« ケロロ軍曹「ドロロ きたれ忍者教室へ であります」 | トップページ | げんしけん 第十話 »

2004/12/15

スクールランブル 第十一話

 本来なら少年漫画の王道キャラな奈良。でも、ここでは異端児(笑)

 プールサイドで話し込んで、ちっともプールに入らないと思ったら全員カナヅチとは(^^;
天満はともかく他の三人はスポーツ万能っぽいのに…

 河童姿の姉を見ても「良かったね」と言って一緒に歩いてあげられる八雲は良く出来た妹ですな。普通だったらUターンして全力で逃げ出してもおかしくないところ(^^;

 播磨暴走しまくり。でも、最後のつめが甘すぎ。ボールは最後までよく見て打ちましょう。
でも、先生と映画に行ったりと自分の言動にはちゃんと責任を持ってるのが漢だな。

 リアル動物占いの動物たち。まだいたのね。

 あれだけあからさまに誘って欲しそうな播磨を無視出来るのは凄いなぁ。
 奈良は断固無視。今鳥は何も考えてない。花井は八雲のことで頭がいっぱい。天満はホントに気付いてない、と理由はそれぞれですが。

 天満の勘違いで海に行けることになった播磨。これが吉と出るか凶と…確実に凶と出るんだろうなぁ(^^;;;

|

« ケロロ軍曹「ドロロ きたれ忍者教室へ であります」 | トップページ | げんしけん 第十話 »

終了・す スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/2271175

この記事へのトラックバック一覧です: スクールランブル 第十一話:

« ケロロ軍曹「ドロロ きたれ忍者教室へ であります」 | トップページ | げんしけん 第十話 »