« 成恵の世界 少年A2月号 | トップページ | げんしけん 第十二話 »

2004/12/31

スクールランブル 第十三話

 なんか豪華な夕飯。なのに部屋は男女雑魚寝(笑)

 一日でカナヅチから5km泳げるようになった周防。元々運動神経が良かったのもあるだろうけど人間、極限状態に陥れば潜在能力が解放されるんですな。

 告白の練習。それでも『好き』と言えない播磨。播磨にとっては目の前にいるのが本人だし(^^;
練習とはいえ、天満にいっぱい告白してもらえて良…くはないか。思いっきり生殺しだし(T-T)
 しかも、それ全部自分のことだろ天満…
 ここで「俺が好きなのはおまえなんだ~っ!」とか言っても「それだよ、播磨君!」とか流されちゃうんだろうなぁ(^^;;;

 夜這い。奈良にそんな度胸があるとは…でも速攻リタイア(笑)
 高野。あくまで傍観者。いいポジションだなぁ。友人達に気付かせない要領の良さもさすが。
 今鳥、こだわりの男。でも、もうちょっと観察眼を養いましょう。
 花井、播磨が痛がるほどの…ベアハッグ?この場に八雲がいなくてほんっとうに良かったな。
 そして播磨。あの状況じゃ言い訳出来ないし、出来たとしても言えないよな…

 花井と周防の小学校時代のお話。今とは全く違って周防に守ってもらう立場だった花井。周防の本当の強さを知って自分も強くなろうと決意したあの日。
 そんな万感の思いを込めて吹いたあの曲。

 でも、やっぱり周防は周防でした(笑)

 オマケ。本編とは全く無関係なところで萌え萌えな八雲の一日。あの風鈴は幼きあの日に天満に買ってもらったものなのかな?

|

« 成恵の世界 少年A2月号 | トップページ | げんしけん 第十二話 »

終了・す スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/2426770

この記事へのトラックバック一覧です: スクールランブル 第十三話:

« 成恵の世界 少年A2月号 | トップページ | げんしけん 第十二話 »