱入したK4205の勝利?カントクが縞パンじゃないよ?(爆)

 K4205を危険な奴だと語る麗。何の先入観もなかったから仲良くできた丸尾。麗はK4205を感情のない機械というが、K4205は命令通り記録の全てを抹消した物の、艦長の遺影だけは残し、地球を見せている。これは、丸尾との友情が起こした奇跡なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぎま 第十七話

  前回の件でネギを意識してしまう夕映。でも、自分の恋よりものどかとの友情をとる。今回、この辺の恋と友情の板挟みな話かと思ったら、後半は応援一辺倒。ちょっと残念。

 紆余曲折の末、「見ているだけで…」とか言い出すのどか。想いを心の内にしまっておくのかと思いきや、いろいろ吹っ切ってついにネギに告白。固まっている場合じゃないぞ、ネギ(^^;;;

 ところで作画が元に戻ってる?後半は多様はマシになったような気がしたけど、ファフナー班はどこへ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

ケロロ軍曹「ギロロ 蘇ったソルジャーであります」

 本格的に侵攻を開始したギロロ。手始めに町を自分の得意とするジャングル化。

 623のラジオで夏美の葉書が読まれると必ず邪魔が入るのはもはやお約束(^^;

「サバイバル戦」って、なんか違和感のある言い回しだな。ゲリラ戦とかジャングル戦の虎とか…

バイオレットモンスがグリーンモンス(ウルトラマン)、タワーの花が古代植物ジュラン(ウルトラQ)まではわかったけど、他の二つは何?

 ケロロは踏み台にされてむしろ本望なのかもしれない(笑)

「冬樹 およげこいのぼり! であります」

 たいやきくんか?

 ペコポン侵略の抑止力たる冬樹が侵略側に回ると、豊富な知識によって恐るべき早さで侵略が進んでしまう、と言うのは皮肉な話かも?

「誰が総理大臣になっても変わらない」って…いつもとは別の意味で対象年齢はどこなんだよ(^^;;;

 夕方の音楽がなったら帰らなきゃ、というのは郷愁漂いますが、冬樹のあの怯えようはただごとじゃないような。

 ドロロ、すっかり傍観者モード。出番があるだけマシなのか?話に全く関わってないけど(^^;

 今日のモアの診察室。「妙にハイテンションって言うか支離滅裂」うむ。その通りかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/22

ねぎま 第十六話

 お子さまだけあって10時にはおねむらしいネギ。一人で旧初等部校舎へ突入。

 肝試しといったらペアが基本だろ…と思ったら、本当はキス争奪ゲームとは。納得…

 服はパジャマ、武器はまくらな各チーム。しかし、相手が倒れるまで殴るんなら、やっぱり体力勝負のバカレンジャー2名が有利だよな。

 ライティングの魔法が暴走して5人の分身ネギが出現。幻灯みたいな物かと思いきや実体もある様子。

 そういえば、明日菜は…そうか。朝刊の配達があるからか。このかはキス争奪大会と知らなかったようだし、仕方がない。

 外壁から進入の図書館探検部チーム。非常口のドアは予め開けておいたと、夕映。誰かに閉められていて入れず…ということはなく無事進入。

 厚くて重くて痛そうな本で攻撃する夕映(反則)。FFの学者?

 ネギとキス寸前で分身達に驚いて気絶してしまう本屋ちゃん。無粋な奴らだな、こいつら。

 それがきっかけで命令待ちだった分身達がキス魔に変貌。本屋ちゃんを襲わないのは命令主と認識されたからか?

 分身ネギに襲われて、焦って饒舌になってしまう夕映が可愛い。のどかのことを気にしつつも、今まで自分でも気づいていなかった想いに気づいてしまってさらに混乱?

 毎回のことながら絶妙のタイミングで登場の明日菜。ネギ坊主センサーでも搭載されているのか1?

