« ギャラリーフェイク 第九話 | トップページ | ねぎま 第十話 »

2005/03/08

スクールランブル 第二十三話

 体育祭も終盤。というところでブタが乱入。って、こいつも播磨の動物王国の一員か。ブタなのに名前はナポレオンとなんか立派。これも播磨の愛なのか?

 ケガを押してリレーに出る沢近。でも、後一歩のところで痛みに耐えきれず。プライドが高いだけに、落ち込み方も半端じゃない。

 沢近のために播磨参戦。でも、案の定、帽子が脱げない対策は忘れてるし。結果的にそのおかげで限界を超えたラストスパートで勝利は掴んだ物の、引き替えにした物は大きかった…

 とりあえず、普段は信仰もしてないくせにこんな時だけ神に祈っても無駄と言うことだな。

 勇気を振り絞って烏丸の隣に座る天満。天満は幸せそうだからいいとして、烏丸は…何も考えてなさそうだな(^^;

 リレーで無理したせいで更に足の怪我が悪化したらしい沢近。それでも、播磨への感謝の気持ちと播磨の心を救うために立ち上がる。元はと言えば彼女のせいではあるけど、まあ、この際それはいいっこなしということで。

|

« ギャラリーフェイク 第九話 | トップページ | ねぎま 第十話 »

終了・す スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/3225172

この記事へのトラックバック一覧です: スクールランブル 第二十三話:

« ギャラリーフェイク 第九話 | トップページ | ねぎま 第十話 »