« 謹賀新年 | トップページ | ネギま! 第一話 »

2005/01/03

スクールランブル 第十四話

 播磨が出てきた建物は一体何?動物たちはあそこに住んでいるの?

 播磨と八雲って初対面だっけ?「しーん」って、心が読めてないのか、それとも心静かって事なのか?

 播磨の裸が頭から離れない沢近。あんなインパクトの強い物を見た上に羽交い締めにされちゃあ、忘れろったって無理だわな(^^;

 天満の天然勘違いトークでどんどんこじれていく人間関係。天満が針のむしろになっているのはある意味自業自得。むしろ自覚がない分タチが悪い?そしてそのツケは全て当然のように播磨に(^^;

 アマレス少女・一条。力学の応用ったってそれは物をちょっと動かす場合であって、持ち運ぶときは余り関係ないような。重心とかバランスとかベクトルとかそう言うで待ちやすい場所はあるかも知れないけど、だからってピアノを一人で運べる物なの?

 自分が楽をするための一言で一条の心を掴んでしまった上、無意識に出た一言でデートすることになってしまった今鳥。まあ、がんばれ。 

|

« 謹賀新年 | トップページ | ネギま! 第一話 »

終了・す スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/2455997

この記事へのトラックバック一覧です: スクールランブル 第十四話:

« 謹賀新年 | トップページ | ネギま! 第一話 »