 キスと同時に爆発する分身達。本来の用途は相手もろとも自爆する囮だったのか?爆発に巻き込まれたはず面々が次の日何事もなかったように登校いているところからみて、殺傷力のない閃光手榴弾タイプ?…これも光か。

 どうやら本物のネギはさっさと部屋に帰っていた模様。みんな実況に夢中で気づいてなかったのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

ケロロ軍曹「冬樹 名探偵は僕? であります」

 いきなり冬樹の推理ショー。折れたチョークや机の傷をどう結びつけたらチケットが日誌に挟まってるのがわかるのかさっぱりわからないんですが…普通わからないはずなのにわかるから特技なのか(^^;

 冬樹に対抗するケロロ。夏美の行動をズバリ推理…かと思いきや日記見てるし(^^;;;

 モア、上着をたくし上げて変身。このためのセーラー服か?携帯電話で変身はやめたの?

 推理の結果、どうしても自分が犯人になってしまうケロロ。挙げ句の果てにケロッとマーチの作詞者さんを犯人呼ばわり…おいおい。

 結局事件でも何でもなかったり。でも原因は556でも、騒ぎを大きくしたのはケロロだよな。

「ドロロ 復活の戦士 であります」

 ペコポン人の主食が米って。行動範囲が主に日向家周辺だからしょうがないのか?先週エジプトだのイースター島だのに行ってたのに。 

 かくれんぼで穴掘って隠れる方も隠れる方だが忘れて帰る方も帰る方…

 盛り上げるだけ盛り上げて、もったいつけておいて、結局おいしいところはすべてギロロに奪われてしまったドロロ。かける言葉が見あたらないよ(T-T)

 単独でペコポン侵攻を決意したギロロ。夏美の言葉も届かず。次回は決戦?

 今日のモアの診察室「ちょっとお金持ちっていうか大盤振舞」そんなお金ないよ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

ねぎま 第十五話

 出会ったときから、いきなり喧嘩しているアスナと委員長。運命に導かれた宿敵同士?

 ネギが来たと聞いてとっておきのドレスで出迎えた委員長。でも2-Aの面々も一緒で、地面に突っ伏したり、アスナと取っ組み合ったり…せっかくのドレスがあらゆる意味で台無し(^^;

 委員長の家で暴れたい放題な2-Aの面々。でも、プールを開放したり食事を振る舞ったりと太っ腹だな、委員長。金持ちの余裕というやつか?

 水陸両用茶々丸。球体間接(笑)ザクっぽいマスク装備。マブチモーターじゃないのが残念。そして暴走。100m四方の生物な分子レベルで殲滅って…何でそんな機能が?

 結局のところ、アスナと委員長は喧嘩するほど仲がいい、というか仲良く喧嘩しな、って感じなのか。まあ、お互い相手が元気がないと張り合いがない、とか言うんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/10

マリア様がみてる 妹オーディション

 一週間たったし、そろそろネタバレ感想OKかな?

 妹をオーディションで決めると言い出した由乃。それに巻き込まれる祐巳。

「オーディション」という形式に釈然としない祐巳。次期山百合会主力メンバーで漠然としていた問題点を具体化して現実的なプランを練り上げていく様は、問題点を払拭するとともに世代交代が間近に迫って来ていることも感じさせる。それを感じたからこそ、祥子は手を引いたのですな。

 こんなイベントに意地っ張りの瞳子が自発的に応募してくるはずがないとは思ってたけど、ここに来て過去の言動が瞳子自身の首を絞めていようとは。今更、祐巳が薔薇のつぼみであろうかなかろうが関係ない、とも言えないしなぁ。
 祐巳が紅薔薇のつぼみでなかったら接点がなかったかもしれないのは事実だし。

 よもや、ここまで引っ張ってきて可南子脱落とは。可南子の問題は解決していないまでも、彼女自身の中で心の整理ができてしまったので、もう祐巳が常に側にいなくても大丈夫だし、「夕子の代わり」だった祐巳と離れることで、可南子自身が成長できるわけですが。
 私は可南子が妹になると思っていたので、あまりにもあっさり脱落してしまってちょっと悲しい(:_;)

 妹候補たち。有望そうな笙子と日出実は蔦子と真美に持って行かれて、ろくな人材が残っていないと来たか。考えてみれば、この時期まで手つかずと言うことは大半が売れ残りなわけだしなぁ。掘り出し物はなかなかない、というかその掘り出し物が笙子と日出実だったんだしなぁ。
 蔦子と笙子が姉妹になってほしいと思っていたので途中、由乃が興味を持ったり、祐巳が興味を持ったように見えたときにはハラハラしたけど、収まるところに収まって良かった。まだ姉妹にはなってないけど、時間の問題だろうし。

 元薔薇さま方は当事者でないのをいいことに言いたい放題。ところで、聖と乃梨子は小説内では初顔合わせのはずだけど、聖が一方的に乃梨子を知っているだけなのか、ちゃんと面識があるのか…あの描写だと志摩子に倣って頭を下げただけのように見えるけど。

 由乃の妹は菜々にほぼ決定のようだけど、由乃自身がいうように問題山積み。むしろ問題じゃない部分があるのか?話のネタには困らないがな。
 祐巳の妹が瞳子だとすると、その世代は…蓉子=乃梨子、聖+江利子=瞳子+菜々?
がんばれ、乃梨子(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

靖国参拝

 靖国神社にお花見に行って来ました。
桜は満開、天気も良くて絶好のお花見日和。桜の下に陣取って、友人達18人くらい?と朝10時から夕方4時まで延々と飲み食い。

 12時頃、車の移動放送がちょっとうるさかったですが。5分おきに流すなよ(--;

 桜吹雪も良い感じでしたが、結果として花びらまみれになってたり。日本酒だったら花見酒で風流なんでしょうが、ビールやジュースの中に入ってもなぁ…

 その後は、カラオケでアニソン歌いまくり、ファミレスでまったり。後輩の持ってきた誕生日大辞典によると私は「穏和な外見の下に真の姿をもっている」らしい。大ボスの後に控えている真のラスボスか?「人の話をよく聞くこと。でも、自分の気持ちを大切に」らしい。

 えーと、花見、カラオケの飲み放題、ファミレスのドリンクバー、と私は今日一日で一体何リットルの水分を補給したんだろう?お腹ぱんぱんで苦しいよ。

 それはともかく、楽しい一日でした♪

靖国参拝 靖国参拝 花見ジュース 桜吹雪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

ケロロ軍曹「ケロロ お宝侵略大作戦! であります」

 世界各地の巨石建造物に古代の地球侵略兵器が眠っている、と推測したケロロ。この手の知識が豊富な冬樹をガイド役に遺跡巡りを決行。

 以前、地下にペコポン制圧兵器が埋まっていた前例もあることだし、二匹目のドジョウがいてもおかしくはないところ。

 結局、作ったのは宇宙人ではあったものの、アミューズメント施設だった遺跡群。もっと真面目に侵略しろって、それまんま自分のことだし。遺跡巡りを堪能した冬樹の一人勝ち?

「アンゴル・モア 花見でモアモア~ であります」

 花見をすることでストレスを発散し、ペコポン侵略の原動力にしようと画策するケロロ。それ自体はあながち間違いともいえないし、比較的まともな作戦ともいえるかも。

 しかし、里帰りから帰ってきたモアが、いきなり初心に返ってハルマゲドンを決行。お父様に言われたからじゃなくて、約束を思い出したから、というのがモアらしい?で、約束したのはノストラダムスなわけだな(^^;

 すんでの所で黙示録撃1/1は不発。でも、桜はすべて散っていまい、ケロロの作戦は水の泡に。責任を感じるモアとここぞとばかりに非難するタママ。いつも通りといえばいつも通り。

 愛するおじさまのために桜を再び咲かせようとするモア。健気だけど、その手段が花さか爺さんというのがモアらしいというか何というか(^^;
 図らずも、おじさまと共同作業できてモア自身は結構幸せなのかもしれない。

 桜を咲かせる灰を作るには本当に愛情のこもった物を燃やさなければならないクルルの花さかマシン。相変わらずひねくれていること(^^;;;

 おじさまのためなら何でもできる、というモア。でも、実際に燃やした物は…確かに愛情たっぷりこもってるよな、ケロロの。モア本人、全く悪気がないのが困りもの。それとも深層心理で自分よりケロロに愛されているガンプラに嫉妬があったのか?(^^;;;

 次回は556とドロロ登場!?まさかギロロより早いなんて…

 今日のモアの診察室「ツイてないっていうか五里霧中」まさにその通りかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

ねぎま 第十四話

 なんか怪しげな薬の調合をしているネギ。部屋の中でそんなことやってていいの?ま、いざとなったら化学実験ということで誤魔化せるか…英語教師が化学実験?

 着物姿で現れたこのか。だんだん言動がおかしくなってきたと思ったら…そんな怪しげな物飲むなよ、というかビーカーに入った物を飲み物と認識するな(^^;

 ばれたら大変といいながら、話を大きくするチアリーディング部。正体を隠すためにあえて目立つ格好をするというのは逆転の発想。心理的迷彩?

 パートナーと聞いて、ネギが思い浮かべたのは本屋ちゃんだったり、本屋ちゃんが、このかとネギのツーショットの写メールを見てしまったりと、これは著実に伏線を張っているということでいいのかな?

 オチはお約束ではある物の、今回は普通に面白かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/02

ケロロ軍曹「ケロロ 再び大地に立つ! であります

 ついにゴールデンタイムに侵攻を開始したケロロ軍曹。

 OPがほのぼの系の曲じゃなくなってしまったのは残念なところ。歌詞は確かにケロロっぽいんだけど。

 いきなりサイド7?いや、むしろ第一話なんだから当然か。でも、ザクじゃなくてSDの方なのかな、この着ぐるみは?目的はケロボール。前回、回収してなかったっけ?また奪われたのか?

 ともかく、ケロボールの奪取に成功したケロロ。早速、ウルトラシリーズの侵略者よろしく怪獣を召還。冷蔵庫の中にいたのがガンダーなのはわかったけど、他のは一瞬でいっぱいいたので特定が追いつかず。

 冬樹と夏美もフィンファンネルで操り人形状態にして日向家制圧完了…と思いきや、秋、強すぎ。あ、そういえば生き物嫌いだったっけ?すっかり忘れてた(^^;

「タママ 黒いタママ であります」

 桃華からのメッセージ。スターウォーズ?他にもありそうなネタだし、ガンダムでもあったかもしれないけど。

 黒いガンダムというより東方不敗な感じのタママ。桃華はいつも通り自作自演。人質になりたい桃華と人質にしたいタママ。現時点で利害は一致しているけど…

 ムサイあたりの艦橋かと最初は思っていたら、ア・バオア・クーだったのか。でも、結構見かけ倒しの張りぼてっぽい。動力人力だし。

 結局、ケロロへの愛をとったタママ。一応助ける気はあるらしいが、懸命さが足りず肉体的限界を超えることができない冬樹。それらへの不満で覚醒する裏桃華。今回は屋敷まで破壊したのに結果はいつも通りか。

 しばらくは紹介編で順番に登場っぽいけど、そうなるとドロロの登場はいつ?(笑)

 今日のモアの診察室「アッタマ良すぎーっていうか唯我独尊」うむ。なんか偉そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

ネギま! 第十三話

 二日間遊んで、やっと点数を上げるには勉強すればいいことに気づいたバカレンジャー達。普段勉強しないから気づかなかったって…勉強しても無駄だからとやさぐれてるよりはマシ…なのかなぁ?

 しかし、図書館なのに、とことん本に優しくないなココは。ゴーレムも本を粗末にしたから再登場したって訳でもないみたいだし。

 定員オーバーなエレベーター。服を脱いで重量軽減はお約束だけど、ネギは脱がさないのね。子供といえど、さすがに密室に全員裸じゃまずいか(^^;

 結局、本を捨てて服は回収したようで。裸じゃ試験受けられない以前に、こんなの見られたらネギ確実に首だし、当然か。

 学園長の額の絆創膏。ゴーレムのダメージが術者に及んだ、ということでいいのかな?となると、やっぱり学園長の手のひらの上か。

 とりあえず、1クール目の締めっぽい終わり方できれいにまとめたようでいいんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »